border="0">

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マカロニグラタン・バースデー

今日はいくぶんひんやりしておりますね。
待ってました~! と言わんばかりに、アツーい画像をアップf^_^;

次女スヌベルのバースデーが先日ありまして。
うちは約1か月ちがいの姉妹なので、5,6月はバースデー期間。

姉が和風&お米&お肉好きなのに比べ、
妹は乳脂肪分満載の洋モノ&粉モノ好きで、お肉はそれほど。
(赤身は食べる♪ と生意気発言には張り手ッ)

同じグラタンでも、姉は玄米・こちらは濃厚なマカロニグラタンに。
そのうちトマトになっちゃうんでは・・・というほどトマト好きゆえ、
サイドメニューは簡単トマトメニュー。
c0047897_16461156.jpg
マカロニグラタンの作り方。
1.鶏むねとベーコン、マッシュルームをにんにくで炒め、白ワインで蒸して取り出し

2.玉ねぎ、セロリをバターで炒め、しんなりしたら小麦粉を振って、なじんだところで牛乳ザバッ。
とろみがついたら生クリームを足し、鶏たちを戻し、茹でたマカロニを混ぜ込んで

3.グラタン皿に移し、チーズとパセリを散らしてオーブン高温で10分くらい。
c0047897_1646432.jpg
わが家のマカロニグラタン、特に変わった作り方じゃありませんが、
セロリどっさり+にんにくを効かせるのがポイント。
アクセントがついて、クリーミィでも飽きずにたっぷりいただけます。
それが危ないんだけんど・・・(-_-)

炒めて焦げ目をつけるだけなので、意外に暑くありません!ほんと。
台風も近付いてるようですし、週末などにお試しください~。

サラダは、アメリカンチェリー、ミニトマト、モッツァレラのカプレーゼ風。
夜レッスンでもやりましたネ。
ローズマリーかミントを散らし、大人は白胡椒、オロ・ディ・サラワクをたっぷり効かせて。

スープは、生のトマトを氷と一緒にブレンダーにかけ、
生クリームと塩漬けケッパーを散らしただけ。
トマトが美味しいこの時季は、だしを入れなくても充分。

ケーキはいつものご近所の。
将来は林家パー子師匠を目指しているのか、近頃、私のお古のカメラを手離さないスヌベル。
c0047897_16574241.jpg

素敵なプレゼントも届いたのでした♡
c0047897_1724437.jpg
本・まんがを愛する友人から。
お手伝いをしないと完結しない!
引き換え券つきのまんが。

情熱ほとばしる手作りのリリース・引き換え券に感動の嵐・・・! 

こんなエスプリのきいた、愛に溢れる贈り物ができる大人になってほしい・・・
いや、まずは自分がなりたいものです。 ありがとうー!!!
by snuko | 2013-06-20 17:21 | ●献立いろいろ | Comments(0)

ぶっかけトマトマッシュそば

蒸しますね…((+_+))
風にゆさゆさ揺られる木々を眺めつつ、
堀辰雄なんぞを呟いていたら、いつの間にか青く透明な夢魔が・・・。
今週はゆったり過ごせているので、気持ちにもゆとりがありんす。

お昼はぶっかけそば。
あのぅ、どうでもいいようなことですが、ぶっかけって呼称あんまり素敵じゃないですね。
きっと全国の主婦の皆さんが「ブッかけてるわけじゃないんだけどねェー」と思いながらも、それ以外に適切な表現が見つからず、致し方なく採用されているのでは。ミートゥー。

本日は庫内一掃栄養バランスを熟考した具材で。

トマト、オクラ、新鮮なブラウンマッシュルーム。
みょうが・長ねぎ・青じその薬味3兄弟、すりごま。
好きなものばっかりだけど、もうちょっとコクやうまみを足さないと物足りないかな?

そこでいつもの奥の手。
全体をよく和え、かつおぶしを上に広げて、熱したごま油をジューーッ。

冷水で締めたおそばにのせて、めんつゆをそっとかけ。
c0047897_1674189.jpg
うんまい。

マッシュルームは、パックの外からそーーっと触って
コリッとかたく締まっているものなら、生でおいしくいただけます。
最近お安いし、お肉なしでも満足度高し。お試しあれー☆
by snuko | 2013-06-19 12:52 | ●人類は麺類 | Comments(0)

ダイニングテーブルをリニューアル

ここ数年、悩みのタネだったわが家のダイニングテーブル。
Yチェアで知られるハンス・J・ウェグナーのデザインで、
25年ほど前から実家にあったのを、
なんとなく譲り受けて使い続けてきました。
c0047897_15344941.jpg
脚が邪魔にならない構造がよいのですが、
オーク材の天板にはめ込まれたグレー部分の汚れがひどく、
拭いても拭いてもベタついて、
雑誌や新聞がペタペタと貼りついてしまうように。
スカンジナビア家具の専門店に問い合わせたところ、
これは、ウェグナーが試験的にリノリウムを採用したもので、
素材の経年劣化までは計算外だったのではないかと。

そこで正規代理店に、天板取り換え価格を打診。
すると、目の玉が飛び出るような金額が・・・!
おおおお父さんのお給料1カ月分くらいでしたよーーーーッ。

それから、かなりぐるぐる考えました。
きれいにはしたいけど、完全に元通りにするには破格の出費。
だからって、ほかに頼んで天板変えたらまったく別物になっちゃうよねー。
それってこのテーブルのアイデンティティを否定するってことだよねーー・・・とか。

そんなある日、KIWIの落語会のお客様に、
家具の製造や施工を手掛ける久保田製作所の久保田さんが。
木工家具の専門ときいて、状況をお話ししたら、
てきぱきと天板取り換えの提案と、
どんなふうにしたいのか?を聞いてくださいました。

そこからはトントン拍子に。

結果、もとの長さよりも20㎝長い180㎝にのばし、角はキッチリ直角に。
床材の色が濃いから明るい感じにしたいけど、でもカントリー調じゃなくて・・・
と希望を詰めていき、木目を生かした塗装に決定。
価格も納得の範囲で、完成!
c0047897_15455915.jpg
元のデザインとはまったく違うけど、いい。
c0047897_1548985.jpg
撮影準備も、新鮮!!!

