border="0">

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ピニッドストア&シルバーピクニック×2

気持ちいい秋晴れですねー。
シルバーウィークから盛りだくさんな毎日。
熱く綴りたいことが溜まっているのですが、
さらっとパパッと綴ることができないタイプなので、
今日もバタバタと焦りながらの更新です。

シルバーウィークはピクニックを2回しました。
シルバーピクニック…高齢者の集いのようですが、
違う違うそうじゃない とも言いきれないお年頃。

お休みの初日には、念願だった茂原のピニッドに行ったのです。
田んぼの中にある絶品タイ料理のお店。
c0047897_12454414.jpg
ナビを頼りに到着しても「ここじゃないよね」と素通りしそうな古い工場の建物。
c0047897_12462298.jpg
外は田んぼ。来る途中の田んぼにも、白鷺が何羽もいました。牧歌的。
c0047897_12481895.jpg
c0047897_12450960.jpg
工場の中にいきなりお茶の間、という感じのレストラン。
まずはシンハーで乾杯。タイでは朝から飲んでた軽ーいビール。

c0047897_12463596.jpg
ハッシー先生による実習お料理レッスンでも大好評を博したスパイスソーセージ、サイウア。
食感やスパイスはマイルドながら、風味がよくおいしい!
生の生姜をかじりながら。
c0047897_12464915.jpg
発酵ソーセージ・ネームに揚げ米が入ったサラダ、ネームクルック。
辛いひき肉の和え物、ラープムー。刻んだ豚の内臓のうまみも。
辛い辛い〜、でも絶妙な味付けでやめられない。

c0047897_12470393.jpg
しめはカレーラーメン、カオソーイ。
ベースの鶏だし、トッピングの揚げ麺がまたおいしい。でもこれまた辛い。

辛い辛いと言っていたら、タイ人のママが
ナンプラー入りのカリふわ卵焼き、
辛くない高菜炒め煮みたいなゲーンホをサービスしてくれました。
数年前のタイ旅行を思い出す味。本当に現地っぽいな、ここ。

c0047897_12460108.jpg
レストランの奥がお店。
中央には開架式の棚が並んでいますが、周囲の冷凍庫などもバンバン開けて物色。
c0047897_12504833.jpg
タイで気に入ったソーセージを発見!
左のサイクロークイサーンが1200円、右のネームが950円と超高級品でしたが、迷わず入手。

c0047897_12503650.jpg
バジルの仲間、バイホラパーかな?と思いきや、
バイメンラックという別種だと教えてもらったハーブ。
葉はやわらかく、ちぎるとレモングラスのような爽やかな香り。



翌日はこの素材を使ってピクニック。この時季の穴場、駒場公園。
c0047897_12484004.jpg
食べかけ御免。
ネームは生野菜、ピーナッツ、バイメンラックと一緒にサラダに。
サイクロークにはパクチーをどっさり。
c0047897_12492028.jpg
友達がおいしい箱ワイン持って来てくれたんだけど撮り忘れ。

しばしば着物女子が通るなーと思ったら、旧前田公爵邸でレトロ着物の展示をやっていました。
c0047897_12500040.jpg
華やかな柄×柄、可愛い。涼しくなると着物熱も復活しますね。
c0047897_11024720.jpg
友達の家に上がり込んで昼寝(おい)したりのんびり。
ささっと作ってくれたネクタリンモッツァに、セバスチャン・リフォーのサンセール。贅沢。
c0047897_12501138.jpg
最近編み出したレシピのヨーグルト鍋(おいしいんですよー!近々レシピ公開予定)も食べたり。
c0047897_12502383.jpg
来年予定している沖縄旅行の計画を立てたり。




そして翌日もピクニックでしたん。定番の代々木公園。
c0047897_12524100.jpg
c0047897_12511219.jpg
熟練ピクニック隊の役割分担により、安定の豪華ラインナップ。
c0047897_12512947.jpg
午後からのスタートで余裕があったので、昨日と同じメニューをさらに作り込んでみました。
ネームのサラダには、カミアカリという香ばしい玄米を炊いて、軽く握って揚げたものを追加。
友達が作ってきてくれたアランチーニも、そういえば揚げライスボール。
ごはんにパルミジャーノを混ぜるのだそう。
お国変われば…と、ひそかに揚げ米への感慨を深めました。
c0047897_12515913.jpg
ぐびぐびの合間に、あったかいカリフラワーのポタージュでにっこり。
c0047897_12521461.jpg
ツォップのZ食パントースト×プロカッチの濃厚トリュフペーストとか。
c0047897_12523360.jpg
荻窪もぐもぐのハムやソーセージ、レバペならぬ丸ごとレバー。
トマトハム?みたいなのもおいしかった。
お手製煮卵とともにワインがすすむこと。

