border="0">

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旅の香り

食いたおしタイ旅行から帰ってまいりました。
ぎゅっと濃厚に美味しく楽しかった記録を、一刻も早くまとめたいのですが、
休んだ分のお仕事山積みでバタバタしており・・・。

出発前に買った香水で思い出を反芻しています。
c0047897_15414077.jpg

深夜の免税店で買ったセルジュ・ルタンスの「フェミニテ・デュ・ボワ」。
もともとウッディーな香りが好きなのですが、
これはウッドベースにさらっとスパイスが効いていて、
タイの空気に合いそうと思って選びました。

後ろの「サ・マジェステ・ラ・ローズ」は、
去年京都に行くときに買ったもの。

嗅覚は脳に直結しているとか。
シュッと一吹きすると、常に記憶がおぼろな私でも
旅の一瞬一瞬が鮮やかによみがえってきます。
by snuko | 2014-02-27 15:46 | ●暮らしあれこれ | Comments(0)

サプライズ結婚記念日

ある寒い日のこと。
帰宅したら・・・。
c0047897_12215727.jpg

「おかえり〜! すわってすわって〜〜!!」
c0047897_12225199.jpg
と、スヌチョ(10)、スヌベル(9)が。
おやまあ。
c0047897_12223526.jpg
あれまあ。オードブルプレート。
冷蔵庫にあったホタテのバター焼き。
冷蔵庫にあったたまねぎと春菊のポタージュ(ブラウンのブレンダー使用)。
冷蔵庫にあったセロリと春菊のごま和えサラダ。
冷蔵庫にあったカマンベールチーズ。

c0047897_1223155.jpg
メインディッシュ。
食品庫にあったクスクスに、
おとうちゃんが煮詰めたトマトソース。アリサベルベル添え。
(そういえばクスクス好きなスヌチョ。既に7年前、こんな記事が)
おこづかいで買ったハム焼き。
ホタテ(リピート)。
c0047897_1223533.jpg
オリーブも出てきました。

c0047897_12232948.jpg
デザート。
最近休日の朝によく焼いてくれるパンケーキを重ねたケーキ。
おこづかいで買ったいちごと生クリーム。
冷蔵庫にあったさくらんぼのシロップ漬け。
真ん中の黄色いのは、
ベル「卵焼きつくって、ハート型に抜いたの♡」
チョ「おこづかいが足りなくなって、生クリームは植物性になっちゃったけど・・・」

って!!!!! (うおーんうおーーん)

カードには私たち夫婦の写真つき。
そういえばここ数日、「写真撮らせて!」って起き抜けとかに言われて、
なんでーってしぶしぶ撮ってもらったっけ。
ちゃんと紙焼きになって貼ってある。
私のお下がりのカメラで撮影し、コンビニでデータをプリントアウト。
そんなことまでできちゃうの!!!???

「暗くするよ〜」と電気を消したら、蓄光インクのメッセージ。
c0047897_12241810.jpg


うおーーん。もうだめ!  涙そうそう。

10年。
子育てには常に悩み、コンプレックスもあり、
まわりの皆に助けてもらいながら、
自分たちなりになんとかやってきたのですが、
なんだか、もう報われた気がしました。
喜ぶ顔が見たい!  という気持ち、
あるもので工夫して何かを作りだし、自己表現すること。
それを忘れなければ、これから何があってもきっと大丈夫。

幸せいっぱいでおやすみなさい。
じーーん、としながらキッチンを見たら・・・。



う、うん。後片付けは、今後の課題^^;
by snuko | 2014-02-26 13:10 | こんにちはスヌ子です | Comments(5)

ベガ・シシリアという宝石のようなワイン

あの素晴らしく贅沢で美味だったレッスン、もう2年も前になるのね・・・。
c0047897_10573556.jpg

スヌ子の特別レッスンルポ:「ベガ・シシリアワインを楽しむ昼下がり」

と、折に触れて思い返していたワイン、ベガ・シシリアの奥深い味わい。
シシリアという言葉から、はじめはイタリアのワイナリーと勘違いしましたが、
知る人ぞ知るスペインのトップワイナリーです。

