border="0">

カテゴリ:●works( 51 )

「Domani」「FRaU」「暮らし上手の賢いキッチン」に掲載

さいきん、新しい家電がやってきてとっても快適っ。
c0047897_10341956.jpg
オイルストーブで知られるアラジンのグラファイトヒーター。
グラファイトってなんじゃいな?
えーーっと、航空宇宙開発に欠かせない高分子フィルム、遠赤外線…とのこと←ググった
ですが、とにかく即温まってびっくら。
そして軽い! 華奢な私の小指でもww持ち上がるスーパーレジェーラ!
c0047897_10342752.jpg
わが家のキッチンは、石のタイルなので底冷えーる箕輪、って感じで
作業中足がだんだん冷たくなっていたのです。
でも床がボワーーッと温まって幸せ。


加湿器も新しくしたのでした。
フォルムがヒーターと似ているような。む、今年は縦長か(なにが)
c0047897_10365912.jpg

ゆうべは、快適な部屋でお腹もあったまる地味滋味ピェンロー風鍋。
冬の定番レシピですが、ちょっとしたコツで白菜があまーーくなることが判明!
今週の夜レッスンでご紹介予定です^^ 
c0047897_10472266.jpg

さて、発売からずいぶん日がたってしまったものもありますが、
掲載誌のお知らせです。

「Domani」連載もはや3年目に突入!
いつもありがとうございます。
現在発売中の2月号テーマは「おうちdeデート」。
年齢制限のありそうなタイトル表記、Domani世代に通用するのかちらん…。
c0047897_10280148.jpg
相手役として夫が撮影に協力してくれました。
向かい合っての撮影、なぜか「イヒッ」とウレシそうに写っているわたくし…😊

お料理は、ちょっとごちそうチャイニーズ。デートだかんね。
鴨のオレンジソースを、ピリ辛の中華風にアレンジした自慢のソースです。
チキンやポークソテーにかけてもおいしい♪ 
c0047897_10280988.jpg

「FRaU」連載も、もう2年近く。
実は、今回が最終回となります。2年近くのご愛読、ありがとうございました♡
これまでご紹介した品は、WEB限定も含め36品・72レシピ。

最終回は、ピリ辛うまいもろみ味噌「あけがらし」。
ひと味違う大人の肉じゃが、お酒のアテにもおすすめです。

c0047897_10282198.jpg

そして、年末にWEBでレシピを掲載した「暮らし上手」さんのムック、
「暮らし上手の賢いキッチン」。
こちらでは、“トビラの中、どうなってるの?”という特集で
収納の実例として自宅キッチンが紹介されました。
c0047897_10282963.jpg
登場している方、それぞれの工夫やこだわり面白かった。
こだわり、ないんです!適当なんです〜!!と何度も申し上げつつ、
でも話しているうちに自分なりのセオリーがあるのかも、と気づいた取材でした。
掃除は億劫だけど整頓は得意(どこに何があるかわからないのはイヤッ)とかね。

ぜひお手に取ってみてくださいませ^^




by snuko | 2015-01-20 11:23 | ●works | Comments(2)

クリスマスディナー&チャイニーズ・レバーローフ(動画)

メリー・クリスマスヌ♡ いいお天気のイブ&本日。
皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしのことと思います。

わが家は…
c0047897_12432978.jpg
例年どおり鶏を焼きました。3キロ以上の大物。
レモン汁+オリーブオイル+にんにく+ローズマリー+塩の定番マリネ液をせっせと塗り付けて。

低温でじっくり焼かないとパサつくかな?
と思いましたが、なにぶん晩ごはんまで時間がなかったので
オーブン最高温度の250℃でガーーーッと70分ほど。
当然20分くらいで表面がこんがりするので、あとはホイルをかぶせて焦げ防止。

