border="0">

カテゴリ:●市販品+α( 11 )

オイルサーディントーストとジェノベーゼ

こんにちは。昨日、今日と、お昼ごはんを自宅で食べられる状況。
落ち着きますねえ。

さらりと美しいお手紙とともにカンボジアのお土産、
無農薬胡椒をいただいたので、じっくり味わってみたかったのです。
c0047897_12303509.jpg
胡椒は、鶏の白ワイン煮にどっさり入れて煮込み、
ふやけたところをぷちぷちっと噛むのが最も好きな食べ方。
でもお昼ですから、軽めに。

バタートーストにオイルサーディン。
胡椒を粗く挽きかけ、レモンをきゅっと。
合いの手にミントの葉を食べると、さわやかな夏トーストって感じ。
はっ。画像見て思ったのですが、新たまねぎのスライスも挟めばよかった…。
c0047897_12290289.jpg
オイルサーディンは、竹中罐詰さんのこれが好き。
さっぱりと良質な油で、日本らしい繊細なサーディン。
キッチリ正方形に切られたローリエは、毎回「昆布!?」と思ってしまうけど。
c0047897_12303036.jpg
兄弟分の、ししゃもやほたるいかのオイル漬けもうまし。


今日は、冷凍庫パトロールをしていたら、
たくさんゆですぎたパスタが眠っていたので、これ。
c0047897_12313563.jpg
ジェノベーゼに追いパク。
パスタを解凍してペーストを絡めただけ。3分で完成。
c0047897_13065818.jpg
このペーストおいしいんですよ。
入ってるのは、スペインのオリーブオイル、大分のバジル、イタリアのパルミジャーノ、松の実、食塩、にんにくだけ。ひと瓶、税抜900円。
ブレンダーがあれば自分でもすぐ作れますが、
ひとりでさっと食べたいとき、こういうの気楽でありがたい。

そういえば、弊社スタジオの左数軒隣に
昨日、成城石井小伝馬町店がオープンしたのです〜。
今日のレッスン前に見に行こう。
大好きなポン酢やらっきょう(成城石井はらっきょうに強い!)、
スパイス、オリーブやパイシートなんか扱ってくれてるといいなあ。

by snuko | 2014-06-17 13:10 | ●市販品+α | Comments(0)

いちごとうどのサラダ+逸品調味料あれこれ

今年は、信じられない早さで桜が終わってしまったことよ。
お花見は前倒しで駒場公園へまいったことよ…(語尾:詠嘆)

ボルディエバターをたっぷり塗って、
ローストビーフと新玉ねぎ、わさび菜を挟むだけ~の贅沢サンドに、
思いつきでつけ合わせたサラダが出色の出来だったので、お知らせ。
c0047897_1643172.jpg

四つ割りのいちご、短冊に切って酢水にさらしたうどに
ベリッシモのホワイトバルサミコをふりふり。
※▲昨夏に桃サミコとして美味旋風を巻き起こした逸品。すぐ売り切れちゃいますが…;;

しばらくマリネしたら、レモンオイルコンディショナーをふりふり。
ミントの葉を散らしてできあがり。うどのほろ苦さ+いちごの酸味=春の味!
口に入れてからふんわーり香ってくるレモン。
紅白の色合いもきれい。

気に入るとしばらく同じ組み合わせが続くんだなこれが…。
c0047897_16464999.jpg
家のおかずでは、ミントの代わりに実山椒。
ワインにも日本酒に合うオツな味。
残ったシロップだけでもお酒が飲めちゃう。

KIWI寄席でもお披露目。
c0047897_1647326.jpg
実山椒を切らしてしまって、ここでは
マレーシアのネロ・ディ・サラワクという、上等な黒胡椒を。
コリッとかじると、鮮烈な香りと辛さのあとにほのかな甘みが追いかけてくるすごい胡椒。

これまた粋じゃないか~い? なんて、熱燗も進んじゃって。
c0047897_16475378.jpg


さて、今回いくつの逸品調味料が登場したでしょうかっ!?
なんかブランド品大好きセレブみたいな内容になってしもうた…。
でもでもでも、上等な調味料やスパイスって、一瞬「高っ!」と思っても
外食や身につける高級品などに比べれば気軽なものです。

