border="0">

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月スペシャルクラス「スパイス、ハーブでもっとおいしく」

やっとすっきり晴れた今日。
でも、毎年忘れがちだけれど、東京の11月って案外暖かいですよね。

さて、ドッキドキの初・スペシャルクラスルポです。
今回が初めての開講となるこのクラス、
これまで長らくメンバーだった方、お料理スキルの高い方向けの上級クラスとなります。
上級…と銘打った手前、何をお伝えすればいいのか、
夢でうなされるほどw 悩んでしまいました。

あれこれ試作もしたけれど、結論は、より難しくするのではなく、
解っている皆さまにだからこそ、調理はよりシンプルに。
キモを押さえて、作る・食べることがもっと楽しくなるような内容を!
との方向性となりました。

普段はあまりしないお取り寄せとか。びっくり高級食材とか。
そういうものを体験できる場として組み立てたメニューがこちらです。

☆スパイス、ハーブでもっとおいしく☆
c0047897_11240536.jpg
●豚のハーブ塩釜焼き
パーティにぴったりのびっくり料理といえば、おなじみ塩釜焼き。
知ってはいるけど作ったことない、という方が多かったお料理。
上等の豚肉で作ると、脂が甘い!! 
ハーブとスパイスをふんだんに使うため、焼いている間の香りもごちそうです。

昼と夜のクラスでは、内容が少し違うのですが、
夜はさらにハーブたっぷりのマスタードソースを添えました。
c0047897_11080518.jpg
●アンチョビクリームポテト
やめられない止まらないハイカロリーなつけ合わせ。
1缶2000円以上するアンチョビがこの世にあるなんて!と驚いたので、
思い切ってみんなで食べてみようとお取り寄せ。
このアンチョビのために考えた、濃厚クリーミーなポテトです。
プチプチのフレッシュな粒胡椒もすてきなアクセント。

●洋梨とグリーンオリーブのサラダ
この時季のお楽しみ、新漬けグリーンオリーブを生かしたさわやかなサラダ。
香りのいい大根がちょうどいいリフレッシュに。

c0047897_11070175.jpg
●生牡蠣のミントサルサ添え
こちらはお昼クラスのみのメニュー。新鮮な生牡蠣を3種食べ比べ。
ミルキーなもの、海の味が濃いものなど、産地によってちがいがはっきり。
ピリッとしたカクテルソースで、牡蠣のうまみを引き立てます。
生が苦手な方には蒸し牡蠣にしましたが、プリプリぷるんで美味しそうでした。
c0047897_11121514.jpg
3種、この状態で到着。
c0047897_11052917.jpg
軍手と牡蠣ナイフは欠かせません。みんな真剣。
c0047897_11061140.jpg
がんばりました! 慣れた頃に終了。ご自宅でもトライしてみてね。

c0047897_11082410.jpg
●フライパンガトーショコラ
ケーキはお酒に合うものしか作らないのが、私の信条。
濃厚なチョコレートと赤ワインの組み合わせは大好きなので、ベストな割合を追求しました。
オーブンでは塩釜を焼いている都合上003.gifフライパンでもできるように。
c0047897_11122809.jpg
チョコレートの種類、混ぜ込むもので仕上がりがまったく違うのです。
作りすぎ食べすぎで、久しぶりに吹き出物が…^^;

c0047897_11250353.jpg
ワインは、牡蠣に合わせて王道のシャブリを。
200年以上もシャブリに携わっているドメーヌ ジャンコレ。
赤は、アルザスのマルク・テンペが南仏で作っている、クルビサックのミネルヴォワ。
秋がやってくると手が震えるほど飲みたくなる、なめらかでこくのある赤です。


長年のメンバーにも好評をいただき、ひとまずはホッ。
スペシャルクラスは2ヶ月に1度。

季節が同じであれば、同内容でのリクエストレッスンも承っておりますので、
食べたい…!! という方はお問い合わせくださいね^^

☆ギャラリーキッチンKIWIからのお知らせ☆
レッスン、イベントの残席が確認できるようになりました!!
どうぞご活用くださいませ071.gif070.gif071.gif



by snuko | 2015-11-19 12:01 | ●お料理レッスン | Comments(0)

気分一新!