シャンパーニュは、ニコラ・マイヤール。ハチミツ+ナッツのほどよいコク。
c0047897_12425730.jpg

ももはほろほろ、胸肉もしっとり。
焼き上がってから15分ほどしっかり休ませたからね♪
とろとろマッシュポテトはブロッコリー、はんぺん、エメンタールでグラタン仕立てに。

あ、ボルドー動画の第二弾、炙りブリの黒ごまソースも。
たたきにして切ってソースをかけてから、冷蔵庫で少し冷やすと一層おいしくなります。
c0047897_12433520.jpg

食後は娘たちが焼いたスフレチーズケーキ。上出来〜〜!
子どもは手順をはしょったり適当に計ったりしないので、
いいレシピを厳選して与えれば、素晴らしくおいしいお菓子が出てくるのです。
c0047897_12435086.jpg

サンタさんのために、ケーキにあったかい紅茶を添えて。お祈りしつつ就寝。
c0047897_12440136.jpg
去年は悲しい朝だったけど、今年はずいぶんがんばったからちゃんと見ててくれたみたい。
朝にはケーキがきれいになくなって、希望どおりのプレゼントがありました。


思いがけずわたしにも。
♪背の高いサンタクロ〜ス、ありがとう。
動物フィギュアのSchleich社、スヌーピーも作っていたとは…。
c0047897_12440700.jpg

さて。
皆さまにもクリスマスプレゼント…というにはぎりぎりですが^^;
ボルドーワイン動画の第三弾が公開されました。
クリスマスレシピとして大好評を博したごちそうレバーローフのアレンジ、
チャイニーズレバーローフです。

レバーの血抜きの仕方、香味野菜の処理、型を使わず焼き上げる方法など、みっちりぎっちりでなんと約15分!
自分で見ていても「な、長い…いっぱいしゃべってるな(汗」と思うのですが、
レッスン以上にコツが盛りッ盛りでございます。
お時間あるときにごらんください♡



さて、本日は今年最後の打ち合わせ。
思い描いたことがいい形になるといいなあ…。
皆さまも年末までラストスパート、がんばっていきましょーー!!







by snuko | 2014-12-25 13:09 | ●works | Comments(0)

スヌ子のワインなごはん「炙りブリの黒ごまソース」公開!

おはようございまスヌ〜!

ただいま銀座線車中、本日もクリスマスおもてなしレッスンです。

ただいま新橋!到着までに告知を。


前回さまざまな反響いただきましたボルドーワイン委員会「スヌ子のワインなごはん」第二弾が公開されました。


今回は、炙りブリの黒ごまソース。

(あぶりぶり、ってダジャレも織り込んだけどカットされていたよね…)


これすごく美味しくて、赤ワインも進む大好きな味。

ソースを混ぜ、たたきをつくって、香味野菜をのっける、と至って単純なレシピですが、レッスン並みの細かいコツをご覧いただける仕上がりに。


ホームパーティーにもぴったりです!


どうぞお試しください♡


http://youtu.be/Z_AW0bU2f6c



c0047897_09332474.jpg






by snuko | 2014-12-11 09:31 | ●works | Comments(0)

「暮らし上手」WEBにレシピ掲載、「七緒」で着つけチャレンジ

いいお天気ですが底冷えしますね〜!
自宅の北側の部屋に入ったら、
冬のにおい(スキー場みたいな)がしてウッキウキ♪

寒いときは…と、昨夜は鴨南蛮。
c0047897_16513954.jpg
鴨は煮すぎるとかたくなっちゃうので、
味出しの小間切れだけおだしで煮ておいて、
胸肉はフライパンでロゼに焼きます。
脂が厚いので切りめを入れて、皮を下にしてじっくり5分、
裏返してふたして余熱で10分。
出た脂で長ねぎ、椎茸を焼いて、薄く切った鴨といっしょに
ゆがいたそばにのせておだしを張るだけ。
お酒はいただきもの・鳥取の満天星(小林さんごちそうさまでした)
鴨の脂に負けない、麦焼酎のような濃厚さ。

