border="0">

鶏の恩返し

c0047897_17335173.jpgこの週末、神戸在住の元上司・1平じいじがわが家へ。
スヌ子のおもてなし定番メニュー
「鶏の白ワイン煮」をお出ししたところ、
以心伝心というのか、1平じいじも
手土産に地鶏を持ってきてくれていたのでした。

「おいしい鶏、コドモたちにいっぱい食べさせてあげて~」と控えめに言うので「あーい・ありやとざいやーす」とそのまま冷蔵庫にしまいこんだところ、翌日あけてみれば、んまあスゴイ量!
比内地鶏半身とあり、ムネ・モモ・ササミが同梱されたパック×3。
つまり1.5羽のニワトリってことですね。
神戸鶏ってあるのかいな? とよく見れば“京王百貨店新宿”とありました(笑)

こういうお肉は、こんがり焼くのが最高!と、ル・クルーゼのグリルパンを熱しジュー。
c0047897_173445100.jpgそこで取り出したるは、
最近お気に入りのこのお方。
大木代吉本店「こんにちはの料理酒」。
料理通の間ではすでに常識らしいですね。
米と米麹のみで作られた純粋な日本酒なのに、一般的な酒のなんと5倍の旨み。
これが、煮物・スープ・炒め物、何に入れてもおいしくなっちゃう有能さなのですが、「肉・魚に振りかけて焼いても○!」とあったので、地鶏さんにペタペタして、と。
魚身鶏皮という母の教えどおり、皮目からジュッ。あ、おいしい塩も忘れずパラリ。

香ばしい脂の香り。カリッと焦げた皮。
レモンをキュッと搾って。
c0047897_17352086.jpg
この噛み応え、地鶏だけがもつ風味…まさに筆舌につくしがたいうまさ。
またも家族4人で1キロ弱、ペロリ。

中医学の一説には、冬は豚肉・春は鶏・夏は牛肉とお肉を食すにも適切な季節があるとか。春先の鶏三昧、まさに季節にピッタリのごちそうでした。
by snuko | 2007-03-14 12:09 | ●お肉レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家