border="0">

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リーデル・オー

こんばんにゃ。このところ一足飛びに秋の長雨のような気候ですね。
涼しいおかげで久々に、子スヌが寝てからゆっくり入るお風呂が楽しいです。
その後ワインをあけて……あら優雅じゃありませんか。
そうねえ、季節はやっぱり秋がいちばん好きかなあ……。

と、誰も聞いてないモノローグを展開していますが、すでにほろ酔いとご容赦ください。
さて、先日、わが家の数少ないワイングラスが割れてしまいました。
リーデルのソムリエシリーズかシュピーゲル(ワインバーやレストランで見かけるS+王冠マークの)にずっと憧れつつも、なかなか手を出せない臆病な私。
しかし、かのソニア・パーク女史は「手ごろでリーズナブルな食器で感動のない生活を送るより、ちょっぴり緊張するぐらいの食器を毎日使うほうが、断然生活が豊かに感じます」だって(『ソニアのショッピングマニュアル』マガジンハウス刊)。
そらそーだわな・チーーンと鳴るクリスタルを日常的に使えたらどんなにすてきでしょうか。

c0047897_433383.jpgでも結局、今回選んだのはコレ! 
従来のグラスから脚を取った
「リーデル・オー(O)シリーズ」。
これを思いついたリーデル現社長の息子が「脚があるから倒れるのさ。取っちゃえ!」と言ったかどうかは知りませんが、まあ飲兵衛でグラスを倒しては苦い思いをしていたことは間違いありません。
迷った末、赤ワイン用の大きなピノノワールタイプと、白用のリースリング/ソービニヨンブランタイプの2種を購入。大きいのはぐるぐる回してもこぼれない+鼻まですっぽり入り、ぶわーーーっと開いたワインの香りを堪能できるし、小さいのはビールやお水を飲むのにもいい感じ。
それでねー、安いのよー。2個セットで定価は3,500円・でもネットのバッカスの酒蔵というところから2500円くらいで買えました。
素材はソーダガラスなので、チーーンと澄んだ音はしない代わりに丈夫。
脚がないと洗うのもラク♪ 来客時も活躍しそう。

しかし。
優れものを手に入れてうれしい反面、質素な食卓であっても最高級のクリスタルグラスを
大切に使うという美意識にも、やはり憧れるのであります。
ダラダラ何となくお金を使うんじゃなくて、自分にとって価値のあるものには
投資を惜しまないという潔いライフスタイル。
あーーー・でもなー。それって年齢とかじゃないんだよな。
白洲正子や魯山人なんて、きっと子供のころから厳しい眼を持ってたんだろうしなー。

……なんてぐるぐる考えるのは、そうとう酔いが回ってきた証拠。
クリスタルを日常使いしている自分を夢見つつ、今日はもう寝ることにします。
おやすみなさいませ。

●ネットショップの見出しに「倒れても起上るダルマ効果!」ってあったけど、
厳密には「起きあがり小法師効果」じゃないのかなあ●
by snuko | 2006-07-22 02:33 | ●いいものみっけ | Comments(0)

四葉きゅうり

今日はスヌ子姉の30ン回めのバースデイです。
なっちゃん、誕生日おめでとう! そこで、とっておきのきゅうり情報を。
夏生まれの姉はきゅうりが大好物で、毎朝ぬか漬けをばりばりばりばり
食べていたことを思い出したもので(導入としてはいささか無理がありますネ)

c0047897_1712291.jpg最近お気に入りのこいつ、
すっごいイボっぷりでしょ!検索によると、名前は
「四葉(スーヨー)きゅうり」、原産は中国。
おいしいきゅうりはブルームという
白っぽい粉をまとっていますが、
これはまさにブルームまみれで白っぽく、
ミニゴーヤ? と見紛うイボイボが特徴。
このイボのおかげでポリポリと軽快な
歯触りが楽しめるのです。
(輪切りにした断面もレースっぽくて可愛い)
皮が薄く、味も濃くじつに青臭いので、
「近頃のは味が薄くなったのぅ」とお嘆きの
きゅうりファンにはぜひお試しいただきたい。
塩かマヨでそのままガブッといくほか、にんにくとともに高温の油でサッと炒めたり、茹でた牛肉+豆板醤ドレッシングと和えたりしても負けません。鶏がらスープに入れて煮たさっぱりスープもイケる。

