border="0">

カテゴリ:●ほかほかお鍋( 16 )

弱り目にソイ鍋

ハッと気づけば、1週間もあいてしまい。
先週末から夏風邪、熱とひどい関節痛でへろへろ弱りっぱなしです。

それにしても、体調崩すとダメですね…心の容量が小さくなるというか。
身近な人にささくれ立ってしまったり、シクシク寝ていると果てしなくネガティブ方面へ。
やっぱり体の健康→心の健康への近道ってことがわかりました。
(もちろん体調だけのせいじゃないですが、影響は大)

こんなときに、救ってくれるのはやっぱり、体に優しいおいしいもの。
風邪の定番、吉野葛+りんごジュースはストックばっちり。

あと嬉しかったのが、昨日、母が届けてくれた「鍋セット」。
ソイという白身魚(←知人の釣りたて)と、白菜・ねぎ・春雨・豆腐。
昆布だし+日本酒の土鍋で、野菜と削ぎ切りのソイを静かに煮て、
搾りたてのカボス+しょうゆで。
ホロッとあっさりめの魚なのですが、煮ていくうちにだしがおいしくなり、
うどんでシメる頃には汗が出るほどあったまりました。

今朝は残ったスープでお味噌汁。ねぎたっぷりで、朝からポカポカ。
夕方の今まで、何とか乗り切れています。

鍋の恩恵は、冬だけじゃなかったのねん。
カセットコンロのボンベ、補充しなきゃ。
by snuko | 2007-06-12 17:45 | ●ほかほかお鍋 | Comments(2)

地中海風?ハーブ鍋

週末、冷え込みましたね。やっぱり2月はこうでなくちゃ♪
当然の成り行きとして、土曜の晩はお鍋。
スヌ夫が「ワインが飲みたい」と呟くので、新作洋風鍋を考えました。
c0047897_17102611.jpg

最近ちょっと凝っている地中海よりの雰囲気で。
お鍋といえばベースのスープが「●●っぽさ」の決め手。
そこで、セロリとエシャロット・玉ねぎをオイルで炒め、白ワイン半瓶ばかりをドボボ。
煮立ててアルコールを飛ばしたら水を足し、あとはカルダモンやらコリアンダーシード・ローズマリー・フェンネル・ローリエなど抽斗にありったけのスパイスをガーゼに包みポチャン。
沸騰したら弱火で煮出し、塩で調味。
このときは酸味の効いた香湯にすぎません(おいしくないけどガッカリしないで)

この日の具材は、旬も終わりの牡蠣と豚肉に、サラダにするような野菜をどっさり・ホワイトセロリ・ディル・クレソン・ラディッシュ・トマトなど。香菜やパセリ、カイワレ、レタスなどでもイケそう。

まずは、牡蠣と豚を煮て味を出してから、野菜をサッと湯がき一緒にいただきます。
味つけは塩とレモンでフルーティに。
あるいは卵黄・オイル・ビネガー・にんにく・塩をシェイクしたアイオリ風のソースやマスタードを添えればコクがでます。
ディルと豚肉・アイオリソースの組み合わせなんてもーう、ワインが進んじゃって。

しばらく煮進むと、スープも極上の味。フランスパン+ブルサンアーユ(ガーリック風味のクリームチーズ)を浸せば、これまた止まりません。

でも、家族4人(うち幼児2名)で牡蠣300g・豚肉500gはやっぱ食べすぎだっちゅーの。
ハーブ類も価格の割にかさがない(つまりいっぱい買う)ので、贅沢鍋の部類かも。
おいしいスープが余ったら、後日、他のものを煮て活用してねん。
by snuko | 2007-02-26 12:36 | ●ほかほかお鍋 | Comments(0)

達人のゴマ油鍋

ご無沙汰しています。
毎晩、子スヌが寝たらアップしよっと目論むも、子供はホカホカやなーと思いつつ
添い寝しているといつのまにか朝。アレ~? の繰り返しで、
なんとすでに1ヶ月以上が経過していました。レイジースヌ子と呼んでください…。

さて、北風が空腹に沁みる今日この頃、皆さまはもう鍋開きされましたか?
スヌ子は友人トトコの案内で、裏六本木のマンションの一室にあるお店
(詳細は控えます。なにせトトコの取っておき)を訪れ、
前代未聞の強烈な美味鍋に出合いました。忘れないうちに、さっそく自宅で再現。

