border="0">

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タイ大根

やっと降りましたね雪。ちゃっぷいちゃっぷい。
冷え込んだ昨夜は、ぶり大根ならぬタイ大根。
スーパーで二つ入りパック350円だった真鯛のカマ+大根を煮ただけですが。
c0047897_16253395.jpg
1.鯛カマに軽く塩をして数分置き、熱湯をかけて霜降り。
2.1とだし昆布、大根輪切り、酒、塩、かぶるくらいの水を
  圧力鍋に入れ、沸騰したら昆布を取り出して淡口醤油少々を入れ、
  一番弱い圧で5分ほど煮て火を止め、そのままほったらかす。

以上を前の晩にやっておいたので、昨晩、帰宅してフタを開けたら
澄みきった鯛の潮汁の中に、よく煮えた味しみ大根が。
戻した塩蔵ワカメを加えサッと温めてできあがり。

上品なおでん屋(なんて行ったことないけど)ってこんな感じかな?
大根がすごく甘くて、カマについた身はほろっと柔らか。
子スヌたちには魚の目が珍しかったらしく「めだま♪」と宝物のようにキープ
(→その後、テーブルの下に落とし号泣)
目の周りのゼラチン質もしっかりしゃぶっていました。

圧力鍋がなければ、普通の鍋で少し長い時間煮てほったらかしておけば、
同じようにできることでしょう。
こんなメニューで雪見酒…と行きたいところがまだ水曜。
週末、ゆっくりできるときにどっさり降ってほしいものですネ。
by snuko | 2008-01-23 12:10 | ●魚介レシピ | Comments(3)

初めての圧力鍋レシピ・鶏れんこん粥

買っちゃったのです。ずーっと欲しかった圧力鍋。
メーカーは数あれど、陽気なラスタカラーの圧力表示がキュートな、
ポルトガルはシランポス社の「スーパークイック」を選択。

記念すべき鍋おろしレシピは、長時間選手代表・鶏ガラスープ。
湯通ししたガラを水洗いし、たっぷりの水・長ねぎ・しょうがとともに圧力鍋へ。
ポ製ゆえか説明書がじつに読みにくいため、とりあえずガッチャンとフタを閉め
ガラガラ強火で煮立てていくと……。あらま! もれるはずのない湯気がモクモク。
あわてて読み返せば「はっきりと湯気が出るのは異常。内容物は鍋3分の2にとどめよ」、
うひゃーー5分の4くらいまで入れてましたよ!!
圧を逃がす弁を緩めると、わずかな隙間から煮えたぎったスープがシューッ・きっ危険!
入れすぎに とにかく注意 圧力鍋」 とまずは一句。

c0047897_186238.jpgさて、水を減らして最高圧で煮ること15分。
自然に圧が下がるのを待てない(せっかち)ので、フタに水をかけて急速冷却。ギギッとあけると、うるるんとツヤのある濃厚なスープが♪♪
ほんと、あっという間(感動)

ガラとネギを取り除いたスープ
に、骨についてた肉・お米2つ
かみ・乱切り蓮根・塩を入れ、
再び圧をかけて10分ほど。
今度は自然に冷ましたら、
鶏スープを吸い込んだふっくら
トロリのお粥ができてました。

滋味豊かとはこのこと…とまったり食感にうっとり。寒い季節に持ってこいの簡単レシピ。

迷ったが 買ってよかった 圧力鍋
by snuko | 2008-01-22 12:52 | ●ごはんもの | Comments(2)

こんにちは川越

芋の街、川越。
c0047897_11235327.jpg
休日、家族で菓子屋横丁を目指したのです。
c0047897_11242812.jpgc0047897_1125370.jpg




昭和のよき
時代に
タイム
スリップ。





c0047897_11284280.jpg


イヌも、世田谷あたりでは
見ないファッション。




この後、買い食い三昧。

川越買い食いルポ→→
by snuko | 2008-01-21 12:05 | こんにちはスヌ子です | Comments(0)