スヌ子は東急フードショーの野菜売り場で買いましたが、
こういう変り種はデパートのほうが遭遇率高し。
東京産(どこ?)で3本241円・高くはないので、見かけたら即ゲット!
暑さが増すこの時期、瓜はカラダをほどよく冷やしてくれるそうなので、ドリンク
ガブ飲みはほどほどに、こんなお野菜で体内バランスを整えてはいかがでしょうか。

●あり?結局誕生日そっちのけの内容に。来週会うとき、このきゅうり持ってくね!!●
by snuko | 2006-07-14 12:00 | ●いいものみっけ | Comments(6)

三宿『フォルツァ ナポリ』(イタリアン)

先日、岩盤浴の後“漬け茶漬け”が食べられたのかというと・答えは×です。
初体験の岩盤浴で、心地よさにすっかり気分がアップしたわたくし、
勢い余って夜の11時過ぎにひとり、イタリアンレストランに飛び込んでしまいました。
1階の狭さに、以前から「ココってやってるの?」と不思議に思っていた
246沿い・三宿交差点至近の『フォルツァ ナポリ』。ラストオーダーはなんと3時。
うーむ、深夜族のためのお店ゆえ昼間は鳴りを潜めていたのか…。
1階がバー、2階はレストラン、3階がラウンジと、意外にも広い店内だったのですが、
通りからみる限りはじぇんじぇんわかりません。

オリーブオイルのパスタが食べたいな~と思っただけなのに、
カウンターに腰掛け、フェラーリのスプマンテ(グラス900円で大盛り)をあおると、
温まった体に冷たいアルコールが染み渡って、俄然食欲が出てきました。

c0047897_1894777.jpgでもひとりだからいくつもは頼めない(泣)
というわけで、
まずは「アンティパストミスト」を。
カプレーゼ、レバーペーストのブルスケッタ、ししゃものスモーク、生ハムルッコラ。
中では子持ちししゃもが香ばしく、バルサミコを煮詰めたソースも合っておいしかった。
カプレーゼはモッツァレラが新鮮で○、レバペはちょっとレバのくせが出てたかな。

c0047897_18101312.jpg食べ進むうちに、なぜか生肉を欲するスヌ子の本能。「牛のカルパッチョ」を追加。
これもなかなか♪ そこはかとなくガーリックが香る生肉、上にどっさりのったお野菜はルッコラとトレヴィス、黒オリーブとケッパーがアクセント。モンテプルチアーノのグラスとともにペロリ。

いよいよ興も乗ってきたので、ドーンと炭火焼でも食うか! と勇ましい自分を、「あの、今もう11時半ッスから」と押しとどめるもうひとりのスヌ子。
そうだ・せっかく岩盤浴でデトックスしてもこれじゃー台無し! と我に返り、おとなしく「しらすとフルーツトマトのパスタ」でシメることに。

c0047897_18134270.jpg熱々を頬張ると、しらすの香りがホワワァ~ンと立ちのぼり塩気もほどよく、幸せ♪
ごおおおーーっと半分くらい食べてから、アレ?でもこれフルーツトマト?(どう見てもプチトマト) カウンター越しに料理人に聞くと、
「ア!? フルーツトマトって書いてありました?!」と心底驚いた表情の後「作り直しまっす」と言ってくれたけど、これもおいしいしもういいや。
そうしたら「すいません、自分のミスなんで200円ひいときます」。
フルーツトマトの価値は200円だった、ってことで。

以上で5250円。
塩気はきつめだけどギリギリしょっぱすぎず、量もしっかりあって、総じてまあ満足。
調理場の奥には、炎燃え盛るナポリピザのかまど。どうやらこれがウリのようです。
次回は複数でいきたいな。

●食べてすぐ寝たのに、翌朝はペコペコ。おそるべし岩盤浴・おそるべしわが腹●
by snuko | 2006-07-13 12:23 | ●うきうき外食 | Comments(0)

