border="0">

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

わかめ×豚のうまうま味噌炒め

「死ぬかもしれない」って経験、ありますか?
スヌ子は1度だけあります。犯人はわかめ
小学校高学年の頃、晩ごはんに出た中華風サラダが喉に詰まり、
目を白黒させながら口から引き出したわかめの長かったこと。
母が大雑把に切ったせいで長々とつながっていたのです。

初めて死を身近に感じた恐怖体験だったので、事件当時は「なんて雑な母っ」と
恨みましたが、自炊するようになってから、わかめの切り方は難しいと知りました。
縦に束ねて切ると、端っこの横につながった硬い部分を切り忘れちゃうんですよね。
不幸を繰り返さぬためにも、ココ必ず切ること! と自分に言い聞かせながら、
昨夜作ったのがこちら。
c0047897_20163681.jpg
1.塩蔵わかめを洗って塩抜き(生わかめならそのまま)、食べやすく切る。
 豚コマに酒を振ってほぐしておく。
2.味噌・酒各大さじ1、醤油少々を混ぜ合わせておく。
3.にんにくみじん切り+少々の油を熱し、香りが立ったら豚肉を入れ強火で炒める。
  色が変わったらわかめも投入、仕上げに2・大葉の千切り・ゴマ油を加え、
  炒りつけつつ混ぜてできあがり。

要はわかめと豚肉の味噌炒めなんですが、わかめのうまみとにんにく・大葉・ゴマ油の組み合わせが完璧すぎるハーモニー(と自画自賛)。丼にしてもグー!
昨日はこれに、残り野菜の人参・ごぼう・春菊も参入。
何を入れちゃってもおいしくなるので、いくらでも水増し可能^^v
硬い野菜は最初に炒めて取り分けておき、2を入れる前に投入するといいと思います。
by snuko | 2007-01-30 12:26 | ●魚介レシピ | Comments(0)

レーシック→甲殻肉祭り

おはようございます……。
毎日更新の誓いは、平日限定ということでお許しください(言い訳)

さて。今日のスヌ子は、先週末のスヌ子とはもはや別人。
だってレーシック(視力回復手術)を受けたんですもの!!
0.1なかった視力、なんと今1.2です。詳細ルポは文末で。

受けた直後はさすがにヘロヘロだったけど、数時間後には
こんな豪華メニューを友人宅でごちそうになってました。

c0047897_1661984.jpg
旦那さまがお料理好きなこのお宅。
以前お邪魔したときは鶏の丸焼きがバーーンと出てきて欣喜雀躍しましたが、
ご主人、どうやら「丸焼き系」がお得意らしく、今回はラムでした。
登場したときは「カニ!?」と見紛うこの迫力。バイキングの兜のようでもあり。
バルサミコと苺を煮詰めたソースがよく合います。
前菜(?)として、ブイヤベースと魚介どっさりパエリアで甲殻類祭り、
合いの手にサラダ。にんにくの効いたまろやかでコクのあるマヨネーズも手作り。
c0047897_13174991.jpg
よく見える目で見ながらいただく初めてのメニューがこんなに豪華で……。
角膜も喜んでいるに違いありません(涙)

スヌ子のレーシック体験・完全ルポ
by snuko | 2007-01-29 12:07 | こんにちはスヌ子です | Comments(0)

こんにゃく考

c0047897_13204054.jpg
画像イマイチ、なのにこんな破壊的な大きさで恐縮です。
携帯から送ったこの方、どう宥めすかせば小さくなってくれるのか…オロオロ。
(さらにgoogleの画像編集ソフトで色調整したので不思議な上がりに^^;)
「でも、ないよりあったほうがいいよん」という友人A樹の言葉を信じつつ。
↑後日「縮小専用」というフリーソフトをみつけ、ようやく小さくなりました