近頃のKIWIは、おかげさまでイベントがもりもり増えているので、
お出しするメニューが同じベースでも、どう変化をつけるかに知恵を絞ります。
そんなときに、調味料・スパイス・ハーブは頼れる助っ人。
「これなーに!?」って話題も広がるし、ね(*^_^*)
by snuko | 2013-04-09 16:51 | ●市販品+α | Comments(2)

シュガーピータン

先日、月島の中華料理屋「麗江」で出会ったビックリの食べ合わせ。
ピータン×ガリ×グラニュー糖。コレ“香港風食し方”(←原文ママ)だそうです。
c0047897_17562652.jpgガリってもちろん、
例の甘酢生姜のことですよ。

なんとゆーか、超おいしい!
ってよりは、ま、「アリ」だな。と。
ピータンの微妙な塩気と
独特の風味、まろやかさが、
甘みで引き立つ感じ。
(個人的には、ふつうに
ゴマ油酢醤油がスキだけど)
ちょっとツウっぽいので、
ホームパーティの話題づくり
なんかにいいかもです。

でも…香港でこんなの
食べたことないけどねぇ?
by snuko | 2008-03-11 12:50 | ●市販品+α | Comments(0)

さんまカレーの誘惑

お正月太りが凄まじいのです。
「太っちゃって~(エヘ)」と水を向けても、誰も否定してくれない。
どころか、“黙って目をそらす”(スヌ夫)、“「3人目?」”(保育園ママ仲間)、
“入らない”(ジーンズ)など、あからさますぎる反応ばかり。
もはや後がない…ということで、まずは楽天最安値の体脂肪計つき体重計を買いました。

さらに、ローカロリー狙い+冷蔵庫掃除をかねて作ったのは、
根菜どっさりと脂身抜きのベーコン少々、トマト缶を煮ただけのミネストローネ。
こちらを重点的に食べごはんの量は減らす目論見で、1日目は成功♪

c0047897_23501841.jpgこういうものはたっぷり仕込んで使い回すに限ります。
鍋半分くらい残っているのを、2日目はカレーに展開。
スーパーの年末在庫一掃でまとめ買いした
さんまの水煮缶(魚の水煮はとにかく使えます)を投入、
さらにトマト缶とローリエ、
クミンシードを指でひねりつぶしながら追加。
(わが家は子スヌ向けに、辛くできないのでクミンを入れますが
辛いの無問題な場合はもちろんカレー粉でどうぞ)

味見してみると、なんかサラッとしすぎ? ルーが入ってないからねぇ。
そこで、ココナッツミルクとナンプラーをプラスして煮込んだら、
エスニック風味のこくまろヘルシーカレーができました~。
c0047897_23473816.jpg
実は、翌日遅くなる日だったので前夜にササッと仕込んだら
夜中にカレー香をかぎつけたスヌ夫が速攻つまみ食い。
「うまいよ~食べれば~」と言われても、わが腹を見下ろしひたすら忍の一字。

ところが! 
翌晩、家族が寝静まってから帰宅したら、鍋にひと皿分残ってるではありませんか。
夕食は済ませてきたというのに、どーーーーしても食べてみたい誘惑にかられ…
そしてこの写真になったとです(撮影時間:23時)
ついでにワインものんじゃったよ~~(泣)

やっぱりおいしいものの誘惑に勝てない。ガマンするとリバウンドする、と。
身近なダイエットフリークに、泣きながら事情を訴えたところ、
「とにかく全般的に食べすぎだから1食控えるだけで違ってくるよ。
お昼を“置き換え食”にしてみれば」。 は? オキカエショク? 
「はいコレ」とサンプルをくれたのは、牛乳で溶いて飲むフルーチェみたいなもの。