まぐろのゴマ漬け

今日も遅番、置き土産を残してきました。
午前中やることがいっぱいあったので、1分レシピ「まぐろのゴマ漬け」。

1.一口大に切ったまぐろをビニール袋に入れ、めんつゆ・ゴマ油・すりゴマどっさりを
  入れて、袋を振ったり揉んだりしてよく絡ませる。

                   以上。

わ~~。コレって料理なの? と不安になる簡単さですが、おすすめ。唯一のコツは、
とにかくゴマをいっぱい(一掴みくらい)、まぐろが見えなくなるほど入れること。
濃厚で香ばしく、ショボいお刺身も格段においしくなります。

c0047897_20202599.jpgもみのりときゅうりを添えて、ほかほかごはんで漬け丼に。ほかに、昨晩の粉ふきいもを活用したポテサラと、人参・しょうがをだしで煮たスープを作りました。

さーて、今夜はどこで食べようかな!? とハリキリたいところですが、
冷房でカラダが冷え切っているせいで、どうにもエンジンがかからにゃい。
そういえば先日のドックでも、オールAながら、血圧が低すぎるっ!(上が80くらい)と
アドバイスを受けたのでした。
今夜はひとつ、飽食はストップし、自宅近くにできた岩盤浴へ。
じわ~~っと汗をかいたらお腹もすくはず。
そしたら自宅で「漬け茶漬け」♪ を楽しみに、では行ってまいりまーす。

●って、もうすっかりなくなってるかも!?(割と少ししか作ってこなかった)●
by snuko | 2006-07-11 20:21 | ●魚介レシピ | Comments(0)

原宿『カフィアライム』(タイ料理)

カフィアライムとはコブミカンのこと。
独特の香りをもつツヤツヤした厚い葉っぱは、パクチーと並んで
タイ料理らしさのカギとなる爽やかな香味です。
ここカフィアライムでは、店名どおり、いろんなお料理にこれが活用されていました。

c0047897_14121664.jpg例えば生春巻き。
きゅうり、蒸し鶏、レタスとシンプルな
中身に、細く刻んだ生のコブミカン葉。
さっぱりだけど単純じゃない、のちのち
禁断症状を引き起こしそうな味わい。

c0047897_141399.jpg







それからさつま揚げ。
(タイ料理なのにナゼ薩摩・といつも
一人ツッコんでいるのですが、ま、
ほかに適切な言葉がないんでしょうね)
揚げたてジュウジュウのかたまりは、ロウ細工かと見まごうつややかさ。
魚のほっかりしたうまみに、これまた大量のゴブミカン葉が効いてます。
揚げた熱で香りがまわりにプィ~~ンと立ちこめ、食欲をそそるわ~ん。

そのほかにも、豚の軟骨揚げは、軟骨史上№1のコリコリ度。
コリ度合いがすごすぎて、噛み切れずポロンと出していた友人もいました。
スヌ子は親の敵のようにゴリゴリと噛み砕きましたが。うーん爽快!!
青パパイヤのサラダはしゃっきりビリリと辛く、魚介と春雨のサラダはライムがきいてるし、大好物のトムカーガイ(鶏肉のココナッツミルクスープ)もまろやかで酸っぱくて合格!
定番トムヤムクン、海老のレッドカレーも味はすごくいいのですが、煮詰まっていたのか、かなり塩辛かったです。
生ビールがんがん飲んだ後は、ジンの生スイカジュース割り。夏ですわ。

ラストオーダーが意外に早かった(22時)ので、最後にデザートをまとめて「上から3つ!」。
「日本婦人豪快!(そんなに食べるのか?)」と、声に出さずとも表情にハッキリ表れていたタイ人ウエイトレスの顔が忘れられません。
冷たい蒸しパンに抹茶ココナツミルクをつけて食べるもの。グー。
かき氷+練乳あずき。これもまあ、普通だけどグー。
でもセサミなんとか(ゴマ団子)のジンジャースープ……これは久々の珍妙な味。
とにかくスープが漢方薬臭くすごい刺激なのです。
酔いがいっぺんに醒めたので、そういう意味でシメにはいいのかも。

しめてひとり5000円ちょっと。でも大食いの我々でも食べきれないほどだったので、
普通は4000円いかないんじゃないかな?味は本格派ですからお値打ち。
予約をしても待たされる、そして店内はギュウギュウの混雑ぶりをおしてでも、
夏はついつい足が向いてしまいそうです。

