border="0">

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「KUMIKOのタイごはん」ルポ

参加希望が多すぎて、直前にお席を増やした「KUMIKOのタイごはん」。
私が以前お邪魔したいずれのKUMIKOイベントもセッティングが素敵で、
見慣れたKIWIがどう変わるのかワクワクしておりました。
 
夕方4時半からの開催でしたが、
18名分のタイ料理フルコース準備、会場設営で朝9時集合。
ゆっくりお茶を飲んだり、お昼も挟みつつ、
くるくるテキパキ動くKUMIKOさん。
3時すぎには、下準備もほぼ完了。
c0047897_16532110.jpg
今回のテーマカラーは、ロゼワインにちなんでピンクと赤。
上から下げた花みたいな飾りが可愛い♡
鎌倉でファブリック・キャンプという素敵なお店を開いている、
小山千夏さんお手製のクリスマス飾りを譲り受けたものだとか。
そういえば、KUMIKOさんとバンコクご一緒したときも、
おもむろに街の仏具屋に入っていったっけ。
カラフルな飾りを調達するのにいいの、と言ってた意味、わかりました。
(その目のつけどころがすごい)
 
c0047897_16533132.jpg
ワインもスタンバイ。4時過ぎからお客様が。
スターターに用意したのは、ドライマンゴーとチーズクリームのおつまみ。
c0047897_16534598.jpg
唐辛子のナムチムをぴりっと効かせてあります。
甘じょっぱ酸っぱクリーミーでおいしい♡

ガピとメンダーのナムプリック(タイ風のディップ)
+季節の野菜は、大皿にずらっと並んだ姿が美しかったのですが撮り忘れ…。
野菜は、KUMIKOさんが取り寄せている自然農法で作られたもの。
c0047897_16535724.jpg
盛り合わせるとこんな感じ。
グラスにはエディブルローズを入れて、女子力強化!

c0047897_16582294.jpg
最初のロゼは、バイイ・ラピエールの泡。
ベリーの香りで軽すぎない辛口、
これならスパイスの刺激に合うであろうとセレクト。
 
ポッピアトード(ネームと卵の揚げ春巻き)は、
まさにお酒が進むおつまみ!でしたが、
これも揚げ方に徹していたら写真がなく…すみません;;

前菜で落ち着いたところで、
色とりどりの食材が並び始めました。
c0047897_16540873.jpg
初の試み。KUMIKOのヤムデモ!
c0047897_16543959.jpg
いちごとウド、ウコン、ホムデンなどをあえて作るサラダ。
ヤムにしては変化球、とのことでしたが、
ベーシックなヤムの定義説明もあり、参加者が味見をしながら調整し、
皆さんの理解と納得のもとできあがったのがこちら。
c0047897_16544901.jpg
ミントもわっさーーー。
なんて美しい! おいしい!!と各所で感嘆の声。
この素材なのに、口の中はタイそのもの!という驚き。

c0047897_16550034.jpg
続きましては、雷魚のトムヤム。
トムヤムクンは酸っぱ辛い海老のスープですが、
これはタイの市場で仕入れた雷魚の燻製を軽く焼いてダシを取り、
そこにこれでもか!とハーブが入っております。
かつおぶしのような薫香に、ホッと一息。

c0047897_16583024.jpg
2種類めのワインもあっという間に空きました。
エレナ・ワルチのロザート。赤に近い濃さの、自然派ロゼ。
しっかりとした飲みごたえがありながらも、飲み口はスムーズでやわらか。

最初にグラスに入れたローズも咲き始め。
c0047897_16550655.jpg

深鍋で香味野菜が煮えるいいにおいがする…、
と見ていると、瞬く間にできあがるやりいかのマナオ蒸し。
c0047897_16553078.jpg
c0047897_16554077.jpg
もうみんな、うまいとしか言わないわけです。

