border="0">

カテゴリ:●献立いろいろ( 37 )

最近の(ケ)ごはん

c0047897_14034402.jpg
アシスタントのゆみちゃんが、おいしいワンタンの皮をくれました。
c0047897_14035132.jpg
かんすいが入ってるから黄色。
がんがん煮ても煮溶けずツルップリッとしています。
あれっ、今調べたら日本橋高島屋でも買える模様!ラーメンの麺も食べてみたい。
→今村製麺総本家
c0047897_14033697.jpg
一緒につけてくれたタレも甘辛にんにくパンチ効いててうまし。
c0047897_14061727.jpg
ごちそうさま^^


別の日。
鶏とじゃがいも、黒人参のローズマリー焼き、
シチリアーノ風ポモドーロのパスタ。
最近すごくカラフルなにんじん界。生でかじっても甘くておいしい。
c0047897_15422086.jpg

朝ごはんは夫担当の和食。
島根のハタハタ干物、ぶりんぶりん。
c0047897_15470602.jpg

別の日。
あっ鳥だ!飛行機だ!!未確認飛行物体ーーーーー!!!(古〜
c0047897_13570455.jpg
マッシュポテトとミートソースの重ね焼き、アッシュパルマンティエ。
うちのは、ひき肉じゃなく牛こま・れんこんざくざくでボリューム満点。
真冬のオーブン料理はキッチンもあったまってえーね。
c0047897_13571051.jpg

また別の日。
あれ、おかえり。わお。お花じゃお花じゃ。
c0047897_13572916.jpg
結婚記念日でした。

夕方子スヌたちが
「今日はぁ〜、なんの日ぃ〜〜??フッフ〜ウ♡
 子スヌたち何か作ろうか〜??」と提案してくれるも、
「ヴァレンタインでチョコやケーキたくさん(夫婦で重複)食べたがや。
今夜もうごはん考えてるからいいぞなもし」と伊予弁で返答したのでしたが。


それにしても、お花…! こんな日が来るとは…。
小見出しをつけるなら“10ン年の歳月が彼を変えた!”というところ。

照れ隠しでふざけておりますが、
とってもうれしかったのです。

でもごはんはね、もう決まっていたので…。
c0047897_13580123.jpg
あわててキャンドル灯したりロゼ開けたりしてますが
THE・ふつうのおそうざい。
手羽元で鶏スープとって、手羽元は熱いうちに柚子醤油漬け。
スープで根菜ポトフ、柚子漬け手羽は食べる前にグリル焼き。
あとは菜の花やブロッコリーのじりじり素焼き(これ大好き)と、
少し残ってたワンタンのたれで糸こん炒め。
系統樹マンダラの小田隆画伯にいただいた、うまい笹カマにたらこディップ。

以前は「宝石とはいわないまでもせめてお花でもー!」などとガウガウ噛み付いたりもしたワタクシですが、
思いがけない幸せは、欲を手放したときにやってくるものかもしれません。
ていうか「くれくれ」って言われてあげるのもナンだよな、ってことをわかっていなかった
学びと目覚めの結婚記念日…なんちゃって…。
ともあれ今後とも気を引き締め、お腹も引き締めて向き合っていきたいと思います。

憧れの結婚生活の手引き「大草原の小さな家」DVDを家族で観て〆。
c0047897_13584908.jpg

別の日。
アイキャントストップTHEおそうざい気分。
宮崎からの「空飛ぶたまねぎ」という新たまねぎ。
黒いフルーツ人参と一緒におかか油あえ。
c0047897_14002841.jpg
ひとりのお昼はキャベツペペロン。
c0047897_15501837.jpg

スナップえんどうは塩ゆで熱々に、レモンしぼってオリーブオイルたらりが好き。
ペコリーノチーズがあれば、春のイタリアンつまみになるんだけど。
c0047897_15514247.jpg
やっぱり料理の写真は、夜の照明よりお昼間の自然光が断然いい雰囲気やね〜。