■渋谷区神宮前6-1-5 03-3400-2918 11:30~15:00 17:30~23:00  無休
by snuko | 2006-07-10 12:09 | ●うきうき外食 | Comments(0)

置き土産レシピ(牛ミンチクリーム煮)

スヌ子には週1回「遅番」というものがあります。
通常は朝から夕方までの勤務ですが、遅番の日は、お昼から夜8時すぎまで。
保育園には間に合わないので、この日のみスヌ夫がお迎えその他を
請け負ってくれることになっており、スヌ子は外食を楽しめるというわけ♪

とはいえ、朝のうちにその日の晩ごはんを準備していかなくてはならず、
時間がたってもあっため返してもおいしいメニューって、夏にはけっこう難題。
(冬は大鍋のシチューや煮込みでイケるのですが)

c0047897_17382431.jpg今日は、先般ご紹介した出来合いの
牛ミンチステーキ+野菜のクリーム煮と、
きゅうり・ツナ・豆腐サラダを作りました。

1.人参・玉ねぎ・しめじとお肉をほぐしつつ炒め、
2.白ワインをぶっかけて沸騰させ、
3.生クリームを入れてとろみがつくまで煮、塩こしょう・しょうゆで味つけ。
アレ? かなり昔にアップした「なんちゃってストロガノフ」に酷似してますね。
そう、スヌ子はこの白ワイン+生クリーム煮込みに目がないのです。カロリーなんてどこ吹く風。
大鉢に入れ、冷ましてから冷蔵庫にホイ。

きゅうりサラダは、長く置くときは、水分が出ないようタネを取るのがコツ。
1.縦半分に切ったきゅうりの、中心のタネをスプーンでかき出して乱切り。
2.3枚におろした豆腐を2,3分チンして水切りし、冷まして一口大にちぎる。
3.スライス玉ねぎと缶汁を切ったツナ、1・2をよく混ぜる。
塩分が加わるとどうしても水がでちゃうので、食べる直前にドレッシングを。
でも、こうして混ぜておくだけでも、お互いに風味が移っておいしい。

炊き立てのごはん(白米)に、チンしたクリーム煮を添えて。
きゅうりサラダは、子スヌたちはマヨネーズ・スヌ夫はポン酢オリーブオイルかしら…、
なんて考えながら準備するのは、「うーん“母”してる!」という感じで楽しいもの。

今ごろパクパク食べてるかなぁ……。
などと「ふるさとは遠きにありて思うもの」という心情に酔いつつも、
今夜は今夜の予定があるわけで。ウキ♪
蒸し暑くてヨロヨロ夏バテ気味だから、ガツンとタイ料理っしょ! と
原宿のタイレストランへ、行ってまいりまーす♪♪

●皆さまも楽しいフライデーナイトを!●
by snuko | 2006-07-07 20:07 | ●お肉レシピ | Comments(0)

スローフードの落とし穴?

昨夜は元気すぎるほどだった長女スヌチョでしたが、今日お昼前、保育園から呼び出し。
「ごはんを食べていたら急に、おなかが痛ーい! と泣き出して、
顔色真っ白・唇は紫になっちゃったんです! とにかく早くお越しください!!」
もう、焦る焦る。取るものもとりあえず園に向かいました。すると、
「さっきは本当に、どうなることかと思ったんですが…。だんだん顔色もよくなってきて」
と、腑に落ちない表情の先生方に囲まれ、笑顔ぷりんぷりんの我が子が。
アリ? どっから見てもいつもどおり。

大事を取って、タクシーで近くの総合病院へ。
問診・触診中も「なんで来たの?」ってくらい余裕しゃくしゃくのスヌチョ。
触られたり聞かれたりすると、一応「おなかーいーたいーーよ」とか言ってるのですが、
別に痛くも痒くもなさそう。
美しい女医に「今朝は何を食べましたか?」と聞かれ
「えーーーと…あっ、げんまいです。玄米」と言ってからハッ! 
そういや昨夜もチャーハンもりもり食べてた。もしや玄米の食べすぎ?
「いえ、まさかそれだけとも思えませんから、検査しましょう」
というわけで、点滴でパワーチャージしつつ、レントゲン・浣腸でう●ちチェック。
(食ブログなのに尾篭ですみません)

