border="0">

カテゴリ:●ごはんもの( 28 )

ひき肉えのきごはん

これまた毎年のことながら、絵に描いたようなお正月太りをしております。
かがむと苦しいって、いったいどういうことでしょうか?
最近、太ももがおしりを認識する感覚もしりました(←ウマイねどーも)。
不惑を迎えそうな年頃になっても、まだまだ初めてはあるもんだ。

と達観した風を装いながらも、献立には切実さがにじみ出てしまいます。
おかず玉こんにゃくだし。ビールは飲んでますが。
c0047897_22595614.jpg

1.豚ひき肉100~150gをフライパンに入れ、ほぐしながら中火で炒める
 ※ひき肉から脂が出るので、油はひかなくてOK。
2.1の色が変わったら、刻んだえのき半株を入れ、酒をふりかけて、よくよく炒める。
 ※流れ出る脂はキッチンペーパーで吸い取りながら。
3.カリカリっとした感じになったら、ナンプラーで味つけ。
4.酒とナンプラー少々を入れて炊き上げたごはんに、3をさっくり混ぜ、青じそをトッピング。

ナンプラーがなかったり、苦手な方は、塩味でもおいしいと思います。

母がダイエットしてるからとて、子スヌたちにはお肉っけやボリュームが必要。
となると混ぜごはんかなぁ、と。チャーハンよりは低カロりーじゃろってことで。
もちろんママは、ごはん少し+こんにゃくトマト炒めいっぱい。
スープは、前夜の牡蠣鍋の残り汁をのばして、れんこんを煮てみました。

余談ですが、先日友人が貸してくれた“イメトレで理想体型に”みたいな本には、
お腹や太ももの肉に
「そこじゃないのよ、あなたの場所。もっと上☆」などと話しかけ続けるとア~ラ不思議、
いつの間にかお腹の肉が胸に!!!!! とありました(実例写真入り)。

信じる者は救われる。
深夜、お風呂でボソボソとお腹に話しかける毎日です。
by snuko | 2010-01-20 23:41 | ●ごはんもの | Comments(0)

冷やごはんDEリゾット

↑「パンチDEデート」を思い出させる相変わらずな昭和表記をしてしまいましたが、
DEは便利ですね。おフランス語なのかしら…。
c0047897_15441840.jpg
週末が近づくと1週間ぶんの残りごはんが冷凍庫にざっくざく。
たいてい金曜朝のスヌ夫チャーハンで消化してきましたが、
近頃新たな使い途を見出しまして。
帰りが遅くなって買い物もできなかった日に、
いただきものの乾燥ポルチーニとチーズのかけらで作った冷やごはんリゾット。

なんのことはない、玉ねぎかにんにくと冷やごはんを炒めたところへ、
乾燥茸の戻し汁(コンソメスープなどでもよし)とあれば白ワインを
ドビドビ注いで煮詰める→汁気がなくなったらまた煮詰めるの繰り返しの後、
ごはんがスープを吸い込みまくったところで火を止め、おろしチーズを
どっさり混ぜ込み塩コショウを効かせて、香り高いオリーブオイルをひとたらし。

c0047897_152028100.jpg要するに、チャーハンにスープをぶっかけてあおり、チーズでごまかしたようなもんですが、
チーズのうまみが子スヌどもにはたまらん魅力らしく、激しいリクエストの連続で、フライデーナイトディナーは立て続けにコレになっている昨今です。

でもカロリー高いしワインが進んじゃうので1週間に1度で…。

あ、チーズはなるべくパルミジャーノかペコリーノなど旨み成分の濃いハードもので。グリュイエールでやったら今イチでしたので。

本場のリゾットはアルデンテが身上ゆえ、
イタリア人的には

「顔洗って出直せーっ(ワインボトル倒す)」
てな食感ですが、モチモチして案外イケます。
チーズに合いそうな残り野菜やハムベーコンの切れっぱしもじゃんじゃん入れちゃって。

