border="0">

カテゴリ:●お肉レシピ( 34 )

焼きぶどうと干し茸添えローストポーク

リフォーム中、予算が厳しくなってきても絶対譲れなかったのが、
食器洗い機と大きなオーブン。
電子レンジ+ガスオーブンが一体化したコンベックというもので、
中まで早く程よく火が通り、外側はこんがり~♪ 
と聞いていたので早く試したかったのですが、なにぶん暑くて…。
秋風を感じ、これにてようやく初稼働となりました。
結果は、噂に違わぬ素晴らしさ。 見て~このジュースィーなローストポーク!
c0047897_23531752.jpg
1.香味野菜(玉ねぎ・セロリ・にんにくなど)の薄切り、適当なハーブ(今回は
  セージ、ローズマリー、タイムのサイモン&ガーファンクルな組み合わせ)、
  白ワインとオリーブオイル各大さじ2を入れたジップロックに、
  軽く塩こしょうした豚肩ロース800gを入れ、袋の上から揉んだり裏返したりしつつ、
  冷蔵庫で1晩マリネする。
2.オーブンを200℃に予熱しておく。
3.鉄板に、1,2時間陽に干したぶなしめじを散らし、
  野菜やハーブを除いた1の豚肉をのせて160℃で1時間ほど焼く。
4.豚肉だけ取り出しホイルにくるんで15分休ませている間に、
  しめじの残った鉄板にぶどうを散らし、さらに10分ほど焼く。
5.薄く切った豚肉の上に、焼けたぶどうとしめじをトッピングして出来上がり。
※ぶどうは甲斐路を使いましたが巨峰でも何でも。
  大粒のほうがソースっぽくなるし見た目も可愛い。皮つきでok。
※茸は半干ししただけで旨みが増します。短時間でもお日さまに当てるのがコツ。
  下に敷いて焼くと、肉汁を吸ってカリカリっとキャラメルっぽく焦げたところが
  やめられないおいしさ。 
by snuko | 2009-09-14 23:44 | ●お肉レシピ | Comments(2)

近頃の仕込み

野菜は宅配で買っているので、週末の買出しはもっぱらお肉・魚。
お肉は、以前はコマ切れ命でしたが、冬の訪れを感じるとブロックに手が伸びます。
動物の備蓄本能でしょうか…。
日曜遅めの時間に行くと、大胆にも半額になっていたり・うひ。

新たな週に備えての仕込みAtoZ(過去記事にあるものばかりですが)
①[塩豚] 豚肩ロースかバラに塩(500gに対し大さじ半分)をすり込んでラップ・冷蔵。
②[牛たたき] 牛ブロックを常温に戻し、フライパンで全面焼き付け後、
  にんにくスライスと、同割(醤油・酒半々)1カップをザブッと入れてひと煮立ちさせ、
  冷めたらジップロックに入れて冷蔵。
③[ひき肉そぼろ] 香味野菜(にんにく・しょうが)とひき肉をよく炒め、
  残り野菜や茸、醤油、みりん、味噌などでテキトーに味付け。納豆を入れても。
④[冷凍いか]いかの足と骨を抜き、胴の部分と別々にラップして冷凍。

ちなみに③④は余裕のあるときのみ。
①②だけでも、塩豚でスープが取れ&切り出して炒め物にも、
牛は薄切りで漬け汁をかけるだけで、子スヌ大喜びのゴーカ丼やサラダにも。
これに季節の野菜を組み合わせ、あとは乾物やツナ、ホタテ缶、ソーセージ、
卵があれば軽-く1週間のり切れちゃいます。
c0047897_1223238.jpg
そんなわけで。この日の調理は、塩豚スープにトマトとブロッコリーを放り込み、
お肉の下の千切り大根を切っただけ。作り置きピクルスも添えてネ。
目新しいレシピじゃなくてすみませぬ…。
by snuko | 2008-11-12 12:02 | ●お肉レシピ | Comments(0)