そうこうするうちにも、中華鍋をバリバリに熱して、
今度はKUMIKOの炒めデモ。
c0047897_16560182.jpg
c0047897_16555156.jpg
つまみ食いもデモのうち。
c0047897_16561120.jpg
とにかく早いんです、すべての調理が。
炒め物は少量ずつを何回にも分けてぱっぱか仕上げる。
c0047897_16562251.jpg
味つけは後からのほうが失敗しないと。

c0047897_16563392.jpg
おいしい…と泣きながら食べる参加者
(どうやらほかに辛いこともあったそうです)


この後、豚肉のバイカプラオ炒め(俗にいうガパオごはん)が
出たのですが、一瞬目を離した隙に全部なくなってました!
ゆえに写真なし…!!!

c0047897_16572635.jpg
つつがなくデザートに。緑豆のココナッツぜんざい。
緑豆にのせた黒糖のゼリーがまたおいしくて…。

中締めのご挨拶。
c0047897_16573965.jpg
この頃には、夥しい量のワイン・ビールが空き、
酔いが回ってこんな勢いの方も。
c0047897_16575020.jpg
天井のテープもいつのまにか鉢巻きに。
c0047897_16575657.jpg
「みんな飲んでるし、まだ食べるかな」とつぶやいたKUMIKOさん。
そう言ってる間に手が動いてます。

や、ヤムウンセン…!!
c0047897_16580740.jpg

ぐ、ぐ、グリーンカレー…!!!!!
c0047897_16581582.jpg

お腹は充分なはずなのに…どうしてこんなにおいしいの?

この勢いで終電まで。

翌日のつぶやきには二日酔いの声多数。
さもありなん。
c0047897_16584066.jpg
これ+ビール1ダースが空いていました…。

飲み過ぎとはいえ、なんとおいしい・愉しい宴だったことでしょう。
今回、キャンセル待ち・日程が合わなかった方からも
リベンジ希望の声多数いただいております。

KUMIKOさん、第二弾もよろしくお願いいたします!


by snuko | 2014-04-25 14:45 | ●KIWIのお知らせ・イベントルポ | Comments(2)

サイウア(タイのハーブソーセージ)レッスンルポ

バンコクレポート滞っており恐縮ですが、イベントの報告を。
20日(日)のイベントと、その前の週13日に行われた
サイウアレッスンの模様です。

サイウア前日。次週のイベントに向けKUMIKOさんと会場打ち合わせ。
c0047897_11215678.jpg
約10坪のKIWIですから、ご参加人数によってテーブルの配置を変えています。
c0047897_1122715.jpg
タイごはん+ロゼワインというテーマゆえ、複数集めて最適なセレクトを。
c0047897_11231939.jpg
おや?
サイウアの橋本裕子先生… どうやら明日の搬入にきたようですよ(『サタデーウェイティングバー AVANTI』風)
c0047897_1127971.jpg
やりいかとウドのサラダをつまみにロゼを酌み交わすタイ通のおふたり。


翌朝。軽く二日酔いの橋本先生と、9時集合。
初めてのレッスン、少しアルコールが入ってる方が
緊張がほぐれてよいかも・・・なんちゃって・・・。
c0047897_11335220.jpg
色鮮やかな食材!
なんとこの日のために、タイ食材が新鮮と評判の
市原「パーの店」まで遠征して仕入れをしたという先生。

見たことがない食材も。
c0047897_11363069.jpg
ゆるやかにレッスン開始。
c0047897_11363629.jpg

実践に裏付けられたわかりやすい説明に、
なるほど!とうなずくみなさま。
コツを見逃すまいとシャッターを切りまくり、メモ取りまくり。
そうそう、後で思い出そうとしても意外に忘れてしまってますからね。
c0047897_1137818.jpg
橋本先生の本領(?)、肉たたき。
ご自宅で叩きまくっていたら、階下から苦情がきたとか・・・。
でもやっぱり叩くと格別! と、後々実感することに。
c0047897_11372517.jpg
スパイス、ハーブをよく混ぜて。
脳にそのまま届くような、豊かなハーブの香り。
c0047897_11381553.jpg
腸詰めのやり方は2通り。
手詰めとガン使用。
c0047897_11383558.jpg
c0047897_1138521.jpg
はじめは思ったように行きませんが、だんだんコツがつかめてくるもの。
c0047897_1139976.jpg
お? かなり上手にできたような。
フライパン焼きもできますが、今回は大量に焼くため、オーブンを使用。

