border="0">

カテゴリ:●ケータリング・パーティ( 30 )

「世界一周食べものがたり」:KIWIイベントルポ

前回お知らせいたしました、
シクロツーリズムしまなみ×KIWIコラボイベント「世界一周食べものがたり」、
おかげさまで、この日曜日に無事行うことができました。
タンデム自転車で10年かけて世界一周した
主役の宇都宮夫妻のめくるめく食体験と“どピーカンキャラ”によって、
すばらしく愉快な集まりとなりましたので、ルポルポ。

まずランチボックスづくり。この日のお題はこちら。
「猪、菊芋、しまなみの柑橘類」を使ったメニュ~~!(←中居くん風味で)
現在は「シクロツーリズムしまなみ」のポタリングガイドを務める宇都宮さん、
ご自身の世界一周の食経験とともに、しまなみの名産・美食を伝えたい!というのが
この度のイベントの主旨でした。

c0047897_2111786.jpg

「しまなみイノシシ活用隊」が盛り上げているメイン食材のあらくれポーク=猪。
ブロック状の猪肉を脱水シートに包んで冷蔵庫で1週間~10日寝かせ、
熟成イノシシソテーにすることに。
c0047897_215172.jpg

脱水シートすごいっす。生ハムさながらの身の締まり感と熟成香。
熱したフライパンにジュッとのせると、うまみを含んだ香ばしい香りが立ちのぼって、
スタッフ一同マタタビ浴びたネコ状態に…。
あ、塩味ついてないので、焼くときにしっかり塩を効かせましょ。

猪を引き立てるべく、ごはんはさわやかなみかん寿司。
寿司飯に香りのいい果汁と果肉を混ぜ、仕上げに青じそも混ぜ込んで。
c0047897_2171577.jpg

サラダは、愛媛在住のスヌ子叔母が送ってくれた
パリパリ松前ちりめん(過去記事アリ→→)とくるみを小松菜に絡めたサラダ。
協賛に入れといたよー、まあおばちゃん!

あと、この方。
c0047897_2194848.jpg

ラッコ…じゃなくて菊芋はん。

c0047897_2215493.jpg以前ママ友にいただいた時は、
イマイチ上手に料理できなくて
残念な思いをしましたが、
今回大量の菊芋を料理してみて、
この野菜の個性と扱いがよくわかりました。
皮に独特の香りがあり、
中は甘みがあってシャキシャキ。
生でも食べられるんですよ。
いうなれば、
ごぼう+セロリアック+ヤーコンという感じ。
菊芋ならではの香りをスパイシーに料理するといいかもと、黒酢きんぴらと、
かすかにカレー風味のポタージュに。
仕上げに豆乳でまとめたポタージュはほっとする味。

愛媛にある「しまの会社」で作られている菊芋甘酢漬けは
ガリから辛味を抜いたような味でさっぱりパリパリ止まらない。

c0047897_2251297.jpg
やっぱりちょこっと甘味も欲しいよねと、はるみというみかんで作った寒天も。
みずみずしく素直な甘さに、ちょこっとライチリキュールを加えて固めました。
型から出すときがムズカシイ。角が崩れちゃった…

ボランティアスタッフのおいしいものラヴァーCHOさんとTAMON氏、
行きがかり上お手伝いいただくことになった宇都宮夫妻のご友人
K夫妻(美しい奥さまと優しい旦那さま…♡)のメンバーで、
ひたすら切る!焼く!詰める!切る!焼く!詰める!の繰り返し!!!
c0047897_2303711.jpg
切り手のTAMON氏「手が攣る…っ」。 お疲れさまでした…。
c0047897_231578.jpg


で、30個。どん。うわぁ~。
c0047897_2323320.jpg

家庭的なお弁当ながら、厳選素材ばかりゆえ何とも贅沢な詰め合わせに。
c0047897_236599.jpg


さて、お客様お迎え。入場時からおもむろにお酒を勧めます。
しまなみ海道因島で80余年もの歴史をもつ備南酒造の「本因坊秀策」
原酒ならではの濃醇な飲み心地。ロックでどうぞ、と氷もどっさりんこ。
c0047897_2393034.jpg