シナモン風味の肉豆腐

近頃の食事中の会話。
「とろけるように口の中に広がる!」(←朝の豆腐味噌汁)
「ネバネバがおいしくて歯ごたえがなんともいえない…」(←オクラ納豆トロロ丼)
「うーん、これはベロに甘みがじわっとしみこむ感じだね」(←バナナヨーグルト)
などなど、今すぐテレ東のグルメルポ行ってこい!なコメントを繰り出すスヌチョ(5歳)。
c0047897_17475377.jpg香味野菜やスパイスにも詳しいと自負している
彼女のために、昨夜はシナモンを効かせた
肉豆腐を作りました。作り方はカンタン。

1.生姜、にんにくのみじん切り各1かけ分を弱火で炒め、香りが立ったら 豚ひき肉250gと舞茸、長ねぎみじん切りを加え中火でよく炒める。
2.オイスターソース大さじ2、塩少々、シナモン小さじ半分くらいで味付け。
3.水切りし角切りにした豆腐を加え、水溶きした赤味噌を絡めて強火で水気を飛ばし、仕上げに水溶き片栗粉少々でとろみをつけて出来上がり。

シナモン風味の辛くないマーボー豆腐、と想像していただければ。
茸の香りとシナモンも合うのです。 さて、いただきまーす♪
c0047897_175425100.jpg
わたくし「これなんの匂いだーー?」
スヌチョ「えっと…あ! わかった。アップルパイに入ってるー、えーっとえーーっと…」
   「…………シナモン!!!!」

うおっ。当たり・当たりです!!!え? でも。
答えたのはスヌ夫…。
真剣に食べててスヌチョの様子に気づかなかったみたい!?

「…うっ、うぅううわ~~~ん 見る見る泣き出すスヌチョ。あ~~らら。

げにスパイス当てっこは大人でもエキサイティング! というわけで。
(中華料理屋さんなどで「コレ八角だよね!?」なーんて、
各テーブルからウレシそうな声が聞こえてきたりしますもんね)
スヌチョ、無念。当てたかったよねぇ…よしよし。
ま、長い人生、こーいう日もあるさ…。
by snuko | 2008-06-20 12:43 | ●お肉レシピ | Comments(4)

牛スジ煮4変化

相変わらず、平日ほとんど料理らしきことをしない(ただ煮る・和えるのみ)日々が
続いております。置き土産レシピにヒネリを加える余裕もなく…。
しかし、少し前に我ながらちょっとスゴイと思う使い回し大会を催したので披露。
週末の「世田谷線で行く、ぶらり下高井戸の旅」にてGETする
堀田牛肉店の牛スジ(400グラム380円ほど)をさまざまに活用。

牛スジは沸騰した湯で1度ゆでこぼした後、香味野菜と酒・かぶるほどの水と共に
圧力鍋に入れ、中くらいの圧で10分ほど煮て自然に冷まします。c0047897_17492127.jpg
←翌朝。
冷めて汁がブルンブルンに固まっているところ。

初日は、半分くらい取り分けて薄口で大根を煮たり、砂糖醤油・ゴマ油でこってり甘辛く調味し卵を煮たりして楽しんだような(少し前ゆえ記憶がおぼろ)

翌日。残り半分でゴロ切り野菜を軽く煮てからルーを溶いて、いわゆるひとつのカレーライスに。
牛スジのゼラチン質とルーのとろみで、口腔に絡みつくほどまったり(条件が許せばこれは思いっきりスパイシーにしたほうがよろしいかと。牛ゼラチンの濃さに対抗すべく)c0047897_17505170.jpg

さらに翌日。余ったカレー(野菜は粉砕しておく)と新ごぼう薄切りを、豚ひき肉500gによーく練りこみ、長方形の深皿に詰めてレンジで15分。
件のレンジミートローフです。
不思議なことにあまりカレーの味はせず、まったりしたうまみだけがジワー。しゃっきりしたごぼうのおかげで口飽きしません・エライぞごぼう。c0047897_17511611.jpg





