border="0">

<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

下北沢『バルボアカフェ』(イタリアン)

失った1週間を取り戻そうと無我夢中・でも記憶は五里霧中のスヌ子です。
ええええ~~っと、スヌ嫁さん、わしはゴハンを食べたかね?
いやですわ、ちゃあんと召し上がったじゃありませんか!
火曜日に、下北沢のバルボアカフェで!!

そうじゃったそうじゃった。
友人T(既出の友ですが平日昼間ゆえ差し障りがあるといけないので伏字)と
久々のランチ・うひ。多少のカゼは押しても出かけていく出好きの性。
さて、周囲の八百屋や新聞屋からここだけ日本離れした佇まいがステキなこちらは、
代沢三叉路からすぐのトラットリア。

1500円のパスタランチの内容は、
●生ハムのブルスケッタ
●サラダ(トマトorグリーンサラダ)
●パスタ
●デザートとお茶
と一見ありきたりなメニューですが、ここはパスタはもちろん、
パン、サラダ、デザートすべてに手抜きなしという嬉しいお店。
スヌ子はグリーンサラダにしたのですが、パルミジャーノのかかった
みずみずしくて柔らかな菜っ葉(フリルレタスとか)は結構なボリューム。
Tのトマトサラダも、真っ赤なフルーツトマト+生バジル、
ドレッシングがしっかりしみて出色の出来(あまりにおいしそうなのですかさず味見)。

パスタは、3種類の中から、じゃがいもといんげんのジェノベーゼを選択。
うわー、こんなに食べたら体臭がバジル臭くなってしまう!と
危ぶまれるほど贅沢にバジルが使われた、鮮やかな黄緑のジェノベーゼでした。
茹で加減・味つけも、できそうできっとできないプロの技。
さらに、量も気前よく大盛り(ココ大切)。
別の席に男性のみの4人組がいたのもうなずけました。

パンナコッタとほろ苦カラメルプリン、ミルクティーでシメ。あー満足。

帰りはお天気雨がポツポツ降り出し、夕方ものすごい雷が鳴ったんでしたっけ。

おや? スヌ嫁さん、わし、だんだん記憶が蘇ってきたよぅ。
ところで、ゴハンはまだかのう。

バルボアカフェ』代沢三叉路からすぐ。
下北沢から三軒茶屋を目指した茶沢通り沿い、駅から6分ほどのところです。

50年後の自分の姿を思い浮かべてしまいました→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-30 11:21 | ●うきうき外食 | Comments(0)

『新潟どぶろく祭り』の収穫

今、テレビにボス猿・清原が出ていました。
久々に見たため、精悍になった松山千春?! とありがちな人違い。
どちらに謝ればよいのかはわかりません。

さて皆様、またまた間があいてしまいました。
もはや「週刊・酒ごはオヤスヌ」になったと思った方もいらっしゃるはず。
便りのないのはよい便り・なんてことはなく体調不良。セキです。咳。しつこいのです。
熱もないし食欲もある、しかし咳で体力消耗。何もやる気がしない。
やはり、体は心の器! 元気でなくては、こんな駄文一つ書く気が起きんのです。
皆様もご自愛ください。

しかし、ネタは溜まっているのです。まず先週の土日、
表参道ネスパスにて開催の『新潟どぶろく祭り』(以前コメントでご紹介アリ)。
楽しみにしていましたが、そんなこんなでスヌ子はお留守番。
夕方、顔をちょっと赤くして夫が帰還。片手には当然どぶろくの瓶、
もう片手に新潟珍味・これがすごい。40cmはあろうかという大迫力の鮭とば。
気力体力の衰えも一瞬吹き飛び、いそいそと直火で炙って早速賞味。

c0047897_1123256.jpg見えますか? 摩訶不思議なまでに
見事ウエーブ状になった鮭の身!
どういう技でこれほど優雅な
形状に仕立て上げるのやら。
(こういうボディマッサージグッズ
ありますよネ>確かクラランス)

皮から身をむしりとってモグモグ。
バリバリの干魚ではなく食べやすい硬さ。
噛み締めるほどじわ~んと広がる滋味…
カリカリに焼けた皮がこれまた香ばしい!