1・土鍋にゴマ油をなみなみと注ぐ(底から3センチほど)。ゴマ油大瓶の半分以上、
 かなり衝撃的な量ですがためらわず。
2・火にかける。充分熱され、グツグツしてきたら、豚薄切り肉をどっさり投入。
3・一瞬鍋底にくっつくも、ちょっと待つとすんなり離れるのでササッと炒め、
 半生くらいで引き上げる。続いて、頭と胴体に分けた殻つきエビをまとめて入れ、
 赤くなったら胴体部分のみ引き上げる。
4・油のなかでグツグツ煮えているエビの頭(魔女のおばあさん的な気分になります)。
 ここへ、濃いめの中華スープ(スヌ子は鶏ガラ+ オイスターソース)を一気に注いで、
 鍋ベース完成。
5・引き上げた肉・エビ、好みの具(白菜、ねぎ、焼き豆腐、茸など)を煮ながら食べる。

c0047897_2254956.jpgちなみに、お店ではシンボリックな真っ黒い石鍋
(石焼ビビンパ鍋の巨大版)でしたが、
土鍋でも遜色ありませんでした。
さらに特筆すべきはタレ。
A:生卵+腐乳+豆板醤 B:柑橘類の香り高い
ポン酢+刻みネギ の2種ですが、
Aはまろやか~・Bはさっぱり!なので、
飽きずに食べられます。
Aには途中でおろしにんにくを加えてもgood。
スヌ子家には腐乳がなかったので、沖縄の
『山本彩香』特製豆腐ようを入れてみましたが、
これは今イチぱっとせず(見た目似てるのになぁ)

このお鍋のキャッチコピーはズバリ「家庭でプロの味」。
「おいしいんだけど、ひと味足りない」という残念なことが起こりがちな自宅鍋ですが、
これなら大丈夫。大量のゴマ油も油っこい感じはせず、具材のうまみが溶け込んでまろやか。油のおかげでいつまでも冷めずカラダも温まります。
奥行きのある味わいは、おもてなしにも活躍しそう(準備カンタンだし)。
これでまた一歩、鍋達人に近づいた…。

●あまりにも休みがちな自分が参加するのはおこがましい!
(てか結果が出ない)ということで、ランキングからは撤退し、
静かなブログ余生を送ることにしました。細々とですが
続けていく所存ですので、変わらぬご愛読を伏してお願い申し上げまする●
by snuko | 2005-10-28 02:32 | ●ほかほかお鍋 | Comments(6)

桜カクテル&酔い醒めネギ鍋

全国ン百人のスヌ子親衛隊の皆様、丸5日間のご無沙汰でごさいます。
いよいよ子スヌたちの保育園が始まり、これが忙しいのなんの。
喩えて言うなら、引越しと嫁入りと介護が一度に降りかかったような大わらわで、
ブログ更新もままならず、ご心配おかけしました。

とはいえ、4月ですから、一昨昨日の土曜はキッチリお花見第一弾。
我が家は桜並木に面しているため、この時季だけは値千金…のはずが、
あいにく肌寒いわ開花はまだだわで、結局単なる深い飲み会に。

今回は、身内状態の酒飲み少人数の集会。
来客前に仕込みを、と目論むも、スヌベル大泣きで何もできず慌てましたが、
各人のご協力&手土産のおかげで、賑やかな食卓となりました。
白眉は、会社の上司かつ子スヌたちのセカンド祖父・1平じーじが
ドーーーーンとかついできてくれた、大阪鮨八竹の茶巾&押し鮨。
しっとり玉子に包まれた穴子+酢バス入り茶巾の美味さたるや、
ビヨンドディスクリプション。残ったら蒸し寿司にしても最高(たいてい残りませんが)
バッテラや焼き穴子の押し鮨も「実にいい仕事しています」な完成度。
四谷と原宿にお店があるので、お土産に迷ったらコレにしましょう・してください。

もう一つの目玉は“魂の貴族・宮じい”(某誌デスク・悠々自適の4●歳)による
桜カクテル。桜葉と花を使ったヘルメスサクラというリキュール+
生グレープフルーツジュース+シャンパン(辛口スパークリングで可)で作ります。
割合は、サクラ1:グレフル2:シャンパン3。
グレフルはルビー色を買っておいたら
「オヨヨ…リキュールの色が目立たない」と残念そうな宮じい。
ごめんなさい、来年は普通色を選ぶわん。
c0047897_13373010.jpgでも、見てください。この美麗な色。
桜は咲いていなくとも、
これと美女(我々)でお花見はオッケー!

さらに、岐阜のにごり発泡酒『三千盛』で
ふわーっと浮かれ、
奄美の黒糖焼酎『じょうご』の
ラベルの文字が読めないと大騒ぎ。
ワインをベースにビール、日本酒も
ちゃんぽんで飲んで飲んで深夜まで。
途中ナゾのイカタコ炒めなどを作ったような気も
しますが、またも記憶がまだらボケ。


