border="0">

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

まきまきロール鍋

実は、この秋からお料理教室に通い始めたのです。月2回ほど、平日夜3時間のコース。
これまで自己流で試行錯誤していましたが、
改めてきちんと学べば新境地が見えるやも、と期待して。

すでに3回終えましたが、もーアナタ! 毎回、びっくり発見が目白押し。
最初の回で先生がチョチョッと包丁の持ち方を正してくれただけで、
面白いように千切りが上手になったり。
青菜の完璧なゆで方を習ったり。
平凡な素材も、巻くだけで瀟洒な1品になるのを見て「化粧は大事やな」と納得したり。

困ったらとりあえず巻きましょう・とインプットされたので、
白菜と豚肉しかなかった昨夜、お揚げを買い足してロール鍋に。
c0047897_15321454.jpg
1.鍋に地鶏かつおだしを沸かす(こればっか^^; 無論お好みのだしでかまいません)
2.1枚ずつはがした白菜を1に入れ、しんなりするまで4,5分煮て引き上げる。
3.広げた白菜に薄切り豚を重ね、くるくる巻いて楊枝で留める。
4.油揚げは2枚に開き、柔らかめに練った白玉粉を芯の部分に多めに置いて巻く。
5.3と4を鍋に並べ、隙間をきのこなどで埋めて静かに火を通し、柚子皮を散らして完成。

c0047897_15323893.jpg当初は、冷蔵庫でコールドスリープしていたお餅を
巾着にする算段でしたが、
「その餅…そーーとーーー経ってるよ…」
(たぶん1年近く)とのスヌ夫の指摘を受け、
しかし子スヌは「オモチオモチ♪」と楽しみにしているので、急遽いただきものの“だんご粉”を練って
お揚げに巻き込み、一緒に煮てみました。
もちろん新鮮なお餅があれば、
普通の巾着でよろしいかと思います。

お料理教室の成果の数々は…
by snuko | 2007-10-31 12:42 | ●ほかほかお鍋 | Comments(4)

干ししいたけとベーコンのパスタ

「レシピブログ」さんにご紹介いただいたおかげで、昨日のアクセス700超!
 スヌ子史上最高記録です。皆さまありがとう・今後ともよろしくお願いいたします●

さー気持ちを引き締めていかねば…と思うも、
昨日は珍しく何にも作りたくない日でした・そんな日もあるさ。
冷蔵庫をあけると、水と共にビンに入れ放置しておいた干ししいたけ、
ベーコン数枚、前日のおかず(えのきと人参の磯酢和え)、鍋におでんの残り。
備えあれば憂いなし、と言うにはあまりにも心もとないコンテンツ。
今こそ試練のとき…! どーするスヌ子・ぬおお(またも劇画モード)

余計なことは考えず、あるものだけで。
おもむろにパスタをゆでで、と。できあがったのがコチラ。
c0047897_1664334.jpg
1.深めのフライパンに刻んだ干ししいたけ、パスタが浸るくらい
 の戻し汁(足りなければ水を足す)、酒少々、ベーコン細切りを入れ煮立てる。
2.太めのパスタを表示より2,3分短くゆでて湯を切り、1に入れて
 スープを絡めつつ強火であおる。味見して塩気が足りなければ塩か醤油を。
3.好みの薬味をトッピングしてできあがり。
スヌ子は、初夏に水煮にしておいた実山椒をあしらってみました。

あとは、残りおかずを混ぜこんだ卵焼き、そしてビール。
疲れの出てくる木曜メニューとしては上等上等。

パスタは、♪無口だけれど~温~かい(岩崎宏美「思秋期」より)、
そんなあっさりじんわりとした味わい。
しいたけは薄切りとゴロ切りの2種類にすると、味も出るし食感も楽しめます。
半分くらい平らげて、ふと芳醇な香りのオリーブオイル
(いろいろ試したけどやっぱりコレ→ヌニェス・デ・プラド)をかけたところ、
ワインが合いそうな別人キャラに。いうなれば渋い高倉健から軽快なジローラモ
(あまりにもステレオタイプの人物しか浮かばず失礼)で2度おいしい♪ お試しあれ。