宇都宮さんのご挨拶のあとは、即座にお弁当タイム。
まずはお腹を満たしてから、ゆっくりトークという高級ディナーショー的段取り。
スヌ子もきっちりいただきました。うひょ。

ゆっくり食べてくつろいだところで、いざスライドトークショー!
c0047897_240443.jpg

宇都宮夫妻の「世界でいちばん長いハネムーン」の抱腹絶倒な顛末はもちろん、
お二人が各国で食べてきた美味珍味には、
「キャー♡」「うわ~っ♪」「げげーー!!」など場内騒然!
動画も織り交ぜた映像に引き込まれ、いつしか自分まで、
見知らぬ土地を自転車で走りながら現地のあれこれを食べている気分に。
たっぷり旅をしたような1時間半でした。
c0047897_2443453.jpg


トークショー後は懇親会的にあれやこれや。
おつまみとして、猪肉のロースをせとかというみかんのソースで。
c0047897_2464285.jpg

これは鴨ロースのオレンジソースをイメージして作ったもの。
しょうゆ・みりんベースのたれで、親しみのある味に仕上げてます。
肉より多いんじゃね?とおののくほどの真っ白い脂が、
なぜかサクサク軽ーく食べられちゃう不思議。
猪の脂ってほんともたれないな~。

今回のイベントでは、お酒売上の半分を義援金として寄付することに。
皆さん「それならば」と、どしどし飲んでくださいました。
飲んで食べて笑えるってこんなにもありがたいことなんだと、あらためて思った次第です。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!
by snuko | 2011-03-31 03:09 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

2010打ち上げ・洋風鍋パーティ

楽しく遊んでリフレッシュした連休も終わり。。。寂っ。
囲碁同好の士が集まっておおいに盛り上がったりしましたが、その報告はまた後日。
遡って年末のイベントルポをいたします。

年も押し詰まった29日は、KIWIの打ち上げ鍋パーティ。
友人知人+ブログ経由でお知りになった方が、黄金のバランスで参集。
こういう、何というかバーチャルと思っていたことがあっさりリアルになるって
すごくイマドキだわぁ~と、あらためて月並みな感慨にふけってみたり。

鍋といってもだまこ汁とかつつくのはディープすぎる(笑)ので、
3色の洋風鍋を出すことに。

メニューは以下。過去にご紹介した料理多数ですが、
レシピを末尾に折り込んでおきますね。

おつまみ前菜×スパークリングワイン。
c0047897_23433034.jpg
この12月作りまくったけどやっぱり飽きない、牡蠣のオイル煮。
c0047897_01795.jpg
ごぼうのバルサミコきんぴら。
c0047897_014339.jpg
れんこんレモンマリネ。

で、お鍋。テーマカラーはイタリア~ン。緑、白、赤でね。
c0047897_021436.jpg
緑の鍋は、ハーブ海鮮鍋。

c0047897_23464953.jpg
ワイン入りの香湯で海老の頭や魚介を煮、旨みが出た鍋で
ハーブや葉野菜をサッと煮て盛り合わせます。
さっぱり系白ワインがぴったり。この日はミュスカデ・セーブル・エ・メーヌを。

c0047897_032718.jpg
白のクリームミート鍋は、スパイスを効かせた肉団子と
カレー風味の豚ヒレ、じゃがいも、下仁田ねぎ、マッシュルームを
生クリームスープで煮たまったり系。
c0047897_23474620.jpg
子供のころ、母がなぜか「はい、ロシア鍋~」(!?)と言ってこれを出してきたのですが、
おいしいんだけど濃厚すぎて少ししか食べられなかったので、スープを少し軽くし、
お肉に下味や香りをつけて口飽きないようにアレンジしてみました。
ここではオーボンクリマのヒルデガードという、重口の複雑な白ワインを合わせて。
c0047897_23494391.jpg


c0047897_044379.jpg
続いて赤の鍋。
c0047897_23504775.jpg

丸鶏で取ったスープにトマトピューレと生トマトを加え、マッシュルーム、いか、あさり、を煮て、山海の旨味をミックス。仕上げにバジルペーストをたっぷりトッピング。

白い鍋が人気かな~と思っていたけど、赤のおかわり率高し。
トマトバジルにんにくの組み合わせは、皆さん大好物ってことですね。
KIWI宮Gセレクトの、目玉赤ワインCh.Cantemerle 2000 はここで。

c0047897_23513110.jpg
シメは、赤の鍋でごはんを煮てリゾット風。上がりばなにチーズをどっさり。
うまくないわけがないっ! これには飲みやすい発泡赤ランブルスコを合わせて。