仕上げにもチーズをおろしかけると最高。
先日kuwaさまよりいただいたぐるぐる回すチーズおろし(イタリア土産butドイツ製)が
超便利。「ストップっておっしゃってくださいね」とレストランぶるのも愉し。

c0047897_15233254.jpg




いいかげんレシピの上塗りとして、
チーズを混ぜてから、
さらにフライパンでジジジと焼きつけると
焼きリゾットに。
これも香ばしくておいしいですよー。
by snuko | 2009-09-28 12:15 | ●ごはんもの | Comments(2)

シーフード・ヨーグルトカレー

黄金週間、いかがお過ごしでしょうか? スヌ子は29日から休暇に入っております。
しかし保育園というものはカレンダーどおりゆえ、子スヌどもには「行ってらっちゃい♪」を
して、住まいリフォーム(←まだやってるの!? の声多数…うう)のあれこれ
&雑事を片づけているところ。
気持ちのいい初夏の陽気を感じつつ、ひとりを満喫するシアワセ。
そしてお昼に、ゆうべの激ウマカレーがあるシアワセ…♡

超スピーディにでき、コドモにも大好評・ヘルスィ~なカレーです。
(↓トッピングおかひじきみたいですが、ディルです)
c0047897_13145939.jpg
1.イカ1杯はワタを抜き、ホタテ貝柱6個、ムキエビ12個とともに食べやすく切り
  白ワインをふりかけておく。
2.鍋でショウガ・にんにくみじん切り各1片+好みの油大さじ2を弱火で熱し、
  香りが立ったらクミンシード大さじ1、カレー粉大さじ2を入れ焦がさないよう炒める。
3.2にセロリ、えのき茸、ナス(すべてザク切り)各ひとつかみをドサッと入れ、
  油が回ったらフタをして弱火で蒸し焼き。
4.3の野菜がしんなりしたところに1を加えざっくり混ぜたら、無糖ヨーグルト1パック
  (400g)をザバーッと入れ、強火で沸かし、ナンプラーで調味してすぐ火を止める。
5.ごはんにかけてディルをどっさりトッピング。
●野菜はなんでもかまいませんが、香味野菜と旨みキノコはぜひ。
●コドモいない家庭なら、カレー粉多めにして辛口に。
 味が足りなそうなら好みのルーを足してもok。

ヨーグルトがザバッと入るので酸っぱそうですが、まったく酸味は感じません。
クリーミィだけどさっぱり、低カロリーなのも◎。
本当はジントニックとともにいただき木陰(どこや?)でお昼寝…
と行きたいところですが、わたくしこれからヨド●シカメラに家電を値切りに行かねば
ならず、ミルクティで喝を入れました。

皆さま、素敵な休暇をお過ごしください♪
by snuko | 2009-05-01 13:25 | ●ごはんもの | Comments(0)

中華風 黒酢ちらし寿司

c0047897_2491185.jpg
室内の一隅照らすさくらかな 好温子

一句ひねるほろ酔いの深夜です。いよいよ花も満開。わが家のまわりは、
桜と周辺環境の調和がみごとで、今朝の通勤時も思わず見惚れるほど。
c0047897_2531398.jpg

この週末は恒例の「お花見口実飲み会」を開催いたしました。
詳細ルポはおなじみのこちら、いつも的確な感想を述べつつ食べつつの激写ありが10。

今回は「なんとなく、チャイニーズ」(マルc田中康夫)がテーマで、
評判良かったのがこちらのちらし寿司。写真(というか盛り付け?)ちょっとヒドイですね…すみません
c0047897_337168.jpg
1.グリーンピースは塩湯でゆで、あおいで冷ましてから、だしか薄い塩水に浸す。
2.干し椎茸の戻し汁1カップ、醤油大さじ5、砂糖大さじ4、紹興酒大さじ2、八角2カケ、
  ローリエ1枚を煮立たせ、ゴロ切りの豚バラと戻した椎茸、生姜、ねぎを入れ煮含める。
3.甘エビ、ホタテを紹興酒入り湯でゆがき、エビは殻をむき、ホタテは食べやすく切る。
4.米2合半に、紹興酒・甜面醤各大さじ1を入れてかために炊き上げる。
5.炊き立ての4に中国黒酢を大さじ5、炒りゴマ、2の煮汁を少しずつ加えつつあおいで
  混ぜ、すし飯をつくる(はじめ汁っぽくても、あおぐうちに汁気が飛びツヤが出ます)
6.5に1~3をトッピングして完成。