ピーマン丸ごと煮

昨晩は雪が降ったんですね。THE真冬! 空気が澄んでてうれしい^^
どっこい、まったく季節はずれのピーマンです。
毎日、手料理ルポをしてくれる同僚・マクロビSくんから教わったレシピ。
オリジナルは「ピーマンとエリンギをゴマ油で軽く炒め、醤油・酒・水を加えて煮るだけ」
だっけ? うろ覚えのまま、手持ちの野菜で試してがってん。
c0047897_11425633.jpg
1.丸ごとピーマン、ブツ切りなす、えのきを大さじ1のゴマ油で軽く炒め
2.醤油と酒各50cc、水1カップ半 を加え、沸騰後、15分ほど中弱火でジブジブ煮る

「くたくたになったピーマンをかむと、中からじゅわわーーっと汁がっ!
それにぜんっぜんピーマン臭くないんですぅう!!」

迫真のルポどおり、ピーマンの水分が凝縮された旨汁は丸ごとならでは。
ほんのりゴマ油香も効いて、あっさりだけど物足りなくはない、なかなかの一品。

c0047897_1151402.jpg早くも挫折しがちなダイエットを
意識し、この日は

●長芋ごはん焼き醤油風味
●キャベツのレモンおかかおひたし
●鶏と豆腐の清汁
●でも、ビール

こういう献立が続けられれば……

いいんだけどねえ(ボヤキ・オチなし)
by snuko | 2008-01-17 12:03 | ●野菜レシピ | Comments(2)

素敵な素敵な贈り物

連休前の晩、NYから、初めてお目にかかる目上のお客様。
食のお好みもわからないので、作りなれた家庭の味をお出しすることにしました。
華を添えるおもてなし助っ人・及び記録係はこちら→ 「お食事」

c0047897_1111086.jpgお酒好きの方ゆえ、まずはプレミアムモルツ、カヴァの泡で下地作り→赤ワイン→テキーラと飲み進み、初対面とは思えぬ盛り上がりを見せる宴席。
メニューの中ではレバー納豆韓国風じゃが
かつおぶしにゴマ油ジューッ+卵黄和えの
大根サラダが好評。
いかに海外生活が長かろうと、日本人のDNAに
訴えるのは居酒屋メニューである! 
と、あらためて認識した次第です。

お土産にいただいたのは、モダンなランチョンマット、テキーラ、そしてチョコレート。

このテキーラ、40度もあるのですが口当たりがスムーズすぎて・もうもう。
ツンとしたアルコール臭をまったく感じない恐ろしい1本。
ストレートでもくいーっとイケちゃって、一同「コレ危険!」「あぶなーーい!!」「うまっ!!!」と大騒ぎ。アッという間にカラになってしまいました。

c0047897_163543.jpgさらに、子スヌが隠匿してて、翌日リュックから発見された
シャンパントリュフ。 これ! 
実は思い出の一品だったのですマモルさん。

スヌ子がジョン・ローン宛てに
日記をしたためていた夢見がちな高校生の頃、初めて買った「オトナのチョコレート」。
今でこそ珍しくない舶来チョコレートブティックですが、当時はとてつもなくおしゃれでレアなものでした。忘れもしない、ラフォーレ原宿1階にスイスの名門・トイスチャーがオープン! と雑誌(『オリーブ』だったかねぇ)で見て制服で乗り込み、あまりの高級さに気後れしつつ1粒だけ買って帰り、家族にさんざんからかわれたっけ。
雑音を排して深夜、そっと口にした一粒の夢のようにおいしかったこと。
(もちろん日記には「ジョン、なんておいしいんでしょう!あなたと食べたい…」と記入)

星霜20年を経、ここで巡り合えるとは…。
麗しい緑色の箱を裏返しじっくり眺めれば、なんとFine Champagne Dom Perignonの文字! こ、これドンペリ入ってるんだー!!!! ああああありがたすぎる~~。
また、離れていた長い歳月を埋めるかのように食べでのある16粒入りがうれしい。
c0047897_1102056.jpg愛らしいマトリョーシカフォルムをかじれば、
しっとりガナッシュに包まれたシャンパンクリームが
とろけて…もう……
言葉にできないおいしさ………。