別の日。
何もしたくない夜は、出すだけでおいしいものに依存。
パリの友達がくれたベイユヴェールの牛バター。
c0047897_16135907.jpg
あとはおいしいパンがあれば。
c0047897_16140776.jpg
こういう日、けっこう多い。そして楽しい。
別の日はポテトスープとドイツパン。
c0047897_16185829.jpg
ダニが育てるチーズ、ミモレットも。
c0047897_16195310.jpg

パンがなかった休日の朝。
ポリ袋に強力粉薄力粉オリーブオイル水を入れて適当に揉み、フライパンで焼いたパンもどき(すんごく重い)
これまた友達がくれたボルディエ海藻バターで。
c0047897_14003576.jpg
家族で出かけて遅くなった夜。
スヌベルがおかかパックと昆布でダシとって作ってくれた月見うろん。
c0047897_14005909.jpg
ダシがらの柚子ぽんあえ、芸が細かい。
c0047897_14010876.jpg

親族会で盛り上がった韓国料理「サムスンネ」で食べて、早速真似したケランチム。
そっくりな豆腐と卵の蒸し物よく作るけど、
卵+たっぷりのだしもうまし。にんにくほんのちょっと効かせてね。
ごはんには桜えびと生姜。
c0047897_14014699.jpg

別の日。
玄関開けて10分でできた、ぶりの柚子味噌漬け定食。
冷凍しといたゆで青菜をダシにゴンと入れて煮、ブレンダーでガッ。海苔を散らした青汁風スープ。
同時進行でフライパンにクッキングシート敷いてぶりを焼き、
春キャベツ刻んで柴漬け・寿油であえてサラダ。
バーボン先輩がくれた山形のまぜこぜワイン(ロゼはちょい甘)
c0047897_14015992.jpg

科学バーの夜。
てぇーーいっ と25人分作って、アシスタントがいてくれたので私は帰宅。
c0047897_14020878.jpg
これも玄関開けて10分。
朝、豚こまにナンプラー・酢・酒をなじませといたので、水を足して蒸し煮。
ごはんに新たまねぎのせてこれをぶっかけ、香菜とレモン。
青汁豆乳スープ。オリオンビールのまんかい桜。
c0047897_14021518.jpg
おいしいけど途中で飽きてきた(オイ)ので、手作り油登場。
ごま生姜ラー油と、おかか葱油。
c0047897_14022167.jpg
香り油がしみたごはんおいしいな。
ビールが進んで、スヌチョに「ママ〜太るよ〜〜」と注意される始末。


c0047897_15495841.jpg





by snuko | 2015-02-26 16:06 | ●献立いろいろ | Comments(0)

おいしい組み合わせ

c0047897_14414752.jpg
インスタントラーメンに、生のおかひじき。


c0047897_14420071.jpg
若いいちじくに、和三盆。お砂糖は鴻商店


c0047897_14421457.jpg
ラタトゥイユに、タプナード。


c0047897_14422491.jpg
とらやのようかんに、ミント紅茶。


c0047897_14424147.jpg
トマトにレモンオイル、バジルディルマスカルポーネ。


c0047897_14500540.jpg
ベポカのセビーチェ。これでもかの酸っぱ辛さに、甘い安納芋。


c0047897_14425835.jpg
味坊ポテトに、シチリアのカタラット。


by snuko | 2014-08-24 14:52 | ●献立いろいろ | Comments(0)

半沢漬けの週末地味めし

金曜日の夜は科学バー。海編はおかげさまでもう12回目。
理数系はシャットアウトしてしまう私の耳にも、
後藤先生のトーク(講義というべきか)は面白く、するっと入ってくるのです。
c0047897_072824.jpg

いつもどおり、おつまみとカレーも。
この日作ったのは、
定番・ディルたっぷり大人のポテサラ、
オイスターローフ、
いんげんとチーズのトルティージャ、
ゆでごぼう赤たまねぎドレッシング、
焼きねぎのトリュフ風味、
大根ココナッツポタージュ。
手が覚えているから、直前のレッスンでやったものを作りがち。
お出しするときいつもどうしてもばたばたで、今回は写真撮れずでした。

