border="0">

カテゴリ:●野菜レシピ( 45 )

ピェンロー風白菜煮

ここ数日、昼間は過ごしやすく夜はドーンと冷える・・・
という理想的な気候が続いております。
そんな夜にぴったりのピェンロー(もどき)をつくりました。

過去にも似たようなものがありますが、
毎回ビミョーに作り方が違います(なにせ家庭料理^^;)

●干し椎茸を戻し、刻んで、汁ごと
●白菜の厚いかたいとこをざくざく、鍋いっぱい
●豚こま(脂多いとこ)、干しえび
●お酒半カップ、塩ちょっと
で、ふたをして蒸し煮、白菜がしんなりして鍋にスペースができてきたら、
白菜の柔らかいとこざくざくを足して、煮るだけ。
c0047897_1318532.jpg
1時間近くも煮れば、くたくたとろとろ。
巨大な白菜3/4個が鍋の中にぎゅーっと凝縮。

一口目の感想は、とにかく甘い!塩しか入れてないのですが、すごく甘いのです。
八百屋のおじさんの「真ん中が真っ黄色で甘いよッ!」という言葉に、
ふうふう言いながら2玉持って帰ってきた労が報われる甘み。

食べるときには胡椒をたっぷり。
お好みでごま油や山椒油などを振っても。
c0047897_13192955.jpg
つけあわせは、友人宅でいただいておいしかった
にんじん・押麦・じゃこの組み合わせ。
私はポン酢と寿油でおなじみの味に。
あとはいんげんのごまくるみ和え、
太くて皮がキュッキュしない沖縄のいんげんで。

野菜たっぷりってやっぱりいい気分。
by snuko | 2014-01-24 13:23 | ●野菜レシピ | Comments(0)

クリスマスのひと品

寒い朝です。
今日は雪になるとかならないとか。
これからロケ撮影。
なんとかお天気もってくれるといいけど、と思いながらぎゅうぎゅうの地下鉄に揺られております。

乗客の皆さま、これから討ち入りかってくらいに決死の形相凄まじく、押して押して押しまくる。ぎぇーー。
さすが師走。
そんな中ブロク更新を試みるのもひとつの修行…。
c0047897_10572939.jpg

昨夜のお手軽レッスンからのひと品。
赤いの何かお分かりになりますか?
お正月に使うあれ、サラダにすると美しい。
エキゾチックな香りをつけました。
冬はきれいな野菜が多いなー。

死にそうになりながらうち続けてみましたが、もう目的地。
今日もよい日に!
by snuko | 2013-12-18 10:46 | ●野菜レシピ | Comments(0)

野菜のアフリカ、もといキューバ煮

ずいぶん前から、たまに「アフリカ煮」というの作ります。
多めのオイルで、クミンやコリアンダーシードなどのスパイスとにんにくをじっくり炒め、
お肉や食肉加工品、ありったけの野菜を入れて、野菜の水分で蒸し煮するもの。
昨年、お手軽レッスンでもやりました。→キョウエさんのルポ

オクラでまとめる夏バージョン
が定番ですが、
根菜たっぷりの秋冬バージョンもおいしい。
c0047897_1228856.jpg
ピンクのはかまぼこじゃなくてサラダ大根。
玉ねぎ、セロリ、インカのめざめ、れんこん、エリンギ。
お肉っけは、ますますトリコの〝フリーデン〟生ベーコン。

味つけは、ベーコンの塩気とお塩のみ。
冷蔵庫の残り野菜ばかりだけど、ピンクが入るときれいです。
大根とベーコンは本当によく合いますし、
ほっっくりしっっとり煮えて、辛くなく香りがいいので、子スヌたちも大好物。
定番のクスクスに、ベルベル人のアリサを添えて。
泡を飲んでいたのに、土っぽいのが合うはず!と赤ワインも注いじゃった。
c0047897_12352463.jpg


で、なんでアフリカ?と聞かれれば、なんとなく・・・(広いし、まあフィーリング)
と答えてきたのですが、いま衝撃の事実が。
明日のキューバナイトに向けて、キューバの食文化を調べておりましたら、
この煮物、紛れもなくキューバ風。
使用スパイス、辛味のないところ、塩味で仕上げるところ。
このベースに黒いんげん豆が入れば完璧みたい。

でも、それもそのはず。
キューバは、植民地としての時代が長く、
奴隷として連れてこられたアフリカ人、支配するスペイン人、
さらにアジアの文化も入り混じっているんですって。
(イベントやると勉強になりますなあ)

明日はそんな歴史も踏まえつつ、
スヌ子文化も混ぜ込んでみる予定です。
さて黒豆を水に浸して、と・・・。
by snuko | 2013-11-15 12:57 | ●野菜レシピ | Comments(2)