私、ちょっとだけがんばってみます。
四捨五入するともう不惑だしね、成人(←倍だけど)病も怖いからね。
というわけで皆さん、どうかしばらくハイカロリーランチには誘わないでくださいまし。
行くなら「砂場」か「酔心」のにゅうめん定食だけで……なにとぞなにとぞ。
by snuko | 2008-01-09 23:44 | ●市販品+α | Comments(5)

上海餃子で夏メニュー

焦げた。焦げましたよ、餃子が。真っ黒によぅ…(←『あしたのジョー』より)

おととい、ゴッドハンド加藤先生(←5月22日の日記にはスヌ子の名が!嬉)に
カラダのチューンナップをしてもらい→飲みにでかけたら、スイスイ飲めすぎて深夜まで。よって昨日は脱力状態。
個人差があると思いますが、スヌ子の場合、施術後2日くらい経ってパワーがふつふつとみなぎってくる感じなんですよね(おかげで今日は絶好調♪)
c0047897_17114046.jpgでも昨晩はそんなワケで、
フラフラとナチュラルハウス(好きだねぇ)に寄り、
「三元豚と自然農法の白菜、キャベツで作った上海餃子=10個346円」をゲット。焼くだけっしょ! と甘く見ていたら、焦げちゃった。
白っぽいお皿に盛ると黒さが目立つので“木を隠すなら山”とばかりに、黒いトレイに盛ってみました。
ブラックonブラック…これ、すでにしてモダンアート。
サイドメニューは、
●柚子胡椒・木の芽のせクリームチーズ
●夏野菜(茄子、きゅうり、セロリ)の塩ポン酢和え
●レバーとトマト、卵のスープ

でした。全然、料理じゃありませんね、スミマセヌ。今夜はがんばります…。

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-05-23 12:38 | ●市販品+α | Comments(1)

中途半端ハヤシの蘇生

この数日、どーーーうしてもハヤシライスが食べたかったので、昨晩決行。
トロリと濃厚なデミグラは、やっぱハインツでしょ! と買いに行ったら、
いつもの200円代前半ではなく高級なお方を発見。
缶全体が輝いているようなパッケージ、365円也・・・むむう贅沢。c0047897_16115539.jpg
せっかくの“特選”ゆえ、缶のウラに書いてある通りに調理。
「小麦粉をまぶしたお肉300gを炒め、赤ワイン100ccを注いで1分間沸かし、缶のソースと200ccの水を加えて1時間半煮込み、バターで炒めた野菜を加えてさらに30分煮込む」だって。
そんな時間ないよ~。と呟きつつガンガン煮込んで、1時間弱でそれっぽく完成。胚芽米にかけて、いっただっきまーーす。c0047897_16123030.jpg



ん? う、薄い……。
コクがない!!!!
トロリ、じゃなくシャバシャバ。時間をはしょったのがよくなかったのかーーっ。
薄いトマト系シチューかけごはんって感じ。
「これはこれで……おいしいですよ」というスヌ夫も、なんだか物足りなそう。

そーーだっ、とあきらめ半分に取りいだしたるは、またまたアリサ。たっぷりすくって、シャバシャバのシチューに混ぜ混ぜ。
「…………あれ??
う………………(←タメすぎ)
……ま・い・うーーー!!!!」

コチュジャンみたいとか書きましたが、これはやっぱりアジアの味じゃなかった。
まさに、こういうものに合わせるためのスパイスだったのね!!!
ぼんやりしたシチューのお肉の旨み・野菜の味が、突如クッキリ際立つ不思議。
スープ多め・ごはん少なめ+アリサたっぷりで、完全に現地(どこじゃい?)の味。
あまりに劇的すぎる効果に興奮!!
中途半端なハヤシが、ひとさじで生まれ変わったというか…」
「バラバラだった味がひとつにまとまったというか…」
などなど、絶賛の嵐が飛び交う食卓・エキサイティングな晩となりました。

皆様もアリサを手に入れたら、ぜひとも中途半端ハヤシを作ってみてくださいね!!!!

そして早速、アリサをくれた大食いfriendに聞いた入手先情報。
「グランドハイアットの食品販売してるところと、
ハナマサ(凄い落差…)で販売されているそうです」
(原文ママ)
みんなーーーーー!! 六本木ヒルズかハナマサへ、急げ!!!

