border="0">

台北旅行●2日目 九份 2013.1.27

いきなり九分(←環境依存文字だそうで、表示されませんのでこれで。本当はタイトルの文字です)、つきました。
c0047897_11324395.jpg

忠孝復興駅そごう斜め前から、金瓜石行きのバスで1時間半ほど。
だんだんと鄙びてくる窓外の景色が見どころ…らしかったのですが、
ぐーすか寝ていて、え?もうついた?とよだれを拭き拭き、ボンヤリと歩き始めたところ。




階段や坂の多い路地が延々続いています。夜店っぽいチープ感が懐かしい。
「ゆばーばのいるとこはっ!?」と子スヌどもが大騒ぎしますが、
『千と千尋』をみていない私としては、そんなん知るかいなと困るわけで…
(これからお出かけの方はみていかれたほうがきっと楽しいはず)

ん!? 何じゃコリャ。
c0047897_1136693.jpg
木箱!?と思いきや、食べ物。まじまじと見つめれば、巨大なピーナツ飴!!
※一気に目が覚める

とりあえず入りましょー入りましょーと奥のお店「九分老麺店」へ。
c0047897_1138666.jpg
用紙発注方式は慣れたもの。で、すぐ来る。
牛肉スパイス麺とワンタン麺、高菜飯。
平打ち麺がしこしこしていて、スープはあっさりクリアで美味。
この手の牛肉スープは八角&シナモンががっちり効いてます。
ごはんもそこそこに、店の前に舞い戻り、ピーナツ飴を鑑賞。
c0047897_11384473.jpg

c0047897_11391713.jpg
飴をカンナで削ったパウダー+芋のアイスクリーム+香菜(!)を焼きたての白っぽいクレープの上にのせクルッと巻きます。
「香菜いらない?」と身振りで聞かれたので、
「とんでもない!加 多的香菜(香菜どっさりね)!!!」と
携えてきた“まみなの指さし台湾語”を大げさに指さし、わさわさっと入れてもらいます。
(きっと香菜ダメな方が沢山いらっしゃるんでしょう…、その方々の分まで!という勢い)
c0047897_1141285.jpg
一口食べても、おいしいのかどうだかわからない。
食べ進むうちに、どうやら好きらしいという初恋にも似た感覚に気づきましたが、
甘カラ冷やアツというバラバラなものが一気に口の中を占拠するこの食べ物、
この旅の中でいちばんのインパクトでした。

思えば、情報化の現代において、だいたいの料理は前情報があるために、
「これ……何?」という体験は貴重。
おそるおそる口に入れる、味わう、判断するという
赤ちゃんみたいな食べ方って、とても新鮮。
ガイドブックはほどほどに、直感で食べてみるのもやっぱり旅の醍醐味ですよね。

ただひたすらエリンギを焼く屋台とか
c0047897_11422860.jpg
佃煮系のお店
c0047897_11436100.jpg
c0047897_11434049.jpg
c0047897_11441715.jpg
犬…
c0047897_1145151.jpg
を見ながら茶館を探します。
いくつか雰囲気のよさそうなところを見るも、寒―いっテラスしか空いてなかったり、
鄙びすぎていたりと、なかなか決まらず。

c0047897_1146446.jpg
歩いた果てに、たどり着いたのがここ。
c0047897_11463063.jpg
あら。
c0047897_11471430.jpg
ステキ♡
c0047897_11475039.jpg


ここは、100年以上の歴史をもつ、九分でいちばん歴史のある茶藝館だそう。
FRaUでよしもとばななさん推薦のお店と紹介されていました。

「少し待つけど、地下に美術館があるから見ていて」とお店の人に言われて、素直に散策。
c0047897_11485117.jpg
素敵っぷりにウキウキする一同。
c0047897_11523413.jpg

c0047897_11533435.jpg
地下、美術館…というか、おしゃれなショップの趣き。
この家具なんて、ちょっと、シボネ!?
c0047897_11512762.jpg
後から得た情報では、オーナーが画家、日本人の夫人が陶芸家なのだとか。

そうこうする間に、お席が空きました。
c0047897_11561673.jpg
寒くて体が冷えていたので、しゅんしゅん立つ湯気が嬉しい。
お茶は、1キャニスター分買い取って勝手に淹れるシステム。
茶葉の残りは持ち帰り用の袋に入れてくれます。
c0047897_1157621.jpg
みんなで飲むのに間違いなさそうな梨山茶と、お茶受けは茶サブレと茶梅を注文。
c0047897_11573799.jpg
最初の一煎は、お手本で淹れてくれます。
c0047897_11582768.jpg