水なすのサラダ

8月も8日となりました。
子スヌたちはただいま西のほうへ。
夏休みの間、家でゴロゴロゴロゴロ←イライライライラ という図式は望ましくないため、
ふたりまとめて新幹線にのせ、親族宅にホームステイ\(^O^)/ 
なんてありがたい。楽しんでるかな~。

ふだんは、純和風の朝ごはんをしっかりいただきますが、
夫婦ふたりだと、それぞれ自由きままに。
朝ごはんは、お茶を飲んでしばらくして、食べたくなったら適宜。
なんだかひとり暮らしの頃に戻ったみたい。

あーーづーーーーいーーーーと遅めに起きた今朝は、
水なすサラダとミント紅茶。
c0047897_11325679.jpg
ひとくちに切った水なすに、塩麹をからめて冷蔵庫で10分。
パルミジャーノと最上級の胡椒を振り、
ライムを添えたかったけどなくて熟したかぼすを。

水なすのみずみずしさと、ひんやりパツッとした歯ごたえ。
塩麹とパルミジャーノのうまみ相乗効果も申し分なし。
たまにかぼすを搾って変化をつけると、いくらでも食べられます。

ごちそうさまでした♪ さて出かけようっと。
by snuko | 2013-08-08 11:37 | ●野菜レシピ | Comments(0)

レモンおろし

「みて!雪が降ってる!!」という自分の声で起きるほど、
涼しさ(寒さ?)に焦がれる厳しき残暑です。
でも今日の明け方は、チロチロリと秋の虫の声が聞こえました・・・ホッ

こんな朝のごはんにぴったりなのが、
「大根おろし+レモン汁」。

水気が少なく辛い夏大根でも、
レモン汁をたっぷり混ぜると驚くほどに辛味が消えて、
美美美ビタミン摂っとるわーー!! と実感できるおいしさに。
ずっと前に、料理上手な義母に教わったのですが、我が家ではすっかり定番化。

しらすごはんにたっぷりのせて、サラサラっ。
もおすすめ!
by snuko | 2012-08-21 09:30 | ●野菜レシピ | Comments(0)

夏の野菜管理

梅雨が明けましたねー!
と、一瞬うれしげな感じを演出してみましたが、連日のこの猛暑。
ていうか、とっくに明けてたんでは?あん? と思わず絡みたくなるのは、
わたくしが夏が苦手だからです。ハヒー(ため息)

しかし、何とかやりすごさなくてはならないので、
連休は寝具をばんばん洗って夏の仕様を考え、
ついでに野菜も干しました。
c0047897_162355.jpg

冷蔵庫にあった大根、えのき、ズッキーニ。
買いすぎ&余り野菜たちは、とりあえず干しておくと、
冷蔵・冷凍保存がきいて、いろいろに楽しめます。
カラカラになるまで干さなくても、しんなりして表面が乾いたらOK。
うまみが凝縮し、むにゅこりっとした独特の歯ごたえが楽しめる珍味となります。

油炒めや酢醤油漬け、さっとゆでてナムルにも。
ズッキーニは干すとものすごく甘くなるので、大根と一緒に塩炒めかな。
えのきはほかのきのこと合わせて、にんにくのきいた酸っぱいマリネにしましょう。
ああ、ビール。

これからの時季は、薬味も欠かせません。
青じそ、みょうが、新生姜、ねぎなどは一度にせん切りにして水に放し、
アクを抜いてからキッチンペーパーに包んで絞り、湿ったペーパーごと、
タッパーか保存袋に入れて冷蔵すると、数日パリッとしたまま。

箱買いしている青じそ。
刻まないものは、濡れキッチンペーパーでサンドしておくと、
1週間くらいは余裕でいきいきしています。
適度な水分とひんやりした環境を保てば長持ちするのは、お花と同じですね。
c0047897_16301899.jpg

by snuko | 2012-07-17 16:52 | ●野菜レシピ | Comments(0)

芽キャベツ蒸し煮

c0047897_16261453.jpg
先日、撮影で使った芽キャベツ。
小腹がすいたので思いつきで蒸し煮にしたら、あれ? おいしっ。

洗った芽キャベツとローリエ2枚を鍋に入れ、
水を底から2㎜ほど、塩とオリーブオイル少々を振って、
フタをして、緑色が鮮やかになるまで蒸すだけ。
ローリエがいい仕事してくれます。

蒸したてを口に放り込むとヤケド必至(←経験者)
気をつけて、でもホコホコなうちに召し上がれ☆
by snuko | 2012-02-13 16:27 | ●野菜レシピ | Comments(2)

なすのスパイシーペースト

豪雨を聞きながら、ひとり邦画フェスティバル。
「愛の流刑地」を鑑賞したら、
登場人物はまったく何も食べてない(ワインは飲んでもオードブルにさえ手をつけない)
というのに、なぜかお腹がすきました…。

