border="0">

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「週刊女性」にレシピ掲載

タイのPASMOがずっと表示されてましてすみません・・・。
年度末(※あまり関係ない気もしますが)バタバタで、
心にかかりながらもそのままにしていることばかり。
今年は遅いと思っていた桜も、すっかり満開となりました。

さて、現在発売中の「週刊女性」にレシピ記事が5ページ掲載されております。
お題は、ストック食材。
c0047897_11455813.jpg
年度末ですし、食品庫に蓄積したあんなもの・こんなものを使い切るのに最適!

え、アレをアレで戻すの・・・!?
と、意外にびっくりされる乾物戻しのワザも、
余すところなく紹介しております。
c0047897_1146410.jpg


c0047897_1262530.jpg
表紙&巻頭グラビアは、我らがましゃ兄こと福山雅治。
なんと御歳45歳! 
一度コンサートに連行され伺ったことがありますが、
気がつけば「ましゃ!ましゃー!!」と絶叫していたことを思い出します。
あれ何年前だろう・・・。

とにかくすぐできて、失敗のないレシピばかりです。
お試しくださいね^^
by snuko | 2014-03-31 11:59 | ●works | Comments(0)

食いたおしバンコク2 2/20PM

初日午後。まずは屋台めしを満喫したのち、
午後は、さすがにゆうこりんには休んでもらって、
BTS(高架鉄道)で繁華街サイアムまで。
c0047897_2330544.jpg

ナショナル・スタジアム駅から駅ビルに入り、
クミさんのお知り合いがやっているという
フェアトレードのブティック「LOFTY BAMBOO」へ。
わーーすてき〜〜!
と大騒ぎして写真を撮り忘れてしまったのですが、
センスのいいプリントのサマードレス、
素材感を生かしたボトムスなどが目白押し。
デザイナーの方は、以前東京のザ・ギンザにお勤めされていたとか。
フェアトレードって素朴すぎるものが多く
これまであまり手が伸びませんでしたが、
きっちりプロデュースすれば垢抜けるのだなと。しかも驚きのお安さ。
 
c0047897_23301927.jpg
駅ビルからサイアム・パラゴン(ショッピングセンター)へ。
反政府デモの座り込みテント。
今回、一番心配だったのがこのデモなのですが、
このように公道にテントを張って道を封鎖してしまうのですって。
デモ行進を見ることはありませんでしたが、
もともとひどい渋滞がいっそう深刻に。
でも、座り込みをすれば1日で
一人あたり数十バーツのお金をもらえて、
それが貧しい人々の貴重な収入源となっているため、
なかなか終わらないのだとか。

c0047897_23303017.jpg
おしゃれなアートセンタービルを通り抜け。
c0047897_23304791.jpg
ドナルドもタイ式にご挨拶「ワーイ」(合掌)。

サイアム・パラゴン。フードコートが大充実。
(台湾にもこんな感じのありましたっけ)
c0047897_23322040.jpg
歩き疲れたのでオシャレカフェでお茶したけど、
まあ小綺麗なところは東京とかわりません。
高級スーパー、グルメ・マーケットの広いこと、品数の多いこと。
c0047897_2331315.jpg
c0047897_23314149.jpg
いちばん欲しかった生胡椒はここでしか見なかった・・・
市場にあるときはあるらしいけれど。
後で、と言わずに買っておけばよかったーー!!!(写真だけあっても・・・)

ポン酢やだししょうゆ、乾物など日本の食材も一通りそろいます。
駐在員にとっては重宝でしょうね。
市場で売っているのの軽く20倍くらいする
ヴィンテージ入りの高級ナムプラーやチリソースを購入。
c0047897_11231339.jpg


上階は高級デパート。
タイには下着工場が多くあるため、ワ●ール製品などもお手頃価格。
よくタイにくるクミさんは、いつも買い足す品が決まっているとか。
もの選び、お買い物の仕方にも、賢い女性からは学ぶことがたくさん
(そして自分のランダムな買い方を反省)。
同じ建物にZARA HOMEが入っててインテリアグッズが可愛かった。
時間切れで何も買わなかったの残念。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夕方、空港へ。
例のごとくゆうこりんが掛け合ってくれ、荷物を無事ピックアップ・・・たいへんお騒がせしました。