科学バー名物欧風カレー、ほんの少し作り方変えたら、常連の方に「今日、味ちがいますね?」と。
やっぱりわかるのね…セロリ入れ忘れたのと、実験的に、お肉焼き付ける手間を省いてみたのです。
これもなかなかと思ったけど、焼くひと手間で深みとコクが出る。
作り慣れたからってなめたらアカン〜。
定期イベントのごはんは、ここ来たらこの味! 
っていう安定感も大切にしないとな、とひそかに兜の緒を締め直しました。

イベント帰りは、家の近くについてからホッと1杯。幸せ。
近所に遅くまでやってるいいお店があるのって財産。
c0047897_0104278.jpg


何の予定もない土日! 久しぶりに思いっきり朝寝坊。
「ま、ま〜〜・・・おなか、すいた・・・」というスヌチョの弱り声が目覚まし(ごめん)
深夜に食べたから、ブランチは罪滅ぼし的にアスパラ菜バター蒸しをどっさり。
焼きたてクロワッサンやほかほか豆乳など、みんなで買いにいくのも愉し。
c0047897_0134554.jpg


またお鍋に白菜詰め込んで煮ながら、ひたすら半沢直樹鑑賞(長いんです)
合間に夕食。
c0047897_0143212.jpg
後藤先生からいただいた京都のお漬け物、新年会でお持ち帰りさせてもらった山形・土田精肉店の霜降りステーキに生わさび。
うまい・・・。極上肉とお漬け物って最強の組み合わせ。
あと白菜のクリーム煮(ピェンロー風煮にエバミルク入れただけ)

そういえばこの週末、長年のwindows歴に別れを告げ、MacBook Airに。
電脳製品には知識もこだわりもないため、これまでワープロ時代の流れから富士通の型落ち投げ売りミニノートを使っていたくらいなのですが、
最近メールをうつまでに立ち上がりから15分以上(!)かかっていたのです。
HDDを買い足したりして騙し騙し使っていたけど、
さすがにコレあんまりじゃない? とビックカメラのお兄さんに相談したら、
そのタイプは元々搭載しているメモリ容量が著しく少なくて、2年も使えばもう限界だそうな。
3年近く使ってから、そんな事実を知るなんて。

それならiPhone使ってるしMacにするほうがいいのかなぁ、
薄いし軽いし容量も多いって言うからこれかな。
くらいの消極的姿勢で購入。でも、実際手にしてみれば。
なんかいい! かっこいい!! 仕事もはかどりそう!!!(んなわきゃない)
タブレットなども、おそらくこんな全能感が味わえるのでしょうか。
c0047897_0163462.jpg
設定やデータ移行を行いつつ、日曜のお昼は、
切れっ端を冷凍しておいた鴨肉とごぼうでごまみそラグーパスタ。
c0047897_0175477.jpg
味はいいけど、ごま入れすぎてややもったり、ざらざらしすぎ。
いくら好きでも加減がだいじ。
ニラエリンギしょうがのさっぱりおすましが救い。

それからまた半沢直樹。
いつしか暗くなり、もさもさと夕食。

c0047897_019733.jpg
塩麹牛(カレーつくって余った牛すねに塩麹とにんにくまぶしつけたもの。バッグに入れたまま忘れ果て一晩常温にありましたが、さすが塩麹! 無問題)とれんこんの煮物。
れんこんレモンマリネ。ゆでプチヴェール。これ大好き。
お正月の残り数の子はエシャロットとセロリ葉を合わせて。
お昼の鴨肉、いいとこ取っといたのをさっと焼いて、めんつゆねぎダレ。

数の子とキャンティが、アッとのけぞるほど×な組み合わせだったので、さっぱりめの泡盛に切り替えたらぴったし。キャビアとウォッカみたいな感じ。

お昼のニラ汁でしめのお雑炊後、引き続き半沢。
c0047897_0212362.jpg
食後はスヌベルお手製のグレープゼリー。
最近ジュースやフルーツを与えるとお菓子になって出てきます。手を動かすのはいいこと。

