border="0">

カテゴリ:●野菜レシピ( 45 )

本気のナムル

単純な料理ほど奥が深い。と数日前も書きましたが、
今さらながらナムルにとりつかれているスヌ子。
定義は“ゆで野菜をゴマ油と調味料で和えたもの”と至ってカンタンながら、
すべての加減に細心の注意を払えば、しっとりしゃきっの極上ナムルとなるのです。c0047897_1735912.jpgc0047897_17353447.jpg

















1.大きなボウルでゴマ油とおいしい塩をよく混ぜる。なめて少ししょっぱめくらい。
2.金ゴマを小鍋でいり、1に加え混ぜる。
3.好みの葉野菜をゆでる。根元に切り込みをいれて泥を洗い流し、
沸騰した塩湯(パスタをゆでるくらいの塩辛さ)に根元からいれ、
再度沸騰してくるまで鍋から離れず、葉に透明感が出た瞬間(ココ大事。
白菜の場合、結構時間がかかります)に引き上げて水に取る。
4.ふきんかペーパータオルでよく水気をとり、食べやすく切る。
切るとまた水が出るのでしっかり絞り、ほぐしながら2に入れてまんべんなく混ぜる。

●野菜のゆで加減と絞り具合、ゴマ油に塩とごまをよく混ぜておくことが大切。
●油の量は、小松菜1わor白菜8分の1に対して大さじ2くらいです。
 多すぎるとくどいし少ないとツヤっぽくならないのでこれも加減を。
●白菜は色が悪くなりにくいので、水に取らずザルでにあげ、少し冷まして絞っても。
 そのほうが甘みは濃いかも。
●変化をつけたいときは、おろしにんにくや酢を少々加えても。

c0047897_17374462.jpg
昨晩は、
きしめん+焼餅in2日前に作った豚汁
&白菜ナムル のみでしたが、
「はくさいあまーーい♪」と
子スヌに大好評のうちに完売したので、
なんだか真剣な仕事が
報われた気がしてうれしかった…(涙)

こんな小さな達成感こそ、
毎日のごはんの醍醐味。
今日は人参でやってみようかな。
by snuko | 2007-12-06 12:30 | ●野菜レシピ | Comments(0)

きゅうり3段活用

秋の1枚。『クウネル』表紙に、ってお声がかかったらどーしましょ
c0047897_1754054.jpg
この連休は、
①子スヌたちの運動会→公園で酒盛り→お友達のおうちに突撃し酒盛り
②グルジア餃子リターンズ大会(詳細はこちら
③スヌ夫実家でまたも餃子大会
と、酒と餃子に彩られたナイスな3日間でした。
おかげで子スヌの餃子包みも堂に入ってきて。そのうち中華街に修業に出しちゃおう。

さて、連休前に心の故郷・栗駒からすてきな小包が。
c0047897_17292839.jpgあけび、栗、自家製味噌、練り味噌、大根、新米、
坊ちゃんかぼちゃなどなど。
さらにきゅうりが20本・姫きゅうり1袋!



そのままかじるだけでパリッと青臭く、いくらでも食べられそう。
新鮮なうちに、と10本はにんにくの効いたピクルスに。

あとはグルジア餃子リターンズ大会で、和えたり炒めたりしてお出ししたところ、アッという間にみんなのお腹に収まりました。          
(レシピは最後に)                 photos:kuwa
c0047897_1730557.jpgc0047897_184105.jpgc0047897_17392796.jpg








c0047897_17322331.jpg驚いたのはあけび。生まれて初めての味・まことに不思議。
タネのまわりの乳白色のところを食べるんですねえ(常識?)
子スヌはずーーっとタネを反芻していました。
味は柿のタネのまわりの甘みに似てるよーな。

どっさり美味をいただいてホクホク。
アツコさんありがとうございます!
栗は一部茹でて食べ、生のままのは鬼皮を剥いて冷凍。
スヌ夫が連休中に東欧・北欧に旅立ったので、
来週帰ってきたら新米の栗ごはんでも作るとしますか。

ご参考までに・簡単すぎるきゅうり料理はコチラ
by snuko | 2007-10-09 12:36 | ●野菜レシピ | Comments(6)