夜はサボテンブラザース鑑賞…鑑賞って感じじゃないか…。
c0047897_16514697.jpg

さて、またまたお知らせです。
毎日更新で1週間5日間のリレーレシピなのですが、
昨日から今週金曜日まで、
毎日ひとつスヌ子のレシピがアップされます。
c0047897_16541804.jpg
久しぶりに自宅での撮影、器も自前だったので
見たことあるー!というものがぞろぞろ登場するはず^^;
昨日はれんこんソーセージ、今日はさつまいものコロッケ。
この後、酒煮塩鶏、煮込みハンバーグ、塩麹ゆず鍋と続きます。
晩ごはんどうしようかな?というときに見てみてください。
これまでのレシピ蓄積も数多く、役立つサイトですよ〜。



もうひとつ、これはお料理と関係ないのですが、
以前からお慕いしていた雑誌に掲載されました。
c0047897_17061745.jpg
プレジデント社の着物専門誌「七緒」。
3年ほど前にきものを着はじめたときに手に取り、
さりげなくて現代的なコーディネートセンスに惚れ込み、
バックナンバーを取り寄せて熟読したっけ。

着物好きに七緒ファンは多く、
実家の母や着物仲間のまりちゃんと「今号の●●見た!?」と語り合うのも楽しくて。
そんなふうに好き好きと思っているとご縁ってやってくるんだなあ。
レッスンメンバーのN子ちゃんに取りもってもらい、
編集部の方とお会いしたところお酒の好みがぴったりで♡
(つねにお酒が取り持つ縁…)

秋のある日「着つけレッスンに参加しませんか?」とお声がけいただいて、実現したのがこの企画。
c0047897_17065798.jpg
これまで、どんなにがんばっても40分はかかっていた着つけを15分で!
無理無理〜と思っていたけれど、
この撮影もんのすごいスパルタだったのですww
まさに実録、何度も何度も着ては脱ぎ結んではほどき…、
反復につぐ反復で、私でもだんだんと着つけの全体構造がわかるように。
これまで、腕がつるーッと敬遠してきた帯結びで、
お太鼓を無理なく結べたときは感激で泣きそうになりました。

練習しないと忘れちゃうものですが、今回はこの特集があるから大丈夫!
本当に微に入り細を穿って、これってどうだったっけ?って悩みに対応してくれてます。

着物を着る方には絶対おすすめ!!!
永久保存版の1冊ですよーーー!!!



by snuko | 2014-12-09 17:37 | ●works | Comments(0)

本日発売「Domani」付録、スヌ子のレシピブック!

ひんやりした雨の月曜日、今日から12月。
1日と言えば「Domani」の発売日♪
1月号は、創刊18周年記念号ということで別冊付録がついております。

じゃじゃーーん。
c0047897_15582434.jpg
おっ。大人のいい女、くららちゃんの上に重なってるピンクのこいつですね。
もうちょっと寄って…。
c0047897_15583102.jpg
もう一声寄って!
c0047897_15502358.jpg
おおお。
スヌ子の生首がついた、
ありがたいんだか魔除けなんだかわからないこの表紙!

特別付録、

スヌ子presents
“OTSUMAMI” レシピカードブック

です。
3つのタイプ別おつまみ23レシピ+オマケ5レシピの
合計28レシピを掲載した、ポストカードサイズのブック。
これまで2年間の連載から、特に評判のよかったもの、
写真が美しいものを抜粋して編みなおしました。

中のデザインも、これまた可愛い♡
c0047897_16074471.jpg
3タイプの小見出しにも、昭和の香りを漂わせつつクスリと笑わせる仕掛けが。
また、新たに「moremoreスヌ子知恵袋」というちょっぴり役立つコラムも書き下ろしました。

編集担当の高橋さん、新妻あゆみ嬢、
デザイナーのSidekick加藤さんとアイディアを出し合いながらまとめ、
表紙はいつもの岩崎牧子嬢によるコーディネート、
バーボン長谷川先輩にバシッと撮っていただき、このような素敵な1冊に。
愛する「Domani」の記念号に、こういう形で加われたことが本当にうれしいです。

皆さまの年末年始・クリスマスにも必ずや役立つ1冊となったと思います。
お友達へのプレゼントにも!
まずはお手に取ってみてくださいませ!!!