めきめき成長する友達の坊やとともに、シャボン玉やフリスビーの楽しさ再発見。
c0047897_12525906.jpg
c0047897_12530997.jpg
次回は…バドだな!(バドワイザーじゃないよ)
と誓って解散。

秋の季語には「ピクニック」も入れるべき、と強く思うのですがいかがでしょう。

by snuko | 2015-09-30 11:25 | Comments(0)

9月おもてなしレッスン「初秋のイタリアおかず」

長雨続きでお野菜が少ない、高〜い! 
けれどそんなことはどこ吹く秋風。
旬を取り入れた9月のお料理レッスン、おもてなしコースが終了しました。

☆初秋のイタリアおかず☆
c0047897_18124446.jpg
左のお皿から、
●マスカットとかぶのサラダ
おいしい塩漬けケイパーの上手な使い方をレクチャー。
マスカットは、皮が薄くむかずに食べられるシャインマスカットを。

●秋みょうがのブルスケッタ
和食の薬味、つまに使われがちなみょうがが主役。
シャキシャキ感と苦味、香りを生ハムと合わせて。
目からうろこ、ブルスケッタの知られざるコツ!?も。
c0047897_18101931.jpg
●さんまとなすのミントロール
さんまにミントペースト、重ねてパパッと巻いてオーブンへ。
スプラッタにならないさんまさばき、腹開きをみんなでやってみました。
いろんな脂、うまみがじゅわっとしみこんだなすが美味。
下にわかめを敷いてさらにうまみをキャッチするのは、
アルドアック酒井シェフからのインスパイア。

c0047897_18100601.jpg
●地鶏とさつまいものフリカッセ
白い煮込み、フリカッセ。
さつまいもを地鶏の脂をじっくり焼いて、ヨーグルトのうまみをプラス。
秋のはじめにふさわしい軽やかな仕上がり、
もう少し寒くなったら生クリームに切り替えてもおいしいレシピです。
c0047897_18172807.jpg
おまけレシピは、焼ききのことレモンのスープ。
だしは使わず、きのこのうまみを引き出す蒸し煮がポイント。

ワインは、りんごのように爽やかな酸味のマルスーレのプロセッコ。
メインには、最近気に入っているイナマのソアヴェクラシコ(ソアヴェなのにしっかり飲み応えあり)を合わせました。


10月から新システムになるため、今回で最後のレッスンになる方も。
何年もの間、毎月お会いしていたメンバーの卒業は
とてもとてもさみしくて、ともすればしんみりしてしまいそうに007.gif
でも、皆さんの毎日のごはん作りに、
レッスンでやったことが少しでもお役に立てばうれしい。
さらに私のオーバーアクションなんかも、ふと思い出してくれたら本望…037.gif

リクエストレッスンなどで、またゆっくりじっくり愉快なひとときを過ごせますように。
スヌ子バーという新たな構想の実現も夢見つつ、
10月からの新たな出会いに胸をふくらませております。

by snuko | 2015-09-16 18:54 | ●お料理レッスン | Comments(0)

スヌ子のお料理レッスン、新クラス募集スタート!

お天気がいいと「そうだ、新しいこと始めよう!」という気分になるわよね…
と考え、機会をうかがっておりましたが
秋の長雨がなかなか上がりそうもないので、しびれを切らしてお知らせです。

これまで満席のことも多く、お待たせしておりましたスヌ子のお料理レッスン。
この10月から新クラスを設け、募集を開始いたしました。
c0047897_10232321.jpg
クラスは全部で3カテゴリーに分かれております。

①ベーシッククラス
おなじみのメニューを手早く習得したい方、会社帰りに晩ごはんも兼ねて寄りたい方向けの火・木曜夜クラス。

②アドバンスクラス
ホームパーティや記念日のお食事などにそのままご活用いただける、コース仕立てのメニューを作る木・土曜昼クラス。

③スペシャルクラス
ベーシック、アドバンスの内容を習得済み、さらにセンスアップした上級者向けの水・土昼クラス。
(こちらは、これまでのレッスンで充分に経験を積んだ方を優先的にご案内しています)

自分に合うかよくわからないんだけど…と不安な方のために、
プレ(体験)レッスンもご用意しました。

ベーシック、アドバンスクラスは、
サイトでスケジュール&メニューを公開しておりますので
興味のあるメニューだけを選択して受講いただくことも可能です^^
以前行ったけど最近ご無沙汰ね〜 という方も、どうぞお気軽にカムバック♪

メニュー内容はこちら→→→ 10月からのNEWスヌ子お料理レッスン
c0047897_10233187.jpg
初めての方はドキドキされることもあるかと思いますが、
何しろ私がお教えするので、さほど気合いを入れていらっしゃらずとも大丈夫です。
えーーー、そんなんあり〜〜? と笑っているうちに、
なぜかお料理が好きになり、食材や調味料の知識が身につき、
腕前も上がっているという不思議なレッスン(との評判)です。

お申し込みお待ちしております!!