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-05-18 12:47 | ●市販品+α | Comments(0)

アリサ・スヌ子の場合

以前ご紹介した、クスクスに欠かせない唐辛子ペースト・アリサ
好みは公言しておくもので、先日、美食大食いfriendから“すんごいアリサ”をいただきました。
カポッと開けると、ん?コレってコチュジャン?? 
こーーーんな「欧米か!」(←子スヌの保育園で流行中)なパッケージなのに、香りも味もなぜかコチュジャン。唐辛子の世界はひとつ、イッツ・ア・スモールワールド。

c0047897_147431.jpg細いパスタにこれだけ混ぜたり(具なしはやや物足りませんでした)、チーズと海苔ではさんだりと、毎日ちょっとずつ楽しんでいる中で、goodだったのは真鯛のお刺身に絡めて+おかゆ。

アリサ刺身の上からアツアツのおかゆをよそい、上にもちょこっとトッピング。
お好みで、ゴマ油や香菜も少々。

生まれはドコでも、美味は万国共通だにゃー。
by snuko | 2007-05-15 12:52 | ●市販品+α | Comments(0)

生協さまさま

c0047897_16484280.jpg豪華な外食ライフはうたかたの夢、遅番日以外は毎日地道におさんどん。
とはいえ“帰宅後20分で完成”とゆー苛酷なミッションにつき、生協の冷凍モノなども軒並み試しています。
今週エントリーしたのはこんなメンバー。
             エビプリバーグc0047897_16485918.jpg

                           








マルちゃんの生協用塩焼きソバ
“生協用”というのは添加物・化学調味料ナシor極力控えめに調理されているもの。とにかくお手軽に安心なものを食べられるので重宝ですが、そこにひと手間かけるとグンとおいしくなります。

エビプリバーグはグレープシードオイルで揚げ焼きに。
同じフライパンで小松菜と茸を炒めてつけ合わせ。常備菜はいんげんサラダ。
さつま揚げっぽい味かな?と生姜醤油とマヨネーズを添えたところ、マヨに軍配。スイートチリソース+パクチーも合いそうです。
塩焼きソバはレンジでチンする調理済みタイプ(具入り)ですが、これまたフライパンに熱したたっぷりの太白ゴマ油でカリっと炒め、仕上げに玉締めゴマ油をふって。
長ネギと豚肉・セロリなどありものを一緒に炒めれば栄養も満点。「かつお地鶏だし」で茸を煮、海苔を浮かべただけのスープと共に。
 “家庭で仕上げ”の利点は、上質の油のうまみを味わえるところ。いい油をたっぷり熱して焼き付けたり、からめたりするだけで冷凍っぽさが消え香ばしい風味がつきます。
メインは冷凍でも、いい油・薬味・調味料でうまーくゴマかして結構満足♪なのでした。
by snuko | 2007-02-16 12:55 | ●市販品+α | Comments(0)

斬新!? とんかつパスタ

またまた寒いうえに雨。
傘をさし、日々肥える子スヌふたりを乗せたベビーカーを押すのはマジたいへん!
んもう~とつぶやきながらの帰途、晩ご飯のメニューを考えていました。
昨日、東急フードショーの肉屋「あずま」で買った、一口とんかつが残っていたわ。
でもメインになるほどの量じゃなし。さらに、今日は洋モノな気分なんだよな~。
というわけで、とんかつパスタはどーかしらん? と閃いたのです。
イメージは、イタリアンで見かけるトマトソースを敷いたカツレツ。

c0047897_1485657.jpg1.塩湯を沸かしてパスタをゆでる準備。
2.ソース作り。みじん切りにんにくと玉ねぎ半個、
 しめじ半株、ベーコン少しを炒めたところに
 トマト缶と赤ワイン(缶3分の1くらい)、メープル
 シロップ少々を入れ沸騰させたら、
 生のトマト2個ザク切り、ローリエを加え、
 少し煮つめた後、塩で調味。
3.ひとくちとんかつはトースターなどで温めておく。
4.ゆであがったショートパスタに、2のソースをからめ、
 お皿にもソースを敷いてからパスタを盛り、
 とんかつとソースをトッピング。