そして一気に最終回まで。

終わった…。
えーーー!!!  これ、島耕作みたいに頭取まで行くのかね?
ああ…! 早く第二部がみたい。

ほとんど食材買わずに乗り切った週末。
わざわざお見せするようなメニューでもありませんのに、
Mac慣れするため長々と綴ってみました・・・。
おつきあいいただきありがとうございました
(ようやくカタカナ・小文字が打てるようになりました!)
by snuko | 2014-01-28 01:18 | ●献立いろいろ | Comments(0)

マカロニグラタン・バースデー

今日はいくぶんひんやりしておりますね。
待ってました~! と言わんばかりに、アツーい画像をアップf^_^;

次女スヌベルのバースデーが先日ありまして。
うちは約1か月ちがいの姉妹なので、5,6月はバースデー期間。

姉が和風&お米&お肉好きなのに比べ、
妹は乳脂肪分満載の洋モノ&粉モノ好きで、お肉はそれほど。
(赤身は食べる♪ と生意気発言には張り手ッ)

同じグラタンでも、姉は玄米・こちらは濃厚なマカロニグラタンに。
そのうちトマトになっちゃうんでは・・・というほどトマト好きゆえ、
サイドメニューは簡単トマトメニュー。
c0047897_16461156.jpg
マカロニグラタンの作り方。
1.鶏むねとベーコン、マッシュルームをにんにくで炒め、白ワインで蒸して取り出し

2.玉ねぎ、セロリをバターで炒め、しんなりしたら小麦粉を振って、なじんだところで牛乳ザバッ。
とろみがついたら生クリームを足し、鶏たちを戻し、茹でたマカロニを混ぜ込んで

3.グラタン皿に移し、チーズとパセリを散らしてオーブン高温で10分くらい。
c0047897_1646432.jpg
わが家のマカロニグラタン、特に変わった作り方じゃありませんが、
セロリどっさり+にんにくを効かせるのがポイント。
アクセントがついて、クリーミィでも飽きずにたっぷりいただけます。
それが危ないんだけんど・・・(-_-)

炒めて焦げ目をつけるだけなので、意外に暑くありません!ほんと。
台風も近付いてるようですし、週末などにお試しください~。

サラダは、アメリカンチェリー、ミニトマト、モッツァレラのカプレーゼ風。
夜レッスンでもやりましたネ。
ローズマリーかミントを散らし、大人は白胡椒、オロ・ディ・サラワクをたっぷり効かせて。

スープは、生のトマトを氷と一緒にブレンダーにかけ、
生クリームと塩漬けケッパーを散らしただけ。
トマトが美味しいこの時季は、だしを入れなくても充分。

ケーキはいつものご近所の。
将来は林家パー子師匠を目指しているのか、近頃、私のお古のカメラを手離さないスヌベル。
c0047897_16574241.jpg

素敵なプレゼントも届いたのでした♡
c0047897_1724437.jpg
本・まんがを愛する友人から。
お手伝いをしないと完結しない!
引き換え券つきのまんが。

情熱ほとばしる手作りのリリース・引き換え券に感動の嵐・・・! 

こんなエスプリのきいた、愛に溢れる贈り物ができる大人になってほしい・・・
いや、まずは自分がなりたいものです。 ありがとうー!!!
by snuko | 2013-06-20 17:21 | ●献立いろいろ | Comments(0)

鶏ひきと青菜の玄米ドリア、新にんじんのポタージュ

昨日は長女スヌチョの誕生日。
色白の起き上がり小法師みたいだった娘も、10歳になりました。
バースデーディナー本番は週末に行う予定ですが、
一応当日の昨夜、夕食の希望を聞いてみたところ。

玄米敷いてあるグラタンと
季節の野菜のポタージュ♡♡
ですと。
c0047897_1513581.jpg

玄米敷いてあるグラタン??? うーんと、それってドリア?