ほっこり…♡
c0047897_11595490.jpg

ここでのリラックス感ときたら素晴らしく、疲れ気味だった子スヌたちもゴキゲン。
1時間などあっという間に経ってしまいます。

疲れが吹き飛んだところでお買いもの。
c0047897_1204511.jpg
観光地価格に加え、セレクトショップゆえの強気な値段設定でしたが、
座右の銘である“思い出に支払うお金をためらってはいけない”をかざし即決!
c0047897_1214020.jpg
居並ぶ流麗フォルムの茶壺の中、ひときわスタイリッシュなお方にビビビっと。
(↑ぽっかり抜けた場所のものを買いましたっ)
この旅でいちばん値の張るお買いものでしたが、帰国後も見るたびに幸せ♡

さて、用事がすんだら地下の陶房へ。
c0047897_1231031.jpg
いちいちいろいろ可愛い…。

あ、猫。
c0047897_1242951.jpg
c0047897_1245917.jpg
c0047897_126635.jpg
かゆかった模様です。
c0047897_1281014.jpg


絶景!静かでとてもノスタルジック。
c0047897_1272978.jpg


また通りに戻って、ぶらぶら。
c0047897_1285738.jpg
c0047897_1292177.jpg

ついに「千と千尋」のモデルになったという阿妹茶楼発見!!←と言いつつ感動が薄い
c0047897_12103816.jpg
へえ。
c0047897_1211725.jpg
まあ。
機会があったら、DVDみてみよう。

ハッと気づけば、もう夜の8時すぎ。
ついてから、4時間以上たっていました。
帰りは、最寄りの瑞芳駅までタクシーで。乗る前に「駅までいくら?」の交渉をしておくと安心。
そこから列車で台北方面へ戻ります。
c0047897_12121338.jpg
ツアーもあるので、そのほうが行き帰りの心配がなくていいかな…と迷いましたが、結果的には自力で行ってよかったな。
集合時間に追われずぽくぽくゆったりと街歩きできました。

この後は、松山空港近く饒河街夜市でひと遊び!
ながーーーい一日、まだ続きます。
by snuko | 2013-03-05 12:20 | 2013.1 台北旅行 | Comments(8)
Commented by はるみ at 2013-03-05 18:04 x
私もパクチーの食べたよ!
なんとも不可思議な組合わせだったけど、飴のシャリシャリ感が良かった。しかし、この組合わせはいかにして生まれたのか?と考えてしまったわ。
Commented by Akane at 2013-03-05 21:08 x
スヌ子先生、先日は茶藝会でお世話になりました~~。茶葉買わなきゃ、と思ってましたが、先生のブログみてそれよか湯婆ばの所に行く方が安くて楽しいんじゃ・・・?と思ってしまいました。台湾、楽しそう!でもとりあえずおさらいしたいと思いますので、東京でオススメの茶葉屋さんがありましたら教えてくださいませ。
Commented by manta at 2013-03-07 23:36 x
ジョウフン、私も行きました。そしてたぶん同じお店でお茶しました(^^)
海も見える、不思議な山間の町ですね。
Commented by snuko at 2013-03-08 11:49
はるみ
そうそう!あの飴の食感、それからちょっとしょっぱくなかった?
私、最初はアイスが何かもわからなくて、お店の人に必死で聞いたの。
人間の舌なんてアテにならんもんだ・・・と思ったよw
成り立ちとしては、きっと作った人が好物全部入れたとみた。
Commented by snuko at 2013-03-08 12:05
あかねさま
茶葉屋さん…!
よく聞かれるのですが、実は台湾から「密輸か!」ってほど買い込んで帰ったり、いただいたりしたものがいっぱいで、東京でほとんど買ったことがないのです((+_+)) 
10年前くらいはネットであれこれ見て、少量注文してみて、納得したらまた買うということをしてました(店主の熱意がジワーーーッと感じられるウェブショップが好みでした)
お茶好きな友達に聞いて、めぼしいショップがあったらメールしますね~。
Commented by snuko at 2013-03-08 12:08
mantaさま
さすが!ジョウフンと向こう読みっww
そういえば(というのも何ですが)海も見えました。
時間がゆったーーりと流れるような町ですよね…宮崎駿先生がお好きというのも頷けます。
Commented by はるみ at 2013-03-08 17:40 x
私の記憶だと里芋アイスだったような気がする。台湾旅行で思い出深いのはこれと、釈迦頭?というまさに大仏の頭みたいな硬めの皮の果物。中は白っぽくて美味しかったよ。また行きたいワン。
Commented by snuko at 2013-03-11 15:13
アイス、聞いたら小豆と芋っていわれたの。
似たような味ではあるがw小豆の色じゃなかったんだよね^^;
釈迦頭、見た目はボコボコした晩白柚みたいな感じの?
私たちも果物いくつか買って食べたけど、見た目こそ違えどどれもリンゴ的果肉だったわ…。


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家