おやつは貧乏人のキャビア=なすペースト。
ワインが欲しくなる味ですが、ぐっとこらえて、なすと相性のいいミントティーで。
c0047897_164178.jpg

1.フライパンに潰したにんにく2片+オリーブオイル大さじ2を入れ、弱火にかける。
2.香りが立ったら中火にし、クミンシードと刻んだドライトマト各大さじ1、
  なす4本の角切りを入れ、軽く塩をして、油が回るよう手早く炒める。
3.ワインビネガー大さじ1(なければ水でよい)をふりかけてフタをし、弱火に落として、
  焦げないようときどき混ぜながら15分ほど火を通す。塩味をととのえてできあがり。

ここまででこういう状態。
c0047897_1651595.jpg

このままでもおいしくいただけますが、ハンドブレンダーでざっとつぶすと、
c0047897_16525638.jpg
キャビア…? って感じはしないけど、ペーストらしくなります。

さらに、おいしいオリーブオイルと液状柚子胡椒で仕上げ。
c0047897_16543152.jpg


柚子胡椒、絶対合う!と思ったのですが、不思議なことに
混ぜると柚子の香りが完全に飛んでしまいます。
さわやかさは加わっている気がしますが、
ダイレクトに味わいたい場合は、食べるときかけるといいかも。

子スヌたちがいないので、今日までが夏休み気分。
邦画DVDを見まくり、ベルばらを泣きながら読みなおし、
浴衣を着たり、楽しいお食事もして堪能いたしました。ありがたいことです。

来週からまじめに働かにゃっ。
by snuko | 2011-08-19 17:09 | ●野菜レシピ | Comments(2)

オトナのポテサラ

秋鮭が出始めましたね。
この季節になると作りたくなるのが、ヨーグルトで和えた鮭入りポテトサラダ。
先日のお料理レッスンでご紹介したところ好評だったので、ついつい今夜も♡

ワインに合わせれば主役も張れる1品ですが、今日はハンバーグの脇役に徹してました。
一見地味なのに、一口食べるとわかる洗練、予想外に大人のポテサラ。
言うなれば、うーん。大森南朋……あ、わかりにくい?
c0047897_23494834.jpg
1.じゃがいも大4個は皮ごと柔らかく茹で、熱いうちに皮をむき
 フォークで食べやすく崩して、塩とレモン汁をまぶしておく。
2.生鮭2切れは塩こしょうし、あり合わせのハーブや香味野菜を敷いた耐熱皿にのせ、
 白ワイン大さじ1をかけてラップをし、レンジ強で2分・裏返して1分。
 ナマっぽさがなくなるまで熱を通す。
3.ヨーグルトとマヨネーズを2:1の割合で合わせ、ディル、ケッパーを加え塩味を調え、
 粗熱がとれた1と2を加えてざっくりと混ぜる。
※鮭に敷く野菜はパセリの茎、セロリ葉、ローリエ、玉葱切れ端などあるものでオケ。
※鮭をチンした際に出る汁は旨みがあるので一緒に合わせちゃいましょう。
※オリーブ、胡椒、おろしレモン皮、いくらなどをトッピングすればごちそう風。

ところでうちの娘たち、わたくしが秋鮭の下ごしらえをしているとワックワク。
鮭の皮が大の好物なんですと……。
長女スヌチョは、小学校の給食時に自分がいかに鮭皮が好きか力説しているとか。
周囲の男子はドン引き…いや、そんな彼女にグッとくるマニア男子もいると信じたい。

チンした鮭からはがした皮だけ、グリルで焼いてお皿に添えたら
ポテサラそっちのけでニャーニャーカリカリ大騒ぎ。
前世は2匹のネコだったんですかねえ。
by snuko | 2010-10-05 00:03 | ●野菜レシピ | Comments(4)

白菜ロースト 塩豚アンチョビソース

塩豚を かければうまし 焼き野菜    好温子
c0047897_1302271.jpg
続いて塩豚+野菜レシピ。白菜をグリルでこんがり素焼きし、
塩豚+アンチョビ+たっぷりのペペロンチーノオイルを
ソース代わりにかけるだけですが、一応レシピを。

1.短冊に切った塩豚をじっくり炒める。とめどなく流れ出る脂をペーパーでぬぐいつつ
  キツネ色になったら、別皿に取っておく。
2.フライパンを軽く拭い、オリーブオイルとにんにく・鷹の爪を入れ弱火で熱する。
  にんにくが軽く色づいてきたら、アンチョビを溶かし混ぜ、1を戻してなじませる。
3.縦に薄く裂いた白菜を、魚焼きグリルか網・オーブントースターなどでこんがり焼き、
  2をかけ、くし切りにしたレモンを添える。

これは、ぜひあつあつを召し上がってください。
焼いてギュッと凝縮した白菜の甘みと、複雑な旨みのソース。
白ワインが止まりません。
by snuko | 2010-02-08 01:31 | ●野菜レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家