・・・と以前作ったものを忘れ果てておりましたが、
買い物をしている間に思い出してきました。鶏ひき肉と青菜の玄米ドリア。
でーーきーーーたーーーーよーーーーー!(←広大な邸宅プレイ)
c0047897_1364244.jpg
まあ、言ってみれば汁気の多い炒め物にチーズかけて焼くだけ
なのに、豪華に見えて家族受けがいいので、
これまでも、あれこれ強引にグラタン仕立てにしてきましたっけ。
スヌチョったらそれを覚えていたのね~。
もしかすると、これがわが家の定番レシピなのかもしれません。

1.粗みじんに切った玉ねぎ、エリンギ、鶏ひき肉を炒め、ナツメグを振って塩味を調える。
2.茹でてざく切りにした小松菜と、生クリームを加えて少し煮詰める。
3.グラタン皿に炊きたての玄米を敷き、上から2をザバーンとかけ、
  チーズを散らしてオーブンで焼き上げる。

付け合わせは、レタスとえごまのサラダ、
今しか出回らない、甘~い雪下にんじんのポタージュ。
c0047897_1553548.jpg
1.新にんじんと新玉ねぎをコンソメ(茅乃舎の野菜だし)で柔らかくなるまで煮る。
2.なめらかなコクを与えるため、EXVオリーブオイルを少々加え、
  ハンドブレンダーでガーーッ。
3.仕上げにレモンオイルコンディショナーを、ほんのちょっぴり。

レモンオイルは、新にんじんの優しい風味を消さないように
用心深く振りましょう。
c0047897_244033.jpg
デザートは、沖縄土産のパッションフルーツ。
濃厚な甘酸っぱさ!おいしかった^^ ごちそうさまでした。

ちなみに本番のディナーの希望は「赤身のステーキ」
齢10にして肉食女子。血は争えないとはこのことでしょうか。

****************************
「DOMANI」6月号も昨日発売! 
今号の美人めし、お題は“グリーンアスパラ”。
c0047897_2274862.jpgファッションはベージュ特集か、フムフム・・・
と読んでいたところ、
「米寿な女(橋田壽賀子先生ほか)インタビュー」ってーーーっ!!!
だ、ダジャレ?? だからDOMANIって・・・大好き♡

今号は、小さくて持ち歩きやすいバッグサイズも出てますよー☆
by snuko | 2013-05-02 02:14 | ●献立いろいろ | Comments(6)

瞬間塩豚、あさり、キャベツのあったか蒸し

なんだか寒いですねぇ。
この土日はお仕事&美食三昧で、幸せいっぱい胸いっぱいでしたので、
自宅では野菜たっぷりローカロリーを心がけてみました。

取り出したるは、数日間コールドスリープしていた茹で豚。
かたまり肉にたっぷりの塩をまぶし、
1時間ほど置いて洗い流した“瞬間塩豚”を茹でたもの。
最近、骨付きや脂の多いお肉はもっぱらこの方法。
熟成させる塩豚とは別物ですが、
アクや臭みが抜けて塩味がしっかりつくし、
にんにくや生姜を加えた茹で汁は濃厚なスープに。
一晩冷まして、固まった脂を除けばさっぱり。
展開もしやすくなります。
c0047897_128493.jpg
今夜は、この茹で汁で新玉ねぎとキャベツ、茹で豚とあさりをあったか蒸しに。
砂抜きしたらピューピュー水を吐いたあさり、春らしい。

付け合せもたっぷり野菜。
和え物上手な友人ママのひじき和えPHOTOで、
どうしても食べたくなって。
c0047897_1305231.jpg

長ひじき、しらす、新玉ねぎ、にんじん、キャベツ、しそ。
ひじきはサッと湯がいて
熱いうちに新玉と合わせサラダ醤油(最近のヒット!鎌田醤油製)で味付け。
しらす湯通し→しっかり水切り、
にんじんとキャベツは塩もみ→しっかり水切り、
アク抜きしたせん切りのしそを合わせて。
こういう和え物って、下準備でぐっとおいしくなりますね。