パスタは、ソースのからみがよく子スヌも食べやすい、ねじねじのフジッリにしました。
ソースにメープルシロップを入れるのは、味の薄いトマト缶にコクを出すため。
もちろん砂糖やはちみつなどでもノープロブレムです。
仕上げにパルミジャーノをふりかけると、ぐっとリッチな感じ。

さてさてお味は? 案の定なかなかオツ♪イケます。
とんかつの切れっぱしが残った時にでも、お試しくだされ。

付け合わせは「ビニールコールスロー」。
ビニール袋に、せん切りキャベツ+玉ねぎ、ドライバジル、塩、砂糖、ライム汁、
オイル少々をぶち込んで揉むだけ。
とんかつには、やっぱり永遠の恋人・キャベツがなくっちゃネ。
by snuko | 2006-03-03 01:53 | ●市販品+α | Comments(0)

スヌピー3分クッキング

皆さま、ご無沙汰です。お盆いかがお過ごしでしたか?
このところ、ひたすらおいしく飲み食い、家族や友人と語らい、
落語や花火をみたり、冷房の効いた部屋で本を読んだりと
夏を満喫していたため、毛の先ほども更新意欲が湧きませんでした。
いざこうして画面に向かっても、何から記せばよいやら。えーと。

そうだ! じゃ、最近お会いした方との会話からネタを公開。
CASE1●出版社社長Tさん(40歳独身♂←うわあ狙い目!我こそは、と
      ダーリン獲得に燃える女性読者はスヌ子までお申し出ください)のご質問
Q:近ごろ激安のアボカドを使った簡単料理を教えてください。
A:夏のアボカドレシピなら、アボカド豆腐以外に考えられません。
  さいの目に切ったアボカド1コ、木綿豆腐1丁と、ザーサイみじん切り
  (桃屋の瓶詰め半分ほど)、ゴマ油少々を混ぜるだけ。万能ネギをトッピング。
  塩気が足りなければ、醤油をひとたらし。ごはんに乗っけてもまいうー。
※ちなみに、アボカドを切ってみたら熟してなかった!という悲劇に直面したら、
  これはカボチャなのだと思い直し、輪切りにしてオリーブオイルで焼いてみましょう。

CASE2●元テレビ局勤務・現子育てママHちゃんの悩み
Q:一人きりだと、お昼ご飯も作る気にならないの。ふう。
A:それはいけません! 一人のときこそ、手抜き美味を味わわなくては。
  で、イワシ缶丼。オイルサーディン缶を直火にかけるやり方が一般的なようですが
  (かの森瑶子氏はこれを“ヨロン丼”と命名)、引火して肝を冷やした過去があるので、
  ごはんの上にイワシ缶をぶっかけて2、3分チンします。  
  好みで醤油、レモンを絞り一気にかっ込むと、元気もりもり。
  マイブームは生協の「いわし唐辛子油漬け」。身がゴロッとしてて食べ応えあり。
  他にも、ツナ缶+オニオンスライス丼、コンビーフ缶丼(これもチンして
  ジュージューいわせるべし)など、冷凍ごはん+缶詰+残り野菜、
  という組み合わせは栄養バランスも◎。
  きゅうりなどは丸のままかじれば、眠っていた野生が呼び覚まされるはず。
  今後はスーパーの缶詰大放出コーナーを見るのが楽しくなりますし、
  洗い物が丼だけというところもポイント。
  え?残りごはんがない? それなら、同じ内容をパンでやってくれい。
  パンにはバターをたっぷり塗れば、不思議とまとまりのよい味になります。
  サッと作ってしっかり食べ、元気に家事をこなしてネ。

CASE3●・・・・・・
  とまだまだあった気がしますが、このスタイルに飽きてきました。

というわけで、ひとまずこれにて。
またすぐお目にかかります。
by snuko | 2005-08-18 13:18 | ●市販品+α | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家