border="0">

カテゴリ:2014.10 関西旅行( 2 )

滋賀「徳山鮓」の素晴らしさ 関西の旅2

間が空いてしまってますが、細々と関西旅行ルポ2でございます。

長浜を経て、余呉駅に到着。
c0047897_07332127.jpg
空気が全然ちがう! 
清冽に引き締まっていて、肺が洗われるよう。
里山の景色を眺め、共生する動物たちのお話をうかがいながら、送迎のバンで5、6分。

つきました。
c0047897_07333056.jpg
こざっぱりとしたインテリアの食堂を通り、お部屋へ。
改装したてとのこと、窓が大きく余呉湖が一望でき気持ちいい。
さっそくお風呂。
普通の内風呂のほか、陶器浴槽の露天風呂が。
c0047897_07340883.jpg
露天へのドアを開けっ放しにしておくと、カエルや虫が入って来てしまうそう。
これほど空気がいいってことは、自然もそのままってこと。


台風直撃のこの日、予約もキャンセルが出(そりゃそうだ)、
我々3名での貸切状態で晩ごはん。
c0047897_07353003.jpg
すっぽんの一皿でスタート。煮こごり、皮、身。
クリアでしみじみとしたうまみに、ハッとするほど香り高いグリーンの実山椒。

きけば、これは「徳山山椒」と呼んでいるもので、
近隣の何本かある山椒の木でも
日当りなどの環境によって、それぞれ最適な採取時期があると。
然るべきときに採り、最適なやり方で仕込む。
ここから始まるすべての料理に、その意識が感じられました。
c0047897_07354634.jpg
琵琶鱒と天然鰻の湯引き。
不思議にさっぱりと切れがいい、鱒の脂のおいしさ。鰻の歯ごたえ。

c0047897_07360498.jpg
イタリアンの一皿、鯖の熟鮓にトマトピュレ、カチョカバッロ。

c0047897_07370926.jpg
これほどの量だったにもかかわらず、いつまでも食べていたかった!
かりっと直焼きされた鰻に徳山山椒。
蒸したものとは全く違う小気味いい噛みごたえ。

c0047897_07372382.jpg
琵琶鱒に熊脂をのせた蒸し物。
熊の脂のうまみと、食後の体のポカポカにびっくり。

c0047897_07374373.jpg
鹿肉と焼き野菜。ひきしまった野性の香りの鹿。
赤ワインも合うだろうなあと。

c0047897_07375056.jpg
舞茸天ぷら。
これが採れると舞い踊ったという
いにしえの人の気持ちがよくわかる香りのよさ。
心ゆくまで味わえるたっぷりした量がうれしい。
c0047897_07383953.jpg
子持ち鮎と舞茸。
同じ舞茸でも調理法でうまみの印象がちがいます。

c0047897_07384795.jpg
看板メニューとうかがっていた鮒鮓。
実は鮒鮓を食べるのは初めて。
ヨーグルトのような乳酸菌の酸っぱさ、全く生臭みのないチーズのようでもあります。
身や骨はほろほろと崩れるやわらかさ。
周囲の飯も、ほどよい塩気と酸味で極上のアテ。
ここまで立派な大きさに育つにも、
漬け込んで熟らすにも長い時間がかかっているそう。
なんと奥深い食べ物、とひたすら感服。

c0047897_07391278.jpg
しめくくりは、熊と茸のお雑炊。
だしのおいしさに、もう恍惚。


c0047897_07392776.jpg
鮒鮓の飯で作られたセミフレッド。
やはりヨーグルトやフレッシュチーズのよう。
添えられた野生のミントの目が覚めるような香り!

c0047897_07393697.jpg
まだ飲んでいたい〜との様子に、鮒鮓と吉田牧場のラクレットチーズが。幸せ…。

c0047897_07395050.jpg
とにもかくにも、徳山さんのお話の面白いこと、勉強になったこと。
この地に育って、故郷の個性を知り尽くし研究し、身につけてこられた知識。
実学というのはこういうことなんだなあ。
たゆまず作り続け積み上げてきた方の言葉は、一言一言が尊い。

ゲストが私たちだけなので、
特別に珍しいものも見せていただく。

熊の胃。
c0047897_07375905.jpg
月の輪熊の毛皮。
無知蒙昧で恥ずかしいのだけど、
本当に月の輪みたいに白い部分があるのね…。
c0047897_07382057.jpg
とはいえ、むやみな狩りや、熊売りからの買い物などは決してしないそう。
動物たちと共生するということについても、
筋の通ったお考えを持っていらっしゃることがうかがえました。

いただいたお酒はすべて七本槍。
地のものにはその土地のお酒が合う。
c0047897_07401288.jpg
c0047897_07402086.jpg
c0047897_07404307.jpg
お部屋に戻り、さらに鮒鮓とお酒で更けゆく滋賀の夜。
雨音を聞きながら。最高だったなー。


翌朝は、まだ雨が残っていましたが、
雨音ではなくお腹がすいて起きるなど…どうしたことでしょう。
おそるべき発酵食の威力。

c0047897_07411604.jpg
朝ごはん。
鮎や煮熊などはもちろん、漬け物や梅干しのおいしいこと!
ごはんが進んで止まらない。
c0047897_07420034.jpg
山椒、わけていただきたかったほど。
c0047897_07420934.jpg

