border="0">

巨大オムライス

お昼。夫の力作、全長25cmのオムライスです。c0047897_1902650.jpg
コツは、フライパンにオムレツを作ったところに
トマトライスをのっけ、そのままハッと気合を
入れてお皿に裏返すだけ。
包まなくてイイのです。気楽にできます。
c0047897_18591191.jpgスープは朝のお味噌汁+牛乳。我が家の定番です。
デザートに、牛乳と小麦粉を合わせた衣で
バナナのフリッター。うますぎです。しかし、
人間て一度にこれだけ食べられるんですネ。

                  目指せ池中玄太!(80㎏)
# by snuko | 2005-03-10 19:15 | ●ごはんもの | Comments(0)

クイックランチ実況中継

お昼どき・夫から来客のお告げ・1時着…って、もー12時20分やんけ。
「仕事で寄るんだから、お昼ご飯なんて期待してないと思うよ」って、
何言っちゃってんのアータ! 
1時=ランチタイムってのは宇宙規模の共通認識じゃありませんか~(泣)。 

と、泣きながらも頭はカリキュラマシーンorマコちゃんのように計算計算。
張り切って賢い奥さんぶりたいトコだけど、
目的は食事じゃないんだし、初対面の目上の方を
『マトンとフキノトウのトロピカルドリア』なんぞで驚かせてはいけない。
「ちょーどお昼でしたの。よろしかったらご一緒に(ニッコリ)」てな
さりげなーいメニューがいいでしょうね。+クイックリーで失敗しないもの。
というわけで
●ヨーグルト和えポテトサラダ
●具沢山ペンネ入りミネストローネ、同時進行で行きまっす。

1・中鍋・大鍋をコンロに並べ、
2・中鍋には小さめに切ったじゃが+半割にんにく+ひたひたの水+ローリエを
  沸かし→中火で5,6分煮……ている間に、
3・大鍋にみじんにんにく+オリーブオイル→弱火で香り出し後、
  玉ねぎと肉類(ベーコン、ソーセージ、豚コマなど)投入→油が回ったら
  ワイン半本(水でも可)+スープベース+トマト水煮缶を加えワーッと沸かし→  
  野菜&ドライハーブを入れてどんどん煮る。今回は人参、赤ピーマン、えのき茸、
  ドライバジルとオレガノ、乾燥ペンネをざくざく入れました。
4・中鍋のじゃがが柔らかくなったら、フタをズラしてお湯を切り→
  顆粒コンソメ+スライス玉ねぎ+クミンシードを加え混ぜておく。
5・仕上げ。じゃがをプレーンヨーグルトで和え、みじんパセリを散らす。
  スープは直前までコトコト、火を止めてルッコラ+EXVオリーブオイルをタラーリ。

時間があればポテサラは冷やしたいとこですが、ほんのり温かいのもイケます。
定番のマヨじゃなくヨーグルトでオトナの味。クミンとヨーグルトも合うのよネ。
スープは、こういう緊急時のために液状の“比内地鶏だし”など、上質スープベースを
ストックしておくと、「んま。いいお味」な仕上がりに♪

ピンポロリ~ン。迎えに出た夫がフランスパンとお客さまを伴って帰宅。
「いらっしゃいませ~。ちょーどお昼でしたの……(ニッコリ)」

めでたしめでたし、ホッ。

何とかクリア!達成感の後、急激な空腹を感じお客さまの倍食べたスヌ子に
おつかれ~のポチリを→ブログランキングへ

# by snuko | 2005-03-09 12:42 | ●献立いろいろ | Comments(6)

『新北海園』(六本木/中華)

この週末『新北海園』にて、スヌ子父のバースデイパーティ
(昨秋うやむやになっていた母の誕生祝も同時開催)。
さまざまな候補から、乳飲み子がいてもOK・全員が集まりやすい立地、
両親もリラックスして楽しめ、かつ兄弟割り勘でも無理のない
リーズナブルプライスという条件で吟味した結果、こちらの個室を予約してみました。

