border="0">

カテゴリ:●ケータリング・パーティ( 30 )

先週末の家パーティ

遡って先週末。
ロンドンからパリに移住した友達(チェ・ジウ似)が一時帰国。
わが家で愉快な宴を催しました。
c0047897_12154456.jpg
豪華な持ち寄りの品々が主役ゆえ、
この日はシンプルな野菜中心のメニューに。
メニュー詳細はこちら→お食事

久しぶりにあっても離れていた気がしない、
これはSNSのおかげ。
世界が近くなった気がしますねえ。

翌朝、少し残ってたモルタデッラ・デル・フェーガトを
たくあんと一緒にのり巻きにしたらおいしかった。
モルタデッラ的には心外だったかな^^;
c0047897_12193085.jpg




by snuko | 2015-02-16 11:09 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

三連休明け

連休明け!お天気よくてムフフ(起きられた)

連休初日は今年初のおもてなしレッスン。
体の温まるメニューを組みました。ルポはすべてのレッスン終了後に。

2日目はめくるめく美食ホームパーティ。
だって、ずっとタイにいるゆーこりんが一時帰国してるんだもの!
有志がそれぞれ知恵を絞って、彼女を歓待するフードを持ち寄り。
めくるめくつまみとお酒の競演…!

ゆーこりんがタイ修業の成果を、とささっと作ってくれたのがこちら。
塩卵のクリームソース的なもの+さっと火を通したやりいかの一皿。
c0047897_10184326.jpg
驚きの調理法、まろやかで重くない乳化の具合。
新しい味の世界がパーーッと広がるような。
やっぱりもっと旅行したいな、と思わせる一皿でした。
(タイレポートもほかしといて何言うか、とのツッコミは甘んじてお受けします…)
c0047897_10193259.jpg
1996年のマリリン…じゃなくて、SALONもゆーこりんから。
サポジラ(チューインガムの木)という、なぜかお酒の香り漂うスーパーフルーツと。
クリーミーでオイリー、やっぱりすごいシャンパン!!

ほかにもこんなに…。
c0047897_10314405.jpg
みんな笑顔で元気で会えてよかったね。
幸せいっぱいのひとときでした。居心地いいナカメハウスにも敬礼。


連休最後の日は、
宝塚の元男役スター三矢直生さんの再販記念パーティ@シャンソニエ「蛙たち」。
12年前に出版された彼女の自叙伝『夢がかなう法則』が、
長年の好評を受けて最出版されることになったのです。
これ本当にすごいご本で、宝塚に入学するまでの努力、
入ってからスターへの階段を迷いながらもひたむきに駆け上がる姿、
そして宝塚卒業後、東京藝術大学へ入学するまで。
とにかく人生、努力努力努力の方なのですが、
それがユーモラスに綴られていてするするっと読め、元気がいただける内容なのです。

今回は、ごく身近な方だけで再販を祝いつつ新年会をということで、
フードを提供させていただきました。

カウンターから見る三矢さん。役得♡
まさにTHEスター!! アニエス晶子さんのピアノの迫力もすばらしく、大興奮。
c0047897_10324798.jpg
ステージが終わり、カウンターにフードを展開。
c0047897_10332473.jpg
ケータリングは、レッスンや撮影とは別の経験値が必要だと思うのであまりお受けしてないのですが、
皆さんに喜んでいただけて、よかった。

充実の連休でした(自宅の晩ごはんはカレーだったけど〜^^;)

今週はレッスンウィーク、予定もぎっしり。
風邪引かないように気をつけていこ。












by snuko | 2015-01-13 10:49 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

海辺の一日

また少し暑さが戻ってきましたが、風は秋色(懐かし)
連休はレッスン試作試作試作レジャーと盛りだくさんでした。

レジャーは逗子の友人宅でバーベキュー。
朝から鎌倉へ向かい、駅からすぐの
鎌倉市農協連即売所(レンバイと呼ばれてるそうな)で野菜の仕入れ。
いくつかのお店が一堂に。
売れてるお店とそうでないお店、やはり仕入れの工夫や
陳列方法(味見の品を出したり、説明札がついていたり)などで差が出るのだなと実感。
c0047897_09213748.jpg
ツンツンの露地きゅうり、あとで買おうと思ったら売り切れてました。
(写真だけあるむなしさよ)
こういうところでは即決が吉。
c0047897_09215566.jpg
あら、タイの茄子も。でもここでは身がしまったゼブラ茄子を購入。
c0047897_09221676.jpg
ホーリーバジル、売ってるの見たの初めて。150円って!即買い!
ここは生で食べるオレンジのカボチャやズッキーニ、
インカのめざめ&ひとみなどおしゃれな野菜がたくさん。
飲食店のスタッフが通ってくるというのも納得。