結果、出てきたう●ちは……。ぎょえー!!これって玄米おにぎり? ってくらい、
玄米そのもの。同時に出たレントゲン結果には異常ナシ。しーーーん。

「あのですねお母さん、ゲンマイ…大人にとっては健康食品なんだけど、
いくらよく噛んでも、子供には繊維が多すぎて消化しきれないことがあるんです。
子供はやっぱり、白米のほうが栄養の吸収もいいんですよね。
まあ、消化不良が原因とは言い切れないんですが、
便秘の時とかってすごくおなか痛くなるでしょ、ああいう状態だったのかも」。
さ、さいですか…。

自宅に戻り、ジャムつきバタートーストとミルトゥキ(スヌチョ語=ミルクティ)をパクつき、
満足してコロリと寝てしまった我が子を横目に、スヌ子は考え込んでいます。
スローフードの代名詞・玄米。がん予防の誉れも高い玄米。
野菜なんて食べずとも、これだけでビタミン・ミネラル満載の玄米。
健康のためと信じて子供に与えている母は、今の世の中、スヌ子も含めいっぱいいるはず。実際、香ばしくておいしいしね。
反面、白米なんて「糖質のカタマリ」とどこか差別的な眼で見ていましたが、
大人はさておき、子供の成長には糖質も必須の成分なんですよね。
ロハス・スローフードブームなんて却ってウサンくさーい・と、冷静な立場のつもりでしたが、そうした情報の片鱗から「玄米はカラダにいいんだっ!」と疑いなく信じていた自分は
まだまだやなあ…もっといろんな面から食を考えていかんとなあ……と、
大雑把かつ母親としては少々乱暴だった自分を、戒めている雨の午後なのです。

●でもゲンマイに罪はなし。ドンマイ!●
by snuko | 2006-07-05 16:34 | こんにちはスヌ子です | Comments(5)

スヌ子の長い一日

こんばんは、現在夜中の3時です。え、いきなり更新が頻繁じゃん・ですって? 
しばらく間を置いたからでしょうか、新鮮な気持ちで画面に向き合っております。
本当は、コンスタントにムラなく、が理想ではありますが。
ブログだけでなく仕事や人生全般においてもね……(深夜ゆえしみじみモード)

c0047897_4474945.jpgさて、昨晩のお献立はこんな感じ。
ハンバーグ・玄米ガーリックライス・冷たい豆乳
スープ・切干大根のエスニックサラダです。
保育園で子スヌを受け取り、19時40分帰宅。
20時までには何とか食べたい、となると
ハンバーグなんか練ってる場合じゃねえ! 
そこで、東急フードショーにたまに出店してる
「国産牛ミンチステーキ」5枚1000円を焼きつつ、
玄米ごはんをチンして炒め、豆乳に麺つゆを加えて
きゅうりをトッピングし、昨晩のサラダを添えて完成。子スヌはお茶・ママはビールでカンパーイ。
ハンバーグは、ナゼこんなに安いの? と少々不安もありますが、なかなかイケる。焼いてる時大量に出る脂をペーパーで吸い取るのがコツです。
ガーリックライスは「玉締めしぼり」という軽めのごま油でにんにくと玄米を炒め、塩と醤油で味つけ。強火で焼き付けると香ばしくて最高♪ 子スヌも「おいしーね!」とぱくぱく。 
サラダは夏の定番。改良を重ねた末のレシピは下に。

