border="0">

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雪見鍋、ぶりしゃぶ

いや~~すごい雪でしたねっ。
長女スヌチョが、数日前から呪文のように
「成人の日は、荒れる…!」と繰り返していたのを(天気に詳しいクラスメートがいる模様)またぁ~と思っていましたが。
朝おそく起きたら一面の銀世界!
雪国に生まれたかったと切に願うスヌ子、
しっとりした冷たい空気や
ときどきドサッとかたまりが落ちる音なども心愉しい。

スヌ子:今夜は湯豆腐か水炊きだね~♡
スヌ夫:じゃ日本酒買ってきますよ♡
などと友好的会話を交わし、
それぞれ買い物にでかけたところ、あいにく
♫ハァー、鱈もねェ!地鶏もねェ!(雪の日は忙しい吉幾三)
という有様。
しかしなぜか鰤祭りが繰り広げられていたので、迷わず大きなサク×2を買い込みブリしゃぶに決めました。
c0047897_1422830.jpg

ブリは案外クセがあるので、
振り塩をしておくなど下処理で
生臭みがとれるのですが、
今回はまたまた塩麹の力を借りることに。
昆布と塩麹を入れたお湯で、厚めに切ったブリと長ねぎ、せりを煮るだけのシンプルバージョン。
友達の実家でとれた瑞々しいゆずも添えて。

長ねぎは薄く切ってほぐし、
サッと煮て半生のところをブリにのせ、
粉山椒をぱらり。うま~っ♡
c0047897_1423016.jpg

お酒は雪景色に因んで出羽の雪。
まろやかでほんのり甘みがあって、ブリの脂にも合いました。
by snuko | 2013-01-15 16:02 | ●ほかほかお鍋 | Comments(0)

黒豆ミルク

いきなり自慢ですが、手製の黒豆をよく褒められます。
皆さん「シワが全然ない!!」と驚いてくださいます
(※願わくば顔のほうもそう言われたいものです)
が、コツはたったひとつだけ。
煮汁にどっぷり浸けっぱなしにすること。

煮ている間にフタを開けると温度変化でシワが寄る
という説もあるけれど、
たっぷりの煮汁に入って煮えていれば、影響はありません。
というか、一度もフタを開けないで煮上げるなんて無理だっちゅーの
c0047897_1712132.jpg
よって、お正月にウヒャウヒャと黒豆を食べつくすと
鍋いっぱいの煮汁が残ります。
温めてお餅にかけ、超あっさり汁粉として楽しむのが定番ですが、
温めた牛乳で割ってもおいしい。冬らしい、ほっこりとした甘み。
最近私の周りでは牛乳を飲む人が減っているので、豆乳でもいいですね。

黒豆の汁は、咳止めの効果もあるんですって。

お酒ばかり飲んでいないで、
たまにはこんな健康ドリンクでからだをいたわらなくちゃね。
by snuko | 2013-01-10 17:13 | ●デザート・オヤツ | Comments(0)

バージョンアップおせち

皆さま、2013年あけましておめでとうございます。
更新がまばらな拙ブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
c0047897_0103098.jpg
暮れは早めに仕事じまいをしたため、いつになくのんび~り過ごすことができました。
しかしアレですね、怠けだすと人間どこまでも怠けられるものだという実感。
作家の角田光代さんは「ずっとダラけて何もしないでいるのも3か月が限界
とおっしゃってましたが、角田さんって勤勉なのねぇ…と感心しきり。
「寝てろ」と言われれば、3か月どころか
半年でも1年でも寝ていられそうな自分が怖くなった次第です。

そんなダランダランの年末年始、唯一のミッションはおせち
いつもは自宅分のみですが、今年は、大切な友人からの依頼があったので、
例年以上に仕込みをがんばってみました。
ご家族ご親戚で召し上がるというので、量もたっぷりの5段重。
c0047897_0173493.jpg
ルポはこちら→

