border="0">

カテゴリ:●野菜レシピ( 45 )

ゴーヤーのおつなサラダ

c0047897_170674.jpg申し訳ないほどカンタンなのに、
各地で評判うなぎのぼりのスヌ子版ゴーヤーツナ。
ニワトリ以上に物忘れの激しい友人I子(←ちなみに
まったく伏字になってません)は、
「これ…見た目より、数倍おいしいねーえ!」と
のたまいました。
一応、そのときに作り方を伝授したのですが、
彼女の記憶は80分しかもたないので、
ここにてフォローです。


1・ゴーヤーを縦に二つ割りにし、種を取って薄くスライス。
2・ツナ缶の油を切ってゴーヤーとよく混ぜる。
3・ポン酢しょうゆをぐるっとかけたら、かつお節をたっぷりのせ、
4・小鍋で熱したゴマ油をジューーッと回しかけてできあがり!

確かに、見た目は大地と木の色のごとく地味の極みですが、
熱い油でカリカリになったかつお節とポン酢のうまみ、
火を通してないゴーヤーのシャキシャキ食感が楽しくてお箸が止まらん。
苦味や青臭さもほどよく緩和されてるため、ゴーヤー嫌いな人もイケるはず。
(ま、嫌いな人に無理に食べさせることもないのですが)

茶友及び松茸友の中ちゃんは、これを「ゴーヤーのおつなサラダ」と命名。
おつな…。ツナ+オツな、を掛けているのよ、ね? 中ちゃん。
と解説するのは野暮というものですネ。
ゴーヤー出盛りの今のうちにとにかくお試しあれ。ほんと、オツな味です。

それにつけても、5年前はゴーヤーってこんなに
メジャーじゃありませんでしたよネ。日本熱帯化の証かなぁ→ブログランキングへ

by snuko | 2005-09-09 15:42 | ●野菜レシピ | Comments(0)

ビールは進むよどこまでも(枝豆・ナス炒め)

一昨晩のスヌ夫かず(ルビ/スヌおかず) 枝豆。炒めナス。厚揚げ焼き。ごはん。

一見、簡素な夏の食卓ですが、実はひとつひとつにコダワリが。
まず、枝豆のコダワリ・茹で方!
1・水でサッと洗った後、たっぷりの粗塩をまぶしザルの目に擦りつけてウブ毛を取る。
2・塩を流さず鍋に入れ、枝豆の頭が見えるくらい少量の水を注いで強火にかけ、
3・沸騰したらしばらく沸かし、フタをして火を止め(るかごく弱火にし)、4、5分蒸らす。
4・食べてみてちょい硬めくらいでザルにあげ、自然に冷ます。

たっぷりのお湯に放さず、濃い塩湯で蒸し煮にすることで
豆のうまみがぎゅっと凝縮・よって安い枝豆も茶豆レベルに。ほんとよ。 

次に、炒めナスのコダワリ・味つけ!(←スヌ夫談)
油を熱した中華鍋に輪切りのナスを投入、顆粒の鶏ガラスープをパラパラ。
熱い油の香ばしさ+鶏ガラのコクでプロの味♪

最後に厚揚げのコダワリ・焼き方!
わが家の定番は生協厚揚げ。絹ごしじゃないガシッとしたやつの6面全てを、
ノンスティック加工のフライパンでじ~っくり焼くだけ。しょうが醤油で。

ビールは進むよどこまでも。

本当にビールはおいしい・そして“その他の雑種②”は本当にマズイ。
やっぱ②だからかなぁ。・・・②って??→ブログランキングへ

by snuko | 2005-08-05 09:23 | ●野菜レシピ | Comments(1)

ほったらかしⅡポトフ

昨晩のペンローに味を占め、今晩もほったらかし作戦でいこうと企む放任主義者スヌ子。
水は低いほうに流れるってことです。

ほったらかし第2弾は、ポトフ。
ポット・オー・フー=フランス語で“火にかけた鍋”という意味だそうです。
どうですか。火にかけておしまい。まさにほったらかし推奨料理!
おフランスにも怠け者はごろごろいるってことの証拠に違いありません。

作り方は、冬おいしい根菜とお肉を静かに煮ていくだけ。
お肉は牛スネが王道ですが、原則としてスヌ子の目に牛は映りませんので
ダシを出すために鶏の骨付き肉(水炊き用など)を。
材料を全部お鍋に入れ静かに煮立たせ、とろ火で5分ふつふつさせてから、保温調理

c0047897_19435986.jpgご存じの方も多いかと思いますが、
これは経済的かつ失敗知らずで、
しかも抜群においしく仕上がる
ファンタスティックかつマーベラスな調理法。
煮えた鍋を平たいクッションか座布団に乗せ、
バスタオルでぐるぐる巻きにするだけ!
(←韓国のおめでたいオブジェではありません)
あとは、教育テレビでアホになりそうな歌を
楽しむ余裕も生まれます。
ちなみに現在最高のアホソングは「恋するウミガメ」。
♪恋する私は海亀~、恋して卵をウミガメ~~♪
というダジャレ!?にしてもあんまりな、という曲です。