メニューは、宴会料理6000円コース
最後の炒飯を坦々麺に変更してもらうことにし、
まずはビールと、クラゲ・アワビ・きゅうりなどが混ざった冷菜でカンパーイ。

ん?ちょっとクラゲの歯応えが足りないような…。 まあまあ、もう1杯。
わー海老マヨ!これ好きダス・初めて周富徳(今いずこ)の赤坂璃宮で出てきた時は
衝撃美味だったねえなどと語りつつパクリ。マヨは自家製っぽく甘めです。
お次は平たいお皿にいっぱいのフカヒレスープ。ハムの姿も見え隠れ。
あれ、でもけっこう薄味…あんまりフカヒレっぽくないなあ。
鳥の唐揚げは甘辛ソースがピリッ。うーんこのお味、中華の王道!

と、ここらへんまでは各料理にこまめな感想を抱いておりましたが、
紹興酒8年物ボトル熱燗が円卓をぐゎんぐゎん回り、
プレゼントが開封され、あら似合うわいい感じ・ところでさとファミリートークも炸裂。
傍ら子スヌたちにも食べさせ…と忙しくしている間に、どんどん新たな皿が登場。
手際よく取り分けてくれるそばから、わーーっと平らげゴフゴフ飲んでいたら、
アラもう? 坦々麺になってしまったのでした。

名物の坦々麺は、こっくりまろやかな胡麻スープを味わうスキも与えず
だしぬけに強烈な辛さが脳天直撃。
「かれぇなあ、これ!」江戸っ子の父(満63歳)の大声は厨房に届いていたらしく、
すかさずポットの中国茶が出てきました。

デザートの甘ったるい杏仁豆腐には一同不満を隠さず、
リベンジにと追加したマンゴープリンもあっれー?イマイチ。

コースのほか、子スヌ向けの野菜粥、里芋の薄皮揚げ、胡麻団子も追加し、
ビール人数分+紹興酒ボトル3本平らげて1人約1万円也。

結論から言えば、すっごくおいしい!ってことはなく、
懐かしささえ覚えるオーソドックスな中華。
残念ながらやや大味だと感じる部分もありました。
にも関わらずこのお店、なんだか不思議とヨカッタのです。

東京に名店は星の数、連日連夜メディアでは旨い店情報が目白押し。
競争相手が多ければ自ずと切磋琢磨、嫌が応にも各店レベルアップ。
そんな旬のお店のスターシェフが作るものは、確かに素晴らしくおいしい。
対する客側も、上客たるべくこなれた態度。互いに心地よい緊張感がみなぎって…。

人気のお店、予約の取れないお店ってだいたい↑こんなムード。
でも、この『新北海園』は、そうしたゾーンからあまりにもかけ離れていました。
子供椅子をいそいそ運んでき、坦々麺が食べたいといえば
「じゃ炒飯やめちゃう。麺ネ」とあっさり請合ってくれるおじさん。
コックに聞いてきます、なんて焦らしはナシ。
香港の古い店みたいな内装、雑然としながら活気のある店内。
カップルもファミリーも、もちろん一人で中華そばだけでも
誰もが肩の力を抜いて楽しく食べている。

ホスピタリティとまでは言えないかもしれませんが、
きっとここなら、誰といつ行っても和め、単純にお腹いっぱいになって
「ゴチソウサマー」とすっきり帰れそうだ・安心だ・いいなと思ったわけです。
そして、今そういうお店って都心では意外と少ないんじゃないかな、とも。

でも、食材の内容からすれば、4000円くらいのコースで十分満足できそう。
内容は、青菜炒めとか水餃子とかチリソースみたいな超定番。
フカヒレなんてここで食べなくても、いいの。
次回はそうしよっと!

スヌ子パパ・ハッピーバースデイ!のポチリをどうぞよろしくネ→ブログランキングへ

# by snuko | 2005-03-08 06:08 | ●うきうき外食 | Comments(1)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06
レビューを紹介していただ..
by ハセガワチエ at 06:24
まみたそ、本当にありがと..
by snuko at 18:05
おめでとうございます!!..
by まみたそ at 10:50

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家