border="0">

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011クリスマスディナー

クリスマスイブのごはん。
お仕事で公開したレシピ尽くしでしたが、
いつも試作の試食を強いている家族のため、ひたむきに、作ります…。
このフレーズ「演歌の花道」っぽいな…。

c0047897_054859.jpg
レモンチキンは、丈夫な特大ジップロック袋に
レモン汁2:オリーブオイル1+叩きにんにく+塩+唐辛子+ハーブの
マリネ液を作って、丸鶏をドン→もみもみ。

ハーブは生オレガノとローズマリー。
c0047897_063464.jpg
美しいボトルのオリーブオイルは、
以前kuwaがお酒と取り違えて持ってきてくれたもの。
いつも冷静沈着な彼女が、「あれ…っ?これオイル!?」と
大慌てした顔を思い出すたび、ふふふと笑っちゃう♡
ここぞというときつける勝負香水のように(?)、
大切に保管して使っておりますよ。香りとコクが素晴らしい。

さて、焼いている間にサイドディッシュもできあがり。
簡単なものばっかりじゃけんのー。
c0047897_083372.jpg
Bunkamuraのサイトに掲載したかぶのココナッツポタージュ、
洋梨とパルミジャーノ・くるみのサラダ、
牡蠣と椎茸、ブロッコリーのオイル蒸し。

c0047897_091393.jpg
主役焼けました。
期せずしてお尻からレモンの皮がハミ出ております。

c0047897_094470.jpg
レモンと鶏のうまみを吸いこませた、れんこんとじゃがいもがおいしい。
ミントヨーグルトも優秀かつローカロリーな脇役で◎っ。

c0047897_0101375.jpg
デザートは、近所のラテールで。チョコ味のブッシュドノエル。
ラテール、増殖してるけど最初の頃よりおいしくなってるよね~とか語り合ったり。

全体的に、超絶贅沢素材やこってり乳脂肪を使ってないのが、2011年ならではかな。
記念日ごはんには、その時々の気分が反映されますね。
by snuko | 2012-01-24 00:10 | ●献立いろいろ | Comments(2)

年末バタバタごはん

もうすぐ旧正月を迎えるというのに、
まだ年末の食をほったらかしにしておりました。
特筆すべきものでもありませんが、備忘録として記しておこうっと。
*******************************************
スヌ夫バースデイからクリスマスまで、
平日は何を食べていたかざっくりと。

c0047897_22453696.jpg
レバーパスタ。
赤ワイン、塩、しょうゆ、ローリエで煮詰めたレバーにリングイネを絡め、
仕上げにたっぷりのゆず果汁とグリーンペッパー。
見た目よりさっぱりしています。柑橘類はええね。
柚子の香、真冬だけの贅沢。

c0047897_2246292.jpg
深夜、ふとお腹がすいてアンチョビバタートースト。
私は残念ながら未訪の、目黒メッシタの名物だと聞いて真似っこ。
真夜中の禁断の味、おいしいに決まっとる。

c0047897_22462628.jpg
スヌ夫が不在の晩は、子スヌたちと女子会…そんな歳になりました。
女子会はおしゃべり&音楽(Bのつくアーティスト限定)が主役、
よって残り物片付けday。
スヌ夫ステーキ肉の残りをたたきにしといてよかった♡ のたたき丼。
牛肉には必ず茸!が家訓ゆえ、この日は素焼き椎茸を合わせております。
女子力をあげる繊維とヨード、イソフラボンを摂取すべく
昆布ごぼうのきんぴら、ゆし豆腐と共に。

c0047897_22465297.jpg
11月にKIWIで開催した中華おつまみ講座。
Tasty Kitchenの山田裕子先生による紅油ソース(自家製ラー油+甜醤油)は
スヌ族間で激しく熱いブームとなりましたが、
その日のサイドメニュー「砂肝花椒風味蒸し」も絶品!
平たく言うとスパイス入り塩水で砂肝を蒸すだけなのですが、細かなコツがたくさん。
陳健一氏の薫陶を受けた山田先生ならではの、
まさに無敵のシンプルレシピでした。
教えのとおり、長ねぎ・香菜・生姜・ごま油と和えて出したところ
スヌチョが「今まで生きてきた8年間でいちばんおいしい砂肝――!!」と絶叫。
山田先生、ありがとうございます! 
今年ぜひまたアンコールレッスンをば。