ごはんに豚バラ煮汁の脂分が絡んだ味は、ちょっと中華ちまきっぽい。
黒酢の複雑な香りがキモなので、ぜひお好みの黒酢でお試しください。
スヌ子は最近コレ。 まろやかで香りがよくて、すごくおいしいんですよ。

写真担当くわっちから「メニューは個々にアップしたほうがよろしいかと」と
アドバイスをいただいたので、今後はなるべくそうします。というわけで、続きはまた~。
by snuko | 2009-04-07 02:45 | ●ごはんもの | Comments(2)

初めての圧力鍋レシピ・鶏れんこん粥

買っちゃったのです。ずーっと欲しかった圧力鍋。
メーカーは数あれど、陽気なラスタカラーの圧力表示がキュートな、
ポルトガルはシランポス社の「スーパークイック」を選択。

記念すべき鍋おろしレシピは、長時間選手代表・鶏ガラスープ。
湯通ししたガラを水洗いし、たっぷりの水・長ねぎ・しょうがとともに圧力鍋へ。
ポ製ゆえか説明書がじつに読みにくいため、とりあえずガッチャンとフタを閉め
ガラガラ強火で煮立てていくと……。あらま! もれるはずのない湯気がモクモク。
あわてて読み返せば「はっきりと湯気が出るのは異常。内容物は鍋3分の2にとどめよ」、
うひゃーー5分の4くらいまで入れてましたよ!!
圧を逃がす弁を緩めると、わずかな隙間から煮えたぎったスープがシューッ・きっ危険!
入れすぎに とにかく注意 圧力鍋」 とまずは一句。

c0047897_186238.jpgさて、水を減らして最高圧で煮ること15分。
自然に圧が下がるのを待てない(せっかち)ので、フタに水をかけて急速冷却。ギギッとあけると、うるるんとツヤのある濃厚なスープが♪♪
ほんと、あっという間(感動)

ガラとネギを取り除いたスープ
に、骨についてた肉・お米2つ
かみ・乱切り蓮根・塩を入れ、
再び圧をかけて10分ほど。
今度は自然に冷ましたら、
鶏スープを吸い込んだふっくら
トロリのお粥ができてました。

滋味豊かとはこのこと…とまったり食感にうっとり。寒い季節に持ってこいの簡単レシピ。

迷ったが 買ってよかった 圧力鍋
by snuko | 2008-01-22 12:52 | ●ごはんもの | Comments(2)

にわかマクロビ・ごぼネギ豆腐丼

豚しゃぶ肉を一度に1キロ食べきっていた生活から足を洗い、
近頃、マクロビに目覚めたという同僚Sくん。
グッバイ肉・砂糖、ハロー玄米・地粉・亜麻仁油ってな毎日は実にカンフォタブルだとか。
「でもさーー、やっぱお麩じゃーお肉の代わりにならないっしょ」
「そりゃそーなんですけど。でも旦那、肉を使わなくても満足できる丼が」
「ふーん? どれどれ」
と、レシピをうかがい試してみたのがコチラ。
c0047897_16364095.jpg
1.細切りにした長ネギを、少量の油と塩で炒めておく。
2.フライパンをきれいにし、やはり少量の油でささがきごぼうをじっくり炒める。
3.水切りした豆腐を加えてさらに炒め、醤油と塩で味付け。
4.3をごはんの上にのせ、1をトッピング。

とにかく炒めていくだけなので、実にカンタン。
ごぼうのささがきは難しいので、スヌ子は縦に8分割してゴマかしました。

こ・れ・が、想像以上に美味! じっくり炒めたごぼうって甘いんですねえ。
それにネギの甘みと醤油の香ばしさ、ふんわり豆腐が卵のように全体をまとめ
確かにお肉は入ってないのにかなりの満足度。 
オリジナルは、マクロビの大家・久司先生のレシピだとか。むーさすが、お見事。