でもせっかくのパスタを横目に、スヌチョったら…
by snuko | 2007-10-26 12:20 | ●人類は麺類 | Comments(4)

栄養満点!レバー納豆

風邪をひいてる人、多いですね。
かくいうスヌ子も、今朝からティッシュ何枚使ったことやら・ずび。
季節の変わり目、栄養を補って乗り切らねば!
ねばねば、ねばねばねば、ねばねばねばねば(←エコー)ということで、
納豆×レバーという栄養最強レシピのご紹介。
c0047897_1765346.jpg
1.鶏レバー400gは、大きめの1口大に切り血抜きする。
2.フライパンでごま油大さじ2とみじん切りにんにく・鷹の爪を熱し、香りがたったら
  レバーを入れ、あればナツメグを振りかけ、白っぽくなったら酒大さじ3を振りいれて
  強火で火を通す。
3.2に納豆2パックを加え、オイスターソース大さじ1.5、しょうゆ大さじ2を絡ませながら
  よく炒めてできあがり。香菜をたっぷりトッピング。

<レバーの完璧な血抜き法>
大きめに切ってから、ボウルにためた冷水の中でチャプチャプ泳がせていると、
臭みの元になる血の塊がゴロッと出てきます。
手早く水を換えながら3回やり、水気をしっかり拭き取れば完璧。
牛乳に浸すより、こちらのほうがクリアな味になると思います。

この1品、わが家にいらした方は必ず口にしている超定番。
たしか妊娠中、鉄分を補わねばっ! と編み出した“いのちのレシピ”(笑)です。
子スヌたちもでゃあこうぶつ、丼にしてもgood♪
できればレバーは、地鶏のものが望ましい(デパートの地鶏コーナーにあります)
地鶏は高いけどレバーなら安いし、いいレバーだとまったり・どっしりとしたコクがあって
クセも少なく、主役級のひと皿になりますよ。
by snuko | 2007-10-25 12:40 | ●お肉レシピ | Comments(5)

さっぱりめかぶ雑炊

昨日はちょっと二日酔い、楽しいと飲みすぎちゃうねえ。
それにしても最近ワインが抜けないなー(寄る年波には勝てませぬ)

カラダの声を聞いてみると、案の定“めかぶコール”。
韓国産じゃなく三陸産でね!とのリクエスト。案外売ってないんだけど。
つるシャキ感とわかめのうまみ、ポン酢で食べれば酒疲れの内臓もリフレッシュ。

冷凍ごはんがたんまり積もっていたので、
1.地鶏かつおだしにショウガを入れて煮立て
2.鶏ひき肉に酒を混ぜただけの団子を指でちぎっては放り込み
3.最後にごはん・めかぶを入れて
サラッとやさしい味のお雑炊に。
食べるときカボスを搾るとキリッとひきしまり、つるつるいくらでも食べられます。
子スヌ4杯おかわり。 ごはんの中の赤いのは赤米。
c0047897_17382397.jpg
なんだか写真、暗いな。ごめんなさい。
おかずは
●小松菜のごまマヨ(練りごま・そばつゆ・マヨ)和え
●ピーマンおかか炒め
●三之助の厚揚げ

三之助は面白い。 →→→
じゃなくて、おいしい。
豆腐もそれなりにおいしいですが、厚揚げは別格のうまさ。
すべての面をフライパンでキツネ色にカリッと焼きつけ、いい醤油をタラリ。
大豆万歳! と三唱したくなる味わい深さ。日本人に生まれて、よかった。
by snuko | 2007-10-23 12:49 | ●献立いろいろ | Comments(2)