主役のどぶろくは、夫が7種類
飲み比べて決めたという『大白川』。
原料は魚沼コシヒカリ。よーく冷えたのを
信楽のぐい呑みにトポポ。
お米たっぷりお粥状の見た目から、
ミルキーな甘酒風味を想像しましたが、予想に反して雑味が少なく
フレッシュでドライな飲み口。発酵が続いているため微かなシュワッと感もあり、
米粒を含んで噛む毎に新鮮な日本酒が滲み出てきます。
どぶろくって、こんな垢抜けた(としかいいようのない)味のもあるのですネ。

問題は、お米いっぱい+微発泡も手伝ってお腹が膨れる!
ある意味、つまみのいらない経済的なお酒とも言えましょう。
鮭とばと、だしを取ったあとの昆布をつまんだだけで相当満腹に。

c0047897_1181938.jpgそこで、いきなりシメ。
どぶろく製造者による手打ちソバを
ゆで、オマケにつけてくれたフキノトウに
小麦粉+水だけの薄い衣をつけ、
天ぷらソバに。
産直ゆえ、ホロ苦さと独特の芳香が
カゼの鼻粘膜までもしっかり届くほど。
もう去ろうとする春を
おいしく味わいましたとさ。

早い時間の酒は酔うねぇ。
といいながらゴロゴロ。
この後1週間も咳が続こうとは、予想だにしていないスヌ子なのでした…(以下次号)

ていうか、それは酒を飲んで転がってるからじゃないのか?
というツッコミはやめて言わないで→ブログランキングへ

by snuko | 2005-04-30 01:23 | ●いいものみっけ | Comments(0)

糸なし!五目納豆そぼろ

また納豆かい!とタイトルを見て去ろうとした納豆嫌いのアナタ、早まってはいけません。
今日は納豆が苦手という方にも、比較的オススメできるレシピを。
そこまでして納豆食わにゃならんのかという問題はさておき。

実は、我が家の長女スヌチョ(あと8日で2歳)は納豆が大好物。
近頃、飛躍的にボキャブラリーが増えつつあるのですが、
「ママ」という言葉より先に「なっと」が出たという事実に、
ああ納豆のうまさに負けてしまった!という母の衝撃をご理解いただけるでしょうか。
毎朝、判で押したように「うまい…」と呟く父の教育の成せる業とも言えましょう。

でも、朝ごはんです。忙しいのです。
それなのに糸を引く納豆を一匙ずつ口に運んでやり、終わる頃には顔も手もネットネト。
お湯で絞ったタオルで拭いて…(当然逃げ回るし)
!ぅわあーーもう間に合わない!!

そこで賢母スヌ子は考えました。
糸を引かない納豆にすればいいのだ!!と。
(糸のない納豆なんて!とフリークの逆鱗に触れそうですが、いずれ話し合いましょう)
というわけで、五目納豆そぼろです。
1・玉ねぎ半個、人参半本、戻した干し椎茸3,4個をみじん切り。
2・フライパンに油を熱し、1と豚挽き肉300gを入れ強火で炒めます。
3・日本酒、麺つゆ、干し椎茸の戻し汁を具が半分浸るくらい&味噌小さじ1杯を加え、
 やや薄味かな?という感じに調味後、強火で混ぜつつ煮詰めていきます。
4・そこへ納豆2パック投入。ゴマ油も少し加え、混ぜながら炒め水分がなくなったら完成。

これをごはんに混ぜ、スヌチョに出したところ「なっとなっと」と
あっさり騙され嬉しそうに食べていました(コドモよのぅ)。
煮詰めてあるので保存が利くし、きらめく黄金の糸も見当たらず、これなら朝も楽勝!
さらに、玉ねぎの甘み・干し椎茸の旨みのおかげでとてもいいお味。
大人のおつまみや丼にする場合は、彩りとして青ネギでもトッピングしましょう。