これに豚茹で汁と茗荷の炊きこみごはん、朝の残りのお味噌汁。
久しぶりに休肝日ゆえ、深夜にブログ更新できたりもします。
あ、腹へった…。
by snuko | 2013-04-23 01:34 | ●献立いろいろ | Comments(2)

レモン賛歌

レモンさまにおかれましては・・・(落合恵子さんの話ではありません念のため)、
と話しかけたくなるほどに尊敬の念が絶えない果実、檸檬。
フレッシュな果汁を一絞り、劇的にパワーアップするレシピがどれほどあることか。

まずは、このところの食卓での活躍ぶりをルポ。

8月のおもてなしレッスンで好評だった海苔バターソース。
焼き海苔を熱湯に溶かし、バター、醤油を加え、
水溶き片栗粉で軽いとろみをつけるだけ。
たいへん簡単なソースですが、仕上げにレモン汁をたっぷり。
この香りと酸味で、キュッと引き締まった味になるのです。
c0047897_162845.jpg
茹でただけのイカなのに、たっぷりソースでごちそう風。

またあるとき、遅く帰って20分で晩ごはん。
とるもの鶏あえず鶏もも肉にババっと塩こしょうして、にんにくオイルでジュー。
焼いてる間に、また桃モッツァ。レモンの皮をおろして散らし、実は焼けた鶏にキュッと。
きゅうりをめん棒で叩き、バジルと塩を混ぜただけのサラダにもキュッ。
c0047897_16375615.jpg


さらに、2か月前に漬けたレモンコンフィ。水分が上がって、こうなりました。
c0047897_16405637.jpg
実の部分はとろりん。
c0047897_16412862.jpg
きっとモロッコじゃあタジンで蒸すんさねぇ・・・とつぶやきつつ、
普通の鍋ににんにくオイル、じゃが、鶏ももを入れ、
刻んだコンフィとしょっぱすっぱい汁を少々かけ回して蒸し焼き。
あら!見た目も材料も上の鶏に酷似してるけど、これまた新しいおいしさ。
ふわっとレモンの香りと鶏のうまみを吸ったじゃがが止まりません。
c0047897_16442416.jpg


調子に乗って、茄子とオクラのアフリカ煮にもざくざく。
※アフリカ煮(スヌ造語)=
 たっぷりのオイルにクミン、コリアンダーシードを入れて、ソーセージや野菜を蒸し煮にしたもの。

c0047897_16473853.jpg
まったりしたアフリカ煮に爽やかな風。

やっぱりレモンって偉いな。
by snuko | 2012-08-19 13:00 | ●献立いろいろ | Comments(2)

最近のごはん

蒸し暑い毎日が続いておりますが、皆さまお元気ですか?
ブログの更新が滞りますと、
“就職が決まったのに単位が足りない”といういつもの悪夢を見る…
そんな自業自得の日々を送っておりました。

フェイスブック・ツイッターはじめ
様々なツールでのチョコ出し情報発信で満足してしまっていたり、
いろいろ思うところもあって、更新がしんどくなっておりますが、
せっかくの自分だけのメディアを投げ出してはいかんよね。
というわけで、変わり映えしませんが、最近のごはんから。

昨夜。夫がいつもより早かったので、準備のいらない居酒屋さん開店。
c0047897_17115557.jpg

●月見大根サラダ
●オクラの素揚げおかかがけ
●アボカドとろろすり流し
●義姉テリィがくれた山口宇部の最高級かまぼこ「宇部かま 新川」に生わさび
お酒は、ビールの後、野毛ドル・キムちゃんが教えてくれた「菊水」金缶ロック。

