border="0">

久しぶり贅沢ディナー@第4回ザ・リッツ・カールトン アジアパシフィック フード&ワインフェスティバル

そんな大枚はたかなくても、ものすんごく豪華じゃなくっても
“素晴らしく美味しいもの”が食べられるようになった昨今。
口コミの力がブランドやネームバリューを圧倒し、
また、はっきりと顔の見える客に目を合わせ、
ちょうどいい規模で無駄のないサービスを提供するレストランが増えたように思います。

お誕生日のフレンチは●●、デートイタリアンは××、家族のお祝いなら中華の▲▲、
と決めて、コテコテにおめかしして出かけたのはいつ頃までだったかな。
気楽でおいしいところが増えてうれしい反面、ちょっと寂しい気もするね。

なんて思っておりましたところ、少し前のこと。
薮から棒に旧友が
「ゴ〜ジャスホテルディナ〜行かな〜い?」と誘ってくれました。
「ローブデコルテと頭にのせる宝船、誂えたほうがいいかな」と聞けば、
「そのくらいの心意気で!」とのことなので、
えっほんと? ウッキウキーと張り切って出かけましたのは。

ジャジャーーーン。
c0047897_18362578.jpg
やっぱりホテルってわくわくしますね。
一張羅のドリスヴァンノッテン(いただきもの)に久々のハイヒールでロビーを横切り、エレベーターで45階「タワーズ」へ。

おお、百万ドルの夜景。東京タワーとスカイツリーが一度に見えます。
c0047897_18270293.jpg
(などと言いつつ、視線はずらり並ぶグラスに釘付け)


このディナーは「第4回ザ・リッツ・カールトン アジアパシフィック フード&ワインフェスティバル」企画のひとつ。
世界中の名だたるシェフやワイナリーを招いて
9/30〜10/4の5日間でなんと30個も企画された食の饗宴。
私たちがいただく限定メニューは、
シンガポール「JAAN」(世界のベストレストラン11位とか)で活躍し、
現在は自身のレストラン「オデット」も大好評のシェフ、
ジュリアン・ロイヤーによるフレンチディナー。
合わせるシャンパーニュはビルカール・サルモン、
ワインはメゾン・ジョゼフ・ドルーアンという王道の組み合わせ。

1杯目はマグナムのブリュット・レゼルヴNV。
c0047897_18271527.jpg
c0047897_18273839.jpg
モダンな厨房にも心なしか緊張感が漂っておりますね。
c0047897_18280180.jpg
まずはオードブル…ではなく「スナック」。
左から、帆立味でサクサク“クエ・パイ・ティ”。
隣が黒ごまスポンジ+スモーク鰻。
また隣は豚足のクルスティアン。ねっとりゼラチン旨。
右端「ワイルドマッシュルームティーポルチーニ茸サバイヨン」はクリーミーなきのこスープ。

テーブルの真ん中には、あら、丸太。
森の木陰でドンジャラホイ。
c0047897_18281698.jpg
レンズ豆ハマス(フムスのこと?)をクラッカーにつけて、と。
参加型のカジュアルモダンな趣向なのね。おいぴい。

ここでシェフと、ビルカール・サルモン6代目当主アントワーヌ・ビルカール氏直々のご挨拶。
シャンパーニュで育った方らしい風格を感じます。
c0047897_18291941.jpg
続いて、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンのディレクター、クリストフ・トーマス氏も。
この方、2mくらいある大丈夫でとても朗らか。
c0047897_18293379.jpg
この間に2種のシャンパーニュ、ワインが供されましたが写真が撮れず。
ブルゴーニュのメゾン・ドルーアン、ここ30年ほどはオレゴンでもワインをつくっているとか。
オレゴン・シャルドネ・アーサー2013、
程よく効いた酸がフレッシュで、シャブリとムルソーのいいとこ取りな味わい。
これなら家でも飲めそう、好きだな。

続いて鯖の炙り焼き。皮目が香ばしく、ホースラディッシュとよく合いました。
c0047897_18301155.jpg

ムルソー プルミエクリュ ペリエール2012。
ムルソー大好き! クリーミーな厚みの素晴らしさ。
c0047897_18302716.jpg
ムルソーで卵食べたいな〜と思っていたら(ほんとかよっ)
c0047897_18304239.jpg
スモークに包まれる卵ケース! 斬新…!!
c0047897_18310034.jpg
55℃のオーガニックエッグですって。
c0047897_18311064.jpg
素敵ジャーマンポテト(チョリソー、そばの実、じゃがいも)につるんとのせて。
やっぱりムルソーにぴったり。

c0047897_18312333.jpg
キャラメルソースかと思いきや、柚子味噌のきいたサーモン。
これにはシャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ モルジョ マルキ・ド・ラギッシュ2012を。
濃厚でエレガントなブルゴーニュの底力を思い知ります。


そして赤登場。クロ・ド・ヴージョ グランクリュ 2000年、2012年。
c0047897_18313305.jpg
これはもうジビエしかない…
c0047897_18320961.jpg
仔鳩!
c0047897_18324335.jpg
しっとりとやわらかーーーーいお肉、血の味。
忘れられないおいしさ。
キクイモや大麦リゾットで添えた土っぽさもぴったり。
お行儀悪いと思いつつ、骨回りの皮もかじります。
c0047897_18330700.jpg
お口直し、きゅうりの花つきソルベ。セロリも入って爽やか。

ここで再びシャンパーニュ、ブリュットロゼNV登場。
c0047897_18325594.jpg

デザートは香り高いチョコレートのタルト。
c0047897_18341775.jpg
デザートのサービスで、ジュリアンがテーブルに。
まだお若いのね!
髪型のせいか、和食の板前さんみたいな清潔感。
c0047897_18340245.jpg

は〜、ごちそうさまでした。
飲み切ったワインの展示に名残を惜しみつつ。
c0047897_18350134.jpg
素敵な一夜♡ そして美味しかった!
すべてのお皿にサプライズを盛り込もう!という情熱が伝わってきました。
また、食後感の軽さ。
過不足なく満たされた感じ、ほかのモダンフレンチもこうなのかな。

ワインとのマリアージュも、プロにお任せするとやっぱりいい。
ドンピシャの気持ちよさ、おいしさ。すごく勉強になりました。

このフェスティバル、第4回とあるので「来年もあるのですか?」と伺えば、
アジア中のリッツ・カールトン持ち回りゆえ
ラッキーにも今年のみ日本で開催されたとのこと。
今度巡ってくるときも来られるといいなあ。

シンガポールのレストランのクオリティについても伺えて、旅したい先もまた増えました^^


by snuko | 2015-10-29 12:51 | ●うきうき外食 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家