納豆嫌いの方もイケそうな出来ばえですが、難所は炒めている時のにおい。
納豆投入の瞬間、部屋中にあまねくナットウキナーゼが充満しますので、
ここを乗り切っていただく(毒ガスマスクなどで)か、誰かに作ってもらってください。

c0047897_17251834.jpgと、熱い納豆記事を書いていますが、実は本日、
子スヌともどもまたもカゼでダウン中。
転がっていたら、自宅で作業していた夫が
これを混ぜ込んだ炒飯を作ってくれました。
こんな時にも役立つ納豆そぼろ、
栄養バランスもよさそうですし、常備菜にぜひ。
どーーしてもダメ…(涙)って方、実はこれ
納豆ヌキでも激ウマなのです
(そうするとこの記事の意味がなくなりますが)。

上記に従うとかなりの量ができちゃうので、
一部は薄く伸ばして冷凍すると便利ですよ。

カゼでお腹も痛いのに、なぜか食欲はある。まだまだ大丈夫ってことなのでしょうネ(納豆の神に感謝)→ブログランキングへ

後記●4月23日お昼:冷たいそうめんに、これと青じそ・ラー油をかけてもグーでした
by snuko | 2005-04-22 17:29 | ●お肉レシピ | Comments(4)

ウニ丼一気食い

スーパーの鮮魚売場を通り過ぎようとしたら、
オバさんが「ウニどこ!今日ウニが安いのよぉ~~!!」と叫んでケースに突進。
え?ウニ!? 巻き込まれるようにスヌ子も突進。最後の1個をゲットしました。

前日、昔のクロワッサン『20世紀最後の晩餐』号をフガフガと読み返していたのです。
檀太郎、塩田ミチル(丸男妻)など、食通と言えば出てこずには収まらない面々が
「もーえーかげんにしとき」ってほど豪華食材を食べまくる羨ましい特集。
それに出てきた礼文島の生ウニは1缶2200円でしたが、
今回、北海道厚岸産・小さな板に20個ほど載って598円。
高級食材とはなぜにこうまで値段の格差があるのでしょうか?

そんな背景+勢いで購入したことだし、あまり期待もせず、
しかしウニ丼にはやはり銀シャリだろうと前回登場の茨城産コシヒカリをシャカシャカ。
炊きたてにウニ、もみのり、ワサビをトッピング。お醤油を落として…。

c0047897_1295054.jpgごはんが炊き上がる直前に
打ち合わせに出かけた夫。
「ちょっとだけ食べて、あとは待ってるネ♪」
と甲斐甲斐しい妻的発言をした
スヌ子でしたが、1口食べたら
とろーりとろける磯の香りに
アイキャントストップ・ウニ丼!!
瞬く間に2膳・結局持ち分は
ペロリと平らげてしまったのです。

ウニ丼の前にあっては、
♪baby,男と女の絆ガラスの糸だネ脆くて…。
(近藤真彦『夢絆』より)

あーー。おいしかったーー。 

※ちなみにおかずは、鶏ささ身と絹さや・舞茸炒め、トマトと干し椎茸のお吸い物でした

帰宅後、やはり超特急で2膳一気食いした夫なら
スヌ子の気持ちも理解してくれたハズ…ハズハズハズ(エコー)→ブログランキングへ

by snuko | 2005-04-21 10:46 | ●ごはんもの | Comments(1)

しみじみ山菜うどん

肌寒いですネ。あつあつの山菜うどん、どうぞ。

c0047897_15151240.jpg先週末、知人の披露宴に出席しました。
アットホームで祝福に溢れたパーティも
心温まる素晴らしいものでしたが、
特筆すべきは引き出物。
会場に瞬く間に設置されたブースから、
主役の2人にゆかりのある品々を
選んでもらえるという趣向。
シンクタンクにお勤めの新郎は、
地域通貨の推進・都市農村交流などを
専門としているため、
各地の関係者が一丸となって、会場が
にわか物産展へと変貌したのです。

お披露目の幸せムードと
ワインにポワンとしていたゲストたち、
空っぽの袋を手にブースに群がるや、
会場の温度も一気に上昇。
やはり“参加型”というのは燃えますネ。帰りもホクホク。

茨城『有機栽培あゆみの会』のミニトマトは、最近食べた中で一番!
小粒ながらトマトらしい野性的な青臭さが広がり、
「普段食べてるのって水っぽかったんだ」と気づかされたほど。
ルッコラ、青ジソも脳天に届く力強い香り。
茨城産コシヒカリもキュッと小粒で、土鍋で炊いたらピッカピカ。
粘りは少なく、切れと凝縮感のある、ものすごくおいしいお米なのです。

