border="0">

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

担々丼

「ちょっと見てみたら、なんだか麺ばっかりねぇ」と母から図星の一言。
ひゃー・だって、暑いんだもん! ツルツル系に走るスヌ子を誰が責められようか?
と開き直って、ごはんものでさえもツルツル系。
春雨と玉ねぎがあるから~・でもスタミナ補給で練りゴマ入れて…、
となりゆき任せに作ったところ、出来上がりは濃厚でまろやかな担々麺味!
ごはんにかければ担々丼です。
c0047897_179477.jpg
1.玉ねぎ半個薄切り+豚ひき肉150g+エリンギ1本みじん切り をサッと炒め、
 薄めにつくっためんつゆ400ccを注いで沸騰させる。
2.春雨40gといんげん数本 を入れ弱火に。いんげんが煮えたら、
 練りゴマ大さじ3+味噌大さじ1をよく溶いたものを入れ、ひと煮立ちさせてできあがり。
[スヌ子のコダワリ]
●スパイシーにできる環境なら、最初ににんにくとしょうが+豆板醤も一緒に炒めて。
 いっそう本格派担々風味に近づきます。
●春雨は乾燥したまま切ると散らばったり切れなかったりでストレスが溜まるので、
 丸ごと鍋に押し込み、素直な状態になってからキッチンばさみでチョキチョキ。
●きのこはエリンギに限らず何でも。みじん切りでひき肉と同化させちゃって。
 いんげんも彩りなので、青菜でも何でも(なくても)

ふだんあまり白いごはんを食べないスヌベルが、これをかけたら2膳ペロリ。
クリーミーでコドモ好みの味なのねぇ とうなづきつつ、
ビールにも合うなぁ と思いつつ、自分もドドンとおかわりしちゃったのでした。
満腹的担々丼哉。

にほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-28 12:40 | ●ごはんもの | Comments(3)

フォー風ひやむぎ+ベトナムキャベツ

蒸しあつ~~。ついひんやり系が食べたくなるけど、そこはかとなくMっ気アリ?の
スヌ子としては、こんなときこそアツアツ汁麺。ベトナムフォー…は売ってなかったり不当に高かったりするので、またもお手頃なひやむぎ(あったかいと温むぎ?)で代用。
以前にも作ってますが、行き当たりばったりレシピゆえ、より簡略化しております。
c0047897_11355265.jpg

1.スープをとる。鶏手羽先か手羽元を鍋に入れ、かぶるくらい水を注ぎ火にかけ、
 沸騰したら弱火。白濁してくるまで静かに煮る(30分くらい)。
 いい香りがしたら、酒と塩少々、たっぷりめのニョクマム(ナンプラー)で味付け。
2.ひやむぎをゆで冷水で洗ってシメた後、残しておいた鍋の湯に戻し温めておく。
3.丼の底に塩少々を入れてから、湯を切った麺、スープを注ぎ、
 鶏肉・ハーブ(バジル・香菜・ミントなど)・にんにくチップ・ライムなどをトッピング。
[スヌ子のコダワリ]
●スープは市販の液状スープでも(日本スープの「丸どりだし」がオススメ♪)
 濃い味つきだとニョクマム×ライムのベトナム風味が消えちゃうので、できれば無塩を。
●丼の底に塩(なめておいしい自然塩)を入れておくと、ボケがちな味がしまります。
 これぞ隠し技^^V

c0047897_11351935.jpgさらに今回、薬味に使ったのがコチラ。
珍品・トムヤムクン味のマカデミアナッツ
友人Ke兄のパーティで出合ってから病みつき!
コブミカンの葉や唐辛子・にんにくチップも入ってて、
まさにトム・ヤム・ク~~ン!!
優しい味のフォーに加えると、にわかにピリッとタイ風。
サラダに混ぜてもgood♪ カルディで売ってます。


付け合せベトナムキャベツは、キャベツを砂糖と塩でもみ、
にんにく・しょうがのみじん切り少々+香菜や残り野菜、ゆでエビなどを投入し、
レモンとニョクマムで味つけ。ノンオイルでお口さっぱり。