韓国風じゃが

「韓国風じゃが!」って別に菅原文太のマネじゃないの(あれは“じゃけん”か)
昨晩、意外なヒットを記録した韓国風味じゃがいも。
c0047897_1214518.jpgごま油+塩+のりのコリアン3兄弟を茹でじゃがにサササと混ぜるだけ。
素晴らしい子スヌの食いつきに、
「何が吉と出るかは……、わからぬものよ」(いま読んでる藤沢周平調)と
半月を仰ぎ見つつ呟いた次第。

←あ・ちなみにこの日のメインはあんかけビーフン。後ろに控えめに写っているのがじゃがです

さらに大人用には、スヌ夫土産の
四谷妻家房「ちりめんじゃこ漬け」
(コチュジャン味のタタミイワシ↓)
をちぎって混ぜ混ぜ、
おいしくないはずはござるまい。
c0047897_1224863.jpg



超カンタンなのでお試しあれ~。
by snuko | 2007-09-21 12:19 | ●野菜レシピ | Comments(2)

トマトのだし浸し

えーと。
朝晩には鈴虫が鳴き、秋風もかすかに感じられるようになってきました。
こんな時季に訪れる、子スヌの体調不良…うぅ。以前よりはぐーんと丈夫になり、
お休みすることも減りましたが、この夏はキビしかったのか、スヌベル・スヌチョ共倒れ。

でもシゴトは相変わらずてんてこ舞い。
今朝は、スヌ夫+母にサポートを頼み出社するも、あれ?夕方まで待ち時間に。
レシピがたまっているので、すかさずアップです。
c0047897_14301316.jpg
1.かつおだしをたっぷり煮立て、よく洗ったトマトの表面に切れ目を入れてからドボン。
2.皮がめくれたら即引き上げ、冷水にとって皮をむき、ヘタをくりぬく。
3.1のだしを塩・酒・しょうゆで味つけし、火を止めてから、むきトマトを沈めて冷ます。
4.味が染みたら、大葉を添えてどうぞ。アツアツでもキンキンに冷やしてもおいしい。
[スヌ子のコダワリ]
●だしで湯むきするのは、湯に溶け出すトマトの栄養を余さず摂るため…なーんちゃって。
 別に湯をわかすのが面倒くさいからです。もちろん普通に湯むきしてもOK。
●湯むきの際、なるべく1個ずつ鍋に入れること。温度が下がらないように。
●トマトの汁でのびるので、漬けだしの味は濃い目に。市販の白だしを使っても。
●コンソメで同じように作り、バジルを添えると洋風になります。

これ、トマトの味と香りが移っただしがおいしいんです。
冷たく冷やして、さらにしょうゆを少し足し、そうめんつゆにしても爽やか。
トマトヴィクティム(?)のスヌベルが元気になったら、たっぷり食べさせてあげなくちゃ。

●お知らせ●
只今発売中の『レタスクラブ』インテリア特集のページに、ナゼかわが家が
紹介されております(仮名ですが)。ご興味ある方はごらんになってみてください。
by snuko | 2007-08-28 14:37 | ●野菜レシピ | Comments(0)

水なす煮びたし+鶏皮梅炒飯

昨日もちょっと触れましたが、今年(この時季?)水なす遭遇率高し。
スヌ子は会話の接ぎ穂に「最近おいしいもの食べました?」とよく聞くのですが、
この1週間で2名が水なすを挙げたし、先週行ったフレンチでも使われてたにゃー。

c0047897_17261493.jpgというわけで、フードショーで6本入り
398円を見かけて迷わずゲット。
ジューシィなので生がいちばんですが、
さすがにそんなに食べられない。
そこで、あまり火を入れない煮びたしに。
トマトの酸味がきいただしってホントに
おいしくて、それがしみた水なすも◎♪

1.濃い目に味つけしただし(今回は地鶏かつお)をたっぷり煮立て、そぎ切りにした鶏ムネ肉に葛粉をまぶしたものを入れ弱火で火を通す。
2.水なす輪切りと、湯むきしヘタを取ったトマトをそっと入れ、落しブタをして火を止め、味を含ませる。
※鶏はツルっと感を出すために葛をまぶしましたが、そのままでも問題なし。
※お肉は強火で煮ると硬くなるので、必ず弱火で。

c0047897_17305323.jpg鶏ムネから剥いだ皮は
炒飯に活用。
フライパンかグリルで色よく焼き、千切りにして使いまほ。
他の具はにんにく・カリカリ梅・かつおぶし、仕上げにお醤油をジュッ。
鶏皮のコクとにんにくの香り、梅の酸味で、夏らしい炒飯になりました。

にほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-22 12:00 | ●野菜レシピ | Comments(2)

チャプチェ+エスニックサラダ2段活用

“レンジでチャプチェ”のレシピに出会ったので、材料をキッチリ用意してトライ。
が!! シートから春雨がポロポロこぼれたりしてうまく包めず、
「ええい炒めたほうが早いっ」と材料をフライパンに投げ込み、上からフタをして蒸し焼き。
焦げつかないよう水を差しながら弱火で熱したら、それっぽくできました。

c0047897_17375965.jpgレンジ調理、便利なようだけど
結構コツがいるんですよね。
個人的には、直火と向き合うほうが好みかも。

サラダは、短冊切りきゅうり+香菜+白髪ねぎ(ネギーる使用)をボウルに入れ、ゴマ油と塩で和えただけの“焼肉屋さん風”。
コツは、1.野菜を大きなボウルに入れること 2.ゴマ油を回しかけたらトングなどで空気を含ませるように、放るように混ぜること。こうすると野菜に油が均一コートされるので、その後塩を振ってもシャキシャキ♪

そして翌日。どっちも残っちゃってたのでリニューアル。

チャプチェ+生卵をよく混ぜ、多めの油でジュッと焼いて卵焼き丼。
c0047897_17382225.jpg
サラダは、角切りの水茄子(今年よく出てますね)+ザーサイ+木綿豆腐にトッピング。
ねぎと香菜って、何でも即エスニックにおいしくしてくれる最強コンビ。夏は香菜の香りが濃くなってシアワセ♪

オマケにスープは、朝のみそ汁(豆腐)を
冷蔵庫で冷やし、オクラとトマトを足しただけ。この冷やしみそ汁は夏の定番。

相変わらず“捨てない奥さん”ですよ。
by snuko | 2007-06-21 17:55 | ●野菜レシピ | Comments(0)

直送ホワイトアスパラ

華道草月流に入門しました。
c0047897_17193696.jpg
うそです。

北海道に赴任している友人Ke兄から、旬のホワイトアスパラ。
今年は、おすすめの食べ方で、焼き茄子のようにグリルでこんがり焼いてみました。
硬いところだけ皮を剥いて→溶かしバターにトプン→レモンをきゅっ。

お~~い~~し~~い~~。

茹でるより甘みが際立つような。

これが最後になるのかなあ。
というのも、Ke兄は秋に東京に戻ってくるのでした。
近くに戻ってくるのは喜ばしい・でも北の大地の美味直送は最後…うれさみしい、
って感じですね(自分で取り寄せればいいのですが、忘れちゃうんだなこれが)

でも、これまでのアスパラご恩返しに、地元飲みの名店を教授するのはやっぱり楽しみ♪
お帰りをお待ちしています。

c0047897_17341347.jpg
ホワイトアスパラの味をジャマしないよう、シンプルな玉ねぎとベーコンだけのパスタを合わせてみました。(玉ねぎザク切りとベーコンみじんをじっくり炒め、茹でたパスタを絡めるだけ)
by snuko | 2007-06-13 17:43 | ●野菜レシピ | Comments(2)

未完のポテトグラタン

週末の晩、保育園のお友達宅でおしゃべり会(という名のディープな子連れ飲み会^0^)
いろんな仕事・背景のママ友とのおしゃべりは深くうなづいたり悩みを打ち明けあったり。
今回も、ブレイク中の『ビリーズ・ブート・キャンプ』をバックに、ゲヘゲヘふがふが大盛り上がり! Naoさん、遅くまでお邪魔しました~。

おしゃべりのお供+コドモたちのごはんにと持っていったおかずのひとつ、
ココナッツミルクとコーンを入れた甘い香りのマッシュポテトグラタン。
忘れないうちに昨晩リピート製作してみたのがこちら。
c0047897_1724568.jpg

1.じゃがいも4個を洗い、水から柔らかくなるまで茹で、皮をむいてつぶす
 (急いでるときは皮を剥いて小さく切って茹でる)
2.熱いうちにクリームコーン小1缶、ココナッツミルク200ccくらい、塩小さじ1を加え、なめらかになるまでよく混ぜる。
3.耐熱皿に斜め切りにしたソーセージを敷き詰め、2をペンペンのせて、
 とろけるチーズをたっぷりかけ、オーブンかトースターで焦げ目がつくまで焼く。