c0047897_22492885.jpg
またパスタ食べてる。
わが家は朝ごはんが純和食のため、夜は麺類が多いのです。
これ何だっけ…
そうだ、お肉が続いてるワッと思って椎茸と小松菜のベジタリアンパスタ。
鶏入り豆乳フランは強火で蒸しすぎて盛りあがってますが、
簡単・ウマなので冬は登場率高し。

c0047897_22503574.jpg
クリスマスディナー前日は、
「明日ごちそうだからお鍋にしよっか♡」というわけで、
ハナちゃんがナベテロリストとなって情報をばらまき
全国を歓喜の渦に巻き込んだH先生レシピ「白菜味噌バター鍋」。
水、みりん、味噌、バターを沸かしたもので白菜と豚肉を煮るというものですが、
前評判どおり、ひとり白菜1/4個は行けちゃう絶妙鍋。
今年の抱負1:錆び錆びコンロを買い替える。

そしてクリスマスデナーに突入。
早く年内ルポ終わらせにゃっ。
by snuko | 2012-01-23 22:54 | ●献立いろいろ | Comments(2)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!
もう明けちゃったのえーーっ、って感じではありますが、
大変な年だった2011年が去り、新しい年。

クリスマスディナールポもまだですが、それは後追いするとして、
この松の内に、まずはお正月の報告からまいりますね。
c0047897_16353887.jpg
昨年うちにやってきた京江倫子さんの版画と
奥野美果さんのガラス作品でお正月設え。

元旦の晩は、友人宅にお邪魔する予定だったので、
おせちはそちらで繰り広げることにして、朝は家族でまったり酒盛り。
c0047897_16361764.jpg
毎年ほぼ同じものをいただきます…。
とかいって昨年の記録見たら、ヤダちゃんとおせち作ってない!!
そうかー、昨年はKIWIオープン直後でイベント目白押しだったからなあ…。

今年は何となくしみじみと、初心に返って作りました。

炒り鶏は干し椎茸のだしで炊く薄味。
八つ頭って年1度しか買いませんが、ねっとりおいしいものですよね。

c0047897_16365432.jpg
三種肴のペペロン田作り、黒豆、数の子。
田作りは、フライドガーリック、アーモンドと共にパリッと。
黒豆は、毎年、実家で商っている太い錆ボルトを入れて煮る縁起もの。
醤油風味の砂糖液で煮て、豆がほぼ煮えたところに柚子皮と柚子酢を入れ風味付け。
数の子は塩抜き後、昨年お世話になった安藤醸造の白だしで味を含ませました。

今年は子スヌ大好物の千代呂喜が売り切れで号泣。
しょーがないねぇと紅酢漬け大根を型抜きしたらニッコリ。
c0047897_16375876.jpg
こんなおめでたい型どこで買ったんだったか?と思ってたら、
盟友A樹ちゃの上海土産だったと昨日判明…
忘れてたけど助かった、ありがとう^^

c0047897_16383647.jpg
実家の母が毎年買ってくれる、人形町日山の牛肉で和風ローストビーフ。
醤油2:みりん2:酒1+おろしにんにくのたれは永遠に不滅です。
真鯛とかいわれは昆布締めに。

c0047897_16391254.jpg
かつお昆布の一番だしに鶏を入れた澄まし汁に、
角餅、三つ葉、柚子、生麩か鳴門、柚子を入れたお雑煮も、毎年同じ。
お餅は年末、おじ友の長崎さんちでついたもの。毎年ありがとうございます。

c0047897_1639577.jpg
ニューイヤーシャンパンはルイ・ロデレール。盤石なおいしさ。

ころり。家族がお昼寝ちゃったところで、おせちの仕上げ。
夕方、お重を持って、近所の神社に初詣してからトットコ邸へ。

毎年家族ぐるみのおつき合いありがとう!
すでにテーブルには手作りからすみ大根、サーモン、柚子胡椒かぶなどがスタンバイ。
kuwacci到着でまずはキャムパイ!!(焦って写真撮り忘れ)