スヌ子は、有機栽培がいいのはわかっていながら「ちょっと高いのよネ」と
ついつい手にしやすいスーパーの野菜やお米を選びがちなのですが、
やっぱり味が全然違う。食べてみると、本気で取り寄せたくなります。

他にも、熊本・小国町のソーセージやハム、北海道・下川町の手作り菓子、
下川町でエミューを育てている人たちの漫画やエミューグッズ、
アロマテラピーの専門家である新婦セレクトのヒーリンググッズなど盛りだくさん。
この山菜うどんは、岩手西和賀地域の名産・わらびの水煮と
ナラタケという茸の缶詰で作りました。

昆布とかつおぶしで丁寧に取ったおだしに、わらびの風味が最高。
わらびって、噛むと少しぬめりがあって茎わかめみたいな感じなんですね。
くるくるした穂先も歯応えよく、エグみはないのに山菜らしい香りもあっておいしい!

それにしても、持ち帰って何日も楽しめる引き出物なんてそうそうありません。
人生の門出に、これまで培った人の輪を活かし、
それでまた人を楽しませることができるなんて……すごいなぁ。
フガフガ食べてるだけでなく、そういう姿勢を少しは見習わなきゃ・と
しみじみウマイうどんをすすりつつ、しみじみ考えるスヌ子なのでした。

Sさんご夫妻、本当にすてきなパーティでした。末永くお幸せに!

このブログで少しずつでも人の輪が培われ広がることを祈りつつ→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-20 15:38 | ●人類は麺類 | Comments(0)

99ルート・デュ・ショコラのチョコレート

先日、夫のお仕事関係の方から「スヌ子さんに」とプレゼントをいただいたのです。
お目にかかったことはないのに、美しいチョコレートの詰め合わせ一箱。
男性ですっ。なんて垢抜けたセンス…。スヌ子うっとりうっとりうっとり。

古の時代には媚薬だったとも言われるカカオの結晶。
ミッキーマウスがミニーのご機嫌を損ねた時にも、花束とチョコレートを贈ってましたっけ。
思いがけずいただくチョコレートは、ダイヤモンド並みに女心を溶かすのです。

c0047897_16282577.jpgとかいいつつも、箱を開ければロマンは
どこへやら。どれから食べるか迷う迷う。
まずは、愛らしいニコちゃん大王型をパクリ。
大王様の頭(兼お尻)部分はヘーゼルナッツ、
中央にプラリネ。まろやかでカカオの風味も
豊かなのに、すうっととろけて後味はあっさり。
オレンジリキュールが香るトリュフも絶妙。
ベルギー製などですと、余韻が尾をひくように
まったりこっくり・時としてくどくさえあるので
一度に1,2個で胸いっぱいですが、
これならいろいろ食べ比べもできそう。

本郷と目白にショップがあるこの
99ルート・デュ・ショコラ』、「国道99号線?」
と思いきや、“99種類のチョコレート”の意。
1977年、江古田にて創業・チョコレートを作り続けてかれこれ30年近く。
オープン当初はトリュフチョコレート自体珍しく、
お年寄りから「このあんこ玉は高いね」と言われたという笑い話も。
そんな背景にぴったりの、日本人の味覚に合った上品でクセのないおいしさ。
シンプルなベージュグレーのパッケージも美しく、どなたも感激のギフトだと思います。
F社のT社長、こんな場で失礼ながらお礼を申し上げます(ご愛読ありがとうございます)。

ところで、チョコレートといえば、最近仰天したエピソードをひとつ。
誰もがご存知のブランド、ゴディバのネーミングの由来です。
(友人harumiの手土産に入っていたリーフレットで知りました)
11世紀、イギリスの伯爵夫人レディ・ゴディバは、重税に苦しむ民を見かねて、
夫である伯爵に税を軽くするよう掛け合いました。
すると伯爵「お前が一糸纏わぬ姿で町中を廻ることができるなら」と無理難題。
慎み深いレディ・ゴディバは悩みに悩んだ挙句、耐えがたきを耐え
結局、民のためにすっ裸で馬上の人となったのだとか。
その勇気ある行動にうたれた民は、窓という窓を固く閉ざした…なんて感動的……。
なわけないでしょ!!!!(激怒) 
どう思います、この旦那さん? 奥さんに裸で町内練り歩けって、
完全に変態ですよ変態!! 夫婦間のプレイにしても行き過ぎ。
レディも「それはアナタの個人的趣味であってこれとは関係ないでしょッ」と言うべき。
こうして唯々諾々と服従してきた歴史が女性の地位を…(あとは田島陽子先生節で)。
その後、レディ・ゴディバはストリーキングがクセになったとかならないとか…あああ。