ほんのり甘くてクリーミーなポテトがおいしい♪ と自画自賛していると、
「なんかポテトサラダっぽい」との声。たしかにポテト率高すぎ……むー。
ポテトの甘さを殺さず、さらに完成度を上げるには何を加えればいいのかしらん?
意外なものが合いそうな気がしますが。
未完の大レシピ、よきアイディアあればぜひお寄せください~。
グラタンにアナタのお名前が刻まれるチャンスです^0^

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-05 12:21 | ●野菜レシピ | Comments(5)

長芋×豆腐の和風グラタン

なぜか長芋が安い今日この頃。ウチの近所の不当に高級スーパーM正でも100g30円だって。ドーンと大きいのを1本買っても200円しない。
そんなわけで昨夜も長芋。わが家の定番“油で焼いただけ”は昨日やっちゃったし、
とろろごはんにはちょっと肌寒いしということで和風グラタンに。

1.豚コマ100g・玉ねぎ半個ザク切り・えのきだけ半株ブツ切りを、ゴマ油大さじ1でチャチャっと炒める。
2.水切りした木綿豆腐1丁、皮をむいて乱切りした長芋1本を1に加えて強火で炒め合わせる。ある程度火が通ったら、塩、しょうゆ、ガラスープなどで適当に味をつけ、生クリーム100ccを加えグツグツするまで加熱。
3.耐熱皿に移し、ちぎった海苔ととろけるチーズをたっぷりのせて、220℃のオーブンで15分ほど焼いたらできあがり。

c0047897_1613076.jpgうーん斬新! 
と思いつつ作っていましたが、そういや厚揚げの和風グラタンは以前も作ったような。
あれ? 
長芋のクリーム煮も……。
しーーん。
やっぱり、ひとりの人間が考えるレシピなんて、何となく似通ってしまうものなのね。
でも、長芋×海苔×チーズはまさに味のゴールデントライアングル! ごはんにもバッチリ合うの♪長芋×豆腐でボリュームはあるのにさっぱり、カロリー低めなのも◎。

[スヌ子のコダワリ]
●豚コマはひき肉やベーコン、生ハムに変えてもおいしそう。茸もあるものでOK。
●豆腐は手で崩しながら、長芋はビニールに入れて叩いて細かくすれば包丁いらず。
●生クリームは乳脂肪分45%以上を使えば濃厚に、30%台を使えばサラッと仕上げ。よりあっさりめがお好みなら牛乳と片栗粉って手もアリ。

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-04-26 07:10 | ●野菜レシピ | Comments(0)

大根の中華風旨煮

c0047897_17245819.jpgオヤッ、大根が冷蔵庫でしなびかけています。そして何だか肌寒い。
こういうときは旨煮に限る! 
とまたまた激カンタン煮物。

1.大根半本は皮をつけたまま1・5㎝太くらいの拍子切り。えのきだけは石突を取って小分けに。
2.ゴマ油大さじ2+にんにくみじん切り1片分を鍋で熱し、香りが立ったら豚コマ200gをほぐしながら炒め、色が変わったら1を投入。
3.全体に油が回ったら、合わせ調味料(酒大さじ2・ナンプラー大さじ2・オイスターソース大さじ1)を加え、ひたひたに水を注ぎ強火に。煮立ったら弱火にし、大根がやわらかくなればできあがり。
[スヌ子のコダワリ]
●ナンプラーとオイスターソースのおかげか、入れてないのに貝柱の味が! 
 えのきの軸部分も貝柱に似た食感^^;
●調味料の酒は、紹興酒など甘みとコクのあるものがおすすめ。あっさり日本酒の場合、みりん大さじ1を加えるとおいしくなるよん。
●厚手で保温力のある鍋(ル・クルーゼやクリステルなど)なら、数分煮立てて火を止めても、15分後には煮えてます。こまめにガス代節約。

煮てしばらくおくと一層うまみが馴染むので、翌朝も楽しみ。
汁ごとゴハンにかけてもうまうま~~。

c0047897_1524381.gifにほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-04-24 17:26 | ●野菜レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家