高野豆腐の和風グラタン

いただきものシリーズ第?弾。
少し前になりますが、NAOさんからの九州旅行のおみや。
c0047897_17414248.jpg
うーん! ディスカバリー・ジャパンって感じですね。
こういう乾物って、何もないとき「そーだ☆あのコがいた~」と取り出せて重宝。
量がたっぷりあった高野豆腐は、和風グラタンにしてみました。

1.玉ねぎ薄切り、豚コマ、ソーセージ、きのこ類など味の出そうなものをバターで炒める。
2.水を1カップほど加えて煮立て、地鶏かつおだしで濃いめに味つけし牛乳を加える。
3.湯で戻し水気を絞った高野豆腐を一口大に切り、2に入れてぐつぐつ煮る。
4.3を耐熱皿にあけ、チーズとパン粉をのせて高温のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。
c0047897_17455892.jpg
要は肉野菜ミルクスープを作り、高野豆腐に吸わせてから焼くだけ。
スープがおいしければOKなのでヴァリエーション自在。
この日は冷蔵庫に残ってた枝豆なんかも入れちゃった。
口の中で、ジュワーッと熱いスープがしみでる瞬間が幸せ。
普通のグラタンよりさっぱりめでごはんに合う、しみじみおかずです。
by snuko | 2007-10-18 12:36 | ●お肉レシピ | Comments(0)

はりきりピクニック

もう水曜!ですが、この週末は秋の大ピクニックでした。
冷めてもおいしいもの・持っていけるものと、数日前からメニューを練り練り。
当日は、2口コンロフル稼動・熱中集中で黙々と作業。
c0047897_2043713.jpg
〈右上から時計回りに〉
●きのこと栗のパスタ ●大根のイタリアンきんぴら ●カレーかぼちゃのナッツソテー
●プルーン煮豚 ●きゅうりとゆで卵ピクルス ●パエリア
●サバ缶のフレッシュサラダ

栗・大根・きゅうり・かぼちゃは栗駒産、感謝であります。かぼちゃが甘い~^^!
レシピ…は大儀なので、気になるものは個別にご質問ください(スミマセヌ)
やっぱりそれじゃイカン! とざっくり記しました→最後へ

これをジップロックなどに詰め詰め。
子スヌふたりもお手伝い(ポリ袋を手にかけてるとこが工場っぽいですネ)c0047897_19523046.jpgc0047897_19525134.jpg

えらいぞー!




大急ぎで着替え、公園へGO! →レポートはおなじみの「お食事」で。

ひんやり曇り空も、ピクニックにどんぴしゃり。
(「紫外線が少なくてよかったねぇ~」と言い合う三十路集団)
シアワセな秋の1日でありました。

今日は、スヌチョが保育園のクラスでまたまたピクニック。
ピクニック達人の自負があるため「みんなにおしえてあげるんだっ」(何をだ?)
と鼻息荒く出かけていったとさ。
c0047897_207163.jpg
お友達から浮かないようオーソドックスにまとめました…(ウソ。細かいことが苦手なの)
デザートの干し杏が母の愛。お天気よくてよかったネ♪

ざっくりレシピはこちら→
by snuko | 2007-10-17 12:27 | ●ケータリング・パーティ | Comments(11)

ゆで卵のピクルス

同僚のSくんが、新築マンシオンをご購入。
ピカピカキッチンで自炊に燃える彼に、
万能の1本・地鶏かつおだしを進呈したら、お返しに高級卵をいただきました。
c0047897_1424491.jpg
まぼろの卵、だって……うわー。消えちゃうと困るので、大急ぎでまずはゆで卵に。
うま! 限りなく透明に近いブルーがかった白身と、冴えたオレンジ色の黄身が麗しい。

この瞬間を永遠に止めたい------!(←すみません今日ちょっと劇画モードです)と
あとはピクルス液に漬け込んでみました。

卵のピクルス、ご存じですか? おいしいんですよ。
幼いころ、日曜の朝に六本木の「ザ・ハンバーガーイン」(つぶれちゃって悲しい…と
悼んでいたら、なんと西麻布にリオープン!まだ行ってませんが)で
ビールのお供にこれをつまむ父を見て、
早く大人になりたーーいっ と思った1品。