おはようございます!
久しぶりに早朝からの撮影。
朝の電車、6時台でも座れない程度には混んでますね…月曜日だからかな?

11月も半ば、スペシャルクラス、アドバンスクラスも終了。
今週はベーシッククラスです。
一念発起して、ずっときになっていたスタジオのバックヤードの床をきれいにしました。
c0047897_07124836.jpg
タイル風なデザインだけれど、クッションフロア等と呼ばれるシート状のもの。
冷蔵庫前は汚れやすいので、お掃除が楽で清潔感のあるこの素材に。
c0047897_07133262.jpg
実はキッチン壁のタイルと同じ、モロッコ風モチーフ(^-^)

トイレは、ビルの管理スペースですが、交渉して貼り替えさせてもらいました。
c0047897_07140188.jpg
こちらは酔いも醒める❓明るく爽やかな感じに。
仲良しの友達がトイレを自分で貼り替えたのを見てから、ずっといーなっと思っていたのよね。

床、壁など大きな〝面〟が変わると一気にリフレッシュ。

胸痛み考えさせられるニュースがあっても、皆さんをお迎えするこの場所は、明るくニュートラルでありたいと思います。
素敵な一週間に010.gif


by snuko | 2015-11-16 07:10 | ●暮らしあれこれ | Comments(0)

Domani連載最終回!&酔いどれ卒業旅行@リゾナーレ八ヶ岳

あれよあれよという間に11月がやってきました。
いろんなことをリニューアルしたり、終わりもきたり。
ご愛読いただいてきたDomani連載も、
ついに、この週末発売された12月号で最終回となります。

月刊誌で3年もの間、36回の連載。
間に酔いどれ大特集もあり、書籍も出していただき…、
振り返れば胸に迫る万感は、本誌に綴りました。

皆さまにお届けする最後のメニューは、
根菜ごろごろのアッシ・パルマンティエ。
体が温まりボリュームもある、パーティにもぴったりな重ね焼きです。
c0047897_13022194.jpg
また、今号では「冬休みにしたい20のこと」という特集で、
冷え込む日にぴったりのお鍋レシピ×3も紹介しています。
c0047897_13025804.jpg
特集の表紙はお猿が目印
c0047897_13023382.jpg
試してほしい、ミルキーしゃぶしゃぶのレシピも。

ぜひお手に取ってみてくださいね!!
c0047897_12594822.jpeg

以下は撮影の思い出、卒業旅行の模様です。
たいへん個人的なレポートかつすごく長〜いので、
ご興味ある方のみ、お時間あるときにごらんください034.gif

***************************

連載終了を前に、
「そいえば出張行ってないよね! どっか行きたいニャー」
とみんなで大騒ぎしたところ、
敏腕編集者ともよさん・3年間伴走してくれた美人女房歩ちゃんがドーーンと胸を叩き「最後の撮影は、遠出いたしましょう!!!」と。
本分は撮影ですから、キッチン付きの宿泊施設という条件で
いろいろ探してくださり、目的地はリゾナーレ八ヶ岳に決定!

そうして迎えた当日。
早朝はどんより空模様でしたが…
c0047897_13164333.jpg
トンネル(どこ)を抜けたらだんだんと明るく。

つきました。
c0047897_14300717.jpg
世界的建築家、イタリアの巨匠マリオ・ベリーニによる建物。
そういえば私、14、5年前にも来たことあったな。
当時はたしかマイカルグループで、リゾナーレ小淵沢というホテルだったのです。
母体が星野リゾートに移り、どうなっているかとても楽しみ。
c0047897_14301952.jpg
ちょうど紅葉も始まっていました。
まずは、メニュー撮影場所に。
c0047897_14304543.jpg
やっほーーー!
c0047897_14332196.jpg
気持ちいい♡
ガーデンパーティに最適な、緑に囲まれたパーティ会場「アルフレスコ」。
ここで結婚パーティなんてしたら楽しそうねーーぇ。