宇部かまにおろし立てのわさび、こっくり冷たい金缶・・・最高。

c0047897_17154785.jpg

一段落ついたところで、素揚げして出汁に浸した翡翠なす。
c0047897_17162535.jpg

しめは、なすの出汁であったかいおうどん。
わさびの輪切りは苦いです。好きだけど。

またある日。
c0047897_17241044.jpg

手前は「ラムセロ」。
KIWIの中華講座でもおなじみ、Tasty Kitchenの山田裕子先生に教わりました。
セロリの葉をどっさり刻み、しょうゆをダーーッとかけたものを、
さっと焼いたラム肉で包んで食べる、それだけ。
でもこれ、やめられない止まらないおいしさ!お試しあれ。

オレンジのは、ススカイ風マンゴーサラダ。
友達の家で出してもらって素敵に美味だったススカイを、さっそく真似っこ。
タヒチの料理で、マンゴー+にんにく+ライム汁+唐辛子の組み合わせなんですと。
この日は、刻んだトマト+甘酢漬けにんにくでそれっぽく。

緑のは、作りすぎたサルサヴェルデそうめん。
きゅうり、青じそ、玉ねぎ、レモン、オリーブオイル、粒マスタードで作る
夏のサルサヴェルデは、お肉だけでなくお素麺に混ぜてもイケます。

あとはホタテの塩麹締め。エルオンラインでもご紹介したこちら、
みょうが・しそ・白髪ねぎなどのわっさりの薬味とともに。

当然お酒もすすむ。
c0047897_1734177.jpg

新発売、氷を入れて飲むビールですって。
まずくないけど、別に氷入れなくてもなー(と言いながら飲み干しました)

この日のお素麺は、もちろん大量に残りましたとも。
c0047897_1736337.jpg

でも捨てないで、冷蔵保存。濃いめの出汁で温めると、翌日の夜食になります。
意外とのびないものです。

さらに、バタバタで帰宅が遅くなっちゃった時は、枝豆と豆乳素麺だけという日も。
c0047897_1743512.jpg

これは、義妹のあゆみちゃんが実家(大阪の八尾)から取り寄せてくれる枝豆。
香りがよくて味が濃ーい。
枝豆の茹で方は、以前のとおり。
豆乳素麺は、トマトハムきゅうりみょうがしそ+塩麹+レモンオイルコンディショナー+豆乳で。

こうしてざっと見るだけでも、まわりの皆さまの知恵と恵みで食いつないでいるんだなー。
皆さま、いつもありがとうございます。

あら、もう6時。さて今夜は何にしよう。
by snuko | 2012-07-13 17:47 | ●献立いろいろ | Comments(8)

2011クリスマスディナー

クリスマスイブのごはん。
お仕事で公開したレシピ尽くしでしたが、
いつも試作の試食を強いている家族のため、ひたむきに、作ります…。
このフレーズ「演歌の花道」っぽいな…。

c0047897_054859.jpg
レモンチキンは、丈夫な特大ジップロック袋に
レモン汁2:オリーブオイル1+叩きにんにく+塩+唐辛子+ハーブの
マリネ液を作って、丸鶏をドン→もみもみ。

ハーブは生オレガノとローズマリー。
c0047897_063464.jpg
美しいボトルのオリーブオイルは、
以前kuwaがお酒と取り違えて持ってきてくれたもの。
いつも冷静沈着な彼女が、「あれ…っ?これオイル!?」と
大慌てした顔を思い出すたび、ふふふと笑っちゃう♡
ここぞというときつける勝負香水のように(?)、
大切に保管して使っておりますよ。香りとコクが素晴らしい。

さて、焼いている間にサイドディッシュもできあがり。
簡単なものばっかりじゃけんのー。
c0047897_083372.jpg
Bunkamuraのサイトに掲載したかぶのココナッツポタージュ、
洋梨とパルミジャーノ・くるみのサラダ、
牡蠣と椎茸、ブロッコリーのオイル蒸し。

c0047897_091393.jpg
主役焼けました。
期せずしてお尻からレモンの皮がハミ出ております。

c0047897_094470.jpg
レモンと鶏のうまみを吸いこませた、れんこんとじゃがいもがおいしい。
ミントヨーグルトも優秀かつローカロリーな脇役で◎っ。

c0047897_0101375.jpg
デザートは、近所のラテールで。チョコ味のブッシュドノエル。
ラテール、増殖してるけど最初の頃よりおいしくなってるよね~とか語り合ったり。