追記 ☆お願い☆
反響がよければ、連載が単行本になる道も開けるかも、とのお話も。
図々しいお願いではありますがどうか皆さま、
今月の巻末はがき「いちばんよかったテーマ」の項目、
「付録OTSUMAMIBOOK」のところに丸をしてお出しくださいますよう
なにとぞよろしくお願い申し上げますーーーっ☆☆


by snuko | 2014-12-01 16:27 | ●works | Comments(5)

ボルドーワイン動画第一弾、公開です!

またもご無沙汰してしまいました。
何度も開いてくださってる方、申し訳ありません。
日々ばたばた、夢中なうちにあっという間に日が暮れます…汗汗

さて、以前お知らせした
ボルドーワイン委員会による料理動画
「スヌ子のワインなごはん」第一弾が、
先頃ついに公開となりました!



10月半ば公開の予定が、すいぶんお待たせしてしまいました。

早くも、周囲の方々からはさまざまなご意見ご感想をお寄せいただきまして。
お褒めの言葉もありますが、
多いのは「表情がカタい」「長い」という率直なもの。

たしかに…直立不動でしゃべりすぎ😓
食材説明はテロップなどを用いたり、
もう少し短縮すると飽きずに見られるのかも。
世界の料理ショーの「スティーブ」のように、
誰かに話しかけたり、掛け合いのようにしてもリズムがついていいですね。

今後動画のお仕事の際は、
ふだんのレッスンのように
テンポと笑顔を心して臨みたいと思います。

あ、初回なのでギョッとするほど簡単なレシピですが、
第二弾・第三弾はそこそこ手順があるものです。
また公開されたらお知らせします!

c0047897_13424860.jpg
呑める!と思った瞬間、ようやく笑顔^^;
このシリウスブランという白ワイン、お手頃でとってもおいし♪ おすすめ!!!




by snuko | 2014-11-12 13:54 | ●works | Comments(0)

初めての動画撮影

ここしばらく、ずーーっとどうしよどうしよと頭を占めていたお仕事が、昨日終わりました。
それは初めての動画。
ボルドーワイン委員会という機関から、
ワインにあう料理動画作成のお話をいただいたのは8月上旬のこと。

皆さんの前で作ってしゃべって、おいしそうに食べて飲む。
レッスンでは毎度難なくやっていることですが、それを逐一録画されるって…。
ぎゃおー←大パニック

何はともあれ、主役は料理。
プロセスから盛りつけ、ワインとの相性までを撮り、3分に編集すると。
もうお一方、同じテーマで出演するのがフレンチのシェフとのことで、
私は、フレンチ・洋もの以外のお料理を作ることになりました。

…って、ボルドーワインに洋もの以外! 難しやんけーーー!!!

でもそんなお題も、なんだか燃える…!
ふだんも、これってアリ? これってアリ?
といいながら国境を踏み越えてあれこれ合わせているじゃないの。
この機会にと、毎晩ボルドーワインを買っては飲み進みました。
今までブルゴーニュが好み♡ と思ってましたが、ワインの世界は深い〜。
同じボルドーでも本当にさまざまな味わいがあります。
メニューは、秋冬に合う華やかなヌーヴェルシノワに決めました。

試作の数々…(こりゃーないやろ!というものもありました、ハハハ)
c0047897_17481585.jpg
c0047897_17492051.jpg
c0047897_17484189.jpg