←この白い部分がドンペリ・クリーム

実は今、ひとりきりでコレを味わうために、
深夜起きているの。
うおーーーーーおいしいぞーーーーー!!!!
え、ダイエット? いいの、もう。
これがなくなってからで。

ちなみに、調べてみたら灯台下暗し・日本橋の高島屋B1でも買えるみたいです。
これからの人生を照らす指標ができました、何かあったら必ず買いに行こう。
皆さま、私へのプレゼント及びご機嫌伺いはコレをくださればまず間違いありません。

はぁあ(←満足のため息) マモルさん、本当にありがとうございました。
また遊びに来てくださいね。今度は温泉卵作ります!
by snuko | 2008-01-16 00:55 | ●いいものみっけ | Comments(2)

さんまカレーの誘惑

お正月太りが凄まじいのです。
「太っちゃって~(エヘ)」と水を向けても、誰も否定してくれない。
どころか、“黙って目をそらす”(スヌ夫)、“「3人目?」”(保育園ママ仲間)、
“入らない”(ジーンズ)など、あからさますぎる反応ばかり。
もはや後がない…ということで、まずは楽天最安値の体脂肪計つき体重計を買いました。

さらに、ローカロリー狙い+冷蔵庫掃除をかねて作ったのは、
根菜どっさりと脂身抜きのベーコン少々、トマト缶を煮ただけのミネストローネ。
こちらを重点的に食べごはんの量は減らす目論見で、1日目は成功♪

c0047897_23501841.jpgこういうものはたっぷり仕込んで使い回すに限ります。
鍋半分くらい残っているのを、2日目はカレーに展開。
スーパーの年末在庫一掃でまとめ買いした
さんまの水煮缶(魚の水煮はとにかく使えます)を投入、
さらにトマト缶とローリエ、
クミンシードを指でひねりつぶしながら追加。
(わが家は子スヌ向けに、辛くできないのでクミンを入れますが
辛いの無問題な場合はもちろんカレー粉でどうぞ)

味見してみると、なんかサラッとしすぎ? ルーが入ってないからねぇ。
そこで、ココナッツミルクとナンプラーをプラスして煮込んだら、
エスニック風味のこくまろヘルシーカレーができました~。
c0047897_23473816.jpg
実は、翌日遅くなる日だったので前夜にササッと仕込んだら
夜中にカレー香をかぎつけたスヌ夫が速攻つまみ食い。
「うまいよ~食べれば~」と言われても、わが腹を見下ろしひたすら忍の一字。

ところが! 
翌晩、家族が寝静まってから帰宅したら、鍋にひと皿分残ってるではありませんか。
夕食は済ませてきたというのに、どーーーーしても食べてみたい誘惑にかられ…
そしてこの写真になったとです(撮影時間:23時)
ついでにワインものんじゃったよ~~(泣)

やっぱりおいしいものの誘惑に勝てない。ガマンするとリバウンドする、と。
身近なダイエットフリークに、泣きながら事情を訴えたところ、
「とにかく全般的に食べすぎだから1食控えるだけで違ってくるよ。
お昼を“置き換え食”にしてみれば」。 は? オキカエショク? 
「はいコレ」とサンプルをくれたのは、牛乳で溶いて飲むフルーチェみたいなもの。

私、ちょっとだけがんばってみます。
四捨五入するともう不惑だしね、成人(←倍だけど)病も怖いからね。
というわけで皆さん、どうかしばらくハイカロリーランチには誘わないでくださいまし。
行くなら「砂場」か「酔心」のにゅうめん定食だけで……なにとぞなにとぞ。
by snuko | 2008-01-09 23:44 | ●市販品+α | Comments(5)