c0047897_1211942.jpg
焼きの間に、スープとヤムを作ります。

焼けた!!!
c0047897_11493330.jpg


おなかペコペコ。ここからの皆さんの動きの速かったこと!!!

冷えたシンハービールを開けて。いただきます♪
c0047897_1243729.jpg


c0047897_1262033.jpg
サイウア・・・!!
まさにこの切り口のとおり、
赤い唐辛子・緑のハーブ・白い脂の甘い風味と、
まさに玉手箱のようにあらゆる旨味が混ざり合って、筆舌に尽くし難いおいしさ。
途中ピーナッツやウコンなどをかじると、また味が変わって新鮮なのです。

文旦のヤム、トムカーガイも、おいしかったなあ。

献立バランスもよく、心ゆくまでサイウアを堪能でき、大満足。
私も早速、家での再現用にガンをポチりました。。。

SNSでレポートしている間の反響もすごく、次回のレッスンが決定!
ぜひ習ってみたい、食べてみたいという方は、お問い合わせくださいね。

橋本先生、貴重な体験をありがとうございました
&引き続きよろしくお願いいたします。
今後ももれなく、レッスンのアシスタントは私が務めさせていただきます・・・(食べたいから)

この後、前代未聞のキーマオ(タイ語で酔っぱらい)数を更新した
KUMIKOさんのタイごはんルポへ続きます。
by snuko | 2014-04-23 13:08 | ●KIWIのお知らせ・イベントルポ | Comments(0)

食いたおしバンコク4 ホテル/アスコットサトーンバンコク 

2泊目からは、BTS(高架鉄道)チョンノンシー駅にほど近い、
アスコットサトーンバンコクに宿泊。
バンコクはホテルが格安と聞いていたので、
3、4人でもゆったり感があって、キッチン・バスタブ・ランドリー付き、
デモの影響を考慮し鉄道駅の近く、
ゆうこりん宅からも近い場所という条件で探しました。
agodaやエクスペディアなどの予約サイトを、
全員で数夜にわたってみちみちと見つめまくり。
c0047897_915217.jpg
すべての条件を満たしたのが、アスコット・サトーン・バンコク。
2ベッドルームエグゼクティブというお部屋、なんと120平米越え!
1泊のルームチャージが、日本円12000円くらい。
c0047897_9153595.jpg
立派なロビー。
c0047897_9154156.jpg


お部屋に入ったところ。
c0047897_9172063.jpg

玄関からリビングまでの廊下が長い! 途中にストックルームあり。
c0047897_9171598.jpg

リビング。ひ・・・広っ!
c0047897_916392.jpg
c0047897_9175457.jpg

c0047897_9173495.jpg
キッチンもうちより広くて立派。
グラスやお皿、カトラリー、トースターまで完備。
c0047897_918091.jpg
c0047897_918872.jpg

巨大なクローゼット、デスクもある寝室が二つ。
c0047897_917774.jpg

バスルームも2つ。1つはシャワーブースつき。
c0047897_9163667.jpg
c0047897_9164225.jpg


ズバリ、お宿は正解! 広くてきれいで快適。
Wi-Fiも難なくつながります。

ただこのホテル、ハード面は最高なのだけど
ドアボーイやレストランなどのソフト、サービス面ではまったく期待できません。
気が利かない、という以前に気を利かせるっちゅーアイデアがない・・・!? という感じ。
でもまあ、言えば「おお」という感じに対応してくれるし、別段不自由はなかったのですけれどね。