そして鳴り物入りで広げまする。じゃじゃーん。
c0047897_16412023.jpg


c0047897_1642121.jpg
〈一の重〉
●なますと三種肴。
 数の子はワインに合うよう、マスカルポーネとグリーンペッパー和え。
c0047897_1642371.jpg
〈二の重〉
●伊達巻:今年は日本橋神茂のはんぺんを使って。
 これまで鱈のすり身を使って微妙にイマイチだったのが、
 はんぺんだとしっとりきれいにできました。
●セロリ酢ばす:レッスンメンバーのYoshieさんが教えてくれた、
 甘さがちょうどいい内堀醸造の特選すし酢を活用。野菜を茹でて漬けるだけでおいし。
●シャンパン蒸し海老:天使の海老を朝のルイロデの残り+ローリエを入れたお湯でゆがいただけ。
●柚子釜サーモン:サーモン+長芋角切り酢漬け+いくら。
ちょっと柚子釜が多すぎ…かまぼこ入れようと思ってて忘れてしまいました。来年注意のこと。

〈三の重〉
●炒り鶏。

c0047897_16432315.jpg
〈四の重〉
●和風ローストビーフ、鯛昆布締め、あわびの中華煮。
 あわびは柔らかく蒸したものを、中華風ぶり大根の煮汁と
 TastyKitchen山田先生の甜醤油、自家製辣油で煮含めたもの。

c0047897_1644191.jpg
〈五の重〉
●きんとん風スイートポテト:皮をむいたさつまいもを、りんごジュース、たっぷりのみりん、
 サフラン、干し杏とともに柔らかくなるまで煮てつぶし、
 仕上げにバターをちょっぴり混ぜる。これ今年のヒット!
 上にのってるのが干し杏…無漂白で色が悪いですね^^;

今年はがんばったわぁー。と達成感にひたりつつがんがん食べます飲みます。

c0047897_16444783.jpg
ワインはフレスコバルディの泡もそこそこに、kuwacci持参の四恩醸造の「橙」。
最初ジュースっぽいのだけど、どんどん変化して違う味が出てくる面白いワイン。
左がトットコお手製の柚子胡椒かぶ。いつもどんどんつまんじゃう癖になる味。

ババーーーンと島根のコッテコテ霜降り牛登場。
c0047897_164577.jpg

すき焼き様。脂が甘い!ねぎがっ椎茸がっ白滝がっうまい!!!
c0047897_16453116.jpg


お腹いっぱいだけど飲みます。トットコ家お義父様お手製どぶろく。
c0047897_16461219.jpg

乳酸菌とか酵母とかが元気いっぱい弾けていそうなフレッシュさ。
ものすごくおいしい。

c0047897_16471060.jpg
アリオン2005も飲みます。スペインのロマネコンティとも呼ばれる、
ボデガス・ベガシシリアの素晴らしい赤ワイン。
ふっくらとした果実の香り、ジューシィな旨味、ほどよい渋味。これ大好き。

c0047897_16475233.jpg
四恩の赤。この真価は何日も経ってからと、後から知ることに。
残りを持って帰って2日たって飲んだ時の驚き。

誕生日プレゼントまで。
銀の鶴の帯留め…素敵! 早速翌日のお出かけでつけました。ありがとう。
c0047897_16481895.jpg


後は、ソファや床に転がってダウンタウンの年末番組を鑑賞→うたた寝。

平和で幸せな元旦でした。

ささやかだけど、みんな元気でおいしく食べられるってことが
いつにも増してありがたい年始です。
本年もよろしくお願いいたします。
by snuko | 2012-01-05 17:04 | ●ケータリング・パーティ | Comments(9)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家