白の鍋には折ったスパゲティを加えて、どんどん煮詰めると、
スープを全部吸いこんだ濃厚なクリームパスタに。

食事をシメてからが本番?! 
そこかしこでおしゃべりに花が咲き、意外なつながりや
共通の趣味の話題でまー盛り上がる盛り上がる!!
c0047897_23522174.jpg
c0047897_23531065.jpg
合間に干し柿のデザートをつまんだり。
どっかで見たような…そう、ドライフルーツにジュースを吸わせる定番^^;
宮G秘蔵のソーテルヌが空き、山梨メルシャンのマールもぐいぐい。

終了時間21時半の予定が、気づけば終電ギリギリ。
あわてて送り出す深夜の日本橋本町。
師走の風の冷たさに夢から覚めて、皆さんの後ろ姿を見送りました。

はあー。とにかく前回のお料理レッスン同様、驚いたのは、
いらっしゃる女性が皆さんものすごくアクティブで美しいこと。
人生とことん楽しんでるね~! って感じの、大人の女性ばかりなんです。
でもこりゃ並大抵の男性では太刀打ちできんだろな、って納得したり(笑)
あ、今回の男性陣はイイ感じで渡り合ってましたよ。
ロマンスとか生まれちゃったりしないのかな。
そしたら結婚式でキューピッドスピーチしたいな~♡ 
なんて浮かれて思ったりもしたのでした。

これで2010年締めくくり。 ほんといい年でした!と思わせてくれた、皆さまに感謝。
何かにつけ、おひとりおひとりの会話を反芻しております。
今年も、おいしいしあわせをご一緒に! よろしくお願い申し上げます。

レシピはこちら→→→
by snuko | 2011-01-11 00:10 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

KIWI 12月のボルドーワイン会

遡って、KIWI12月イベントルポ。

初回ワイン会は、白金台「あ・ら・か~ゔ」のソムリエール、
荒川理映さんによるボルドーワイン会。
きりっとした魅力の荒川さん、お店は知る人ぞ知る通好みなサロンです。
今回は、昼下がりのブランチ企画ということでボルドー風ポトフを提供。
c0047897_533212.jpg
赤ワインで煮るので、ほんのりワインレッドのポトフになります。
とりあえず赤ワインで煮たものはボルドー風といってもいいそうな(笑
ポトフのキモはスープ。きちんといいお味を出すために、
今回はフランスの丸鶏・プッサンジョーヌを丸ごととベーコンを、
赤ワインとともに静かーーに煮ました。
c0047897_541954.jpg
サイドディッシュはくるみとチーズが入ったシンプルなサラダ。

ワインは以下。シャンパーニュはアンリオ。全体的に、かなり豪華な展開。
c0047897_545531.jpg

ワイン会は、今後も定期的に行う予定です。
by snuko | 2011-01-04 05:08 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

お月見アフリカンナイト!でデザートづくり

まことにご無沙汰してしまいました。
3カ月近いブランクの間、日々チェックしてくださった方、深い愛を感じます…。
ありがとうございます、お待たせしました。

こんなに長く空き家にして、何をしていたかというと。

本格的に料理関係のお仕事強化。
c0047897_1235493.jpg
小さな団体を作って活動を始めました。
ご報告することは山積みなのですが、
HPなどもまだアンダーコンストラクションの状態ゆえ、
あともう少ししたらこちらできちんとお知らせできそうです。