空港から電車でフアマークという駅へ。
もんのすごい寂れ感のある駅前。
「ここに日本人が降りることって、ほとんどないと思います」ってゆうこりん。
だろうな・・・。
薄暗い中、タクシーに値段交渉。
そこから一路、車をぶっ飛ばして40分あまり。
いったいどこまで行くの・・・と不安になったところで到着。
c0047897_23325450.jpg

c0047897_23323425.jpg
店名は読めませんが・・・
c0047897_23324967.jpg
なんだなんだこのレストラン。かわいらしいぞ!!
c0047897_2333975.jpg
入るなりテーブルの上に、
お店のマダムが自宅で育てている野菜やハーブがどっさり。
c0047897_23332291.jpg
単なる古道具にみえるけど、
驚くほど高級なアンティークの食器。

お腹がすいてたのでまずは注文し、
すぐ出てきたものたちと氷入りシンハーで乾杯!
c0047897_0343845.jpg
左上から時計回りに、
●レモングラスやバイマックルー(こぶみかんの葉)が効いた香り高いソーセージ、サイウア。
●かごに入ってるのは蒸した餅米、カオニャオ。ちぎって丸めて食べる、うまい!
●若いジャックフルーツのゲーンは、味も食感も“なめらかなメンマ”。
●ひき肉の辛い炒め物、ラープ。
15年くらい前に、私が一番最初に作ったタイ料理。
いつも、炒り米がないから春雨入れたりしています。
でもやっぱり本場はパンチがある! 肉のうまみが濃い。
爽快な辛さ、醤油みたいなオイスターソースみたいな味もした。
●揚げた豚皮。
●辛い辛い青唐辛子と茄子のペースト、ナムプリックヌム。
豚皮やカオニャオにつけて食べる。

ちょっとつまんでから、お店をひとまわり。
c0047897_028756.jpg
c0047897_23334694.jpg
「あれは豚肉と脳をバイトーン(バナナの葉)で包んで蒸したもの。これは・・・」
と、カウンターに並ぶものもひとつひとつ
ゆうこりんが説明してくれる。
お店の人以上に知ってるの、なぜ・・・。

そして。
c0047897_0493133.jpg
ハーブを付け合わせにもりもり食べるのがチェンマイ風ということで、ハーブバイキング!!!
c0047897_0245895.jpg
c0047897_23352514.jpg

パクチーファラン、苦いキーレック、レモンバジル(本当にレモンの酸味がある!)、強い香りのホーリーバジル、パッキーフー、蓮の葉、ディル、ミントなどなど。
枝付きのミニトマト、生のいんげん、キャベツ、大小色とりどりの茄子ごろごろ。
c0047897_0253744.jpg
自分好みのハーブブーケ完成。
c0047897_0263474.jpg
砂糖、酢、ナムプラー、唐辛子のナムチムセットも。
この時はまだ、これの使い方や面白さに明るくなかったんだけど。

c0047897_0541224.jpg
テーブルに戻ったら、皿数が増えてました。
奥の大皿は●鶏の辛いスパイス蒸し。
タイの鶏、うまい! 地鶏のようにかたくなく、ほろっとやわらかいのに、
日本の若鶏ブロイラーより明らかに肉の味が濃い。骨までしゃぶりつくしました。

手前は●野菜のごった煮(炒め)っぽいゲーンホ。
ゲーンホは残り物炒めという意味で、タケノコや茄子など炒め+春雨で汁気を吸った感じ。
たしかにゆうべのおかずの残りっぽく、その日によって、家によって内容が違うとか。
でもこういうのって滋味。

c0047897_0294213.jpg
エップ(蒸す)プラー(魚)。
魚肉を干しえびやガピ(海老みそ調味料)、
スパイスと混ぜて、バイトーンにくるんで蒸してある。
なめろう&つみれ的食感なのにさわやかなの、なんでだろうと思えば、
細ーーく裂いたレモングラスが混ざってて
香り、食感ともに最高のアクセント。