さーて、恋してタマゴをウミガメ~♪
ぐるぐる巻きのお鍋を洗濯機の上に避難させてから1時間経過。フタをパカッ。
おおおお~~! 湯気でなんにも見えやしません~~。
メガネの方はメガネクリンビューで事前のケアを怠りなく。

じゃがはホコホコ、人参は色が抜けることなく鮮やかなオレンジ色。
鶏肉も硬くならず絶妙な煮え具合。大きいままの玉ねぎはとろりアツアツ。
セロリとローリエの気高い香りも食欲をそそります。

マスタードのほか、ブルサンアーユというガーリックハーブチーズを添え、
かりかりバゲットと共に。付け合せはルッコラのシンプルサラダ。
冷たいブルゴーニュの白ワインが進んじゃって進んじゃって、んもう。

今宵から、子供たちには“ママン”と呼ばせることにしました。

ママンって顔か!というツッコミは書き込まず個別にお願いネ

by snuko | 2005-02-28 22:40 | ●野菜レシピ | Comments(2)

ほったらかし白菜煮

昼下がり、寒い中にも春の息吹を感じつつ、
野比のび太になっていた髪をヘアサロンでさっぱりして来ました。

今日は、これから晩にかけて夫の仕事のお手伝い。
晩ごはんに手をかけていられません。
というわけで、帰宅後すぐに
1・白菜半個をざっと洗い、ざくざく切ってお鍋に入れます。
2・その上に冷蔵庫にあった豚コマ(一掴みくらい)とホタテ缶をあけ、
空いた缶に日本酒を1杯+おいしい塩を振りかけてフタ。
3・あとは湯気が出てくるまで中火、その後は弱火で30分ほどコトコトすれば完成。

と書くほうが手間がかかる。
つまり、白菜+ブタ+ホタテ缶+日本酒+塩を鍋に入れて煮るだけ。
中国ではペンローという鍋物だと、昔、母が得意げに語っていましたっけ。
ホタテ缶がなければブタだけでも、もしくはツナ缶でもイケそうです(試してないけど)
お酒がなければ水でも。

あ~白菜の甘い温かい香りが漂ってきました。おいしそう~~。

てゆーか、仕事するぞ!モードで急いで仕込んだのに、
間食に椎茸ペペロンチーノ+白ワインを堪能した夫は今、足元に転がっています。

おい!

こんなレシピ書いてる場合じゃないだろう!と焦り気味のスヌ子に、「休みの日もタイヘンね、ガンバレー」のポチリを!→ブログランキングへ
by snuko | 2005-02-27 18:06 | ●野菜レシピ | Comments(1)

いいかげん天ぷらの掟

晩ごはんのお献立は、夫の出雲出張みやげ『甘鯛一夜干し』が主役。
出すぎず引っ込みすぎない脇役(イメージ:岡本信人/最近の鈴木砂羽)を考えました。
●クーブイリチー
●シャキシャキじゃがいも三杯酢
●いんげんと人参のいいかげん天ぷら
●大根と油揚げのお味噌汁
●銀シャリ

クーブイリチーは、言わずと知れた沖縄の昆布炒め。おいしいさぁ。
しょうが千切りと豚肉、すき昆布(便利なお方)を甘口醤油だしで炒り煮するだけ。

シャキシャキ…は、せん切りじゃがを熱湯に入れ、おっ透き通ってきたね!
と思うやいなや引き上げて冷まし、白だし+お酢の合わせ酢に浸すだけ。

そして天ぷら。切って衣つけて揚げるだけ…だけど、これがなかなかめんどくさい。
近頃までは“揚げ物は外食”を座右の銘としてきたスヌ子ですが、
未来の食べざかり姉妹を前にそうも言ってられない。そこで編み出した掟3!
その1!鍋は小鍋。その2!具は小さく。その3!衣はシャバシャバ(粉ちょっと)。

そもそも揚げ物って、揚げる行為そのものよりも、後の処理が億劫なんですよネ。
ミルクパン級のチビ鍋なら、油ハネ範囲もニャン子・金魚の額ほど。
また、具を細かく・衣を薄くすれば、少しの油ですぐ揚がるし、ベタつかず失敗知らず。
さらに、油切りにもバットなんて大道具は使わず、折った新聞紙かキッチンペーパーに。
これに後ほど、冷めた油を吸わせてポイ。洗い物はお鍋だけ!

c0047897_6584797.jpgどうでしょうか。
評価を聞く前に、自ら「怖いほど頭がいい」と自画自賛しながら作業できるため、
精神衛生上もよろしい料理となりました。
短いいんげん&せん切り人参の天ぷらは、
カリッと甘みがあり、お塩だけでウマーイ。


「はっ。今夜はせん切り尽くめだった」と、作り終えてから気づいたスヌ子。
そう、先日、世界のベスト料理本に選ばれた栗原はるみさんの、
“私はただのせん切り好きな主婦”というお言葉が心に残っていたからでしょう。
世界のはるみにあやかるべく、我が家のせん切り率も急上昇したというわけです。

はるみに近づけ!と熱い応援をポチっとお願いいたします→ブログランキングへ

by snuko | 2005-02-23 23:59 | ●野菜レシピ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家