白身がきゅっと締まって、たしかにビールによく合う。
きゅうりのピクルスといっしょにパンにはさんでもグー。
レシピは、ひとつ下の記事のピクルス液に、ハードボイルドエッグを漬け込むだけ。
心もち、ビネガーと塩多めでもいいかもしれません。画像は次回。
by snuko | 2007-10-16 12:20 | ●おつまみ小皿 | Comments(3)

きゅうり3段活用

秋の1枚。『クウネル』表紙に、ってお声がかかったらどーしましょ
c0047897_1754054.jpg
この連休は、
①子スヌたちの運動会→公園で酒盛り→お友達のおうちに突撃し酒盛り
②グルジア餃子リターンズ大会(詳細はこちら
③スヌ夫実家でまたも餃子大会
と、酒と餃子に彩られたナイスな3日間でした。
おかげで子スヌの餃子包みも堂に入ってきて。そのうち中華街に修業に出しちゃおう。

さて、連休前に心の故郷・栗駒からすてきな小包が。
c0047897_17292839.jpgあけび、栗、自家製味噌、練り味噌、大根、新米、
坊ちゃんかぼちゃなどなど。
さらにきゅうりが20本・姫きゅうり1袋!



そのままかじるだけでパリッと青臭く、いくらでも食べられそう。
新鮮なうちに、と10本はにんにくの効いたピクルスに。

あとはグルジア餃子リターンズ大会で、和えたり炒めたりしてお出ししたところ、アッという間にみんなのお腹に収まりました。          
(レシピは最後に)                 photos:kuwa
c0047897_1730557.jpgc0047897_184105.jpgc0047897_17392796.jpg








c0047897_17322331.jpg驚いたのはあけび。生まれて初めての味・まことに不思議。
タネのまわりの乳白色のところを食べるんですねえ(常識?)
子スヌはずーーっとタネを反芻していました。
味は柿のタネのまわりの甘みに似てるよーな。

どっさり美味をいただいてホクホク。
アツコさんありがとうございます!
栗は一部茹でて食べ、生のままのは鬼皮を剥いて冷凍。
スヌ夫が連休中に東欧・北欧に旅立ったので、
来週帰ってきたら新米の栗ごはんでも作るとしますか。

ご参考までに・簡単すぎるきゅうり料理はコチラ
by snuko | 2007-10-09 12:36 | ●野菜レシピ | Comments(6)

再現・サンマ飯

激しくデジャヴュな画像、スミマセヌ。
満を持し…てると旬が去っちゃうのでぶっつけでやってみっぺ、と昨夕サンマ飯に挑戦。
サンマは帰り道のフードショーで内臓と頭を落としてもらい、
酒+醤油(米2合:醤油大さじ3とかなり濃いめ)を混ぜて水加減した米にのせて
そのまま炊くだけ。はっきり言ってカーンタン。仕上がりは……
c0047897_17152195.jpg
ま、こーなるよね。ピッカピカで気分上がります。
でもぅ、1発でお店レベルの味にはぁ……と謙虚な気持ちでおりましたが、
骨を取って混ぜるスヌ夫が「にほひは山登と同じ」とか呟くのでちょっと期待。
そして一口・もぐもぐ。「山登で働けるんじゃない?」

ホントーーーー!!!!???♪♪♪とスヌ子も一口。
ふっくらしたサンマの身から出る脂と、しっかり醤油味のごはんが混ざってうまっ。
c0047897_1720073.jpgサイドメニューは茸いろいろを
フライパンでジワーッと空焼きし、
醤油と酒をジュッ。
どちらも、出合いもののカボスを搾るとさらにうまうま。
子スヌたちもはぐはぐ。
旬のものってホント、手をかけずともおいしい味を出してくれるのね……。