昨晩は、忘れずにできたてをパシャッ。
●きのことにんにくをオリーブオイルで炒め→春菊と生クリームを加えたソース+
 カリカリじゃこトッピングのパスタ
●こんにゃくとごぼうの洋風炒め煮

でした。こんにゃくの味つけには、前日のロービーの残りだれを活用。
“素敵な”もとい、“捨てない”奥さん。

こんにゃくって、ほんとに個性がさまざまですね。
いつもは生協の「生芋こんにゃく」という、生こんにゃく芋率が高いものを使っていますが
昨日はスーパーで買った「むっちりこんにゃく」というのを使用。
でもこれが、柔らかくて何となく水っぽい。これでむっちり?おとといおいで、という感じ。
パッケージをあらためてみれば、原料は「こんにゃく製粉」。
つまり精製したものを使っているので、食感がゆるいのですね。

ガシッ、ぶりんっ とした弾力の好きな方(私)は、生芋にこだわりましょう。

●子スヌにはちょうどいい硬さだったようで、完食。でも今後は生芋英才教育よっ●
by snuko | 2007-01-26 12:15 | ●野菜レシピ | Comments(0)

春菊ロービー丼(バター醤油味)

c0047897_13104954.jpgきゃー何なのこれ?
すみません、夢中で食べ終わった後に
ブログのこと思い出しました…。
昨晩のご飯は「春菊ローストビーフ丼」。
一昨日作っておいたロービー(略)を
堪能したくて考えたメニュー。
作り方は以下です。

1.ロービー。牛かたまり肉(お母さま
 ありがとう)に塩をすりこみ、常温に戻し
 強火のフライパンで全面を焼き付け
 アルミホイルできっちり包み、さらに
 タオルにくるんで放置。
 得意ワザ・保温調理法です。
 空いたフライパンで、醤油・酒・みりん
 +にんにく輪切りを合わせたものを煮立て、ちょっと冷めてからジップロックに入れてお肉を漬け込む。
2.長ネギの輪切りと春菊の茎部分を、少量の油で炒める。
  しんなりしたらバターをドカッと加え、春菊の葉も入れてひと混ぜ。
  ここに、ロービーのたれをにんにくごとジャーッと加え火を止める。
3.ほかほかごはんに薄切りロービー、バターねぎ春菊をたれごとかけて一気食い。

バターにんにく醤油ってどうしてこんなにごはんが進むの~~。といいながら2膳。
サイドメニューは「カブ・切っただけ」、前日の白菜トマトスープ。

ワインはブルゴーニュ。ドミニク・ローランの赤。
最初酸っぱいけど、どんどん香りが開いておいしくなりました。
c0047897_1737131.jpg
 
by snuko | 2007-01-25 12:13 | ●ごはんもの | Comments(0)

宣誓!

Oh!アンビリバボーーー!と血中アメリカ人濃度が上がるほど、
年末からこっち、信じがたい状況が日々勃発するわが職場。
『ショムニ』ってフィクションじゃなかったのね…。
いっそ「何でも見てやろう/スヌ子が覗いたリストラまんだら」と銘打ったブログでも
アップしよーかと思いましたが、
ま、ネガティブなことにエネルギー使うのはもったいないやね(お腹すくし)

そこで私、一念発起。
こういう不遇なときこそ、規則正しい生活・整理整頓を心がけ
心穏やかに暮らすべきでは?ではではでは?…と殊勝な結論にたどりつき、
一日1行でもブログアップすることを、ここに誓います!
福福しいお顔の噺家さん、柳家三之助さんのブログは
『柳家三之助の「まめさ」を鍛える場所』といいますが、まさにそんな感じ。
今こそ鍛えなくちゃね。がんばるぞっ。

チョコフレークをつまみつつ@会社の自席(“準チョコレート”ってとこに共感)
↓森永じゃなくてシスコ製ってトコにも。うう
c0047897_12281430.jpg

●目指せ!江角マキコ!!●
by snuko | 2007-01-24 12:31 | こんにちはスヌ子です | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家