心なしか体調もよさげなSくんにあやかって、ウチもちょこっとマクロビライフを…
なーんて嘯くそばから、付け合わせのお味噌汁に卵を落とすスヌ子。
ダーメだ・こりゃ^^; (でもこの丼はホントおいしいのでリピ決定♪)
by snuko | 2007-12-21 12:30 | ●ごはんもの | Comments(2)

またまた雑炊・揚げ餅入り

昨日、いかに寝ているかを力説しましたが、
無論起きている時間はけっこう忙しいのです。
特に今週は業務がたいへんで…(え?ナニを今さら?/泣)

そこで、またまた雑炊。
またまた冷蔵庫の戻し干し椎茸汁に生姜を入れて沸かし、
またまた豚肉を刻んで入れ、またまた冷凍ごはんを投入、またまたナンプラーで味付け。
卵を落として、と。
c0047897_1732385.jpg
アップするまでもない、またまたの連続。
こりゃいかん! と玄米餅を小さく切り、油で揚げ焼きしたものを添えてみました。
おかき、です。スヌチョ大喜び♪

付け合わせは、誰かのエッセイで読んだハルピンキャベツ。
にんにく入りのシンプルなキャベツ炒めなのですが、
炒め始めに砂糖をほんのちょっと入れるのがコツ。あとは酒、塩少々。
砂糖のおかげでうまみがしっかり。誰のエッセイだったかなあ。

はー、やっと金曜日。
来週は、もちょっとがんばりまっす。皆さまよい週末を。
by snuko | 2007-11-09 12:43 | ●ごはんもの | Comments(3)

再現・サンマ飯

激しくデジャヴュな画像、スミマセヌ。
満を持し…てると旬が去っちゃうのでぶっつけでやってみっぺ、と昨夕サンマ飯に挑戦。
サンマは帰り道のフードショーで内臓と頭を落としてもらい、
酒+醤油(米2合:醤油大さじ3とかなり濃いめ)を混ぜて水加減した米にのせて
そのまま炊くだけ。はっきり言ってカーンタン。仕上がりは……
c0047897_17152195.jpg
ま、こーなるよね。ピッカピカで気分上がります。
でもぅ、1発でお店レベルの味にはぁ……と謙虚な気持ちでおりましたが、
骨を取って混ぜるスヌ夫が「にほひは山登と同じ」とか呟くのでちょっと期待。
そして一口・もぐもぐ。「山登で働けるんじゃない?」

ホントーーーー!!!!???♪♪♪とスヌ子も一口。
ふっくらしたサンマの身から出る脂と、しっかり醤油味のごはんが混ざってうまっ。
c0047897_1720073.jpgサイドメニューは茸いろいろを
フライパンでジワーッと空焼きし、
醤油と酒をジュッ。
どちらも、出合いもののカボスを搾るとさらにうまうま。
子スヌたちもはぐはぐ。
旬のものってホント、手をかけずともおいしい味を出してくれるのね……。

ビールの後は浦霞のひやおろし。
ひやおろし=昨年取れたお米で仕込んだお酒を寝かせ、夏の暑さが去ってから生詰めしたもの。
近所の酒屋さんによれば、
「10月1日は日本酒の日!
1年のうちでいちばんお酒がこなれてうまみがのってる時季なんですよ」。なるほどー、それなら飲まにゃ。
とか理由をつけてはちくと1杯、ほくほくと眠りに就くため
“天高く馬もスヌ子も肥ゆる秋”となるわけですネ。
運動もせんと……(焦)
by snuko | 2007-10-04 17:22 | ●ごはんもの | Comments(3)

