border="0">

残りもの活用術

とにかく食べ続けのクリスマスから年末年始。
ごちそう三昧でも、残り物もムダにはできません。
この時季によくやる「残り物のお楽しみ」を、ちょこっとご紹介。

c0047897_1101824.jpgクリスマスに焼いた丸鶏は
1.骨にしがみついたお肉をむしって
  ネギとゴマ油和え。
2.骨は、中に詰めた香味野菜ごと
  たっぷりの水でじっくり煮て
  スープをとり、濃い目のかつおだし
  と合わせ、塩と淡口醤油で調味。
3.中華麺をゆで、スープをはって
  1とゆでキャベツをトッピング。
「年末や
  胃壁にしみ入る
      あっさり麺(字余り)」

え?何を今さら? 
てゆーかもう丸鶏なんて残ってないし?
そりゃそーですよね・あちゃー。
失礼しました。では、きたる今年の
クリスマスの参考になさってください。

c0047897_1212829.jpg続いて、おせちに入れた鯛の昆布締め。
ラップで昆布ごと包んでおくと、
日に日に昆布の味がしみこみ、
身はアメ色にしまっておいしくなるので、
これはだし茶漬けに。
炊き立てのごはんに鯛をのせ、
アツアツのだしをかけて。
どなたでも思いつきそうなものですが
まあ絶品ですのでお試しを。


今年は「黒豆汁粉」も
けっこう食べました。
シロップごと焼いたお餅にかけるだけ。
小豆のお汁粉よりもクリアな味わいでさっぱり、イケます。

あとは、毎年推奨し続け、確実にファンの輪を広げているのが「黒豆リコッタ」。
そのものズバリで、黒豆とリコッタチーズをクラッカー(クラコットがおすすめ)に
のせるだけですが、もーーーう止まらない・体重増加請け合い。
リコッタは、沸かした牛乳+生クリームにレモン汁を加えるだけで
カンタンにできるのでレッツチャレンジ。

数の子の残りは、玉ねぎスライスとレモン汁・オリーブオイルであえれば洋風オードブル。
シャンパンに合いすぎ・クリームチーズを加えても美味しすぎ。

小ネタばかりで恐縮。さー、そろそろ平日ごはんモードに戻さねば。
by snuko | 2008-01-08 00:35 | Comments(2)
Commented by SK☆2 at 2008-01-09 11:32 x
す、素晴らしい!! さすが巨匠。捨てないマダーム。
う~ん、目下肉・卵・トマト・ジャガなど禁忌食材を使わず
マクロビで「さくっと美味しく」が目標なんですけど、コツがいまいち
つかめず……。まだマクロビ的な「食材の声」を聞けませぬ。
リコッタ、挑戦してみとうございます。豆乳で。
Commented by snuko at 2008-01-09 23:43
豆乳リコッタ、どうなんでしょーか(想像→おから)

SK☆2さんはきっとそのうち菜園を買う、に2008万点!
にしても、シルエットからしてビジブルディファレンス。うらやましい。
おねえさまにもぜひ、極意を教えてさしあげるべし。


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家