などとはしゃいでいる間もなく。
c0047897_14364531.jpg
実はこの日、キッチンはアルフレスコ内のプロ厨房を拝借し、
時間制限あり! の1本勝負。
もちろん下ごしらえ、準備をして行きましたが、焦る焦る。

c0047897_14313463.jpg
何もかもが大きーーい!
火力の立ち上がりもすごくて、いきなり焦がしちゃったり。
もうバッタバタ^^;
c0047897_14374688.jpg
c0047897_14424968.jpg
しかしながら、さすがのスタイリング、写真センスと、
3年来のチームワークで最高の1枚が撮れました!!!

ひと段落、移動の頃には空もどピーカン。
c0047897_14465169.jpg
リゾナーレスタッフのお導きで、ワインハウスへ。
c0047897_14572958.jpg
セラーのあるスモールスペース。

ここが…すごいんです。
c0047897_14553229.jpg
八ヶ岳の選りすぐりワイン24種がずらーり。
すべてグラスでいただけちゃう!!
c0047897_10350487.jpg
量も大中小と選べる!!!
c0047897_15021274.jpg
ノホホホ〜と恵比寿顔の酔いどれスタッフ…
c0047897_15004971.jpg
無論、私も立て続けにテイスティング。
このワイン素晴らしい。
c0047897_15003590.jpg
↑をパチリするまきこ氏。

いただいたワインは、ドメーヌ・ミエ・イケノ
前職は雑誌編集者だった池野美映さんが、
各界の人物インタビューを重ねるうち
「私も人に語れる何かを持ちたい!」と一念発起してフランスで醸造を学び、
8年前に八ヶ岳で葡萄を栽培し始め創設したワイナリー。
これだけでものすごいドラマなのですが、生み出すワインのお味がまたすごい。
なめらかで上品な飲み口、
静かに立ちのぼる香りの中にピシリと一本筋が通っているような。

学生時代から勝沼に通ってワインを飲みまくり、
日本のワインって優しくて好きだな、
でもパンチっていうかコクっていうか薄いよなー…
などと生意気にも思っていた私。
最近では飲み応え・個性ともにぐんぐん進化しているのを感じておりましたが、
ボルドー、ブルゴーニュなどとは環境も条件も違う日本で
ここまでのものが作れるのか! と本当に驚きました。


さてさて、チェックインまでの間にお昼をば。
ガレットが自慢のビストロ、マルシェ・オ・ヴァンへ。

ところが入口にはこんなお知らせ。
どうしても見逃せない、ステーキフリットの文字。
c0047897_10384975.jpg
c0047897_10462370.jpg
分厚さ・焼き加減にに大満足。
でもわさび醤油垂らしたい…と思ってしまうのは私だけではないはず。
ナイフはペルスヴァル、さすがの切れ味でした。

テーブルはサロンの木箱。
バブリーなんだか素朴なんだかわかりかねますが気持ちのいい空間。
c0047897_10391188.jpg
c0047897_10464454.jpg
肉肉しいソーセージがのったそば粉のガレットもおいしかった。


そして、お待ちかねのチェックインタイムに。
今夜のお部屋は「ワインスイート」。
露天風呂のついたメゾネットタイプのお部屋!
c0047897_13381091.jpg
c0047897_13375377.jpg
何が「ワインスイート」なのかというと…
c0047897_13393914.jpg
さっきワインハウスにあったワインたちがついてる!
セラーの中にも数本。
飲み分けるためのグラスもいろいろ。
c0047897_13411704.jpg
モレスキンのワインジャーナル、
飲み残したワインを入れるとサングリアになる012.gifドライフルーツ入りのボトルまで。
c0047897_13431699.jpg
ワインとこのバスケットをもってピクニックもおすすめと。
c0047897_13451264.jpg
バスルームのアメニティも盛り盛り。
c0047897_13472046.jpg
ウェルカムサングリア。