1平じーじの「あ、『美しき日々』最終回だから帰るネ」という
トホホ発言をシオにお開き。久々に酔っ払った1日でした。

1夜明ければ、二日酔い。当然の結果です。
勢い余って宿泊した義姉テリーと並んでつつくは、ネギ鍋。
干し椎茸の戻し汁+余ってた一ノ蔵+地鶏スープでひたすら長ネギを煮る。
豚肉やセルバチコなども投げ入れますが主役はネギ。
半生をしゃこっと食せば、鼻に抜ける刺激が酒疲れのカラダを覚醒させてくれます。
c0047897_13444889.jpg
空き瓶を眺めながら黙りがちにつつく鍋、五臓六腑にしみわたるとはこのこと。
表を見れば桜もチラホラ。
次の週末はきっと満開・よって、本格的にお花見。
いや~4月って、ホント~にいいですネ。

久しぶりすぎてランクのことなどすっかり忘れていましたが、現在の順位はいかに?→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-05 13:55 | ●ほかほかお鍋 | Comments(2)

豆乳トマト鍋、95点!

目新しいお鍋はいねが~~。
この時季、ナマハゲとなって新鮮な鍋アイディアを探し求めるスヌ子。
結局はおいしいスープ×定番素材がいちばん、と知りつつも旅は続くのです。

c0047897_15424258.jpgそこで昨夜は、おなじみ豆乳鍋にこんな具をコーディネート。
ミニトマト・オクラ・エリンギ・パセリ・ソーセージ・厚揚げ、
そして豚肉。豆乳は顆粒鶏がらスープで下味をつけ、
エリンギとソーセージは縦ぺらぺら状態に切って。
豆乳との絡みが大事ですからネ。あとはさっと煮るだけ。

ミニトマトは爆弾級に熱いっ。きゃービールビール!
ゴマ油をちょっとかけると超ウマイ。厚揚げはいつもウマイ。
ソーセージは思ったより味が出ません。
豚は脂のないしゃぶしゃぶ用にして正解!

最も印象的なのはパセリ。葉っぱがたっぷり豆乳スープを含んでまいうー!!
サラダで食えと言われても絶対ムリな量が、あっさりペロリと食べられちゃう!

合間に、ベビー新じゃがの丸揚げであっちっち。カリフラワーの浅漬けをこりっ。

ふー。と満腹を抱えつつ、具のなくなった土鍋をはさみしばし休憩。
するとおもむろに夫「うまかった。でもさ。もっとうまくなるよね、これ」。
がーーーーーん!!!!!! ややややっぱりアナタもそう思ってた?! スヌ子も!
今まったくほんとに偶然やっぱりそう、そうなのよその通り!何か一味足りんのよ~~!

実際、十分おいしかったんですよ。でも、何か大切なものをどこかに忘れている、
そんな記憶喪失のような漠然とした不安を感じさせるお鍋なのです。
しばらく後片付けをしながらも、足りない1ピースについて黙考するも答えは出ず。
今朝方、残りスープにおろし生姜を入れてみましたが、これか?これなのか?!
次回、もう一度同じ具を煮てみるまでわかりません。

皆さんも、早晩お試しください。そしてそして、答えが出たらどうぞ教えて…。 

たとえ答えが出なくとも、アナタのポチリで元気倍増!→ブログランキングへ

※↑ちなみにこのランキングですが、クリックすると表が出ますよね?
 それで順位を追っていくと、現時点で30位台に! この投票の仕組みや、
 どの程度スゴイのか今イチわかんないのですが、多くの方がこんな拙文を
 読んでくださっていると思うとうれしいです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
by snuko | 2005-02-26 15:54 | ●ほかほかお鍋 | Comments(2)

リハビリ鶏大根鍋

うきうき外食続きも一段落。
満たされすぎのせいか、無気力になりがちなおうちごはん。
こんなときのリハビリは、手がかからずお腹にも優しい一品。
ということで、鶏大根鍋です。

生協の地鶏しゃも骨付き肉と、しょうが、ネギ、藻塩を
水に放り込み弱火でコトコト。
子スヌたちと『日本語であそぼ』を見つつ
「ややこしや~~ややこしや~」と踊ったりしている間に、
アラ不思議、おいしいスープができてます。
これに、厚め半月切りの大根をどっさり入れ、火が通れば完成。
卓上鍋に移し、鶏ムネ肉、油揚げ、
えのき茸やカブの葉っぱなどを煮ながらいただきます。

「大根が妙にうまい」と夫。
「お鍋は、部屋も体もあったまって(その上カンタンで)一石二鳥ねえ」と、
鍋のたびに毎回同じ会話をしてしまうスヌ子。
以前は「毎回そう言うよね(笑)」とツッコんでくれた夫も、
もはや何もコメントしてくれなくなりましたが、
それもまたよしと思えるのはお鍋の温かさゆえでしょうか。

ポン酢はもちろん、オリーブオイルや、
ナンプラー+レモン汁などでも、
目先が変わってどんどん食べられます。
今日は、シマダヤの冷凍細うどんでシメてみました。
by snuko | 2005-02-08 14:05 | ●ほかほかお鍋 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家