パラダイスアレイのフォカッチャも買いたかったけれど、
お店の方がダルそうだったので断念。残念


鎌倉駅前からバスで、目的地小坪へ。
家主の奥さまの案内で小坪漁港の即売所にも。うひょー
c0047897_09224486.jpg
c0047897_09225637.jpg
到着。風通しのいい一戸建て。
c0047897_09230548.jpg
KIWI科学バーのマスター、テラスの似合う男。
c0047897_09231526.jpg
c0047897_09233653.jpg
柑橘の切り方については、後ほど強引に指導いたしました。
c0047897_09234577.jpg
c0047897_09240412.jpg
座ってるだけでいろんなものが回ってくる。幸せ。
小さかった彼も、今や立派な焼き手。
熱々の焼き茄子むいてかつおぶし振って回してくれる…(感無量
れんこんがしゃくしゃくする水餃子もおいしかったな。
c0047897_09232590.jpg
漁港で入手したぶりんぶりんのカンパチは、ハーブ塩、ごま、オイルをからめ
ホーリーバジル、ニラの花、イタリアンタンポポ、アーモンドでカルパッチョに。
仕上げに、お庭になってる青い夏みかんを搾って。
お借りした大皿がまたすてき。


と、このあたりで畳のお部屋を見つけたわたくし…。





起きたら日が暮れておりまして。
c0047897_09241289.jpg
焼きそばうまし。
c0047897_09242016.jpg
栗も蒸し焼きにしたのね。ほくほく。

上等バームクーヘンや、
ふるさと納税で手に入れたという巨大梨もいただきました。



リラックスし(すぎ)た楽しい一日。
海の近くに行くと、すごい休日感、満足感を味わえるのってなぜかしら。
鎌倉は恐ろしい人出だったけど、わざわざ来たくなる気持ちがわかる。

老後は海の近くに引っ越してもよいかもしれない…。
(実際住んでいる人たちは「全然海行かないけどねッ」と笑っていたけど)

by snuko | 2014-09-17 09:53 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

東京湾花火中止の宴

おかげさまで、大盛況のうちに終わった博物ふぇす。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
系統樹マンダラポスターは今後、販路を広げて販売します。
ユーテリアTシャツもまだあるので、欲しい方は直接お申し出ください^^

↓文化祭っぽい記念撮影ですが、実はすごい顔ぶれ
c0047897_10442501.jpg
終了後、友人宅での東京湾花火見物を楽しみにしていたのに
悪天候で中止、グスン。でも無論、宴会は決行。
まあ、花火はいつも飲み食いの口実だったりします。
c0047897_10450498.jpg
手作りサイクロークイサーン(発酵ソーセージ)やラープ、蒸し米、レバ卵にグリーンカレーなどエスニック。
c0047897_10533953.jpg
かと思えば、ツォップパンに
パリ直輸入のべイユヴェールのクレームクリュ、バター。
レバペにウサギのリエット。ああ、わるいたべもの…。
c0047897_10451834.jpg
これまたパリ直輸入の瓶詰め鴨コンフィ(写真なし)と、
その脂で揚げたポテト。ごくあく…!!
c0047897_10452451.jpg
定番桃モッツァも食べたね。


すてきな浴衣、EXILEみたいな着こなしの方がいます。
c0047897_10453485.jpg
正統派(自分でいう)
c0047897_10454292.jpg
せっかくだからと、こんな仕込みも。
うーん日本の夏♡ ※当然蚊に刺されたり
c0047897_10454825.jpg
そしてこうなる。お決まりの白ミサ&黒ミサ。
ミントのきいた手作りフルーツバーを食べながら。
c0047897_11033127.jpg
まるでわが家のようにくつろいでしまうこの家の宴。
今年もごちそうさまでした^^

by snuko | 2014-08-12 11:04 | ●ケータリング・パーティ | Comments(2)

美味新年(肉)会Ⅱ

さかのぼって新年会第2弾ルポは、
われらがつっちぃこと山形の老舗・土田精肉店プレゼンツ「新肉会」。

会場を提供してくださったのは、スタイリストのまきこさん。
最近引っ越したばかりの新居に、山形牛脂の洗礼・・・大丈夫かにゃ?
と案じつつも上がり込むと、な、な、なんたるステキハウス・・・! 
c0047897_14111416.jpg
c0047897_14121791.jpg
c0047897_1412531.jpg
c0047897_141336100.jpg

ぎゃー! すてき! わぁ!! ここも! と、林家パー子師匠よろしくシャッターを切りまくり。
これがプロのインテリアというものか・・・!