ビールの後は浦霞のひやおろし。
ひやおろし=昨年取れたお米で仕込んだお酒を寝かせ、夏の暑さが去ってから生詰めしたもの。
近所の酒屋さんによれば、
「10月1日は日本酒の日!
1年のうちでいちばんお酒がこなれてうまみがのってる時季なんですよ」。なるほどー、それなら飲まにゃ。
とか理由をつけてはちくと1杯、ほくほくと眠りに就くため
“天高く馬もスヌ子も肥ゆる秋”となるわけですネ。
運動もせんと……(焦)
by snuko | 2007-10-04 17:22 | ●ごはんもの | Comments(3)

グルジア風水餃子

土曜昼 「てべりをつけて」と 泣く子かな        好温子

そんなわけで雨の週末、テレビをつけると『キユーピー3分クッキング』が。
民族衣装ふうの刺繍入りブラウスを着た女性が何やらこねこね。
お題は「グルジア風水餃子」だって……どこやグルジア。
でも、あれ? 意外とカンタン・面白そう。
近頃おにぎりの腕がめきめき上達した子スヌたちを、次のステップに導くチャンス! 

〈材料〉皮:強力粉400g 水1カップ強 塩小さじ0,5
    具:合挽き肉500g 塩小さじ1,5 水半カップ 
      玉ねぎ・香菜・イタリアンパセリ(すべてみじん切り)適宜  

1.強力粉に塩を溶かした水を注いで混ぜ、ラップをして常温で30分寝かせる。
2.包丁で20等分に切り分け、打ち粉をした台で丸く伸ばす。
3.具の材料すべてをよく混ぜ、皮で包み、沸騰した塩湯に入れ浮いてから2分茹でる。
コレダケ。やってみましょー!

c0047897_17254619.jpg←粘性の高い生地は
打ち粉をたっぷり。スヌチョ真剣

c0047897_1726535.jpg←おもちゃ麺棒大活躍 ↓直径20㎝くらい。具もてんこ盛り

c0047897_17271783.jpg





c0047897_17273951.jpg←おにぎりグセでつい握るスヌベル。
出来上がりは団子

c0047897_1728818.jpg←包みあがり。
巨大な小龍包ふう+ニャンコふう
(かの地ではとんがった部分を
手で持って食べ、そのオヘソの
部分は捨てちゃうそうな)




ゆでゆで→じゃーーーーーん!! 
c0047897_17283669.jpg
おおっ・リアルシンプルなこの迫力!現地っぽい!!
(ま、グルジアの民族性など皆目知らないわけですが)

皮は“すいとん”ばりに厚いところもあるけど、それがまた手作りっぽい。
具に水を入れることで、小龍包のようにジュワッと肉汁が染み出す感じになるのです。
c0047897_17503117.jpg

↑後ろの地図帳で、すかさずグルジアの位置と特徴も確認。勤勉なスヌ夫よ
(ちなみにカスピ海ヨーグルトで有名なコーカサス地方の近所で、第3次産業がさかん)

そうそう、具の味つけですが、お肉の味がよければ塩で充分そうだけど
今回フツーのひき肉だったのでナンプラーを加えてみました。
あと香菜もイタパセもなかったので、セロリで代用。

20個はとても食べきれず、茹でて冷蔵。
翌日、スヌ夫が焼いて食べたら
まだ肉汁がジュワーーッと出てきてすごくウマ!」かったそうです。
皮がムチッと厚いからね、食べでもあるよね。

家族のレクリエーションとして、またお一人でも
“手作業がカタチになる”というのは楽しいもの。
ボリュームがあるので主食がいらんというメリットも。
うれしい連休のつれづれに、お宅もひとつ(いや20個)いかがですか?
by snuko | 2007-10-02 12:20 | ●お肉レシピ | Comments(6)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●ほかほかお鍋
●スープ・汁物
2016.1 富山・金沢旅行
2016.1 富山・金沢旅行
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家