全体的に、超絶贅沢素材やこってり乳脂肪を使ってないのが、2011年ならではかな。
記念日ごはんには、その時々の気分が反映されますね。
by snuko | 2012-01-24 00:10 | ●献立いろいろ | Comments(2)

年末バタバタごはん

もうすぐ旧正月を迎えるというのに、
まだ年末の食をほったらかしにしておりました。
特筆すべきものでもありませんが、備忘録として記しておこうっと。
*******************************************
スヌ夫バースデイからクリスマスまで、
平日は何を食べていたかざっくりと。

c0047897_22453696.jpg
レバーパスタ。
赤ワイン、塩、しょうゆ、ローリエで煮詰めたレバーにリングイネを絡め、
仕上げにたっぷりのゆず果汁とグリーンペッパー。
見た目よりさっぱりしています。柑橘類はええね。
柚子の香、真冬だけの贅沢。

c0047897_2246292.jpg
深夜、ふとお腹がすいてアンチョビバタートースト。
私は残念ながら未訪の、目黒メッシタの名物だと聞いて真似っこ。
真夜中の禁断の味、おいしいに決まっとる。

c0047897_22462628.jpg
スヌ夫が不在の晩は、子スヌたちと女子会…そんな歳になりました。
女子会はおしゃべり&音楽(Bのつくアーティスト限定)が主役、
よって残り物片付けday。
スヌ夫ステーキ肉の残りをたたきにしといてよかった♡ のたたき丼。
牛肉には必ず茸!が家訓ゆえ、この日は素焼き椎茸を合わせております。
女子力をあげる繊維とヨード、イソフラボンを摂取すべく
昆布ごぼうのきんぴら、ゆし豆腐と共に。

c0047897_22465297.jpg
11月にKIWIで開催した中華おつまみ講座。
Tasty Kitchenの山田裕子先生による紅油ソース(自家製ラー油+甜醤油)は
スヌ族間で激しく熱いブームとなりましたが、
その日のサイドメニュー「砂肝花椒風味蒸し」も絶品!
平たく言うとスパイス入り塩水で砂肝を蒸すだけなのですが、細かなコツがたくさん。
陳健一氏の薫陶を受けた山田先生ならではの、
まさに無敵のシンプルレシピでした。
教えのとおり、長ねぎ・香菜・生姜・ごま油と和えて出したところ
スヌチョが「今まで生きてきた8年間でいちばんおいしい砂肝――!!」と絶叫。
山田先生、ありがとうございます! 
今年ぜひまたアンコールレッスンをば。

c0047897_22492885.jpg
またパスタ食べてる。
わが家は朝ごはんが純和食のため、夜は麺類が多いのです。
これ何だっけ…
そうだ、お肉が続いてるワッと思って椎茸と小松菜のベジタリアンパスタ。
鶏入り豆乳フランは強火で蒸しすぎて盛りあがってますが、
簡単・ウマなので冬は登場率高し。

c0047897_22503574.jpg
クリスマスディナー前日は、
「明日ごちそうだからお鍋にしよっか♡」というわけで、
ハナちゃんがナベテロリストとなって情報をばらまき
全国を歓喜の渦に巻き込んだH先生レシピ「白菜味噌バター鍋」。
水、みりん、味噌、バターを沸かしたもので白菜と豚肉を煮るというものですが、
前評判どおり、ひとり白菜1/4個は行けちゃう絶妙鍋。
今年の抱負1:錆び錆びコンロを買い替える。

そしてクリスマスデナーに突入。
早く年内ルポ終わらせにゃっ。
by snuko | 2012-01-23 22:54 | ●献立いろいろ | Comments(2)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家