おもむろに、主役登場。
c0047897_14152150.jpg
包みを開けて、ええええーっと腰を抜かすのが始まりの合図。

c0047897_1416935.jpg
このお肉の相方に、と、当日奥多摩まで生わさびを仕入れにいらしたバーボン先輩。
当然の流れで、温泉も堪能されたとか・・・準備万端すぎます。

c0047897_14165798.jpg
まきこさん提供、にんじんと押麦・じゃこのサラダ。香菜オリーブ。
わさわさした野菜はすき焼きセットと土佐ジロー卵。

ピンクの泡で乾杯!
c0047897_14455728.jpg
c0047897_14463273.jpg
うずらとカリフラワーのピクルス。
なにしろ、センスのいい器選び放題。人呼んでチポーラ支部・・・。

c0047897_14203934.jpg
お?  これは・・・切り込みですな! 酒飲み皆兄弟。

c0047897_14211315.jpg
サラダ感覚のお漬け物に鹿肉のソーセージ、フリーデンの生ベーコン。
c0047897_1531822.jpg


c0047897_1421449.jpg
里芋クリームチーズサラダに雲丹酒盗をのっけて食べる背徳感。

酔っ払ってしまう前に、すき焼き。
c0047897_14243248.jpg
うきうき♫
c0047897_14251570.jpg
うきうきうき♫

c0047897_14255189.jpg
c0047897_14261971.jpg
割り下は使わず、おせちでローストビーフを漬け込んだにんにくしょうゆダレや、
ホタテやあわびを漬け込んだ中華風のたれで煮てみたり。
教訓:たれと名のつくもの、決して捨てるベカラズ

c0047897_14273645.jpg
本当にとろけるようなお肉…!
わさびうまい。たまに卵をつけるのもうまい。
c0047897_14281025.jpg
美女もほろ酔い。
c0047897_14283881.jpg
幸せいっぱい&ワインをぱかぱか飲みすぎて、時間の流れがわからないのですが、
お肉と向き合って1時間ほどたっていたでしょうか。

じゃじゃーーん。
c0047897_14471768.jpg
c0047897_14482537.jpg
1月生まれのまきこさんと私のために、
エルメのガレットデロワ&マーサーカフェあきちゃん手作りのスペシャル・アニマルケーキ!
c0047897_14363289.jpg

なんてきめ細かいお心遣い。うれしい・・・そしておいしかった!
あきちゃん、ごちそうさまでした。

この後。
c0047897_14373748.jpg
c0047897_1438669.jpg
ご近所のお友達が見えたりして、また飲んだり。
c0047897_1439311.jpg

よく食べよく飲み、よくしゃべり。
c0047897_14401431.jpg
本年もおいしいものと向き合い、楽しくお仕事できそうな
食いしん坊メンバーの会でした。
by snuko | 2014-01-28 22:51 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

美味新年会Ⅰ

今日は大寒、1月ももう20日!
1月は行く、2月は逃げる、3月は・・・(毎年言ってますが)
このあたりで、楽しかった新年会を振り返らねば。

明けてすぐ、わが家での集い。

豆苗、春菊のじゃこサラダ(ポン酢+油ジューーッ)、
蒸し野菜など用意しておけばなんとかなるでしょ、と。
c0047897_15402683.jpg
なんとかなった。
それぞれの旅行先・ご実家・ご近所からの持ち寄りが集結。
まずはシャンパンと美味しいパンで乾杯。
c0047897_15402720.jpg
タイ土産の小さなにんにく(辛味、臭みが少ないので生で食べられる)、生胡椒を添えたサラミ。
パクチー、豆板醤、針生姜も添えて、お好みでのっけてのっけて。
c0047897_1540287.jpg
タイ土産のコロコロソーセージと、パリ土産の瓶詰めブランダード(鱈芋)。
ブランダードはバットにあけて、グリュイエールをのせてオーブン焼き。
焼きあがりが美味しそうすぎて、写真撮ってる余裕もなく。

