border="0">

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中華風ぶり大根

このところ、ふだんのごはんを全然紹介していませんでしたね…。

冬はいつも似たよーなスープや煮ものを使いまわして生きておりますが、
こないだ思いつきで作ったら家族に好評だったのがこれ。
料理教室に来てくれた、ご主人の実家が農家のママ仲間から「お礼に」といただいた
大根丸ごと1本に、ぶりの旨みを吸いこませました。
しょうが+ゴマ油+黒酢の香りがぶりのクセとなじんで、
コクはあるけどクドくない仕上がりです。
c0047897_0461998.jpg
1.輪切りにし隠し包丁を入れた大根を、ゴマ油をひいた鍋で両面焼きつける。
2.水4:醤油1:酒1くらいの割合の煮汁(なめてみてやや薄めと感じる程度)を
 鍋の大根が浸る程度入れ、強火で煮立たせアクをひく。
3.熱湯で霜降りにしたぶり(切り身と、あればカマ)、生姜薄切り1片ぶん、
 中国黒酢2回しほどを加えて、中弱火にし落としぶたをしてフツフツと10分ほど煮、
 火を消して味をなじませる。
4.柚子皮を散らして召し上がれ。お好みでどっさり香菜も合いそう。

c0047897_0492599.jpg
作りたてより煮返した翌日、翌々日がおいしい。
忘年会で大酒飲む日にも、
置き土産として作っておけば家族もにっこり。
朝ごはんにも、味しみしみ大根のしあわせ…。

残った煮汁は、網かキッチンペーパーでこして冷蔵保存しておけば、
のばすだけで滋味深いスープが登場。


鶏ももブツ切りと野菜を足して、しみじみうまい煮込みうどんにしたり。
うどんを食べ終わったらおもちを入れて、寒い朝のおなかをあっためたり。
c0047897_0501527.jpgc0047897_0504382.jpg












魚+肉、海のものと山のものが合わさると立体的なうまみになるんですよね。
これはさらに黒酢の風味も溶け込んでるので、まこと奥行きのある味わい。
展開料理の基礎として十分な力量といえるかも…お試しあれ。
by snuko | 2009-12-10 00:55 | ●魚介レシピ | Comments(5)

お料理レッスン11月:photos

ご参加いただいた方々が、写真をアップしてくださいました。
枚数多くて申し訳なし…上手に並べるの、手間も時間もかかってタイヘンなんですよね。

爆笑必至! 
家政婦猫“二胡”の、のぞき見生活

ここではもうおなじみ
お食事

ありがとうございます!!
by snuko | 2009-12-08 18:20 | ●お料理レッスン | Comments(4)

冬の沖縄・那覇レポート

2泊3日で沖縄行ってきました~。7、8年ぶり。
今回はスヌ夫が手がけた仕事で賞をいただき、
おめでたい出張だったのでカメラマンとして同行♪
トロンと生温かい空気、色とりどりに咲く花、のんびり運転や
地元民のて~げ~な対応に癒されてきました。

初日に行ったお店がまたおいしくて! 久々のレストラン紹介。
「カラカラとちぶぐゎー」
c0047897_17284563.jpgc0047897_17294882.jpgc0047897_17303581.jpg








お通し:あん肝、白菜漬け(もろみっぽい)、刺身キムチ和え、バジル大根。
海ぶどうサラダを頼んだら、ぶりぶりの鯛とかエビとかのっかって。野菜もパリパリ。
島ダコのシークワサーマリネ。しこしこサッパリ。

c0047897_17342497.jpgc0047897_17331036.jpgc0047897_17335128.jpg








グルクン空揚げ。骨までパリッパリ。カルシウムカルシウム。
沖縄が誇るブランド豚、あぐーをサッと焼き。脂が甘いっ。
エビの石垣島ラー油炒め。

c0047897_17374056.jpgc0047897_17382294.jpgc0047897_17385551.jpg








いかすみ握り。真っ黒いシャリがまろやかでコクがあり全然生臭くない!
明太子も石垣島ラー油漬け。石垣島ラー油の個性に改めて感動。
アタシもこーゆーの編み出して一発当てたいな~、と酔っ払いの戯言。
シメはやっぱ“すば”だよね。メニューにないけど頼めば作ってくれます。

お供はもちろん泡盛古酒(クースー)。中でも黒真珠は思い出のお酒。
ぶわっと甘―いお米の香り・やわらかい口当たり。
いいお酒に酔い、懐かしい人の元気な顔を見てバタンと眠る、最高の休日。

翌日は新原(みーばる)ビーチへ。♪だーれもいない海~うみ~うみ~
c0047897_17423063.jpg


c0047897_17432723.jpg


海辺で食べる
かたいステーキ…。
すっぱいA1ソースが
沖縄っぽい。













c0047897_17452383.jpgc0047897_17454825.jpg
夜はメインイベントのレセプション。思ったより大規模。
ひえ!会場に沖縄そば屋台!!