そして最終日。
さすがに500g+αのミートローフが余っていました。
生米を少量のオリーブオイルで軽く炒め、同量の薄いブイヨン(塩水でもよし)+白ワイン少々を注いだら、上に角切りミートローフとエリンギをのせ普通に炊き上げます。
ココまで来ても、牛スジのうまみはまだ残っており、しみじみうまい
ピラフとなりました。c0047897_17522395.jpg




     ふーー。
     牛スジよ、ありが10…     
     の巻でした。
by snuko | 2008-04-09 12:21 | ●お肉レシピ | Comments(3)

コリアンまきまきディナー

買い置きの豚肉を、朝、玉ねぎといっしょに韓国ダレに漬け込んでおいたのです。
帰宅後は炒めて、葉っぱを洗うだけ。

タレは、醤油大さじ3・酒大さじ2・メープルシロップ小さじ1・ゴマ油小さじ1、
おろしにんにく・生姜少々。あっ入れ忘れちゃったけどゴマも、ぜひ。
なめてみてちょうどよい甘辛加減にし、豚コマ・玉ねぎとともにビニール袋に入れ
モミモミして冷蔵庫へ。
お肉の量が心もとなかったので、炒める時、先にじゃがいもを入れて水増し。c0047897_15534332.jpgc0047897_155415100.jpg

















冷凍しておいたワタつきイカゲソも、ぶつ切りで醤油にんにく炒めにしたところ、
トロッとしたワタと油がイカ味噌?のようになって、ごはんによく合いました。

お腹のカゼ(ノロ・ロタウィルス)が流行っています。
インフルエンザも、そろそろ身近に迫ってきている模様・ウチはまだですが戦々恐々。
皆さま、生姜やにんにく、くず湯などでからだを温めて
ゆったりとした週末をお過ごしくだしゃい。
by snuko | 2007-12-07 12:30 | ●お肉レシピ | Comments(3)

グリル手羽先レモン風味

月半バにシテ既ニ余裕ナシ。
と漢文調に呟きつつ肉売場に行けば、「蔵王土鶏 手羽先100g98円」の文字。
地鶏の手羽先が、6,7本入って300円台!! 我不堪不買。
スヌ夫実家でもいできたピッチピチのレモンを使って、レモンマリネに。
c0047897_171599.jpg
前夜の下準備。
ジップロックにつぶしたにんにく、手持ちのハーブ(ローズマリー、ローリエなど)、
レモンの輪切り、手羽先を入れ、オリーブオイルをタラリ・もみもみ→冷蔵庫へ。

昨日帰宅後。
オーブンを210度に熱し→
ゴロ切りのじゃがと舞茸を敷き詰めた天板に手羽先をのっけて塩→
途中で裏返しながら3,40分。

あとはカブとパンを切っただけ。

カリッ・プリッとはじける地鶏の皮、食いちぎると香る爽やかレモン。
ねっとりとしたゼラチン質で、手や唇はペッタペタ。
そして、うまみをたっぷり吸いこんだポテトと舞茸。
手間イラズ・コストカカラズのすてきディナー…♪ 我愛地鶏、我愛手羽先。
by snuko | 2007-11-14 12:30 | ●お肉レシピ | Comments(2)

栄養満点!レバー納豆

風邪をひいてる人、多いですね。
かくいうスヌ子も、今朝からティッシュ何枚使ったことやら・ずび。
季節の変わり目、栄養を補って乗り切らねば!
ねばねば、ねばねばねば、ねばねばねばねば(←エコー)ということで、
納豆×レバーという栄養最強レシピのご紹介。
c0047897_1765346.jpg
1.鶏レバー400gは、大きめの1口大に切り血抜きする。
2.フライパンでごま油大さじ2とみじん切りにんにく・鷹の爪を熱し、香りがたったら
  レバーを入れ、あればナツメグを振りかけ、白っぽくなったら酒大さじ3を振りいれて
  強火で火を通す。
3.2に納豆2パックを加え、オイスターソース大さじ1.5、しょうゆ大さじ2を絡ませながら
  よく炒めてできあがり。香菜をたっぷりトッピング。

