border="0">

本気のナムル

単純な料理ほど奥が深い。と数日前も書きましたが、
今さらながらナムルにとりつかれているスヌ子。
定義は“ゆで野菜をゴマ油と調味料で和えたもの”と至ってカンタンながら、
すべての加減に細心の注意を払えば、しっとりしゃきっの極上ナムルとなるのです。c0047897_1735912.jpgc0047897_17353447.jpg

















1.大きなボウルでゴマ油とおいしい塩をよく混ぜる。なめて少ししょっぱめくらい。
2.金ゴマを小鍋でいり、1に加え混ぜる。
3.好みの葉野菜をゆでる。根元に切り込みをいれて泥を洗い流し、
沸騰した塩湯(パスタをゆでるくらいの塩辛さ)に根元からいれ、
再度沸騰してくるまで鍋から離れず、葉に透明感が出た瞬間(ココ大事。
白菜の場合、結構時間がかかります)に引き上げて水に取る。
4.ふきんかペーパータオルでよく水気をとり、食べやすく切る。
切るとまた水が出るのでしっかり絞り、ほぐしながら2に入れてまんべんなく混ぜる。

●野菜のゆで加減と絞り具合、ゴマ油に塩とごまをよく混ぜておくことが大切。
●油の量は、小松菜1わor白菜8分の1に対して大さじ2くらいです。
 多すぎるとくどいし少ないとツヤっぽくならないのでこれも加減を。
●白菜は色が悪くなりにくいので、水に取らずザルでにあげ、少し冷まして絞っても。
 そのほうが甘みは濃いかも。
●変化をつけたいときは、おろしにんにくや酢を少々加えても。

c0047897_17374462.jpg
昨晩は、
きしめん+焼餅in2日前に作った豚汁
&白菜ナムル のみでしたが、
「はくさいあまーーい♪」と
子スヌに大好評のうちに完売したので、
なんだか真剣な仕事が
報われた気がしてうれしかった…(涙)

こんな小さな達成感こそ、
毎日のごはんの醍醐味。
今日は人参でやってみようかな。
by snuko | 2007-12-06 12:30 | ●野菜レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家