撮影前には、
バリューボルドー2014@マンダリンオリエンタルという業界試飲イベントに伺い、
飲み比べ大会をして、これは!というワインをセレクト。
ここあたりにくると、緊張で写真もなし(以下画像はボルドーワインFBから拝借)
c0047897_17460674.jpg
c0047897_17461528.jpg
スタイリングも自前でしたので、器のリースに走ったり。
ふだんは手が出せない、憧れの青木良太さんの金銀彩皿をお借りして
少しでも素敵においしそうに写りますようにとお祈り。
c0047897_17471315.jpg

そしてやってきた昨日。朝8時にスタジオ入り。
ほかほかの新米ごはんで腹ごしらえ、家族の応援にじーん。

スチール撮影は、フードフォトの大御所、山家学氏
以前からお世話になっていたので、異国で知人にあったようにホッ。
まずはスチール用に3品。
パキパキとプロセスを押さえ、仕上がりもバシバシッと。
お料理がいきいきと浮かび上がるような画像にうっとり。
とにかくお仕事の早い山家さん、お昼前には上がって帰られました^^

おむすびをいただいて、午後から動画。
c0047897_17472708.jpg
指示をくださる3名のベテランカメラマンが、
風貌も相まってグループサウンズっぽい…(♪キミ〜を見つけた〜こ〜の〜渚で〜…)
不慣れな私に、ポータブルマイクの使い方、視線の向け方などきめ細やかな指導が入ります。
じつは、小学校のころ演劇部だった私。
仮面をかぶるのよスヌ!と月影先生、もとい当時の顧問西村先生の顔がよぎりましたが、
仮面どころか、プロセスを間違えないようにするのに必死…。
でも練習ってありがたい。何度も作ったものは、手が自動的に動くのです。
c0047897_17473661.jpg
ワインを一口のんで、感想を一言。これが一番むずかしかった。
つい、まったりとしていてコクがあり…とかふざけてしまいそうなところを、
まじめに真摯に伝えるのが使命。
でもこれも、料理とワインが口に入ってくるとおいしくて自然と笑顔に。
(モニターを見たら、いつも「長い顔だなあ…」と思っている弟にそっくりで仰天しましたが)

何口も飲むので、3品めくらいになるとだんだんリラックス。
血色もよくなってる! と皆さんに言われる始末。
つい盛り上げようと、最後の方がセリフはわざとらしかったかも^^;

顔やトークについては反省点が多々あるものの、
レシピをわかりやすく美しい動画で伝えられそうなのがうれしい。
飲みながらしゃべって作るグラハム・カーや金子信雄は偉大だった…!
と痛感しましたが、とても楽しいお仕事でした。

お話をくださったバーソン・マーステラの清水さま(お酒好き女子)、石田さま、木原さま。
スタッフの皆さま、
アシスタントを務めてくれた(ブリ刺も鮮やかに切ってくれた)テリィに感謝を。

公開はボルドーワイン委員会のHP、youtubeで10月中旬から。
1ヶ月に1本、12月までの間に3本が配信となります。
ふだんのレッスン以上に、細かいコツをたくさんお話ししたので、
必ずお役に立てて、しかもボルドーワインが飲みたくなる動画になっているはずです♪

公開時に、またこちらでもお知らせします!





by snuko | 2014-09-25 17:58 | ●works | Comments(1)

「SAKURA」「Domani」「Rillia」にレシピ掲載

月曜日! 
この週末は9月第1レッスンで盛り上がり、
ああアルザスワイン飲みたい…と昼から焦がれているスヌ子です。

さて、食欲の秋。
いくつかの雑誌でレシピやアイディアを紹介しております。
c0047897_12091795.jpg
小学館「SAKURA」。
おしゃれなママのための雑誌、年4回発行とのこと。
こちらでは「のっけごはん」15レシピを提案しています。
子どものっけ・ママ友のっけ・ダンナのっけの3カテゴリー展開で、
どれも自信をもっておすすめできるレシピばかり。
c0047897_13045516.jpg
ダンナ(これが一番多くて8レシピ)のアイディア出しには、
ふだん可愛く励ましたり優しくいたわったりできずすまんのぅ…
の気持ちをレシピに込めてみました^^;
c0047897_12214384.jpg
左は「Domani」10月号。
今月は大好きなハーブ&スパイスがテーマです。
メインはスパイスをガツンときかせた揚げ餃子。
野菜なしで牛肉のみがガシッと入っている餃子です。