炒め物にも盛り合わせハーブをあれこれ合わせて食べると、
驚くほど味が変わって大盛り上がり!
苦い葉を食べると口の中がリフレッシュされて、
次に食べるものの味がくっきりと鮮烈になります。
c0047897_121232.jpg
ゲーンホには、やわらかな鞘っぽいパッキーフーを。青臭さがいい。
c0047897_101213.jpg
小さな白い茄子は生で。
かための皮をガシュッとかじれば、種がぷちぷちで汁がじわっとしみ出し、
辛いものの合いの手にちょうどいい。
タイには膨大な種類の茄子があるそうな。

c0047897_14413.jpg
チェンマイ名物のカレーラーメン、カオソーイ。
スープに浸った平ゆで麺に揚げ麺トッピング。
ココナッツミルクのスープがまろやかでコクがあり、ターメリックやクミンの風味もきいていて忘れられない・・・また食べたい。
マナオを搾ったり、高菜的古漬けやホムデン(赤わけぎ)を加えると
劇的に味が変わるのも面白く、いつまでもスープをすすっていました。

そんなこんなで閉店まで。
ごちそうさまでした!!!

が!
店を出たらタクシーが来ない・・・。
お店のマダムが呼び忘れて帰ってしまったみたい。
でも、でも、もう感動なのが若い店員さんたち。
c0047897_153145.jpg
20分くらいずっと路頭に立って、永遠に来なさそうなタクシーを待ち続け、ついに来た1台を止めてくれて無事に帰路につけました。

帰宅して、宴会。
c0047897_183961.jpg
コンビニで買ったクミさんお気に入りのTAROは
味付きタラのスナック(チーズ鱈の外側だけ的な)。
c0047897_192460.jpg
昼の残りの腸詰めで、ゆうこりんがササッとヤム的つまみを・・・あー、幸せ。
とだらだらだらだら飲んでいたら、あっという間に深夜。
ぽん田先生到着の知らせで迎えに出かけ、ビールで再度乾杯!
なぜか彼女は、上海経由の長旅の果て。
「LEOはフルーティで美味しいですなぁ〜」って、ほんとおつかれさま。

バンコク1日目はこうして終了!
by snuko | 2014-03-14 11:29 | 2014.2 バンコク旅行 | Comments(0)

食いたおしバンコク1 2/20 AM

鬼の霍乱で思いがけず時間ができたので、
この機会に旅行記をば。

新たな味の広がりと発見を求め、初めてのタイ旅行。
羽田発・深夜1時台の飛行機なら、朝6時にバンコクにつくから効率よし。
さらにJALなら23㎏×2個の荷物を載せられると聞いて、
ほいほいとその条件で予約。
出発当日のお昼間は、自宅でちらし寿司の撮影。
c0047897_17235223.jpg
ほんとに行くのかなぁ。。。と直前まで実感のわかないまま、
出がけ1時間前にバタバタとスーツケースに荷物を詰め込み、出発!

c0047897_1724391.jpg
深夜の羽田。
今回の旅、ご一緒してくださるのは
タイ料理マスターのクミコさん、ポン酢マスターのぽん田えみ先生。
9ヶ月前に、タイに料理修業に旅立った盟友ゆうこりんを訪ね、
共に食いたおす(食い“だおれ”たりはしない)という夢のような計画。
ぽん田先生は約1日遅れで到着予定ゆえ、
クミさんと出国手続き後、空港内バーで軽く一杯。
c0047897_17243193.jpg
注意!国際線深夜便だと、免税店以外のお店は
ドラッグストアくらいしかやっていません。
このバーも、出国後エリアで開いていたのは1軒のみ。
ビールはヱビス始め4種類ありますし、
シャンパン1000円も盛りがよくてちゃんとシャンパーニュ。
旅への気分が上がります。

