酒とごはんとオヤツとスヌ子 snuko.exblog.jp

料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

12月おもてなしレッスン「素敵なステーキ・クリスマス」

さて。深夜までもぐもぐしてないで、パリパリ働かんと!

なんていいつつ、あら。
1月レッスンも終わったのに、12月ルポまだでした…。


クリスマスメニューは毎年、かなり長く深く悩みます。
おかげさまで、レッスンを始めてはや6回目のクリスマス。
生まれたての赤子も6歳に…過ごして来た年月とクリスマスを思い返すと…←あんまり関係ない…。

わが家のクリスマス、メインは毎年、判で押したようにレモン風味のローストチキンですが、
レッスンにはやはり毎年ワクワク・スペシャル感がほしいもの。
この6年でチキンもローストポークもミートローフも鴨も味わいつくし、昨年はビーフシチュー。
ウーーンウーーーン…と試作を重ね、
1週間前まで豚バラのキャラメリゼで行くつもりでしたが、
どうしても納得のいくレシピにまとまらず…。
結局、ごちそう=ステーキという路線で試作をし直したのでした。

☆素敵なステーキ・クリスマス☆
c0047897_23452328.jpg
●きのことコリアンダーのテリーヌ
大量のきのこを炒め、海老のすり身とクリームで寄せたテリーヌ。
テリーヌなんて気取ってるしなんだか難しそう…ですが、
フードプロセッサーがあればお手軽だし、
まろやかなやさしい味にコリアンダーのおいしさ、覚えておいて損はなし。
この季節の持ち寄りにもぴったり^^

●シャリアピンステーキ ポムギャレット添え
有名なシャリアピンの由来から、たまねぎでやわらかく仕上げるコツまで。
でもこれが、レッスン14名分をいい頃合いに焼くのは想像以上にたいへんで、
メインなのに、ちょっと残念な仕上がりのものも…ごめんなさい
自宅で4人分くらいまでは充分おいしくできるレシピでしたが、
お肉のむずかしさ、専門店には訳があるということも痛感したメニューでした。
ポムギャレットとともに、とにかくタイミングが大切。

●赤かぶのココナッツポタージュ
定番、殿堂入りのシンプルレシピ。
ビーツと赤かぶはちがうものって皆さんご存じだったかな。
かぶとココナッツミルクは、優しい甘みがぴったり。
ほっこりできるスープです。
寒い朝にごはん入れて食べるのもおすすめ。

●洋梨のナッツサラダ
これも定番、くるみドレッシングと洋梨が抜群に合うおつまみサラダ。

●いちごのザバイオーネ
写真がありませんが、やわらかなカスタードソースをいちごにかけて。
粗熱が取れてからも泡立て続けると、
ふんわり感が持続することがわかりました。
c0047897_23454130.jpg
ワインはオーストラリアのタルターニの泡、
お肉に合うかなとブラウンブラザーズのシラーズの2本。
ダンガリーのクロスと枝もので、カジュアルクリスマスセッティング。
c0047897_23462258.jpg
来年のメイン、どうしようかな。もう今からじわーっと考えております。

by snuko | 2015-01-28 11:51 | ●お料理レッスン | Comments(0)