動き出すとそれに応えてくださる方というのはいるもので。

ジャイロトニック、ジャイロキネシスという体操(!?)のトレーナーであり、
野生のカモシカのようにしなやかなボディをもつ友人、AYAたんからの依頼。
「スヌ子さん、あのね、お月見アフリカンナイトってイベントやるの。
お酒が飲めない人も満足してもらえるように、おいしいデザート作って!」

お月見、アフリカン、ナイト…? よーわからん。
わからんが楽しそう! わからんがやる!! と二つ返事でお引き受け。

当然デザートも、お月見アフリカンが期待されるわけで。
地図を広げてアフリカを見てみると、ひっ広いーっ。大地が広大すぎるよ。

材料にメイドインアフリカを取り入れつつ、
なんとなーく灼熱、なんとなーく砂漠、なんとなーくスパイシー
という自分の感覚に沿ってイメージづくり。
プラスお月見も!というわけで、できたのがこちら。

●お月見ミニパフェ
c0047897_1272927.jpg

1.バナナを細かく刻み、ラム酒少々とレモン汁でマリネしておく。
2.ココアパウダーと三温糖、水少々を鍋に入れて弱火にかけながら溶く。
さらに生クリームを加え、なめらかにツヤが出るまでよく練り、粗熱を取る。
3.2にキャラメリゼしたナッツとチョコベビーを加え混ぜる。
4.器に1を敷き3をとろりとかけ、食黄で黄色くした白玉(黄玉!?)とアラザンをトッピング。

白玉とアラザンで星月夜。そしてアフリカといえばバナナ、チョコレート。
アフリカの大地で太鼓を聞きながら月を眺む…そんなストーリーを盛り込んでみました。
カカオの芳香がおいしさの秘訣なので、ココアパウダーは上質なものを。
マシュマロも入れたかったけど、白が出ちゃうとぬばたまの闇が演出できないかもと…
お月見関係なく召し上がる方は、ぜひマシュマロも。絶対合うもんねえ。

さらにこちら。
c0047897_1293020.jpg

●バニラヨーグルト
1.プレーンヨーグルトに三温糖とバニラビーンズをよく混ぜ、ザルにキッチンペーパーを敷いたものに移し、表面が乾かないようにして冷蔵庫で一晩水切りする。
●ジューシースパイシーフルーツ
1.あんず・プルーン・いちじく・クランベリーなどのドライフルーツと、カルダモン・シナモン・クローブなどのスパイスを混ぜ、オレンジジュースとハチミツを注いで冷蔵庫で一晩。

バニラは最高級のマダガスカル産。東アフリカです。
ビーンズを取ったあとのサヤも強い香りがあるので、
黒糖に埋めてバニラシュガーを作りトッピング。うーん、砂漠っぽい…。
水切りすることで、ヨーグルトとは思えないクリーミィさに。
スパイスをたっぷり含んだ酸っぱいフルーツとの相性もばっちり。

すべてまったく難しいことのないレシピですが、
大盛況のこのイベント、50人ほど来場!ってことで、3種類で150人分。
適量がどんなものかわからず追加作成したりもし、貴重な経験となりました。
初めてのことって、ほんとわくわくするね。
c0047897_1322884.jpgc0047897_1324695.jpg
器もアフリカンにこだわって、動物柄。
ジップロックコンテナ特大に入れて搬入。現場での作業は、器を並べ流れ作業で盛りつけていきます。

快くバックヤードを提供してくださった渋谷wired cafe〈〉FITさん、
やっぱり頼りになる有能な助手兼カメラマンのkuwaさま、
「おいしい!」と輝く笑顔で知らせてくださった参加者の方々。
そして、こんな機会を与えてくれたSUPER AYAに感謝を。Happy Birthday!!!!