<レバーの完璧な血抜き法>
大きめに切ってから、ボウルにためた冷水の中でチャプチャプ泳がせていると、
臭みの元になる血の塊がゴロッと出てきます。
手早く水を換えながら3回やり、水気をしっかり拭き取れば完璧。
牛乳に浸すより、こちらのほうがクリアな味になると思います。

この1品、わが家にいらした方は必ず口にしている超定番。
たしか妊娠中、鉄分を補わねばっ! と編み出した“いのちのレシピ”(笑)です。
子スヌたちもでゃあこうぶつ、丼にしてもgood♪
できればレバーは、地鶏のものが望ましい(デパートの地鶏コーナーにあります)
地鶏は高いけどレバーなら安いし、いいレバーだとまったり・どっしりとしたコクがあって
クセも少なく、主役級のひと皿になりますよ。
by snuko | 2007-10-25 12:40 | ●お肉レシピ | Comments(5)

高野豆腐の和風グラタン

いただきものシリーズ第?弾。
少し前になりますが、NAOさんからの九州旅行のおみや。
c0047897_17414248.jpg
うーん! ディスカバリー・ジャパンって感じですね。
こういう乾物って、何もないとき「そーだ☆あのコがいた~」と取り出せて重宝。
量がたっぷりあった高野豆腐は、和風グラタンにしてみました。

1.玉ねぎ薄切り、豚コマ、ソーセージ、きのこ類など味の出そうなものをバターで炒める。
2.水を1カップほど加えて煮立て、地鶏かつおだしで濃いめに味つけし牛乳を加える。
3.湯で戻し水気を絞った高野豆腐を一口大に切り、2に入れてぐつぐつ煮る。
4.3を耐熱皿にあけ、チーズとパン粉をのせて高温のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。
c0047897_17455892.jpg
要は肉野菜ミルクスープを作り、高野豆腐に吸わせてから焼くだけ。
スープがおいしければOKなのでヴァリエーション自在。
この日は冷蔵庫に残ってた枝豆なんかも入れちゃった。
口の中で、ジュワーッと熱いスープがしみでる瞬間が幸せ。
普通のグラタンよりさっぱりめでごはんに合う、しみじみおかずです。
by snuko | 2007-10-18 12:36 | ●お肉レシピ | Comments(0)

グルジア風水餃子

土曜昼 「てべりをつけて」と 泣く子かな        好温子

そんなわけで雨の週末、テレビをつけると『キユーピー3分クッキング』が。
民族衣装ふうの刺繍入りブラウスを着た女性が何やらこねこね。
お題は「グルジア風水餃子」だって……どこやグルジア。
でも、あれ? 意外とカンタン・面白そう。
近頃おにぎりの腕がめきめき上達した子スヌたちを、次のステップに導くチャンス! 

〈材料〉皮:強力粉400g 水1カップ強 塩小さじ0,5
    具:合挽き肉500g 塩小さじ1,5 水半カップ 
      玉ねぎ・香菜・イタリアンパセリ(すべてみじん切り)適宜  

1.強力粉に塩を溶かした水を注いで混ぜ、ラップをして常温で30分寝かせる。
2.包丁で20等分に切り分け、打ち粉をした台で丸く伸ばす。
3.具の材料すべてをよく混ぜ、皮で包み、沸騰した塩湯に入れ浮いてから2分茹でる。
コレダケ。やってみましょー!