c0047897_15403097.jpg
青森から、ハタハタの飯寿司、鰊の切り込み。
切り込みっていいお味!もちろん日本酒。

c0047897_15403135.jpg
このへんであったかいものが食べたいかな、と、牡蠣のフラン。
いわゆるひとつの茶碗蒸しですが、
底に白ワイン振った牡蠣とチーズが敷いてあり、ワインにもお酒にも合うのです。

c0047897_15403393.jpg
ホタテの昆布じめ、山椒香味油がけ。

c0047897_15403512.jpg
飲んでたら焦げ過ぎました・・・鴨脂で焼き付けたれんこん。

c0047897_15403683.jpg
みんな大好きクミコのヤム。本日はエビ。

c0047897_15403831.jpg
鴨鍋もやったみたいね。


あと、鴨の脂でフライドポテトも揚げたみたい。


c0047897_15403995.jpg
誕生日のお花いただいたのは覚えてるよね。
可憐なミルフォイユのアレンジ。
皆さんありがとう。


夜が更けて覚醒・・・。


寝落ちが問題な私ですが、本年もよろしくお願いいたします。
by snuko | 2014-01-20 15:40 | ●ケータリング・パーティ | Comments(2)

2013クリスマス・ディナー

もう27日ですか・・・。

クリスマスイブの午後。
iPhoneの調子が悪く、チューンナップせねばと勢いで復元ボタンをポチり、
工場出荷時の状態に戻してしまった間抜けな私。

でもiPhoneも私もがんばった。なんとか社会性を取り戻した・・・!

ここでやめておけばよかったのに。

せっかくiPhoneがまっさらなこの時、
動作の遅い自宅PCもクリーンナップしようじゃないか!
と川口浩ばりに未開の地であるCドライブやらDドライブやら(なぜABじゃないの?)に踏み込み、なぜか通常の機能が働かなくなり、泣く泣く再インストールした阿呆な私。

おかげで、どちらも軽々と動くようになりました・・・。エヘウフアハグスン。

こういう整備って本当、時間取られるのですよね。
でもまあ、デトックス!リラックス!と周囲からハゲ増しを頂いたので(´;ω;`)
グッバイ2013(&それより前)! よい機会と思うことにします。

そんな・・・ゴタゴタの・・・間にも・・・、
クリスマスは・・・過ぎて・・・行ったわけで・・・。
今年はレッスンでクリスマスを7回やり、おかげさまで大変盛り上がりましたが、家では気持ちも新たに。
c0047897_943521.jpg


しかしマルク・ブレディフを開けてもスヌチョの宿題が終わらない・・・(平日だもの)
c0047897_19154163.jpg
お腹がすきすぎて、にんべんのぬれおかきをアミューズに。
もちもちしておいしいんです。

やっと終わった・・・割り算ってむずかしいね。
メリークリスマス!!!
c0047897_981515.jpg

c0047897_1918451.jpg
前菜は、こないだチニャーレでおいしかったうにのクルードを再現。
うに、やわらかく戻したドライトマト、赤玉ねぎ、コリアンダーをレモンオイルで和えるだけ。
ドライトマトの塩気で味つけいらず。パンにのせて。
c0047897_861175.jpg


温かい前菜は、今年のおもてなしレッスンメニューから。
牡蠣ときのこのブルギニヨンクリーム(フランス語だとクレーム・ブルギニヨンとかになりましょうか)。
定番のパセリにんにくバターの、バターをマスカルポーネに置き換えたもの。
これもパン泥棒。キャンドルは子スヌたちの作品。
c0047897_8131372.jpg


スープは昨年のお手軽レッスンから、ココナッツポタージュ。
いつもはかぶのところを、カリフラワーと紅芯大根で。
サラダは今年気に入ってるちぢみ雪菜。
c0047897_8151021.jpg