素敵なイベントの詳細はこちらにも→→
views from the hole
by snuko | 2010-09-30 01:40 | ●ケータリング・パーティ | Comments(4)

新居お披露目メニュー

こんばんは…涼しいですね~。
すでに水出し紅茶ではなく、温かいほうじ茶が恋しい夜半です。
今夜は10時ごろ寝ちゃったのですが、肌寒さを感じて起きたのでこの機会に更新^^
c0047897_412299.jpg
先週末ようやく、親しい仲間を招いて新居のお披露目をしました。
おそらく家族以外でスヌ子めしを最も食べているメンバーなので、
メニューも「あ、またコレ」じゃナンだよなーとしばし思案。
縛りは ●秋らしい素材づかい ●大人数でも楽しめるもの(コドモ含め10人以上)
ということで、仕込みをしといてどんどん出す! って勢いで。
いただきものも多々あり、詳細は後ほど出席者kuwa様がアップしてくれるはずなので、
ここではメニュー概要を。

■フレッシュ杏ジャム+リコッタチーズ…バゲットにのせて
■kuwaママお手製きゅうりのQちゃん…ごはんが欲しい味。どうやって作るの??
●新柚子オリーブ…黒オリーブに柚子皮と汁を混ぜるだけ
●ピクルス風浅漬け(赤たまねぎ、ゴーヤー)
●パリソワーズ風・焼き茄子の冷製ポタージュ
●梨と生ハムのサラダ
●焼きぶどうと干し茸添えローストポーク
●かぼちゃと玉ねぎピクルスの重ね焼き
■焼きカチョカバッロ…テフロンフライパンで焼くだけ
●砂肝ジェノベーゼ…砂肝を軽く炒め、お持たせのバジルソースと和えるだけ
●にんじんラペ…千切り人参+ディル+オリーブオイル+ポン酢
●タイカレーパスタ…タイカレーペーストを炒めパスタを絡め、パクチートッピング
●牛すじそうめん…圧力鍋で香味野菜と煮た牛すじスープをナンプラーで調味、素麺投入
■オレンジコンフィのチョコフォンデュ
■フルーツタルト
●ミントティー
(■はお持たせ)

…以上、相変わらずなフュージョンメニュー(←便利な言葉)ですが。
みんなで食べるとおいしいねー!! ほんと。
今回は、リフォームの際思い切って導入したコンベックオーブンとグリルが大活躍。
レシピは続きで。
by snuko | 2009-09-10 04:02 | ●ケータリング・パーティ | Comments(2)

年末年始4・元旦 おせち+お鍋

皆様、あけましておめでとうございます!(やっと)
元旦の晩は、家族ぐるみでおつきあいいただいてる友人宅で、
おせちをつまみにお鍋をつつこうという算段。
c0047897_3341114.jpgc0047897_3343337.jpg















おせちはスヌ子持参・中身は昨年とほぼ同じ
毎年同じものを作り食すことに意味があります…なんちゃって。

c0047897_3353732.jpgc0047897_3373338.jpg








←こんな不気味なカマボコや…
(あまりのインパクトに
思わずゲット。
しかも子スヌに大人気で
瞬く間に完食)
↑金箔入りワインなんておめでたきものも。


c0047897_343035.jpg鍋前座に登場したのは、
ここんちの奥様特製水餃子。
ひらひらの薄い皮が手作り!? こんなに薄くのばせるなんてスゴイ!! と餃子談議に花が咲きまくり。具は羊肉×香菜。おすすめのバルサミコがけでいただくと、絶妙。羊ならではの獣っぽい香りとバルサミコの甘酸っぱさの合うことと言ったら。これモンゴルの人にも教えてあげた~い! と、つるりつるり。

c0047897_3471025.jpg

鮮やかなオレンジ色のからすみは、
ご主人の父上の手作り。
からすみって、針でつついて血を抜いたり
何日も乾かしたり、ものすごーーく手がかかるんですよねぇ。
このお父様、“彼にブドウを差し上げるとワインになって返ってくる”というほどなんでも作り出しちゃう方だそうで、以前も激ウマな自家製もろみ味噌いただいたっけ。






c0047897_3474823.jpgc0047897_348719.jpg















さてメインは坦坦鍋。グツグツ煮えてるスープに練りゴマをトローーリ。
まったりコクあるスープで野菜・豚肉を煮て豆板醤でいただくという、どう自制してもお箸が止まらない内容。あったまるわお酒は進むわ、幸せなことこの上なし。
シメはラーメンにポタージュ状のスープをたっぷり絡めて……♪

c0047897_3484074.jpgc0047897_3485867.jpg















ふーーー食った食った・といいつつ、
これまたご主人父のお手製キャラメルをつまみだしたら止まらない。
小粒のやわらかいかたまりを口に入れると、バターと砂糖の甘い香りがサラッとほどけて
なくなるような…なんともいえない儚い甘さで、ついもう一つと手がのびちゃう。
これ絶対売れるよ!っていうかまとめて買いたい!! と商品化を熱烈ラブコール。
お父様よろしくお願いします。