担々丼

「ちょっと見てみたら、なんだか麺ばっかりねぇ」と母から図星の一言。
ひゃー・だって、暑いんだもん! ツルツル系に走るスヌ子を誰が責められようか?
と開き直って、ごはんものでさえもツルツル系。
春雨と玉ねぎがあるから~・でもスタミナ補給で練りゴマ入れて…、
となりゆき任せに作ったところ、出来上がりは濃厚でまろやかな担々麺味!
ごはんにかければ担々丼です。
c0047897_179477.jpg
1.玉ねぎ半個薄切り+豚ひき肉150g+エリンギ1本みじん切り をサッと炒め、
 薄めにつくっためんつゆ400ccを注いで沸騰させる。
2.春雨40gといんげん数本 を入れ弱火に。いんげんが煮えたら、
 練りゴマ大さじ3+味噌大さじ1をよく溶いたものを入れ、ひと煮立ちさせてできあがり。
[スヌ子のコダワリ]
●スパイシーにできる環境なら、最初ににんにくとしょうが+豆板醤も一緒に炒めて。
 いっそう本格派担々風味に近づきます。
●春雨は乾燥したまま切ると散らばったり切れなかったりでストレスが溜まるので、
 丸ごと鍋に押し込み、素直な状態になってからキッチンばさみでチョキチョキ。
●きのこはエリンギに限らず何でも。みじん切りでひき肉と同化させちゃって。
 いんげんも彩りなので、青菜でも何でも(なくても)

ふだんあまり白いごはんを食べないスヌベルが、これをかけたら2膳ペロリ。
クリーミーでコドモ好みの味なのねぇ とうなづきつつ、
ビールにも合うなぁ と思いつつ、自分もドドンとおかわりしちゃったのでした。
満腹的担々丼哉。

にほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-28 12:40 | ●ごはんもの | Comments(3)

風邪撃退・とろとろ牛乳リゾット

た、体調がイマイチ。朝晩の温度変化+週末の夜更かし+おちゃけ(可愛く言っても所詮飲みすぎ)の影響か、胃腸がスッキリせずカゼっぽくズルズル。
そんな弱り気味の私にふさわしい晩ごはんわ!!
●すぐできて洗い物が少ない。
●飲み込みやすく、胃に優しくて温まる。
●栄養があるもヘビーでない。
●元気な家族も満足の食べ応え。
この条件を満たしたのがこちら。葛でとろみをつけた牛乳粥です。
c0047897_17233678.jpg

1.大鍋で長ネギ1本・生姜1片みじん切りを少量の油で炒め、しんなりしたら豚コマ150g(←適当でよい)を入れ色が変わったら、ホタテ缶1・日本酒大さじ3・水1カップ・顆粒スープ大さじ1を加えて煮立てる。
2.ある野菜を適当に切って入れ軽く煮る(今回はアスパラ・エリンギ・ホールコーン)
3.さらに牛乳2カップほどを投入、沸騰寸前で葛粉大さじ3の水溶きを加え、よく混ぜながらとろみがつくまで火を通す。味見をし、足りなければ塩・ナンプラーなどを加える。
4.温めたごはんを適当に入れ、木ベラで混ぜてとろとろがよーく絡まったら完成。

見た目はリゾット・味は家族の好きな“クリームシチューごはん”。
でもバターもクリームも入ってないから、弱った胃でも安心♪
おまけに葛・ネギ・生姜の三大温め係のおかげで、食べ終わる頃にはほっかほか~。
ちょっと飽きてきたら、トマトを混ぜつつ食べるとまた進みます。
合いの手の3分でできる「きゅうりザーサイ(叩ききゅうりにザーサイ+ゴマ油)」も合うー(これはカラダ冷やしそうだけどネ)

結局、はじめは食欲がなかったのにおかわりしてしまったことであるよ。
なーんかスッキリしない人、お試しください。

[スヌ子のコダワリ]
●葛は吉野葛100%のものを。じゃないとあったまりません。
 別にあったまらなくていいんだもーん・って方は片栗粉でもOK。
●水溶き葛を入れたら、はじめは泡立て器で「ふんがー」とかき回してよく溶かし、その後木ベラで鍋底をこそげるように混ぜるとダマにならず焦げにくい。

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-05-15 17:46 | ●ごはんもの | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家