香りの強い野菜をたっぷり摂ると、抵抗力が高まるそうな。
よく「3歳の子スヌがハーブやゴーヤ、食べるの?」と聞かれますが、ガッツリ食べます。
バジルや香菜、ディルなんて大好物。 
コツは「絶対すすめず、こっちだけおいしそうにバリバリ食べる」
すると必ず!「しょれな~に~?ちょーだい」と言ってくるんですわ・しめしめ。
「にがーーー」と出すこともありますが、ナーニそのうち慣れます。

しっかり食べて、蒸し暑+冷房病を吹き飛ばしましょーっ。       
にほんブログ村 料理ブログへ          c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-27 12:15 | ●人類は麺類 | Comments(1)

祝!200号記念♪

皆さまこんにちは。
2年半前、育児休暇のつれづれに始めたこのブログ、
なんと! この記事で200号を迎えます。
100号は何の感動もなく(←気づかなかった)通り過ぎたものですが、
誰にも注文されてないのに細々と書き綴ってきた駄文が200本。いやはや。
c0047897_12511665.jpg
そして、このタイミングを記念するかのように!?
本日から1週間、おなじみのオレンジページnetさんで、
このブログを紹介していただけるとのこと。ありがたやありがたや。
またそこから来てくださった方、こんにちは。
フト思いついたおいしいアイディアが、皆さんのお役に立てば嬉しいです。
c0047897_12513638.jpg
記念イメージカットは、今朝捕り撮りたて! 家の近くの太った鴨たち。
あーおいしそう…と毎日眺めています。
こんなスヌ子ですが、今後ともよろしくお願いいたします♪
c0047897_12514997.jpg

by snuko | 2007-06-26 12:03 | こんにちはスヌ子です | Comments(1)

トマト実る

いよいよ本格的に梅雨ですね。
数日前から、わが家のトマトは青い実を鈴なり…は大げさですが、並んで実らせてます。
スヌベルは「ぶどーーっ!」←マスカットと間違えているらしい。
食べごろは梅雨が明ける頃でしょうか。

コンパニオン・プランツという関係を知り、同じ鉢にバジルを植えた苗は、
心なしか他の苗より成長が早いみたい。
おいしい食べ合わせでもあるのでまさに一石二鳥♪
c0047897_1753511.jpg


トマトのお尻のところに花がつく(順序は逆)なんて、知らなかったぁ。
by snuko | 2007-06-25 17:55 | こんにちはスヌ子です | Comments(1)

水なす煮びたし+鶏皮梅炒飯

昨日もちょっと触れましたが、今年(この時季?)水なす遭遇率高し。
スヌ子は会話の接ぎ穂に「最近おいしいもの食べました?」とよく聞くのですが、
この1週間で2名が水なすを挙げたし、先週行ったフレンチでも使われてたにゃー。

c0047897_17261493.jpgというわけで、フードショーで6本入り
398円を見かけて迷わずゲット。
ジューシィなので生がいちばんですが、
さすがにそんなに食べられない。
そこで、あまり火を入れない煮びたしに。
トマトの酸味がきいただしってホントに
おいしくて、それがしみた水なすも◎♪

1.濃い目に味つけしただし(今回は地鶏かつお)をたっぷり煮立て、そぎ切りにした鶏ムネ肉に葛粉をまぶしたものを入れ弱火で火を通す。
2.水なす輪切りと、湯むきしヘタを取ったトマトをそっと入れ、落しブタをして火を止め、味を含ませる。
※鶏はツルっと感を出すために葛をまぶしましたが、そのままでも問題なし。
※お肉は強火で煮ると硬くなるので、必ず弱火で。

c0047897_17305323.jpg鶏ムネから剥いだ皮は
炒飯に活用。
フライパンかグリルで色よく焼き、千切りにして使いまほ。
他の具はにんにく・カリカリ梅・かつおぶし、仕上げにお醤油をジュッ。
鶏皮のコクとにんにくの香り、梅の酸味で、夏らしい炒飯になりました。