これはこの春考えたレシピでしたが、
スパイス具合と肉具合(!?)が好みで、夏中はまってしまって
何かあるごとにせっせと包んでいました。


講談社の新雑誌「Rilla」の読者持ち寄りイベント、
ハイボールパーティにもこれと、おとなのポテサラを。
c0047897_12093878.jpg
c0047897_12120381.jpg
集まった読者の方々の持ち寄りがどれもハイレベルで、
サントリー白州のハイボールにもぴったり。
楽しかった♡
読者の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。
c0047897_12133110.jpg
現在発売中の「Rillia」では、このイベントルポのほか、
パーティ食材の盛りつけ指南のページも。
パーティ初心者向けの、シンプル盛りつけのコツと、
それぞれの食材のプチアレンジ術も紹介しています。
c0047897_13011754.jpg
コンビニ、書店で。
ぜひチェックしてみてくださいね。


by snuko | 2014-09-08 13:03 | ●works | Comments(0)

かき氷機「YukiYuki」レシピ製作秘話(長文注意

暑いですねえ…、つめたい画像をどうぞ。
c0047897_17333180.jpg
4月からの準備期間を経て、ついに明日発売となる
家庭用かき氷機 「YukiYuki(ゆきゆき)」。
この商品添付のレシピブックづくりをお手伝いしました。

YukiYukiのコンセプトは、台湾風のミルキーなふんわりアイス
「雪花冰(しぇーほぁぴん)」がおうちでできる!ということ。
オリジナルの刃の構造により、薄片というのか、
ひらひらとうすーーい、わた雪のようなかき氷を削り出せる画期的なマシンなのです。

最初の試作では、水を容器に入れて凍らせた普通の氷を削ってみました。
おお。家庭用かき氷機にありがちなジャリッとした食感がなく、
本当にふわんふわんで、口に入れるとさーっと溶ける!!!
c0047897_17481887.jpg
子どもの頃から大好物だったのはカルピス氷。
そこで、濃いめに作ったカルピスを凍らせて削ってみたら、これまたうまし。
レシピブックには載せられませんでしたが、手軽な混ぜ氷ならこれおすすめ。

バナナミルクも凍らせてみた。
c0047897_17243098.jpg
これ絶対イケる!と思ったのに、
バナナの甘味が消えてしまい、芋?っぽくなっちゃってイマイチ。
試食担当のうちの娘たちも
「なんか、そのまんま飲んだ方がいいね〜」とバッサリ。

そういえば!
10ン年前には、鹿児島天文館の「むじゃき」の氷しろくまに夢中になり、
クール宅急便で取り寄せたりもしましたっけ。ああいう味を目指すのもいいな。
c0047897_17164153.jpg
不細工すぎる!くまに見えん!!…と不評(泣
でもシロップを10数回作り直し、好みの味に到達。
不細工も修正のうえ、レシピブックに載せることができました。


ひらめきを求めて、かき氷取材遠征も。

これは、鵠沼海岸の名店「埜庵(のあん)」のWいちご。
氷の底に苺ゼリーが入っているのです。
奥はマンゴーヨーグルト。
“冷たすぎない”のが特徴の天然氷、さすがのふわふわ。
c0047897_17242483.jpg
真夏は11時の開店前から長蛇の列・整理券が出るという殺人的な混みようですが、
朝一番にここを目指し、江の電で鎌倉に出て、
オクシモロンやオルトレヴィーノなどのおしゃれなお店に寄り、
ぶらり一日散歩というコースは最高!
埜庵の常連Yちゃんが教えてくれた素敵なプランです。
黒こしょう添えのほろ苦キャラメルシロップも◎(↓取材と称して2度も行った)
c0047897_17244292.jpg