というわけで、ゴディバのマークは“裸足の伯爵夫人”ならぬ
“ハダカで馬に乗る伯爵夫人”なのです。
リーフレットなど目を凝らしても小さすぎてよう見えんのですが、
昨日銀座でゴディバ・ブティックの庇を確認したら、確かにその通りでした。
皆さんも、ゴディバを食す毎に「変態伯爵撲滅」と呟きつつ、
女性の尊厳というものについて思いをはせてみてはいかがでしょうか。

うっとりチョコレートの話題が一変・失礼いたしました→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-18 17:10 | ●いいものみっけ | Comments(5)

トマト味噌汁7変化

実は、昨日の朝から同じお味噌汁を延々食べているのです。
え・マジっすか?まずいっしょ!? ところがどっこい!
♪純情・愛情・カンチョーに宍戸錠・楽し~味噌汁7変化♪(byKYON2)

では、現場より、昨朝から味噌汁に何が起こったかを振り返ってみましょう。
4月14日朝:オーソドックスな豆腐&ねぎ味噌汁(鍋半分余る)
4月14日昼:パスタだったので味噌汁は無視
4月14日晩:だしを足し味噌も強化後、ミニトマト半割り投入(まだ和風)
4月15日朝:桃太郎トマトザク切りと牛乳、ゴマ油、青じそ投入(中華風)

そして本日4月15日昼は、ピタパンサンドランチだったのですが、中央下には
先の味噌汁にトマトと牛乳を足し、バジルを振って無理矢理ポタージュ風にしたものが。
しかし、もはや味噌汁を使う意味を見失いつつありますが。
c0047897_17552767.jpg
そりゃ味噌汁は、だしの香り高い
作り立てが一番てことはわかってます。
でも、意外と作る量が難しくて、
足りないと寂しいし、
作りすぎて残って捨てるときの
もったいなさと言ったら…。
そんな無念残念栃錦・の
救世主がTOMATOなのです。

ご存知トマトには旨み成分
グルタミン酸がたっぷり。
また、適度な酸味がやや古くなった味噌汁をリフレッシュしてくれるため、
いつも新鮮な気持ちで残り物味噌汁と向き合える…これぞ地球に優しいECOクッキング。スロー・ロハス=トマト味噌汁と言っても過言ではありません。

さて、残りは冷やして、今夜はトマト味噌汁そうめん…とつなげたいところですが、
さすがにもうなくなりました。

でも、青じそをどっさり入れた冷たいトマト味噌汁そうめんは本当にイケますよ。
夏の必需食。このためだけに、トマト味噌汁を作りたくなるくらい。
そろそろ、真っ赤で放射状スジ入り(おいしいトマトは星があるのです)の
トマトちゃんが出回る時季、味噌汁が残ってなくてもぜひトライしてみてください。

おっ!せっせと更新したらちょっとランクアップ♪ありがとうございます→ブログランキングへ
by snuko | 2005-04-15 17:57 | ●スープ・汁物 | Comments(0)

スープ・ア・ラ・ZUBORA

ところで最近、レシピがじぇんじぇんないじゃない?
もしかしてゴハンは手抜きなの?