残りもの活用術

とにかく食べ続けのクリスマスから年末年始。
ごちそう三昧でも、残り物もムダにはできません。
この時季によくやる「残り物のお楽しみ」を、ちょこっとご紹介。

c0047897_1101824.jpgクリスマスに焼いた丸鶏は
1.骨にしがみついたお肉をむしって
  ネギとゴマ油和え。
2.骨は、中に詰めた香味野菜ごと
  たっぷりの水でじっくり煮て
  スープをとり、濃い目のかつおだし
  と合わせ、塩と淡口醤油で調味。
3.中華麺をゆで、スープをはって
  1とゆでキャベツをトッピング。
「年末や
  胃壁にしみ入る
      あっさり麺(字余り)」

え?何を今さら? 
てゆーかもう丸鶏なんて残ってないし?
そりゃそーですよね・あちゃー。
失礼しました。では、きたる今年の
クリスマスの参考になさってください。

c0047897_1212829.jpg続いて、おせちに入れた鯛の昆布締め。
ラップで昆布ごと包んでおくと、
日に日に昆布の味がしみこみ、
身はアメ色にしまっておいしくなるので、
これはだし茶漬けに。
炊き立てのごはんに鯛をのせ、
アツアツのだしをかけて。
どなたでも思いつきそうなものですが
まあ絶品ですのでお試しを。


今年は「黒豆汁粉」も
けっこう食べました。
シロップごと焼いたお餅にかけるだけ。
小豆のお汁粉よりもクリアな味わいでさっぱり、イケます。

あとは、毎年推奨し続け、確実にファンの輪を広げているのが「黒豆リコッタ」。
そのものズバリで、黒豆とリコッタチーズをクラッカー(クラコットがおすすめ)に
のせるだけですが、もーーーう止まらない・体重増加請け合い。
リコッタは、沸かした牛乳+生クリームにレモン汁を加えるだけで
カンタンにできるのでレッツチャレンジ。

数の子の残りは、玉ねぎスライスとレモン汁・オリーブオイルであえれば洋風オードブル。
シャンパンに合いすぎ・クリームチーズを加えても美味しすぎ。

小ネタばかりで恐縮。さー、そろそろ平日ごはんモードに戻さねば。
by snuko | 2008-01-08 00:35 | Comments(2)

おせちでございます

遅ればせながら。お正月といえば、この画像ですよねやっぱり。
今年はけっこうバランスよくまとまったので、初公開。
c0047897_0344519.jpg
「すごいおべんとーーっ!!」とはしゃいで手をのばすわが子にも
「去年はじぇんじぇん反応なかったのにね~」と成長を感じたり。
でも十数年後、この子たちが巣立つ頃にはおせちを作ることもなくなるんだろうな…
なんて、ずいぶん先のことにも思いをはせたり。
年に一度の伝統行事だからこそ、そんな来し方行く末を感じさせてくれます……。

とかシミジミしつつも、実は
自分の好みの味だけ詰め込んで一気に食べられる醍醐味!
「今年もやり遂げた!」という満足感に浸りつつシャンパンをあける醍醐味!
これがやめられないんですわ。

娘たちが巣立っちゃっても、やっぱり作り続けるかも。

備忘録を兼ねて詳細。ご興味あれば→→
by snuko | 2008-01-06 00:31 | Comments(5)

あけまして

おめでとうございます。
c0047897_1464869.jpg
もしかして、皆さんの初夢に登場してしまったのではないかと危惧されるほど、
ずーーーーーーーーーーーっとローストチキンの写真で申し訳ございませぬ。
年末年始、パソ子に触れることもなく、ひたすら烈しく飲み食いしておりました。

手帳を開けば、年末から並ぶ文字は
「ふぐ」「ワイン会」「中華街」「すき焼き」「ぼたん鍋」「北京料理」「ライオンビヤホール」
……すでに、もし『目方でドン』に出場してたら漬物石を追加できそうな勢い。
さすがに今、食べ物のことを考えるのがつらいので、
2008初更新はお花で失礼いたします(鏡餅ってなんで割れちゃうんでしょうね)

ふたまわりほど大きくなったスヌ子を、本年もよろしくお願い申し上げます。
by snuko | 2008-01-05 01:05 | こんにちはスヌ子です | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家