鮎の稚魚、氷魚の鍋。
さっぱりとしただしに、白魚としらすの間くらいの大きさの氷魚。
骨を感じるのでしゃこしゃこと噛み砕く。爽やかな朝の鍋。
c0047897_07413990.jpg

雨も上がり、余呉湖を眺めるコーヒータイム。
鮒鮓をお土産にいただいて、おいとま。
c0047897_07421897.jpg
c0047897_07423242.jpg
また必ず再訪したい場所ができました。
初夏に山椒採りのお手伝いをしてみたいし、桜の春や真夏もいいだろうなあ。
誘ってくれた友達に感謝。

by snuko | 2014-11-03 11:50 | 2014.10 関西旅行 | Comments(0)

大阪の美味〜長浜 関西の旅 1

バタバタの合間を縫って、先週、関西1泊の旅をしてまいりました。

滋賀の名高い発酵料理旅館「徳山鮓」に行くという目的で。

誘ってくれた友人たちは、前日から関西入り。

私は、徳山鮓宿泊当日、朝のうちに大阪へ。

折しも西から台風が接近している週末でしたが、深刻な状況になれば無理せず中断、という覚悟で出発。

c0047897_14092190.jpg

羽田空港までは肌寒い雨、

伊丹空港からは、蒸し暑い曇天となりました。

c0047897_14092956.jpg


お昼は、友達が予約してくれた堺筋本町のカウンター中華「一碗水」。

c0047897_14093847.jpg
イーワンスーって読みます


土日祝限定ランチコースは、12時に全員集合し一斉にコーススタート!というシステム。

無事関西入りを祝し、まずはプレモルで乾杯。

c0047897_14094828.jpg

c0047897_14123789.jpg
前菜。きのこ炒め、里芋の葱油がらめ。きのこの濃厚な香り、ねっとり里芋。

c0047897_14124668.jpg

牡蠣の湯引き。半生の牡蠣にオイスターソース。


ごらんのとおり派手さはなく、おかずっぽいのに明らかにプロの味。


c0047897_14125403.jpg
干し貝柱と白菜のスープ、ほくほく栗入り。

白菜ってこんなに味の濃い野菜だったっけ?いつまでも飲んでいたい。

滋味という言葉しか浮かびません。

c0047897_14130013.jpg
鮫の唐揚げ・発酵唐辛子ソース。

なんだろーーーこのソースのおいしさ!!!

ピリ辛の奥深い酸味が、ほろほろと淡白な鮫にぴったり。

c0047897_14130626.jpg
金針菜と干し椎茸、鶏の炒め煮。

緑じゃなく真っ黄色の金針菜がメンマ的食感でおいしい。お肉の味が濃い!!

c0047897_14131350.jpg
一同が唸った炒め海老麺。

平たい生麺、甲殻エッセンスが凝縮されているようなうまみ、シャキシャキのもやしと黄ニラ、真っ赤な海老の卵。

こっくりした白ワインにもすごく合いそう。

c0047897_14133389.jpg
黒ごまカスタードのフリッター。

むっちりぷわぷわなのに重くない、おいしい楽しいデザート。


このコース、一見軽めですが、かなり食べられる私でも満腹になりました。

ビールの後、数種類ある紹興酒から甕出し8年、普洱茶のポットでしめ。

お茶もおいしくて満足。


長身のシェフは金城武をストイックにしたようなハンサムで、

彼の無駄のない動きを見るだけでも価値がある…。

(ちなみにサービスの女性がこれまたチャン・ツィイー似の可愛らしい方。

アジア映画好きにはたまらないお店?)


雨なんか降りゃしないのぅ、と言い合いながらぶらぶら。

滋賀行き前のわずかな時間で、もう1軒。

c0047897_14134958.jpg


c0047897_14153815.jpg
たこやきやさんなのに、クレマンとシャンパーニュ。

軽くて上品なここのたこやきにとても合うのです。

c0047897_14154467.jpg
「ワインに合う!塩チーズたこやき」というのを注文。

たこシャン、通の方には常識なんですって…知らなかったぁぁ。素晴らしい組み合わせ。

たこやき以外に、ブリのソテーや豚足のスパイス煮など気になる一品メニューもたくさん。

今回はさくっと1杯でおいとま。

c0047897_14140697.jpg
レトロな町並みにかわいいお店が並ぶ一帯、次回はじっくり散策してみたい。


新大阪から、米原経由で長浜に向かいます。

窓外も都会から田園風景に。

長浜駅から、「季の雲(ときのくも)」へ。

えええこんなとこに…?というような辺鄙な場所に、突如表れるステキギャラリー。

c0047897_14162018.jpg

c0047897_14163492.jpg
何と申しましょうか…すべてがハイセンスで、もう…。
c0047897_14164299.jpg

写真がありませんが、2階には古道具・骨董が集まっていました。

なんてことなさそうな古びたお皿も、骨董にくわしい友人の解説をきいていると、たしかに盛りたい料理が浮かんでくる。

可愛い♡ だけじゃない、雰囲気のある食卓って、知識が深まってこそつくれるものなのでしょうね。


後ろ髪をひかれつつも、決断できずなんにも買わず。

再び長浜駅に戻り、余呉に向かいます。

あ、ちなみに長浜だからラーメン?と思いきや、「それは九州!」とタクシーの運転手さん。

たいへん失礼しました…。


by snuko | 2014-10-15 14:34 | 2014.10 関西旅行 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家