メインはビーフシチューと迷いましたが、やっぱりローストチキンに。
日本橋鶏萬の丸鶏に、レモン汁、おろしにんにく、塩、こしょう、オリーブオイルをよくすりこんで、ローズマリーをわさっ。
今年はスタッフィングなしだったので、内側にもしっかり調味料をすりこんで。
一緒に焼く森の仲間は、キタアカリ、芽キャベツ、マッシュルーム。
c0047897_8333013.jpg
しっとりやわらか。


c0047897_8371533.jpg
お食後は、友人の太田道子さんの絶品くるみパウンドにクリーム添え。
彼女の焼き菓子は、とにかくおいしい。すっきりした見た目にリッチな味わい。
TRIADE(トリアード)というユニットを組み、素敵なギフトセットを製作しています。
今年は、ヒムロスギのリースがセット。
生のリースは香りも豊かで、かけておくと室内の空気がフレッシュになるみたい。
c0047897_848054.jpg
奥野美果さんのガラス作品と合わせたら、うれしくなるほどぴったり。
c0047897_8483219.jpg


今年のディナーは、こういう手づくりの作品や
実家から譲り受けた器を活躍させられてよかったな。
最近、もう少し器やテーブルセッティングに詳しくなりたい。
いい感じのカトラリーも欲しいんですよね。

あとは、電子機器の扱いももっとスマートに・・・。
写真も上手になりたいなー。

そんな課題を新たにしたクリスマスイブでした。
by snuko | 2013-12-27 09:16 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

バージョンアップおせち

皆さま、2013年あけましておめでとうございます。
更新がまばらな拙ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
c0047897_0103098.jpg
暮れは早めに仕事じまいをしたため、いつになくのんび~り過ごすことができました。
しかしアレですね、怠けだすと人間どこまでも怠けられるものだという実感。
作家の角田光代さんは「ずっとダラけて何もしないでいるのも3か月が限界
とおっしゃってましたが、角田さんって勤勉なのねぇ…と感心しきり。
「寝てろ」と言われれば、3か月どころか
半年でも1年でも寝ていられそうな自分が怖くなった次第です。

そんなダランダランの年末年始、唯一のミッションはおせち
いつもは自宅分のみですが、今年は、大切な友人からの依頼があったので、
例年以上に仕込みをがんばってみました。
ご家族ご親戚で召し上がるというので、量もたっぷりの5段重。
c0047897_0173493.jpg
ルポはこちら→

大みそかの夕方に無事お届けでき、自宅至近のバルで年越しパスタを食べ、
紅白もそこそこに寝てしまい(最近ほんとに夜弱くて)
↓この第九ワイン飲む予定だったのに・・・
c0047897_0204667.jpg


翌朝起きればお正月。
c0047897_0213787.jpg
ブランチは祝い肴三種に和風ローストビーフ、鯛の昆布じめなどを
カルネヴィーノの今井さんに教わったシャンパーニュ「MARGUET」とともに。
これがお手頃なのにバランスよくこっくりしていて、すごーく好み^^

c0047897_0224955.jpg
お雑煮もいつもどおりですが、
これが江戸雑煮と呼ばれるものだと知ったのは、つい最近のこと。
澄んだ一番だしに角餅、鶏肉、鳴門、小松菜、三つ葉、へぎ柚子。
小松菜はお箸で一度持ち上げて、最後にお椀に残します。
この数年、なんか足りないなー?と思っていたのが、
「名(菜)を上げて、名を残す」と母に言われていた小松菜、やっと思い出して加えました。

一家で抱負を語りあい、まったりしていたらなんと!またうたた寝してしまい、
あわてておせちを詰めて友人宅へ。
c0047897_0235016.jpg
昨年は同じくらいの量を5段に詰めたのですが、
わが家のお重が深いことに思い至り、
今年はみっしりぎっしりと3段に詰め込んでみました。
c0047897_0244499.jpg
〈一の重〉左上から時計回りに
●塩数の子と赤玉ねぎのレモンオイル和え
●アーモンド入り、ガーリックソルト和えのペペロン田作り
●イクラ、昆布じめ貝割れの柚子釜
●鳴門金時と干し杏を、りんごジュース、みりん、サフランで煮、バターを混ぜた芋きんとん
●干し柿と結び昆布入りの柿なます
●鯛の昆布じめ柚子風味
●柚子皮を入れて風味をつけた黒豆 
※千代呂儀のせ忘れ。今年は買ってあったのに…〈無念)来年注意のこと。