大みそかの夕方に無事お届けでき、自宅至近のバルで年越しパスタを食べ、
紅白もそこそこに寝てしまい(最近ほんとに夜弱くて)
↓この第九ワイン飲む予定だったのに・・・
c0047897_0204667.jpg


翌朝起きればお正月。
c0047897_0213787.jpg
ブランチは祝い肴三種に和風ローストビーフ、鯛の昆布じめなどを
カルネヴィーノの今井さんに教わったシャンパーニュ「MARGUET」とともに。
これがお手頃なのにバランスよくこっくりしていて、すごーく好み^^

c0047897_0224955.jpg
お雑煮もいつもどおりですが、
これが江戸雑煮と呼ばれるものだと知ったのは、つい最近のこと。
澄んだ一番だしに角餅、鶏肉、鳴門、小松菜、三つ葉、へぎ柚子。
小松菜はお箸で一度持ち上げて、最後にお椀に残します。
この数年、なんか足りないなー?と思っていたのが、
「名(菜)を上げて、名を残す」と母に言われていた小松菜、やっと思い出して加えました。

一家で抱負を語りあい、まったりしていたらなんと!またうたた寝してしまい、
あわてておせちを詰めて友人宅へ。
c0047897_0235016.jpg
昨年は同じくらいの量を5段に詰めたのですが、
わが家のお重が深いことに思い至り、
今年はみっしりぎっしりと3段に詰め込んでみました。
c0047897_0244499.jpg
〈一の重〉左上から時計回りに
●塩数の子と赤玉ねぎのレモンオイル和え
●アーモンド入り、ガーリックソルト和えのペペロン田作り
●イクラ、昆布じめ貝割れの柚子釜
●鳴門金時と干し杏を、りんごジュース、みりん、サフランで煮、バターを混ぜた芋きんとん
●干し柿と結び昆布入りの柿なます
●鯛の昆布じめ柚子風味
●柚子皮を入れて風味をつけた黒豆 
※千代呂儀のせ忘れ。今年は買ってあったのに…〈無念)来年注意のこと。

c0047897_0255973.jpg
〈二の重〉
●塩レバーペーストと胡桃入り松風焼き
●えびのナンプラーワイン煮 ディル添え
●人形町日山のランプ肉で作った和風ローストビーフ
●あわびの中華煮、花椒と生姜たっぷり
●神茂の紅白かまぼこ
●神茂のはんぺん入り伊達巻

c0047897_0265640.jpg
〈三の重〉
●干し椎茸のだしで煮た炒り鶏

ふーむ…なるほど←シャーロック風考察
過去の記録をひもとくと、数の子のレシピが毎年変わっている!
数の子、どうにもワインに合わないので試行錯誤を重ねていたのですね。
でも今年のレシピで決まりかも。
レモンオイルと数の子の絶妙な組み合わせ、全世界にお知らせしたい♡

c0047897_029545.jpg
この後、笠コ地蔵の笠と見紛うほどに立派な干し椎茸のだしが効いたお鍋をハフハフ。
c0047897_0302752.jpg
石垣島土産のヒバーチ(島胡椒)をどっさりかけ、ワインをゴキュゴキュのみ、
c0047897_031332.jpg
ダウンタウンの笑ってはいけない年末番組みて大笑い。
去年と同じ、友達や家族の笑顔と平和な幸せを満喫したお正月でした。

さてゆっくーりしたぶん、そろそろ社会復帰せねば…。
本年もさまざまなところで、簡単レシピをご紹介してまいります。
しかし、道を進むにつれ自分の未熟さ、粗雑さも痛感した昨年でした。
もっと手際よく美味しく、ブレのないレシピを作りたいなと願う年始です。
頑張ります。よろしくお願いいたします。

DOMANI 2月号も発売中です!
c0047897_0453854.jpg

by snuko | 2013-01-08 00:52 | ●ケータリング・パーティ | Comments(4)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家