ワインから泡盛古酒に切り替えて夜更けまで。いいお正月でした。
S家の皆さま今年もよろしく、一家でおいしいものいっぱい食べましょうね。
(と黒豆汁粉をすすりつつ記す、1月12日の明け方…)
by snuko | 2009-01-12 03:56 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

年末年始3・カウントダウンパーティinE&O家

冬らしい底冷え、イイですね~。月もきれいな晩です。明日は雪降るのかな?

さて活気を増しつつある新年ですが、ここではまだ2008年…ようやく大みそかです。
ここ数年、恒例となっているE&O家での年越し。
前年は家主兼シェフのE兄が忙しく1回休みでしたが、今回さらにパワーアップして復活。
多くを語るよりビジュアルでご覧いただいたほうがよろしいかと。

<左から>
●グァカモーレ&トマトサルサ/みんな大好きアボカドディップ。
●チキンレバーペースト/ほのかにポルト酒香る大人の味。
●パテ・ド・カンパーニュ/ピスタチオ入りでどっしり・肉♪肉♪肉♪
c0047897_23531246.jpgc0047897_23533172.jpgc0047897_0161976.jpg









●チキンロール/芯3種。干し柿×ミント、ドライマンゴー×タラゴン、いちじく×黒胡椒。
●マスカルポーネ+イクラをクラコットやバゲットにのせて。
●豆サラダ/マッシュルーム、パプリカ、カリフラワーを粒マスタードドレッシングで。
c0047897_024509.jpgc0047897_0251053.jpgc0047897_026682.jpg









●ラタトゥイユ/ゴロ切り野菜どっさりんこ。
●お待ちかねローストビーフ/にんじんと一緒に焼いて、しっとりと香りよく。
●にんじんグラッセ、マッシュポテト/付け合わせもぬかりなし。
c0047897_032968.jpgc0047897_0331278.jpgc0047897_0333774.jpg









●盛り合わせたところ/ほんのりピンク色のマーベラスな焼き上がり。
●ピクルスも手作り/眠気も酔いもさめる酸っぱさ。
●いちごサラダ/バルサミコ、黒胡椒、ミントで大人仕様。
c0047897_0392100.jpgc0047897_0394259.jpgc0047897_040383.jpg









●パエリア/ここのは本場っぽく硬めの炊きあがり。魚介の旨味爆発。
●かぶ漬け/奥様お手製。あっさりパリパリ・和むのぅ。
●青ネギしらすレモンパスタ/飲んでるときこういうの、ほんとうれしいよね~。
c0047897_0452782.jpgc0047897_0454773.jpgc0047897_046622.jpg









あらためて振り返ると、まさに圧巻!!!の皿数。
E兄のパーティメニューは、作り慣れた安定感あるおいしさ。
料理の基礎がしっかりしているからか、即興の一皿もどこか正統派な印象。
ゲストにとってはすでに、おせちみたいな“季節の味”になっているんじゃないかな。

c0047897_121023.jpgわたくしが毎年もっていくのはコレ
●黒豆リコッタ
ゆずみつ黒豆+リコッタチーズ。
「一緒にパンにのせるとケーキみたいな味になるのっ!」と
毎年すんごいマシンガントークでおすすめしているのも、
もはや季節の風物詩かと(笑)。
あ、黒オリーブのある時は、並べると必ず間違えられます。

ワインも30本以上あったかな? 
あとは焼酎、日本酒、テキーラetc.お好みで。
ちなみに最後のパスタは、とっくに新年も明けた3時近くでした。
そこここに転がる人あり、一度ベッドで寝て戻る人(←わたくし。まんまとカウントダウン逃す)あり、徐々にディープな話題に移行し語り合う人あり…。