↑誰の声かしら? 手抜きってコトバはいただけませんが、まあ、そうです。
嘔吐下痢症前から何となく食欲がなく、現在も、
さーー作って食べるぞぉ~~!という意欲がわかなくてねぇ。
鋼鉄の胃袋女スヌ子でもこんなこともあるのです。にんげんだもの。
その上、晩ごはんは、もたもたしてると子スヌたちが寝てしまうので、
とにかくカンタンで消化がよく作り置きのできる…。
条件検索の結果、具沢山のスープが最適ということで、
近頃、お鍋にいつもスタンバってる2品をご紹介。

●ひき肉コーンスープ
1・玉ねぎを炒め、しんなりしたら鶏ひき肉投入。
2・色が変わったらコーン缶(クリームタイプ)と水を入れ、沸いたらコンソメか塩で調味。
3・余裕があればミキサーでなめらかにし(そのままでもいいけど)、
最後に牛乳を加え温めます。
コーンだけじゃなく、ひき肉を加えることでぐっと奥深い旨みが出るのです。
鶏ひきをツナ缶に変えてもおいしい。
玉ねぎをバターで炒め牛乳たっぷりにすれば洋風、
ごま油で水大目だと中華風に(溶き卵も加えれば一層チャイニーズ)。

●火にかけるだけ大根スープ
1・鍋に水と鶏ももぶつ切り、大根乱切り、塩、かつおだしパックを入れて沸かし
  しばらく煮込むだけ。
以前これに酷似した鶏大根鍋をご紹介しましたが、さらにカンタンヴァージョン。
しみじみホッとするおいしさは、かつおだしが決め手。
スヌ子は、かつお厚削りをだしパックに入れて投入・最近厚削りに凝ってるのです。
大根以外に人参・セロリ・じゃがなどをどんどこ入れるもよし。
要は野菜のだし煮ですからネ。
余ったら味噌味にしてもいいし、牛乳や生クリームを足しシチュー風にしてもグー。

この2品は離乳食としても活躍しているほど消化がよいので、
カラダが弱り気味の時にもおすすめ。
冷凍うどんやパスタ・ご飯を入れれば立派な一品に。
お花見カゼが長引いてる方も、どーぞお試しください。

↑でも改めて読み返すと、わざわざご紹介するほどの内容じゃないような(汗)
→ブログランキングへ

by snuko | 2005-04-15 11:14 | ●スープ・汁物 | Comments(0)

『trang cafe』(下北沢/ベトナムカフェ)

いきなり大失敗なのです。
昨日、ブログ更新し晩ごはんの準備も終えて時計を見ると、
保育園のお迎えまで1時間弱。
「お、ちょっとだけ寝よっ(コロン)」と横たわったのが運のつき。
目覚めれば約束の時間を15分過ぎてる! 
全身から血の気が引く、という感覚は久々に味わいました。

呼び出しの電話をかけてきた先生に「寝てました」ともいえず、
咄嗟に「買い物をしていて」と同情の余地がない言い訳をし、
駆けつけるやいなや、こってり絞られたのは言うまでもありません。

今朝は当然、行きたくない。
でも、挽回のチャンスだよと夫に励まされ、引きつり笑顔でオハヨーゴザイマス。
園の皆さんが温かく迎えてくださったのがせめてもの救い。

そうは言っても、アタシってダメな女ね…と往年の志村けんコントよろしく
落ち込みは増すばかり。こんなとき、家にいては逆効果。
小さなことにくよくよするな!と自らを奮い立たせ、曇天の下北沢へ。

こまごました買い物を済ませ、遅めのランチ。
景気づけに焼肉でも食うかっとスヌ子の中のガテン君が呼びかけてきましたが、
久しぶりに一人きりなんだし、小洒落たカフェにでも入っちゃおーかなと方針決定。

たまたま目に留まったのが、ゆめやというカレー屋2階の『trang café』。
カレー専門店の上なのに、堂々と“ベトナム風カレー”を出している心意気に惹かれ入店。
注文は迷わずベトナムチキンカレーセットです。

店内は、白壁に濃茶の梁・トーネットのカフェ椅子で
いわゆる以前カフェ・ラミル系だった店を居抜きで借りたスタイル(←あくまで推測)
が、ベトナム風の照明がほんのり明るく、BGMは控えめなボサノヴァ、
もの静かな店員のお姉さん、お客はカップル1組と、心地よいまったりムード充満。

さらに、大して期待していなかったベトナムカレーがお・い・し・い!!
オレンジ色のさらさらスープカレーに、大きなチキンが3つ+じゃがいも1つ。
辛味はなくまろやかで旨みの濃いベースに、複雑なスパイスが溶け込んでいます。
ベトナムのカレー粉とココナツミルク、レモングラスなども入ってるとか。
材料はタイカレーに似てるけど味わいは正反対ともいえる優しい風味。
白いごはんに添えられた小さくて軽いベトナム風ナンも、
サクッと噛むと中が半透明で薄甘く、モチモチしてて美味!