エコノミーは激狭いけど、なにせ7時間ほど。
うとうとしているうちに機内朝食。
ほお、スープストックTOKYOとのコラボ。
c0047897_17244168.jpg
チキントマトクリーム、ちょっとくどかったけど普通の機内食より気が利いてる♪と思いました。

c0047897_17245374.jpg
スワンナプーム国際空港。日本より薄暗いかな。
飛行機降りた瞬間からむわんと暑い。
クミコさんが、タクシー運転手ときっちり交渉
(値段決めるかメーター立てるか。タイのタクシーはこれが必須と後々知る)後、
ゆうこりんの住む地域を目指します。

クミコさんがモバイルWi-Fiもレンタルしてきてくれていたため、
連絡はLINEでスムーズ。便利な時代になったものだ。

そして、レジデンスの入口で感動の再会! のはずが。
彼女の変わり果てた姿に、絶句・・・。
前日までのラオス旅行で食中毒を起こしたゆうこりん。
小さな可愛らしい顔が・・・! 腫れ上がって別人28号。
ラオスは食べ物が塩辛く、衛生状態もあまりよくなかった模様。
さらに、数日前のジムマシンで両脚首も痛めて腫れているという、
まさに満身創痍・・・!

しかし。根っからのホスピタリティで、まずは近所の市場を案内してくれると。
えええええええーいいから寝ててよーー、と言っても
「いえいえ大丈夫」って聞かない。

えーっと、んじゃまずはお土産を、とスーツケースから酒をゴロゴロと出し
(この瞬間、ゆうこりんの元気ちょっとリカバリー)
c0047897_1361528.jpg
出かけるとすっか、と腰を上げ、暑い国仕様に着替えようと服を探すも。
あれ? ない。どこに入れたっけ着替え着替え〜。
とスーツケースをひっくり返しても、ない。
えーーーっっと・・・。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私としたことが。
荷物を、空港で取ってくるはずの荷物を
ひとつ取り忘れておりました・・・しーーーん。
そういえば羽田でチェックインの際、酒満載ゆえに重量オーバーだったので、
そこから着替えを出して折りたたみ式のバッグに分けたっけ。
途中クミさんが「あれ?スヌさん、バッグは?」って聞いたのに
「あるある!」って手荷物のことだと思いこんでたっけ。
からだになじんだ荷物じゃなかったから、
そのまま忘れてここまで来たのね・・・。

あっ! 
でも今夜ぽんちゃんがやってくるから、ピックアップしてきてもらおう!

「とりあえず空港に電話ですよーー!」とゆうこりんがテキパキと。
まずタイ語、それから英語でペラペラペラペラ
「バゲッジ取り忘れたんだけどあるかしら、
あるなら知り合いに持ってきてもらうってのできるかしら、
えっ本人じゃないとダメ?パスポートいる?
あっそう、とりあえずそのネイビーのバッグはあるのねっどうもっ」
ってな感じで、あっという間に確認、確保。
す、すごい・・・呆気にとられて見守る我々。
9ヶ月前はタイ語なんて「やったことな〜い」って言ってたよね?

「スヌさん。もう一度空港に行かないとダメみたいです。
で、提案なんですけど、空港方面に
すんごいうんまいチェンマイ料理の店がありましてね。
こんな機会でもなきゃ行けない辺鄙なとこ。
せっかくですから、荷物受け取りがてら、今晩はそこで夕食にしましょう!」
なんかすごい、ゆうこりんすごいよ。
顔の腫れもいつの間にかひいてるよ!
こうして(期せずして)1日目の計画が決定。