窓の外はプール。滞在中泳いだのは約1名のみ。
c0047897_923098.jpg

by snuko | 2014-04-08 15:18 | 2014.2 バンコク旅行 | Comments(0)

食いたおしバンコク3 2/21朝 蒸しスープ屋

2日目、朝。
c0047897_187090.jpg
あれに乗るべし! と15と番号のついたバスに飛び乗ります。
車体が古すぎるゆえに運賃タダという代物。
ガッタガッタと揺れてスリリングだけど、これぞアジア!って感じ。
c0047897_187984.jpg
中央分離帯に象もいます。だってタイだもん。


バスを降りたらイサーン風ソーセージが。自動的に購入。
c0047897_18101293.jpg


向かうは伝説の蒸しスープ屋さん。
ていうか・・・ここ入っちゃって大丈夫なの?
「お食事」で予習していたとはいえ、想像を凌駕するローカルさ。
c0047897_18113792.jpg


つきました。
c0047897_1813129.jpg
c0047897_18134966.jpg

c0047897_18133715.jpg

c0047897_18143218.jpg
すごい!!!!!
鍋の蓋を開けると、それぞれに違うスープのいい香り・・・!
ここは桃源郷か!!!

悩み抜いた末、我々が選んだのは以下。
c0047897_1818611.jpg
右上から時計回りに、
●カポプラー(魚の胃袋)、干し椎茸、手羽元、クコ、パクチーのスープ。
網笠茸風のカポプラー、くにゅっとしたスポンジみたいな不思議食感。
かむと干し椎茸と鶏だしがじゅわっとしみ出す。
●骨付き鶏、栗、くこ、なつめのスープ。これは薬膳風。
栗の甘みがたまらん。
●スペアリブ、干しエビ、いか、大根。そう、これはおでん。
さっぱり大根に味しみしみ。
●海藻と骨付き鶏。
もずくのような真っ黒い海藻はその名も「髪の毛の海藻」と呼ばれているとか。
生臭みはなく、ヨードの味わい(!?)に鶏だし、ただひたすらに滋味。
c0047897_182667.jpg
ゆっくり味わっていく間にも、薬膳風などはクコからも甘みが出てきて、いっそう味が深まる・・・。
どれも、最後の一滴を飲み干すのが惜しい。

おそらく、丁寧にとった鶏スープがすべてのベース。
それを、下処理をした具が入った器に注いで、さらにじっくり蒸すことで、
素材の味がじわーーーっと引き出されているのでしょうね。
すべてに透明感があり、雑味がなく滋味深い。

c0047897_18263454.jpg
イカの干し戻し炒めも頼んでみました。
c0047897_18284252.jpg
まこもだけ(ワイルドライスのお母さん)と共にピリ辛に。
くにゅ、プルンで歯切れはあっけない「おきゅうと」みたいなイカ、面白い。

c0047897_18335088.jpg
おなじみのプーパッポンカリーも、前人未到のミルキーさ。
カニのみそと柔らかい身と卵が渾然一体!
不思議なことに、注文してから出てくるまでにものの3分とかからない・・・。
もちろん熱々。
何か特別なことしてるわけじゃないよねえ?
どーーーちてこんなクリーミーなのっっ??

と語り合いながらの朝ビール。相好を崩すとはこのこと。
c0047897_18375314.jpg
たまらずイサーンソーセージも食べます。うま。
c0047897_18382171.jpg


お店にはゴッドマザーみたいなお母さんがいて、
なかなか彼女の笑顔は見られないと聞いていたのだけど。
我々があんまり「うまいぃぃぃぃ」と感動を露わにしていたせいか、
顔なじみのゆうこりんのおかげか、優しい笑顔を見ることができました。
タイってすてきだね、おいしいねぇ。
朝からお腹も気持ちも大満足!



 
by snuko | 2014-04-07 18:58 | 2014.2 バンコク旅行 | Comments(3)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家