今回は、義姉妹との新年会でもお世話になった
銀座資生堂ビルのファロ、特別室で。
輸入総代理店のミリオン商事・本間社長と
ベガシシリアオーナー・パブロ氏を囲む、
まさに夢のようなお食事会にお招きいただきました。
昨年11月にリリースされた「マカン」も味わえるとのことで、
向かう足からわくわくが止まりません。

c0047897_10491623.jpg
ボランジェ・ラ・グランダネ2004で乾杯後、
オレムス、トカイ・マンドラス・フルミント。やっぱり、これ大好き!!!
オレムスブランドは、ベガシシリアプロデュースのハンガリーワイン。
ハンガリーワインの甘口印象を覆す、ふくよかかつ凝縮感ある辛口。
比較的買いやすい価格で、グラタンなどの家ごはんにも合わせやすいから、
特別レッスンの際には飛ぶように売れましたっけ。
c0047897_11113447.jpg
赤座えびのクルード、ねっとりと甘いこと。
付け合わせにフェンネルとオレンジは出合いものだけど、
特別なうまみがあると思って伺うと、えび味噌を絡めていると。
こういうアイディア、すぐ真似したくなっちゃう。

c0047897_10494230.jpg
うわっ、きた!
マカン2009、2010飲み比べ。
最初は鉄分の多いビターチョコレートのようなかたさがあり、
それはもちろんおいしいのだけど、
まさに刻一刻と変わってきます。
2010年のふわっと立ちのぼる香りに心を奪われていると、
2009年が静かに駆け出すから、注意深く飲まなくちゃ。
はあ、おいしい。
c0047897_10493178.jpg
黒トリュフのタリオリーニ。
卵っぽい麺とトリュフ、いつまでも食べ続けたい・・・。
こりっしゃりっとした歯触りも贅沢。

c0047897_10494296.jpg
真打ち登場、バルブエナ5アニョ、マグナム。
喉をつるーーっと滑り落ちてゆくようななめらかさ。
そして鼻に抜ける豊かな回香、本当に素晴らしい。
グランヴァン以上の価値があるね、と皆さんの意見が一致。

c0047897_11114936.jpg
網で獲った子鴨、やわらかくジューシー。
鉄砲で撃つと衝撃でキュッと身がしまってしまうから、網の方がいいのだとか。
私が鴨なら、一撃でわかんなくなるほうが精神衛生上いいけどな^^;

c0047897_1049449.jpg
チーズには、馥郁としたトカイらしい甘口ワインに、
今夜の幸せを反芻しながら並ぶグラスを繰り返し味わいます。
c0047897_10494915.jpg

酔うと記憶が飛びがちな私ですが、
この日の味とお話は、くっきりとすべて覚えております。
すごいワインは、すごい情熱を持った人の手で作られている。
そのことをあらためて深く考え、知ることができたからかな。

得難い素晴らしい機会を、ありがとうございました。
c0047897_111214.jpg

by snuko | 2014-02-19 23:13 | ●お酒さまさま | Comments(0)

やっとできた!酸菜鍋

ずいぶん間があいてしまいました、ごめんなさい。
その間に、酸菜の乳酸発酵も進んでおりました。

苦節(放置してただけですが)3週間ちょっと。
やっと本家に近い褐色に・・・。
漬けている液も薄茶色でやや濁ってきましたが、
腐敗臭はなく、水キムチ的なさわやか酸っぱいにおい。

2週目を越したあたりで待ちきれず、
蟹入りお鍋にしてみたところ、
まあお鍋としてかなりおいしかったんだけど
まだ発酵系の深いうまみが感じられなかったんだな。
[活け蟹にはしゃぐ休日の動画↓]


さらに1週間置いたのが、この状態。なんだかイイ感じ!
c0047897_1639312.jpg

基本に忠実に。豚肉もゆがきました。
蟹の代わりに天使のえび。
c0047897_17132457.jpg
高野豆腐もね。
c0047897_171357100.jpg

うーーん。本家のうまみには及ばずとも、なかなかの出来!
白菜は、案外煮るのに時間がかかります。
シャキシャキしてるとまだ、って感じ。
じっくりとろとろ煮た方が、だしに味も出るみたい。

年に数回しか登場しないけど、
大切にしてる紹興酒お燗マシン。
c0047897_17145638.jpg

折しも豪雪のバレンタイン。もちろん冷やすよね。
c0047897_1715259.jpg

c0047897_17151831.jpg

命からがら近所に買いに出かけたケーキ。愛のあかし・・・(もっと早めに買っとけ)
c0047897_17152792.jpg


雪の日に家でお鍋、幸せですね(という一方で山梨の豪雪、気にかかります)
好きなお酒を好きなだけ飲めるのもいい。

それにしても、あの深ーーい酸っぱーい味はどうしたら出せるのか?
一度漬けたくらいでは、その神髄には及ばぬと知りました。
漬け友のまみな嬢は「韓国料理の名店では梨の汁とか入れるみたい」、
実家の母からは「以前テレビで、大鍋でさっとゆがいてから漬けこんでるのをみたっ!」などの
有力情報が寄せられたので、寒いうちに再度チャレンジします。
現場からは以上です。