c0047897_0255973.jpg
〈二の重〉
●塩レバーペーストと胡桃入り松風焼き
●えびのナンプラーワイン煮 ディル添え
●人形町日山のランプ肉で作った和風ローストビーフ
●あわびの中華煮、花椒と生姜たっぷり
●神茂の紅白かまぼこ
●神茂のはんぺん入り伊達巻

c0047897_0265640.jpg
〈三の重〉
●干し椎茸のだしで煮た炒り鶏

ふーむ…なるほど←シャーロック風考察
過去の記録をひもとくと、数の子のレシピが毎年変わっている!
数の子、どうにもワインに合わないので試行錯誤を重ねていたのですね。
でも今年のレシピで決まりかも。
レモンオイルと数の子の絶妙な組み合わせ、全世界にお知らせしたい♡

c0047897_029545.jpg
この後、笠コ地蔵の笠と見紛うほどに立派な干し椎茸のだしが効いたお鍋をハフハフ。
c0047897_0302752.jpg
石垣島土産のヒバーチ(島胡椒)をどっさりかけ、ワインをゴキュゴキュのみ、
c0047897_031332.jpg
ダウンタウンの笑ってはいけない年末番組みて大笑い。
去年と同じ、友達や家族の笑顔と平和な幸せを満喫したお正月でした。

さてゆっくーりしたぶん、そろそろ社会復帰せねば…。
本年もさまざまなところで、簡単レシピをご紹介してまいります。
しかし、道を進むにつれ自分の未熟さ、粗雑さも痛感した昨年でした。
もっと手際よく美味しく、ブレのないレシピを作りたいなと願う年始です。
頑張ります。よろしくお願いいたします。

DOMANI 2月号も発売中です!
c0047897_0453854.jpg

by snuko | 2013-01-08 00:52 | ●ケータリング・パーティ | Comments(4)

素敵なおうち

本日も晴天なり。あちち桃山時代です(仕入れたてのかわいい言い回し)
暑気を払う爽やかな画像をお届け。
c0047897_1627217.jpg
夏前にお邪魔した、素敵なおうち。

迫真(?)のおうちルポ→→
by snuko | 2012-08-23 14:20 | ●ケータリング・パーティ | Comments(2)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!
もう明けちゃったのえーーっ、って感じではありますが、
大変な年だった2011年が去り、新しい年。

クリスマスディナールポもまだですが、それは後追いするとして、
この松の内に、まずはお正月の報告からまいりますね。
c0047897_16353887.jpg
昨年うちにやってきた京江倫子さんの版画と
奥野美果さんのガラス作品でお正月設え。

元旦の晩は、友人宅にお邪魔する予定だったので、
おせちはそちらで繰り広げることにして、朝は家族でまったり酒盛り。
c0047897_16361764.jpg
毎年ほぼ同じものをいただきます…。
とかいって昨年の記録見たら、ヤダちゃんとおせち作ってない!!
そうかー、昨年はKIWIオープン直後でイベント目白押しだったからなあ…。

今年は何となくしみじみと、初心に返って作りました。

炒り鶏は干し椎茸のだしで炊く薄味。
八つ頭って年1度しか買いませんが、ねっとりおいしいものですよね。

c0047897_16365432.jpg
三種肴のペペロン田作り、黒豆、数の子。
田作りは、フライドガーリック、アーモンドと共にパリッと。
黒豆は、毎年、実家で商っている太い錆ボルトを入れて煮る縁起もの。
醤油風味の砂糖液で煮て、豆がほぼ煮えたところに柚子皮と柚子酢を入れ風味付け。
数の子は塩抜き後、昨年お世話になった安藤醸造の白だしで味を含ませました。

今年は子スヌ大好物の千代呂喜が売り切れで号泣。
しょーがないねぇと紅酢漬け大根を型抜きしたらニッコリ。
c0047897_16375876.jpg
こんなおめでたい型どこで買ったんだったか?と思ってたら、
盟友A樹ちゃの上海土産だったと昨日判明…
忘れてたけど助かった、ありがとう^^

c0047897_16383647.jpg
実家の母が毎年買ってくれる、人形町日山の牛肉で和風ローストビーフ。
醤油2:みりん2:酒1+おろしにんにくのたれは永遠に不滅です。
真鯛とかいわれは昆布締めに。