c0047897_17254619.jpg←粘性の高い生地は
打ち粉をたっぷり。スヌチョ真剣

c0047897_1726535.jpg←おもちゃ麺棒大活躍 ↓直径20㎝くらい。具もてんこ盛り

c0047897_17271783.jpg





c0047897_17273951.jpg←おにぎりグセでつい握るスヌベル。
出来上がりは団子

c0047897_1728818.jpg←包みあがり。
巨大な小龍包ふう+ニャンコふう
(かの地ではとんがった部分を
手で持って食べ、そのオヘソの
部分は捨てちゃうそうな)




ゆでゆで→じゃーーーーーん!! 
c0047897_17283669.jpg
おおっ・リアルシンプルなこの迫力!現地っぽい!!
(ま、グルジアの民族性など皆目知らないわけですが)

皮は“すいとん”ばりに厚いところもあるけど、それがまた手作りっぽい。
具に水を入れることで、小龍包のようにジュワッと肉汁が染み出す感じになるのです。
c0047897_17503117.jpg

↑後ろの地図帳で、すかさずグルジアの位置と特徴も確認。勤勉なスヌ夫よ
(ちなみにカスピ海ヨーグルトで有名なコーカサス地方の近所で、第3次産業がさかん)

そうそう、具の味つけですが、お肉の味がよければ塩で充分そうだけど
今回フツーのひき肉だったのでナンプラーを加えてみました。
あと香菜もイタパセもなかったので、セロリで代用。

20個はとても食べきれず、茹でて冷蔵。
翌日、スヌ夫が焼いて食べたら
まだ肉汁がジュワーーッと出てきてすごくウマ!」かったそうです。
皮がムチッと厚いからね、食べでもあるよね。

家族のレクリエーションとして、またお一人でも
“手作業がカタチになる”というのは楽しいもの。
ボリュームがあるので主食がいらんというメリットも。
うれしい連休のつれづれに、お宅もひとつ(いや20個)いかがですか?
by snuko | 2007-10-02 12:20 | ●お肉レシピ | Comments(6)

やっぱり使える♪塩豚ちゃん

また少し暑さが戻ってますが、もはや1ヶ月前の比ではないですね。ホッ。
本当にこの夏、キツかったぁ。

ようやく温かいものでも…と、昨夜は冷蔵庫に眠っていた塩豚をゆでてみました。
コレ、主婦のお助けレシピとして定番中の定番だそうですね。
スヌ子はアコガレの高山なおみさんレシピでチャレンジ。
「ブロック肉500gにつき大さじ1の塩をすりこみ、ラップできっちり包んで
冷蔵庫で3~6日熟成させる」というもの。
マメな人はピチットシートで水分を吸収したりするようですが、
過去4回作ってみて、ラップに包んだきりでも水が出たり腐ったりはしませんでした。
(塩と肉の割合がいいのか、たまたま肉質がよかったのか?)
c0047897_17321321.jpg
昨晩は600gをタテ2つに切り、にんにく1片とともに水からコトコト。
40分ほど煮ている間に子スヌたちとお風呂へドボン。上がるとスープのいい匂い。
引き上げたお肉を切り、キャベツ・香菜・ライム・コチュジャンを添えて大皿に。
煮汁を酒とナンプラーで味つけし、春雨とゴマを入れればうまうまスープ。
これにごはんがあれば、お肉と一緒にキャベツに巻いたり、
スープかけごはんにしたりでお腹もいっぱい。

「自分で巻く」というのが子スヌたちには新鮮なようで、ウハウハ食べます。
600gなどアッという間(取り分けたスヌ夫の分まで狙われそうになったほど)
スヌチョ4歳に至っては香菜どっさり・ライムぎゅうぅで、
濃ゆいアジアの血を感じさせました…末恐ろしい…。

ホントはこれにもう1品でもあればカンペキ・ワカメ炒めとかね。
ま、忙しい月曜ゆえヨシとしますか…といいつつ、ビールをぐいーっ。
もうすぐ去ってしまうと思うとこの残暑も許せます。
あー、秋の味覚が待ち遠しい♪
by snuko | 2007-09-04 12:55 | ●お肉レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家