荷解き(主に酒とつまみ)も終えると、
2チームに分かれてアクティビティ体験。
ひとチームは乗馬(写真@つっちい)
c0047897_13523484.jpg
c0047897_13511042.jpg
c0047897_13502854.jpg
c0047897_13505756.jpg
翌日は内股の筋肉痛を訴えてましたが037.gif
お馬さんも可愛くて、とても気持ちよかったそうです。
c0047897_13513500.jpg
もうひとチームはスパ体験。
“ワインリゾート”おすすめ秋のコース、VinoBall。
なんとミエ・イケノのワインの、
ぶどうの搾りかすや澱などを蒸し上げたバレン状のものでトリートメント。
c0047897_13561546.jpg
c0047897_13571013.jpg
c0047897_13563893.jpg
わーー!!足湯に赤ワイン。ふんわりといい香り。
これはメインダイニングの飲み残しワインを再利用するアイディアなのだとか。贅沢ね(てか飲みたい…)

トリートメント自体はオーソドックスでソフトな全身マッサージでしたが、
アイディアが面白く、優雅な気分に浸れました。
c0047897_13573840.jpg
フットマットやティッシュケースもコルク製w


終わると黄昏。折しもこの日はスーパームーン!
c0047897_14041790.jpg
お待ちかねのディナーは、メインダイニング「オットセッテ」で。
c0047897_14065772.jpg
顔ぶれからしてにぎやかそうとお気遣いいただいたのか、
バー隣接の半個室的スペース。

お料理は八ヶ岳の食材をふんだんに使ったイタリアン。
彩り盛りつけともに美しく、美味しい053.gif
またワインのコーディネートが素晴らしくて。
c0047897_03385296.jpg
フォアグラには四恩。
c0047897_03393801.jpg
きのこのパスタにはミエ・イケノ。
c0047897_03434884.jpg
甲州ワインビーフにはボーペイサージュ!
c0047897_03395041.jpg
盛り上がるわあ…016.gif
c0047897_03484404.jpg
デザートの後のプチフール…じーーん。
またこのお菓子がどれも手抜きのない美味しさで、全種制覇。
c0047897_03514835.jpg

c0047897_03524123.jpg
お部屋に戻っても、まだまだ夜は終わりません。
c0047897_03533962.jpg
c0047897_03574564.jpg
きめ細かな仕込みに涙、涙。
この思いやりに支えられてきた3年間でした。
c0047897_03580691.jpg
足湯しながら…
c0047897_03541573.jpg
c0047897_04000563.jpg
キャー!ジュリー!!
モリットニー。
c0047897_04005143.jpg
みんな歌が好きなのも酔いどれチームの特徴。
c0047897_04010276.jpg
何回乾杯したかな? 大笑いして胸がいっぱい。
夜が更けるまで宴は続いたのでした。




おはよう八ヶ岳。
c0047897_04055114.jpg
c0047897_04060578.jpg
ビュッフェスタイルの朝ごはんの充実ぶり。
(この後鴨うどんも食べた)
c0047897_04132689.jpg
リゾナーレスタッフのYさん、ありがとうございました。

c0047897_04111244.jpg
すぐ近くの白州蒸留所に寄り道。
c0047897_04112792.jpg
私たちに? っていう言葉がここに。光太郎。
c0047897_04113901.jpg

ああ、楽しかった。

毎月の撮影なくなってさみしくなるね、でもまたね、
と言いながらそれぞれの日常へと。

美味しいものとお酒(と歌)がつないでくれた撮影メンバー。
ひとまずのピリオドに、こんなにすてきな旅行まで。

バックナンバー、どの号を見ても、そのときの状況がくっきり浮かんできて。
料理の写真も、私にとっては思い出のアルバム。
みんなで作り上げてきたこと、教えてもらったことを
これからの活動に生かしていきたいと思ってます。

この3年間に心からの感謝を。
ありがとうございました。


by snuko | 2015-11-03 09:00 | ●works | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家