で、何が一番おいしかったって。
翌日、お鍋の底に残ってたの。
c0047897_17153257.jpg
酸菜くたくた、えび豚のだしも煮詰まったのを春雨が吸い込んで。
友達が中国出張からわざわざ持ち帰ってくれた、
四川マダム御用達の豆板醤(八丁味噌を思わせる濃い豆豉の味)入れたら、もう・・・。
お鍋は翌日に限りますねーー!!!
by snuko | 2014-02-17 17:35 | ●ほかほかお鍋 | Comments(0)

美味新年(鍋)会Ⅲ→酸菜づくり

そういえば、豪華白菜鍋ツアーも敢行したのでした。
六本木・華都飯店の冬限定、酸菜鍋。
c0047897_15425984.jpg
白菜の塩漬けが、自然に酸っぱくなった古漬けでつくるというこのお鍋。
暖かいと乳酸発酵する前に腐ってしまうため、1〜3月の限定メニューだそうです。


いやはや、六本木といえども広し。
たいへんわかりにくい場所にあり、駅から鳥目をこらして近づけども、
ビルまでたどり着いたら入口がわからない。要塞・・・?
ぐるぐるぐるぐるさまよって、寒い日なのに着いたら汗だく。
さらに、炭をカンカンに焚くこのお鍋ですから、暑くってヒー●テックなんぞ着ていられません。
あらゆる意味で冬にうってつけのお店と言えましょう・・・。

お通しと上品な冷菜をさっさか平らげ、すぐお鍋。
鶏スープのいい香り!
c0047897_15555335.jpg
具は、酸っぱい白菜をベースに、大粒の牡蠣、下茹で済みの豚肉、凍み豆腐、蟹、春雨。
c0047897_160071.jpg
味付けに、醤油、紅麹の腐乳、刻みねぎ。
鍋の仕上がりを待ちきれず、腐乳をなめなめ飲むのはお約束。
特筆すべきは、この腐乳のまろやかさ。

執事のような年かさの店員さんによると、
お店の主(馬家)の出身がハルピンで、
冬の間は野菜が採れないため白菜を貯蔵したものを鍋に仕立て、
まかない飯として食べていたところ
お客様からの要望でメニューに載せるようになったとか。

執事からオッケーが出て、ががっと食べ始める私たち。
うーーーん・・・すごいなぁ、この透明感。
酸味があるのに饐えたにおいはなく、塩気は淡いのに滋味が凝縮。
食べれば食べるほど食欲が増すような。
からだがポカポカ暖まり、みんなの顔もバラ色に。

しめは、ごはんとザーサイ。
スープをぶっかけて食べるの。

シンプルな極上お鍋でしたが、
お店のインテリア(森田恭通氏デザインとか)どおり、飲み物その他、すべてが立派なお値段。
ほほえみつつ退散し、友達のうちで愉快に仕上げ飲み。
c0047897_17173951.jpg
c0047897_17184153.jpg



それにしても、おいしかったな。
味はつかめてる。うん、作ってみよう。
c0047897_16223938.jpg
ずっしり、立派な白菜。
芯に8つ割に切り込みを入れて裂き、根元の葉の間に塩をがっちりすり込みます。
丈夫なビニール袋に、芯と葉先を互い違いに重ね入れ、呼び水として水を半カップほど。
c0047897_1627251.jpg
深めのウォックパンに並べ、ル・クルーゼのふたで重石。
ルクもよもや白菜漬の重石になるとは、夢にも思わなかったであろう・・・。
c0047897_16502236.jpg

そのまま、北側のベランダに放置。
翌朝。
c0047897_16301266.jpg

1週間後。
c0047897_16441965.jpg


11日後の昨日。
c0047897_16351689.jpg

もういいかな? とわくわくしながら味見したら、
まだまだ清らかなふつうの白菜漬けの味。
色も、本家の薄茶色にはほど遠い。

同時進行で、半日ばかり干したのも漬けましたが、
色はこっちのほうが茶色っぽい。味はあまり変わらず。
c0047897_1647690.jpg


早く酸っぱくならんかのう・・・と待ちわびる日々です。
by snuko | 2014-02-03 16:57 | ●うきうき外食 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家