にほんブログ村 料理ブログへ
c0047897_15375156.gif
by snuko | 2007-06-22 12:00 | ●野菜レシピ | Comments(2)

チャプチェ+エスニックサラダ2段活用

“レンジでチャプチェ”のレシピに出会ったので、材料をキッチリ用意してトライ。
が!! シートから春雨がポロポロこぼれたりしてうまく包めず、
「ええい炒めたほうが早いっ」と材料をフライパンに投げ込み、上からフタをして蒸し焼き。
焦げつかないよう水を差しながら弱火で熱したら、それっぽくできました。

c0047897_17375965.jpgレンジ調理、便利なようだけど
結構コツがいるんですよね。
個人的には、直火と向き合うほうが好みかも。

サラダは、短冊切りきゅうり+香菜+白髪ねぎ(ネギーる使用)をボウルに入れ、ゴマ油と塩で和えただけの“焼肉屋さん風”。
コツは、1.野菜を大きなボウルに入れること 2.ゴマ油を回しかけたらトングなどで空気を含ませるように、放るように混ぜること。こうすると野菜に油が均一コートされるので、その後塩を振ってもシャキシャキ♪

そして翌日。どっちも残っちゃってたのでリニューアル。

チャプチェ+生卵をよく混ぜ、多めの油でジュッと焼いて卵焼き丼。
c0047897_17382225.jpg
サラダは、角切りの水茄子(今年よく出てますね)+ザーサイ+木綿豆腐にトッピング。
ねぎと香菜って、何でも即エスニックにおいしくしてくれる最強コンビ。夏は香菜の香りが濃くなってシアワセ♪

オマケにスープは、朝のみそ汁(豆腐)を
冷蔵庫で冷やし、オクラとトマトを足しただけ。この冷やしみそ汁は夏の定番。

相変わらず“捨てない奥さん”ですよ。
by snuko | 2007-06-21 17:55 | ●野菜レシピ | Comments(0)

さっぱり夏野菜ひやむぎ

いよいよ本格的に蒸してきましたね~。
でもおそうめんは真夏まで取っておこう! というわけで、ひやむぎです。
c0047897_1731712.jpg

レシピというほどのものでもありませんが一応。

1.ひやむぎを表示どおり茹でて冷水でシメる。
2.麺を器に盛り、ルッコラ・じゅんさい・トマト・ハム・みょうが・大葉をトッピングし、塩ポン酢を回しかけるだけ。

ルッコラは、ベランダのプランターにわさわさ犇いているのを間引いて使いました。
摘みたてだからか、スルドいピリッと加減。なんとなく消化によさそう。

それにしても、ひやむぎに数本混じっている色つき麺。
あれって何か理由あるのでしょうか?(この色で●百本目、と工場長が数える目安とか)
わが家の子スヌたちには、あれが超ラッキーアイテムに思えるようで、
「ぴっ、ピンクの入ってた!!わーーらっきー--!!」とか
「はい!ままにらっきーあげる!!ミドリの!すごいでちょ!」とちょっと惜しそうに、
でも愛情表現として気前のよさも見せつつ、つじーーーっとすくい出してくれるわけです。
もう、色つき麺を見つけると、載ってる具なんてそっちのけの興奮ぶり。

コドモって意外なものにグッとくるのねえ。
by snuko | 2007-06-18 12:19 | ●人類は麺類 | Comments(2)

がっつりポークソテーとミルキー葛餅

今朝起きて、なにげなくベランダに出てびっくり。
c0047897_17201189.jpg
絵みたいな富士山!!! いいもの見ちゃいました。

体調が快復してきた証に、昨夕、頭を占めていたのは「ガツンと肉!」という欲求。
素直に厚切りの豚肉を買い、照り焼きバター味のポークソテーにしました。
強火で両面を焼きつけたあとフタをし、8割方火が通ったら、
しょうゆ:酒:みりんを2:2:1の割合で混ぜたタレをからませ煮詰めていくだけ。
仕上げにバターひとかけ、黒胡椒をガリッとひいて。
c0047897_17424389.jpg