え?子スヌ? もちろん一緒に連れて行きますとも。姉妹もそれぞれ、ゲストとして社交。
スヌベルはバッグからありったけの所持品を出し広げ、寅さんみたいになっておりました。
おネムの時間になれば、子供好きな方がお話読んで寝かしつけてくれたりして…♪

E兄とは「一緒にお店やったら流行るかな!?」といつもの夢見がちなネタを。
毎年“言ってるだけ”ってトコがまたいいんですよね。

2008年もごちそうさまでした!!!!!!!
by snuko | 2009-01-08 23:49 | ●ケータリング・パーティ | Comments(4)

年末年始2・歳末餃子会

2008は保育園も26日で終わっちゃったぜ!はやっ!となると、毎日フルタイム育児。
4・5歳児のありあまるエネルギーを発散させ、夜ちゃんと寝てもらうためには
毎日何かしらのレクリエーションを編み出さねばならないワケで。
いやー、ひょっとして会社業務のほうがラクだわさと思いつつも
大掃除を手伝わせるとなかなかの労働力にもなったり。

c0047897_14271427.jpgそんななか師走の中華街・照宝で
マイ麺棒を手に入れた子スヌ姉妹、
早く使ってみたくてうずうず。

「おとうちゃん外食続き(←忘年会)だから、
手作りのごはんを食べさせてあげたい…(チョイ涙目)」
という健気なんだか単に麺棒使いたいんだか?
なスヌチョの言葉で、餃子大会を決行。



c0047897_14285357.jpg
生地はママがこね、ねかせている間に、テーブルにラップを敷き準備万端。
レシピは以前の「グルジア風」で。
c0047897_14281891.jpg

c0047897_1436412.jpgc0047897_14323613.jpg早い!
うまい! 
前回より格段に上手になって
おります。
あっという間にこんなにたくさん。

たれは黒酢しょうゆ、キムチごま油の2種。
黒酢しょうゆのほうがよく合いました。
付け合わせは、大根ゆずしょうゆ漬け、
雪菜炒め。


c0047897_14374950.jpgゆでてから、油で焼くとさらにおいしく。
スヌ子はこちらのほうが断然好み。
翌朝も焼いてもぐもぐ。
こりゃビールっしょ、と朝から1杯飲めるのも
休みならでは。

さーいよいよ大みそかだ~。 
すでにバリバリお仕事っ!な皆様に追いつくべく巻きでアップします…
すみません2009もムラっ気で^^;
by snuko | 2009-01-06 14:40 | ●ケータリング・パーティ | Comments(4)

年末年始1・歳末蓮根会

クリスマスの後は、常に食楽園を繰り広げている友人を招き
実家からどっさりんこともらった蓮根を消費するの会。メニュー詳細はこちらで。
メインは油で焼いただけ!の厚切り蓮根ステーキでしたが、
糸を引くようなモチ蓮だったのでこれがおいしいのなんのって。
ここではその他の簡単レシピを。
c0047897_13572100.jpg●鶏と蓮根のアジア煮
1.鶏手羽元とにんにくを
 強火で焼きつけ、こんがり
 色づいたら紹興酒をドボボ。
2.アルコールが飛んだら
 れんこんを投入、ひたひたに
 水を足し、しょうゆ・ナンプラ
 ー・砂糖で甘辛めに調味。
3.しばらく煮込んだ後
 火を止めしばらくほったらか
 し、れんこんに味がしみた
 ところで、中国黒酢を
 ダバダバと回しかけ
 サッと沸かしてできあがり。








c0047897_13583110.jpg●蓮根餅入りクリームスープ
1.蓮根餅を作る。すりおろし蓮根+片栗
 粉(太め20㎝ほどの蓮根:片栗粉大さじ
 2くらい)、歯ごたえのため刻み蓮根少々
 も加えてレンジ強でチン。
 2分ほどで取り出しよくかきまぜ、
 ムチムチした感じになるまでチン→
 混ぜ混ぜを繰り返す。
2.鶏スープ(この日はクリスマスのチキン
 で取った比内地鶏スープ)に生クリーム
 を加え塩味を調えておく。
3.2を沸騰させないよう温め、
 濡らした手で1を丸めながら投入。
 1がツルっとした感じになり
 中まで火が通ればできあがり。
 皿に盛り、焼き玄米餅・ディルをトッピング。