ご不明な点ございましたら、こちらのアドレスまでお問い合わせください。
lesson@kiwi-lab.com

また、お友達同士だけで受けてみたい!というプライベートレッスン、
過去メニューのリクエストレッスンも随時承っております。
こちらも、お気軽にお問い合わせくださいませ。
c0047897_10232783.jpg

by snuko | 2015-09-08 11:15 | ●お料理レッスン | Comments(0)

「ごちそうレバーローフ」お詫びと訂正

9月を迎え、学校も始まったというのに、梅雨のようなひんやりじっとりとしたお天気が続きますね。

本日は、皆さまにお詫びしなくてはならないことがございます。
おかげさまで好評発売中『酔いどれスヌ子の麗しごはん』。
あるレシピの分量に大きな誤りがございました。こちらです。
c0047897_15193271.jpg
酔いどれパーティでもお出しした、あの。
レッスンで何度も繰り返し作り続けてきた、あの。
レンジでできるパテドカンパーニュとも言われるあの…「ごちそうレバーローフ」

分量に寄ってみましょう。
c0047897_15225226.jpg
下から3行、2行目が問題の箇所です。
くるみ(ロースト)……230g
ドライいちじく……260g

ちなみに、ベースとなるひき肉は450g、レバーは200g。
なのに、くるみとドライいちじくが、合わせて500g弱!!!!!
これはもう、ナッツ&フルーツの肉寄せバーとでもいうべきか…。

なぜこんなことに?と、校正の履歴を追いかけたところ、
正しい分量の頭に、なぜかどこかで「2」がついてしまっていました。
つまり、正しい分量は
くるみ(ロースト)……30g
ドライいちじく……60g
というわけです。

こんなに大きな間違いがあるまま刊行してしまい、まことに申し訳ございません。
ご購入いただいた方、またすでに作ってしまったという方に、
心からお詫び申し上げ、訂正いたします。

まだ作ってらっしゃらない方は、すぐにこの59ページを開いてホワイトで2を消していただき、末代までご迷惑が及ぶのを回避していただければと思います。
お手数をおかけして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

*****************************
でも、この分量で作ったら本当に大失敗しちゃうのかな?
と気になったので、試してみました。


まず、お肉の量に比べてこのナッツ&フルーツ…。
c0047897_15235398.jpg
さらに、ひき肉を混ぜているとき、くるみがゴリゴリとツボ押しのように手を刺激して、とても痛い。
やっぱり多すぎる! という手のひらの実感。


そして、指定のパウンド型に収まりきりません。はみ出しチャンピオンとはまさにこのこと。
c0047897_15234437.jpg
仕方なく盛り上げたままラップをかけ、レンジ加熱。
体積の大幅増を受け、慎重に、指定の15分加熱より5分長く20分加熱して焼き上げました。

漬物石並みの、存在の耐えられない重さ。
冷静なジャッジを得るため、カゴにいれて担ぎ友達の家へ。

まだ温かい状態で厚めに切ってみると、具が多すぎてホロッと割れてしまいます。
c0047897_15500681.jpg
歯に衣着せない娘さんたちにも、試食してもらいました。
c0047897_15542905.jpg
しかし。意外や「おいしい♡」「アリなんじゃない?」との声が。え…そお??


このレシピは翌日がおいしいので、がっちりラップして1日置いたものがこちら。
c0047897_15240151.jpg
みっちりぎっしり確かな満足。しっかり締まると薄くも切れます。
マスタードとともにサンドイッチにして食べました

結論として、味は悪くないというか、むしろ贅沢な感じでおいしいんです。
でも、これやっぱり現実的ではありません。
買ったクルミが4袋、トルコスミルナ種の干し白いちじく2袋。
この材料費だけで、酔いどれ本の本体価格を軽く超えております(泣
経済面でも、現実的ではない量なのでした。

宝くじなど当たって懐がものすごーーく温かいとき、
ドシーーーーンと重くて食べ応えのあるグラノラバー的ミートローフを召し上がりたいときに、
もしかするとこの分量でおつくりいただくのも一興かと存じますが、
まずは正しい分量で試していただきたくお願い申し上げます。
c0047897_15243043.jpg






by snuko | 2015-09-01 16:20 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家