デザートは、ベトナムのコンデンスミルクで作ったというミルクゼリー。
ふるふる柔らかく、ミルクの味が濃厚でブランマンジェみたい。
これに爽やかな緑茶ベースのベトナムティーがついて、950円。

あんまりおいしかったので、食べ終わる頃にはすっかり元気を取り戻したスヌ子。
落ち込んだ時こそ、ステキなお店&美味に勝る薬はありませんネ。
足取りも軽く、小雨降る中、「今日は寝ないぞ」と誓いつつ
帰途についたのでありました。

trang cafe:世田谷区北沢2-29-14 03-3466-6093
下北沢駅北口(ピーコック側)から5分ほど。

サザエさんも真っ青のおっちょこちょいママぶり。でも、皆さんこんな体験ありませんか?
→ブログランキングへ

by snuko | 2005-04-14 02:44 | ●うきうき外食 | Comments(4)

ひつじパンデラックス

寒い寒い。カゼか花粉症かわからない鼻水の大襲撃に、
贅沢ティッシュ(“カシミヤ”とか)を買うべきか本気で悩んでいます。

さて、花見も流れ鼻水も流れる哀れなスヌ子に、
会社の仲よし同期・ワカヤンから愛らしいギフトが到着。
ワレモノと大書された箱をパカリ・そこには……1匹のひつじがメェエエエ~~。

c0047897_15361927.jpg熱心な読者のアナタなら、
前回の文中・幻の花見メニューを見て
「ひつじパンDXって何や?」と不思議に
思ったハズ(羊肉入りパンかな?とかネ)
正解はドバンと直球勝負、
ひつじ型の大きなパンなのでした。

西荻窪『三月の羊』というお店の特製。
岩波こどもの本で『マリーちゃんとひつじ』
って名作があるのですが、
それに出てくる“ぱたぽん”という
プリティひつじにも似ています。
それから、幼い頃日曜学校で見た
聖書画にもこんなコ出てたっけ…と
メルヒェンの世界を漂うスヌ子でしたが、
               さて困ったのはどこから食べるか。
頭からはありえない、あ・り・えな~~い!!ということで、やはりお尻付近からサクッ。

まずはそのままパクリ。ムチッとした食感に香ばしい国産小麦の風味、
控えめに入ったレーズンも程よく、ひつじの表情そのままにホッとするおいしさ。
夫はひつじの耳をつかんで「これぞパンの耳」となかなか洒落たことを申します。
2切れめは軽く直火焼き。サクサク・甘い香りも立ちのぼって一層うメェ~~~。

が! ハッと気づけばこの姿。c0047897_15413916.jpg

「…デミアン・ハーストのアートみたい。
シュール…」と夫。
スヌ子はデミアン某は
知りませんでしたが、シュールだ、
ということには異論なし。
穏やかな表情・でも半身(断面露出)
なのが尋常ではないシュールっぷり。

『三月の羊』オーナーはこの効果まで
狙った上で制作されているの?!
と疑問に思いHPに飛んでみましたら、うわおぁっッ!
DXじゃないひつじパンやラムラムというお菓子は、な、生首!!!
でも、ページ全体に昼下がりの牧場みたいなほんわか・のんびり・ほのぼの~~
とした和みムード&LOVEひつじ♪な愛情が満ちており、
シュール狙いではないことは一目瞭然。
ごめんなさい、平和なひつじパンよ。
途中で撮影などせず、一気に全部食べるのが正しい食べ方だったのネ。

パンだけでなく、超ラブリーなひつじケーキもあるようなので
子スヌたちの誕生日などの折にぜひ♪注文してみたいと思います。

ワカヤン、DX可愛い贈り物ありが10!!!

今度はひつじ尽くしの会でも・と野望を燃やすスヌ子。
参加者大募集→ブログランキングへ

by snuko | 2005-04-12 16:03 | ●いいものみっけ | Comments(4)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家