もぐもぐ・今日もがんばった…と自己満足に浸りつつグラスを傾けていると、
あらかた食べ終え、ちょっと飽きてきたスヌチョが口から豆乳をダーー(←笑顔)
お行儀悪いっ! もうゴハン終わりッ! と叫びつつ、お尻をペーーン!!
「フォォーーーー!」と泣き出すのを転がし、食事再開…のつもりが、あっ今度はスヌベルがおかずにスープかけてるゥ~~!! んもう、ダメ! とカップを取り上げると、手のひらでビシャビシャ。周囲に飛び散り、顔も服も豆乳まみれ。
ビールも半ばだけど、もはや潮時とすかさずTシャツを脱がせお風呂場に直行。
シャワーを浴びせかけ、ついでにスヌチョも入れようとすると激しい抵抗にあうので
「あっ!汗汗オバケが背中に!ウワー!!」と怖がらせたスキにシャワー。すごい人口密度の浴室内で、嫌がるふたりを押さえ・なだめすかしてシャンプー&ハミガキ、水びたしで居間に駆け出るのを追いかけてオムツをはかせ、テーブルの下でワニごっこを始めちゃうのを捕まえてパジャマを着せ、頭を乾かし、水を飲ませて完了(ちなみにこの間スヌ子全裸です)。と思いきや、「ヨーグルト食べるゥ~。デザートまだ食べてないもんね」と理論的に主張するので、仕方なく食べさせまたハミガキ。こ、これでようやく完了・ベッドへ。
ここから寝入るまでまたひと悶着あるのですが、いい加減長いので割愛。

こんな感じゆえ21時半にはもうヘトヘト。そのまま子スヌとともに寝てしまい、
余力があれば、スヌ夫が帰ってくる夜中にこうして起き出すというわけ。
えらいなあ、私…。でも、世の中のお母さんはみんなこうなんですよ! 
まだ週も半ば、今日はこのへんで。おやすみなさい。

●あっ・サラダのレシピ…明日の朝書き加えることにしてもいい?よね●
by snuko | 2006-07-05 03:05 | ●献立いろいろ | Comments(2)

イタリアン・フライフィッシュ

とにかく魚が豊富で安い近所の「オオ○キ」。
このスーパーのおかげで、ドコサヘキサエン酸を大量摂取するようになりました。
頭が良くなるんですよね、確か…。THE IQスーパー・オオ○キ、あなどれません。

さて、週末の買出しでは、飛び魚を発見。
今にもパックから飛び出してきそうな新鮮さ、澄んだ眼をした2尾組みで428円です。
塩焼きや天ぷらが一般的だそうですが、今日は切り身で洋モノにしようと、
その場で3枚におろしてもらいました。

塩をして上新粉をつけ、オリーブオイルで揚げ焼きに。
プチトマトとバジル、バルサミコをサッと炒めたソースを添えてイタリア風。
サイドメニューは銀座・グレープガンボの「香菜爆弾」を模した香菜の辛いサラダと、
じゃがいもと鶏の蒸し焼き。ではいただきまーす。

c0047897_313449.jpg飛び魚は、くせのない淡白な味。
身は柔らかくふんわりしています。
小骨が多いことのみ用心すれば、応用も利きそう。シンプルなトマトのソースは正解♪

香菜爆弾は、ザク切りにした香菜と生椎茸の薄切りをレモン汁で和えたところに、
にんにく・鷹の爪をじっくり炒めた熱い
ペペロンチーノオイルをかけ、塩で味つけ。
パクチー好きなら中毒になりそうな味、
うわー止まらない。
c0047897_3142631.jpg

じゃがいもと鶏は、オリーブオイルをひいた鍋にゴロゴロ切ったじゃが+鶏肉+ローズマリーを蒸し焼き、というのが基本ですが、今日は玉ねぎとパンツェッタの細切れもプラス。
鍋に放り込んで弱火で3~40分ほっとくだけ、と手間いらずなのに、じゃがにお肉のエキスがしみてうまうま。

スヌ子とスヌ夫は幸せでしたが、子スヌたちにとっては小骨にヒー!香菜辛っ!と試練のディナーだったようです。最後は、涙目で鶏肉をかじっていました。
……って、骨くらい取ってやれよ! それでも親か!! と怒られそうですが、もちろん取りましたとも。しかしながら、取っても取っても残ってるのが飛び魚の小骨なんですねぇ。
でもね…小骨を乗り越えてこそ、柔らかな身のおいしさを味わえるのよ。
そんな、自分でもわけのわからない教訓を託しつつ終えた、週末ディナーでありました。

●小骨はさておき唐辛子はリッパな虐待ではないのか? と後で反省。だって香菜なんて食べないと思ったからさ~(←勝手に取って口に入れていた)……ごめん子スヌよ●
by snuko | 2006-07-03 23:50 | ●魚介レシピ | Comments(3)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家