こちらは谷中の名店「ひみつ堂」の晩柑シロップ。
柑橘の苦みがさわやか。
名物“いちみ(いちごミルク)”や山桃も美味でした。
c0047897_17250024.jpg
でも、名店に行って思ったのは、
天然氷+旬のフルーツシロップの味を家で再現するのは難しいと。
それはお店でいただくのがベスト。
自宅では、ベースの氷に何かを混ぜるだけでほぼ完成、という手軽さと、
単純で失敗のない手作りシロップ、というレシピに絞りました。

なんと言っても自信作は、この表紙の台湾風ミルキーアイス。
牛乳と練乳の割合がポイントで、なめらかふにゅっととろけるアイス。
台湾でウハウハと食べた記憶を頼りに、もっとおいしいをめざしました。
トッピングはマンゴーが王道ですが、今なら桃に“追い練乳”もおいしそう。
なめらかなだけに溶けやすいので、器も冷やしておいて、
削ったら即召し上がってくださいね。
c0047897_17073590.jpg

は〜、長くなってしまいました。
そんなわけで、ただいまアマゾン楽天でも予約受付中!
おうちで絶品かき氷、食べ放題〜!の愉悦をぜひ体験してみてください。
夏休みのおやつに、ホームパーティのデザートにも大うけ間違いなし♪

あ、そうそう。
商品が届いてびっくりしないようにお知らせしておきますが、
箱にはあろうことか私の写真がついております…。

真夏の魔除け、にも^^;
c0047897_17480677.jpg


by snuko | 2014-07-29 11:23 | ●works | Comments(0)

「STORY」にレシピ掲載

クラウディ&レイニーなスターフェスティバル。
プリンスHIKOとプリンセスORIが無事会えるといいのですが…。
(昨夜からじっとーーりレシピ出しゆえ、
ルー大柴的ランゲージで気分をアップする試み)

さて、現在発売中の「STORY」にレシピが掲載されました。
c0047897_14442055.jpg
「リセットごはん」と伺った瞬間、
お!二日酔いのときのレシピね!と早合点し
(本当はもう少し美容ダイエット寄りにすべきだったかも)、
飲み過ぎでぐったりしているときでも
さっと作ってするっと食べられる5品を紹介。
迎え酒的に酒ソルベものっております…。

器も自前ゆえ、うちの食卓がそのまんま。
ピンクのソースは、今月の「トンチとパンチ」でも紹介した
手抜きでも見ばえがするひと品。

元CAという美魔女のライターOさん、
STORY編集部のワーキングマザーSさん、
カメラマンsonoさんとも和気あいあいの楽しい撮影でした。


今日から学校で人生初の2泊合宿に出かける長女が
このページを見て、
「お肉ピンクのソースで食べたぃぃ~」と要求してきましたので、
昨夜の食卓もこんな(わ〜そのまんま)
c0047897_14443108.jpg

コンビニでも目立つ青い表紙です。
c0047897_14480223.jpg
ちなみに、付録タブロイド「MEN’S STORY」は、
自慢の旦那さま像かくあるべしという切り口。
中ページにも「夫婦のデートファッション」実例がもりもり。
ハワイムードのカフェでおしゃべり…!
子どもがインタースクールに行ってる間に六本木ショッピング…!!
「女友達と買い物するより主人とのほうが楽しいんです」って、
す、すてき。
目を皿のようにして読み込んでしまいました…。

せっかくの機会なので、
うちでも夫に白いパンツを勧めておきました。



by snuko | 2014-07-07 19:25 | ●works | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家