ウェグナーファンに言わせれば、もったいないッという声もありそうですが、私は大満足。
部屋が明るくなったし、毎日ていねいに拭くのも楽しくて仕方ありません。

思えば、悩んでいたけど、
具体的にどうしたいのかは、久保田さんにお会いするまで考えてなかったような。

家具や着物、ジュエリーなど、
高価で立派なものや思い出がいっぱいの「大物」ほど
ヘタに手を入れてはいけないという呪縛?がありますが、
やっぱり、毎日我慢しながら使い続けたり、ひたすらしまいこんでおくより、
その時の暮らしに合うように変えてもいいんじゃないかな。

ん? 人間関係もそうかも・・・、
なーんて思ったりしたテーブル修理の顛末でした。
c0047897_1632219.jpg

by snuko | 2013-06-18 16:14 | ●暮らしあれこれ | Comments(0)

かつおたたきに生ピーマン

暑くなってくると恋しくなるのが、生のピーマン。
さくさくした歯ごたえと、独特の青い香りが涼を連れてくるような。
c0047897_16153794.jpg
かつおも出回ってきたから、さっとあぶって、たたき。
ポン酢+刻みにんにくのたれに、みょうが、青じそ、赤唐辛子。
そして刻んだピーマンをどっさり。

まだ脂ののってないさっぱりかつおに、しゃりしゃりピーマン。
いくらでも食べられそうー! と家族で取り合い。
by snuko | 2013-06-17 16:17 | ●魚介レシピ | Comments(0)

本当に美味しい胡椒と、その使い方

入梅(食べ物みたいですね)。
その割にはさわやかな気候が続いていますが、
なんとなーくピリッとしない季節であります。

そこで、エブリバディ・レッツピリピリ! すごい胡椒のご紹介。
c0047897_16383888.jpg
胡椒って、「塩こしょう」と括られてしまうように
当たり前にテーブルにあってチョチョッと刺激を与えるアレ、
マンガなどでくしゃみ誘発小道具のアレ・・・程度の扱いが多いですよね。
スパイス好きの私としては、選択肢の少なさに義憤に駆られておりました。
そこで、友人が南国に行くと聞けば
「胡椒買ってきてちょ」とお願いするまでに。
これまで一番香り高かったのは、ポナペの胡椒だったかな。
美味しいけど粒が大きすぎて、ペッパーミルが使えないものもあったな。

そんなある日、出会ったのがこの「マリチャ」の胡椒。
以前、うどといちごのサラダの時にもチラリとご紹介したこちら、
一粒口に入れた時の衝撃ときたら。
駆け抜ける鮮烈な香り!後から追いかけてくるほのかな甘み!!
まるでガムの広告みたいですが、そんな形容では表しきれない独特の芳香。

さらに特筆すべきは、軽やかな噛みごたえ。
通常は、そのままかじると、ゴリゴリっと歯に挟まる感じがありますが、
カリッとサクッとあっさり砕けて香りがパーーッと口の中にあふれます。
粒のまま使えるため、胡椒が主役のレシピができるほど。

そのレシピがこちらです。FRaUのweb限定レシピ。
ポチFR@U「マリチャ ネロ・ディ・サラワク&オロ・ディ・サラワク」
こちらのページ、シンプルレシピは苺ですが、
もうほぼ季節が終わってしまいました(ごめんなさい)。
同じレシピで今なら、すももなどが美味しい♪

サローネグループの藤巻さんから、
白胡椒(オロ・ディ・サラワク)×アメリカンチェリーの
ぶっ飛ぶ美味しさを教えていただいたので、チェリーだったらオロ・ディ・サワワクで。
バナナだったらネロ・ディ・サラワク+ライム汁がバッチリだと思います。

お肉は豚の脂の甘さにこれでもか!と貼りつけた胡椒が…もう…。
こちらはネロ&オロブレンドで、ガツンと赤ワインで素敵なディナーを♡

イタリア語に明るい方ならお分かりと思いますが、
ネロ=黒。オーロ=金。
黒い胡椒と金の胡椒(白胡椒)の2種類をセットでお届けします。
※トップの写真は、三越本店のイタリア展にのみ出品されていたロッソ=ピンクペッパー。
機会があればぜひこちらも!


そしてこのポチFR@U、楽天店もあることが判明。
楽天アカウントをお持ちの方は、こちらから購入するのが便利です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/pfrau/
私もこちらから買っております^^

そしてそして、さらなるサービスを押し売りするのがスヌ子流。
ポチFR@Uからお買い上げいただいた方だけに、
サイトには出ていない「おまけレシピ」をご案内。
ひとつ前にご紹介したレモンオイルコンディショナーも、
もひとつ絶品レシピを作りました。
写真だけ、ちらっ。
c0047897_165091.jpgc0047897_16502974.jpg
ただ、これが見られるようになるのが来週の12日からとか。
ちょっとお待たせしてしまいますが、
この機会をお見逃しなくお買い上げくださいませ(^v^)
by snuko | 2013-06-06 16:57 | ●おいしいお取り寄せ | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家