根菜なら食べ過ぎても罪悪感が少ない…ということで、
年末年始の激食前にぴったりのヘルシーベジタブルパーティでしたとさ。
by snuko | 2009-01-06 13:55 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)

クリスマスディナー

c0047897_1875136.jpgううう今日は底冷えしますね~。
皆さまどんなイヴをお過ごしですか?
わが家は、ひと足早く、
昨晩クリスマスディナーを。

夕方から「おてつだいする~っ!」と
張り切る子スヌ姉妹。
そんならこれで、と 
生の丸鶏を与えてみるも、
おびえもせずせっせと
塩・レモン汁をすりこみ、
お腹に香味野菜を詰め詰め。
た、頼もしーーっ。

今回のメニューは、



c0047897_1883052.jpgc0047897_18191238.jpg















●サーモンとクリームチーズの前菜
常温で柔らかくしたクリームチーズに、みじん切りのケッパー、ディル、エシャロット、
レモン汁を加え混ぜ、ソフトなクリームになるようさらに牛乳でゆるめて、
スモークサーモンで巻き巻き。
●かぼちゃスープ
1.エシャロットと玉ねぎの薄切りをバターで炒め、しんなりしたら
粗く刻んだかぼちゃを加え、たっぷりめの白ワインを注いで煮立ったら、
ひたひたの水とローリエ、顆粒コンソメを入れて、かぼちゃがやわらかくなるまで煮る。
2.1からローリエを除いてミキサーでなめらかにし、
ナツメグ・シナモン・ココナッツパウダーで風味づけ。
仕上げに生クリームと牛乳で適当にのばし、塩を加えて温める。

c0047897_182082.jpgc0047897_18202515.jpg















●ヤーコン・セロリ・ラディッシュのサラダ
野菜を角切りにし(ヤーコンは水にさらす)オリーブオイルとポン酢で和え、炒った松の実を散らす。
●かきと長ネギのグラタン仕立て
1.適当に切った長ネギ、エリンギ、ベーコンを少量の油でしんなりするまで炒める。
2.きれいに洗ったかきをドサッと加え、すかさず白ワインも注いで強火で素早く火を通す。
3.耐熱皿に移し、エメンタールチーズをたっぷりのせてオーブンで焦げ目がつくまで焼く。

c0047897_18332592.jpgc0047897_18233247.jpg















●ローストチキン
今回は小ぶりの比内地鶏を採用。
お腹ににんじん、セロリ、パセリ、玉ねぎをオイルで和えたものを詰めシンプルに。
皮パリッパリの素晴らしい焼き加減に大興奮のあまり、焼きたてを撮り忘れ。
すみませぬ……すでに手羽がもぎとられてます
●れんこんとタイムのピラフ
角切りれんこんと生米をオリーブオイルで炒め、
チキンスープを米と同量注いで炊き上げ、仕上げにタイムを混ぜ込む。

c0047897_18244412.jpgピラフのお米がやや硬めだったので、ローストチキンのお皿にたまった肉汁とお湯を加えてしばらく煮たら、絶品リゾットに。

ここまで一気に食べ、
肩で息をする家族4人。
さらにジャン・ミエのケーキを平らげるも、
用意してあった
生クリームいちごには到達できず
(食べ過ぎだっちゅーの)

今夜は、残りのお肉でサンドウィッチ。
食べきったら、骨で鶏スープをとる予定。
明日は地鶏ラーメン鍋かな。
毎年定番の展開ですが。


まあなんだかんだあったけれど、今年も平和に暮れていこうとしています。
皆さまも素敵なクリスマスを☆
by snuko | 2008-12-24 18:28 | ●ケータリング・パーティ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家