まずは近所の市場で、ブランチ的ごはんの仕入れ。
色鮮やかな果物と野菜。
c0047897_1726969.jpg
c0047897_1385553.jpg

c0047897_1393135.jpg

c0047897_17264138.jpg

c0047897_17263536.jpg
デリ・・・っていうの?
ごはんは汁物でもなんでも、ふくらましたビニール袋に入れ
輪ゴムでクルクルッがタイ式
(しかし、この環境ホルモンの蓄積がゲイ増加の一因とのまことしやかな噂も・・・)。
好物のトムカーガイや、おかずあれこれを買う。
c0047897_17265486.jpg
小振りのパイナップルは見事な飾り切り、買う。
みんなこんなことやってる、ずっとやってる黙々とやってる。すごいなタイ。

トンポーロー的屋台。味玉に豚バラ煮。
c0047897_1311121.jpg
「この店のはものすごく丁寧に脂を除いてあって、
クリアな煮込みなんです!」とゆうこりん。買う。
同じような屋台が隣り合っていても、味は全然違うらしい。
確かに売れてる屋台の店主は、哲学的な顔をしているような。

c0047897_17255186.jpg
ヒンズー教の教会の角からは、インド人街。
タイの人もインドの人も、甘いお菓子が大好き。
マカロンが空前絶後の大ブーム。
c0047897_13352068.jpg

時間外(タイの法律ではお酒を買える時間が決まっている)にビールを買える店で、
ものすごくおいしそうな鶏皮揚げがジューー。もちろん買う。
c0047897_13142636.jpg
揚げ鍋のそばに、内臓やほかの部位も。目を見張る処理の美しさ。
c0047897_13163732.jpg


お部屋に戻って、プチ宴会。お昼前だけど、ビールうまーい!
(すいかはゆうこりん用)
c0047897_1318812.jpg
c0047897_1319088.jpg
安定の腸詰め。鶏皮のザクザク感!
c0047897_13214865.jpg
ごはんに振ったナムプリックは、さくさくピリ辛のふりかけ。
スパイシーなでんぶみたいなもの。
ナムプリックにはこういうふりかけタイプと、
ディップとして使うペースト状のものがあるそう。
c0047897_1321448.jpg
トンポーローもお肉がほろほろで美味。
ココナッツミルクのスープ、トムカーガイは
マイルドでクリームシチューっぽかった。

c0047897_13225058.jpg
今後の計画表を作り始めるクミさん。
さすがだわあ〜(任せっきり)

ぽつぽつ更新していきます(今回はなんとか最後まで・・・)が、
本日はこれにて。
See you soon!!
by snuko | 2014-03-12 13:37 | 2014.2 バンコク旅行 | Comments(0)

今週の夜レッスン、お休みします

梅満開、春も本番かと思いきや、まだまだ冷たい北風も。

数日前、朝起きたら顔の周辺がモヨン・・・としてました。
モヨン・・・としか言えない、なじみのない感触。
鏡を見たら、およ! 南伸坊先生が!
重ったるいけど痛くはないので、普段どおりお化粧してみると、
そこにはパタリロ、およびネオヒルズ族の与沢翼氏が。
(面白い・・・とわざわざ目張りを入れてみたり)

今日になっても腫れが引かず、
さすがに不安になって大きな病院で血液検査してもらったところ、
とりあえずの診断結果は耳下腺炎とのこと。そのまんまじゃあー!
油断すると高熱が出て長引くこともあるため、
木曜に再検査をして経過をみるとのことでした。

そんな事情で、明晩と木曜のレッスンはお休みとさせていただきます。
体調不良でのお休みは、KIWI始まって以来初めて。無念です。
楽しみにしてくださっていた皆さま、まことに申し訳ありません。

胃腸にはきておらず食欲もあるので、
この機会に気にかかっていたあれこれを・・・
と思うと治らないですよね。
無理せず少し休んで、早く万全の体調に戻したいと思います。

本当に申し訳ありません。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

腫れてない顔(こっちが本物)でのDOMANI4月号、
好評発売中です。
こんな時こそ、ゆる薬膳メニューで養生せねば・・・^^;
c0047897_17333277.jpg

by snuko | 2014-03-10 17:58 | こんにちはスヌ子です | Comments(4)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家