c0047897_17463542.jpgc0047897_1747768.jpgc0047897_17575321.jpg








そのままなぜか博多もつ煮「五臓六腑」。
盛り上げた野菜が煮えるにつれ沈んでいく様は壮観。
コプチャンの脂がプルプルじゅわー! シメはおじや。ホルモンから出汁でまくり。
沖縄の男性陣(ごく一部)によると、このままキャバクラに流れるのが定番コースと。
なんか、ストレートですね欲求が…。
食後はシックな大人のバーStirで、デザート代わりにアレキサンダー。


c0047897_1748303.jpg
首里のホテルからは、「ゆいれーる」が見えました。日航沖縄グランドキャッスル。
古いけどとっても清潔・朝食バイキング充実でいいホテルだったにゃ。

c0047897_17492625.jpgc0047897_17495446.jpg








最終日は伝統的沖縄料理の「いろは亭」でランチ。
大好物、田芋(たーんむ)コロッケ食べて満足。
3日間おつきあいいただいたスヌ夫旧友I永さん、ご案内ありがとう!

c0047897_18272247.jpg


飛行機では空弁の大東寿司を。

ふー。出不精な私ですが、
たまには旅もいいですねぇ^^
by snuko | 2009-12-08 18:03 | ●うきうき外食 | Comments(0)

ふんわりホタテディップ&生ハムバター

前回から一度も更新しないままに、この週末、
第2回目のお料理レッスンの日がやってまいりました。
(日々ごはんは作っておるのですがバタバタで…チェックしてくださる方、すみません)
c0047897_0114087.jpg
今回は「簡単デリシャス♪おうちクリスマス」というテーマで、
ササッとできてスペシャル感のあるメニューに。
メインはイベリコ豚ローストで、まーなんちゅーか素材に頼りきりだったわけですが、
前菜がなっかなか決まらず、毎夜試作につぐ試作。

最初は、ホタテとフルーツを合わせて「いかにもオードブル!」な
華やかさを出そうと思ったのですよね。クリスマスですし。

しかし、ホタテを大きく切ってフルーツと和えても、
細かく叩いてセルクルなどでこぢんまりまとめてみても、
c0047897_0133136.jpgc0047897_0142461.jpgいまひとつ
「この味!」
って納得が
行かず。

ホタテ自体もともとおいしいものなんで、まーそれなりにー…ではあるけど、何だかこなれてない感じ。
それなら思い切ってディップにしてみてはどーじゃろ?と、
材料の配合をさまざま変え、できあがった最終形が以下。

1.ホタテ6個に塩、レモン汁を振りかけ、しばらく置いて出た水気を拭き取る。
2.ホタテの半量と、マスカルポーネチーズ(帆立全量より少し多い量)、
 ベルギーエシャロット1片(玉ねぎでも可)、ディル3,4本、レモン汁半個分を
 フードプロセッサーに入れ、高速で撹拌する。   
3.残りのホタテを加え、好みの食感が残る程度に低速撹拌し、塩で味を調える。

これ! フープロのおかげで、ふんわりクリーム状になって食感も素敵~。
軽やかなシャンパンに合いそうな、ホタテのうまみとディルの香り。
出来上がった時は、深夜に安カヴァを1本あけてしまったほど。
あ、塩はキッチリ効かせるほうがおいしいでーす。

本番ではあわてていたのか、帆立全量を一気にフープロに
かけてしまったのですが、特に問題もなく^^; 
でも、やっぱりいい感じのプリプリ感を出すには2回にわけるのをオススメ。

コレだけじゃナンなのでもうひとつ、生ハムと同量の発酵無塩バターを
フープロにかけた「生ハムバター」(そのまんまやねん)を。
極小ココットに詰めてサーブ。
c0047897_0174343.jpgこのミニココット、100円なんですが
トレイにずらり並べるとドラマティック。

この後、十八番のポン酢+オリーブ
オイルの人参サラダや、
カレー風味のカボチャポタージュ、
ねぎ牡蠣グラタンと続き、メインが
イベリコローストりんごソース添えでした。
詳細はのちほど「お食事」にアップされるはずですのでお楽しみにっ。

初回は勢いで乗り切りましたが、2回目のほうが緊張したような…。
夢にまで見ちゃったもんね、
どーしてもおいしくできない前菜^^;
(画像:暗闇で役作りに苦しむ北島マヤ)

でも、準備は大変だけど、テーブルセッティングやワインの組み合わせまで
トータルで考えて手配するのって楽しい!
やっぱり目に見えるものを作るのが好きなんだなぁワタシ☆ 
としみじみ実感する次第です。

ご参加くださった方、ありがとうございました!!!
ぜひご自宅で再度作ってみてくださいねん。

c0047897_0204416.jpg
★オマケ★

試作を重ねると、
その証が冷蔵庫にぎっしり。
これは日々のごはんに生かさなきゃ
もったいないねぇ、と昨夜は
鰆のカレー風味ムニエルの上に
件のホタテディップをこってりんこ。
ディルとカレーのエキゾチックな風味で、
もちっとしつつも淡白な鰆を
おいしくいただけましたとさ。

ごはんが白くないのは古いんじゃないの。
薄味の炊き込みごはんなの…。

by snuko | 2009-12-02 00:40 | ●お料理レッスン | Comments(1)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家