c0047897_16391254.jpg
かつお昆布の一番だしに鶏を入れた澄まし汁に、
角餅、三つ葉、柚子、生麩か鳴門、柚子を入れたお雑煮も、毎年同じ。
お餅は年末、おじ友の長崎さんちでついたもの。毎年ありがとうございます。

c0047897_1639577.jpg
ニューイヤーシャンパンはルイ・ロデレール。盤石なおいしさ。

ころり。家族がお昼寝ちゃったところで、おせちの仕上げ。
夕方、お重を持って、近所の神社に初詣してからトットコ邸へ。

毎年家族ぐるみのおつき合いありがとう!
すでにテーブルには手作りからすみ大根、サーモン、柚子胡椒かぶなどがスタンバイ。
kuwacci到着でまずはキャムパイ!!(焦って写真撮り忘れ)

そして鳴り物入りで広げまする。じゃじゃーん。
c0047897_16412023.jpg


c0047897_1642121.jpg
〈一の重〉
●なますと三種肴。
 数の子はワインに合うよう、マスカルポーネとグリーンペッパー和え。
c0047897_1642371.jpg
〈二の重〉
●伊達巻:今年は日本橋神茂のはんぺんを使って。
 これまで鱈のすり身を使って微妙にイマイチだったのが、
 はんぺんだとしっとりきれいにできました。
●セロリ酢ばす:レッスンメンバーのYoshieさんが教えてくれた、
 甘さがちょうどいい内堀醸造の特選すし酢を活用。野菜を茹でて漬けるだけでおいし。
●シャンパン蒸し海老:天使の海老を朝のルイロデの残り+ローリエを入れたお湯でゆがいただけ。
●柚子釜サーモン:サーモン+長芋角切り酢漬け+いくら。
ちょっと柚子釜が多すぎ…かまぼこ入れようと思ってて忘れてしまいました。来年注意のこと。

〈三の重〉
●炒り鶏。

c0047897_16432315.jpg
〈四の重〉
●和風ローストビーフ、鯛昆布締め、あわびの中華煮。
 あわびは柔らかく蒸したものを、中華風ぶり大根の煮汁と
 TastyKitchen山田先生の甜醤油、自家製辣油で煮含めたもの。

c0047897_1644191.jpg
〈五の重〉
●きんとん風スイートポテト:皮をむいたさつまいもを、りんごジュース、たっぷりのみりん、
 サフラン、干し杏とともに柔らかくなるまで煮てつぶし、
 仕上げにバターをちょっぴり混ぜる。これ今年のヒット!
 上にのってるのが干し杏…無漂白で色が悪いですね^^;

今年はがんばったわぁー。と達成感にひたりつつがんがん食べます飲みます。

c0047897_16444783.jpg
ワインはフレスコバルディの泡もそこそこに、kuwacci持参の四恩醸造の「橙」。
最初ジュースっぽいのだけど、どんどん変化して違う味が出てくる面白いワイン。
左がトットコお手製の柚子胡椒かぶ。いつもどんどんつまんじゃう癖になる味。

ババーーーンと島根のコッテコテ霜降り牛登場。
c0047897_164577.jpg

すき焼き様。脂が甘い!ねぎがっ椎茸がっ白滝がっうまい!!!
c0047897_16453116.jpg


お腹いっぱいだけど飲みます。トットコ家お義父様お手製どぶろく。
c0047897_16461219.jpg

乳酸菌とか酵母とかが元気いっぱい弾けていそうなフレッシュさ。
ものすごくおいしい。

c0047897_16471060.jpg
アリオン2005も飲みます。スペインのロマネコンティとも呼ばれる、
ボデガス・ベガシシリアの素晴らしい赤ワイン。
ふっくらとした果実の香り、ジューシィな旨味、ほどよい渋味。これ大好き。

c0047897_16475233.jpg
四恩の赤。この真価は何日も経ってからと、後から知ることに。
残りを持って帰って2日たって飲んだ時の驚き。

誕生日プレゼントまで。
銀の鶴の帯留め…素敵! 早速翌日のお出かけでつけました。ありがとう。
c0047897_16481895.jpg


後は、ソファや床に転がってダウンタウンの年末番組を鑑賞→うたた寝。

平和で幸せな元旦でした。

ささやかだけど、みんな元気でおいしく食べられるってことが
いつにも増してありがたい年始です。
本年もよろしくお願いいたします。
by snuko | 2012-01-05 17:04 | ●ケータリング・パーティ | Comments(9)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家