ポテトも大量に揚げてみた。
先週からあんまり食べてなくてちょっと痩せたから、いいの。

勢いづいて、風邪の名残で大量にある葛粉とりんごジュースを使って、デザートも製作。
●ミルキー葛餅
1.牛乳300cc、りんごジュース100cc、砂糖大さじ1、葛粉大さじ4を鍋に入れ、泡立て器かヘラでよく混ぜながらふつふつするまで中火、とろみがついてきたら弱火にし、もったりしてくるまでよく練りながら火を通す。
2.水で濡らした容器に流し、表面をならして冷ましてから冷蔵庫へ(急いでるときは底を水で冷やして熱を取る)
3.スプーンで適当にすくって盛り付け。

c0047897_1743135.jpg
ムチッとした食感が葛ならでは♪
優しいミルク味に仕上がりましたが、
暑い季節には、
牛乳とジュース半々でもよいかも。

ふほー・ようやく今週も終わり。
皆様、素敵な週末をお過ごしください。
by snuko | 2007-06-15 17:41 | ●お肉レシピ | Comments(0)

直送ホワイトアスパラ

華道草月流に入門しました。
c0047897_17193696.jpg
うそです。

北海道に赴任している友人Ke兄から、旬のホワイトアスパラ。
今年は、おすすめの食べ方で、焼き茄子のようにグリルでこんがり焼いてみました。
硬いところだけ皮を剥いて→溶かしバターにトプン→レモンをきゅっ。

お~~い~~し~~い~~。

茹でるより甘みが際立つような。

これが最後になるのかなあ。
というのも、Ke兄は秋に東京に戻ってくるのでした。
近くに戻ってくるのは喜ばしい・でも北の大地の美味直送は最後…うれさみしい、
って感じですね(自分で取り寄せればいいのですが、忘れちゃうんだなこれが)

でも、これまでのアスパラご恩返しに、地元飲みの名店を教授するのはやっぱり楽しみ♪
お帰りをお待ちしています。

c0047897_17341347.jpg
ホワイトアスパラの味をジャマしないよう、シンプルな玉ねぎとベーコンだけのパスタを合わせてみました。(玉ねぎザク切りとベーコンみじんをじっくり炒め、茹でたパスタを絡めるだけ)
by snuko | 2007-06-13 17:43 | ●野菜レシピ | Comments(2)

弱り目にソイ鍋

ハッと気づけば、1週間もあいてしまい。
先週末から夏風邪、熱とひどい関節痛でへろへろ弱りっぱなしです。

それにしても、体調崩すとダメですね…心の容量が小さくなるというか。
身近な人にささくれ立ってしまったり、シクシク寝ていると果てしなくネガティブ方面へ。
やっぱり体の健康→心の健康への近道ってことがわかりました。
(もちろん体調だけのせいじゃないですが、影響は大)

こんなときに、救ってくれるのはやっぱり、体に優しいおいしいもの。
風邪の定番、吉野葛+りんごジュースはストックばっちり。

あと嬉しかったのが、昨日、母が届けてくれた「鍋セット」。
ソイという白身魚(←知人の釣りたて)と、白菜・ねぎ・春雨・豆腐。
昆布だし+日本酒の土鍋で、野菜と削ぎ切りのソイを静かに煮て、
搾りたてのカボス+しょうゆで。
ホロッとあっさりめの魚なのですが、煮ていくうちにだしがおいしくなり、
うどんでシメる頃には汗が出るほどあったまりました。

今朝は残ったスープでお味噌汁。ねぎたっぷりで、朝からポカポカ。
夕方の今まで、何とか乗り切れています。

鍋の恩恵は、冬だけじゃなかったのねん。
カセットコンロのボンベ、補充しなきゃ。
by snuko | 2007-06-12 17:45 | ●ほかほかお鍋 | Comments(2)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家