border="0">

フォー風ひやむぎ+ベトナムキャベツ

蒸しあつ~~。ついひんやり系が食べたくなるけど、そこはかとなくMっ気アリ?の
スヌ子としては、こんなときこそアツアツ汁麺。ベトナムフォー…は売ってなかったり不当に高かったりするので、またもお手頃なひやむぎ(あったかいと温むぎ?)で代用。
以前にも作ってますが、行き当たりばったりレシピゆえ、より簡略化しております。
c0047897_11355265.jpg

1.スープをとる。鶏手羽先か手羽元を鍋に入れ、かぶるくらい水を注ぎ火にかけ、
 沸騰したら弱火。白濁してくるまで静かに煮る(30分くらい)。
 いい香りがしたら、酒と塩少々、たっぷりめのニョクマム(ナンプラー)で味付け。
2.ひやむぎをゆで冷水で洗ってシメた後、残しておいた鍋の湯に戻し温めておく。
3.丼の底に塩少々を入れてから、湯を切った麺、スープを注ぎ、
 鶏肉・ハーブ(バジル・香菜・ミントなど)・にんにくチップ・ライムなどをトッピング。
[スヌ子のコダワリ]
●スープは市販の液状スープでも(日本スープの「丸どりだし」がオススメ♪)
 濃い味つきだとニョクマム×ライムのベトナム風味が消えちゃうので、できれば無塩を。
●丼の底に塩(なめておいしい自然塩)を入れておくと、ボケがちな味がしまります。
 これぞ隠し技^^V

c0047897_11351935.jpgさらに今回、薬味に使ったのがコチラ。
珍品・トムヤムクン味のマカデミアナッツ
友人Ke兄のパーティで出合ってから病みつき!
コブミカンの葉や唐辛子・にんにくチップも入ってて、
まさにトム・ヤム・ク~~ン!!
優しい味のフォーに加えると、にわかにピリッとタイ風。
サラダに混ぜてもgood♪ カルディで売ってます。


付け合せベトナムキャベツは、キャベツを砂糖と塩でもみ、
にんにく・しょうがのみじん切り少々+香菜や残り野菜、ゆでエビなどを投入し、
レモンとニョクマムで味つけ。ノンオイルでお口さっぱり。

香りの強い野菜をたっぷり摂ると、抵抗力が高まるそうな。
よく「3歳の子スヌがハーブやゴーヤ、食べるの?」と聞かれますが、ガッツリ食べます。
バジルや香菜、ディルなんて大好物。 
コツは「絶対すすめず、こっちだけおいしそうにバリバリ食べる」
すると必ず!「しょれな~に~?ちょーだい」と言ってくるんですわ・しめしめ。
「にがーーー」と出すこともありますが、ナーニそのうち慣れます。

しっかり食べて、蒸し暑+冷房病を吹き飛ばしましょーっ。       
にほんブログ村 料理ブログへ          c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-27 12:15 | ●人類は麺類 | Comments(1)
Commented by pageonetantetsu at 2007-06-28 13:44
201号おめでとう!僕のも数えて見ます。恐竜が完成見てね!


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家