border="0">

飲みたおし東北2・遠野編(とおの屋 要)

c0047897_17124549.jpg
今回の旅のデスティネーション「とおの屋 要(よう)」
去年初めてのんで印象的だったどぶろくを作っている方が、ひとりでやっているオーベルジュ。
カテゴライズできない独特の料理と酒・・・
という評判だったので、あえて前情報は集めずにここまで。
c0047897_17252013.jpg
庵といいたい風情のエントランス。

玄関を入って左が食堂、右が居室棟。
c0047897_17270646.jpg
あら、すてき。
和室・洋室各1に、檜のお風呂・洗面は共同、トイレがふたつ。
c0047897_17312570.jpg
洗面所。アメニティはAVEDA。基礎化粧品、シャンプー類持って行かなくて大丈夫。歯ブラシもあり。
c0047897_17313433.jpg
使い込まれた感じのいい作家ものの家具。
c0047897_17314173.jpg
c0047897_17321362.jpg
オーディオはB&O。
c0047897_17315255.jpg
c0047897_17383217.jpg
c0047897_17315655.jpg
建物は築120年以上にもなる南部建築の米蔵を移築したもの。
2階リビングはダイニングから吹き抜けになっていて、心地いい音楽が流れています。

毎時間、壁の時計がボーンボーンと鳴るのです。
1日1組限定のお宿なので、ここ全部貸し切りの贅沢。晩ごはんも好きな時間から。

c0047897_17463150.jpg
各自お風呂に入ったり、仕事を片付けたりの後、
お待ちかねの晩ごはん。うしし。
c0047897_17404698.jpg
洗面所のハラーシステムから、選べる浴衣に着替えて。


c0047897_15595580.jpg
ワインもどぶろくも飲みたいとお願いしたら、ペアリングで出してくださることに。
コクと厚みのある、ピエモンテのエツィオ・チェルッティーのリ・フォル(スパークリングワイン)でまずは乾杯。
c0047897_17533223.jpg
はじめのお皿。19ヶ月熟成の自家製生ハム、羊のサラミ、温かいお豆。
c0047897_17534266.jpg
じゃがいもそっくりのマッシュポテト(お味噌?奥深い味つけ)の中に自家製クリームチーズがっっっ
c0047897_17535804.jpg
c0047897_17541845.jpg
しいたけの卵とじにパン粉をつけて揚げ、あんかけに。
しいたけの香りと味の濃さ。
c0047897_17543221.jpg
フリウリの濃いめ白。ラ・カステッラーダのビアンコ。は〜うま。
c0047897_17551780.jpg
c0047897_17552492.jpg
香ばし焼きカブに、牡蠣そぼろと名物三升漬け。
c0047897_17554096.jpg
三陸の海藻、まつもの酢の物。しゃきしゃき食感にまろやかな酢加減。
c0047897_17560397.jpg
温かい牡蠣出汁の葛きり。
c0047897_18070179.jpg
c0047897_18064852.jpg
大根葉炒め、佃煮、干し大根入りのどぶろく粕汁のようなもの。深いうまみ。
c0047897_18071285.jpg
自家製どぶろく! 無農薬で栽培する「遠野1号」で醸されています。
c0047897_18244835.jpg
関西のものとはまた違う、若々しい軽やかな熟れ鮨。
c0047897_18250881.jpg
どぶろくは仕込み違いで、どろりと重めでキレがあるもの、ムースのように軽やかなもの。
甘ったるさは皆無でシュッとしています。
初めてのんだときの衝撃ときたら、これなら和のつまみだけじゃなくて洋モノやエスニックにも合う!と。
現地でいただくと一層すばらしい。 只今発酵中のフレッシュ感。

c0047897_18252017.jpg
鶏肉をどぶろくや醤油でじっくり漬け込んだ焼き物。柚子の風味も。
c0047897_18253325.jpg
肉料理に合わせて、ボジョレーのユンヌ・トランシュ。尖ったところのないやわらかい赤。
c0047897_18255878.jpg
鹿肉の麻婆豆腐に米で漬けた大根の白キムチ。なんて清らかな麻婆なんだ…。

c0047897_16003108.jpg
グリル白菜にウサギのラグー。
c0047897_18262463.jpg
からすみ茶漬け。これまた出汁が香り高く清らか。どぶろくと交互に。
c0047897_18263510.jpg
デザート、ボケていますが。ねっとりした自家製生麩を香ばしく焼き、クルミと砂糖を振ったもの。
c0047897_18264807.jpg
ピエモンテ、トリンケーロのビアンコが柚子香る生麩にぴったり。
c0047897_18270250.jpg
お薄でしめ。
ワインはハーフでもOKなので、それぞれのペースでよく飲み、よく食べました。

c0047897_18271002.jpg
食後はリビングで翌日の作戦会議…? ぜんぜん覚えておりません。
きっとすぐ寝たんだな。

c0047897_16185137.jpg
小雪舞う朝。すでにお腹がすいてます。発酵パワーすごい。
c0047897_16163464.jpg
ほどよく脂ののったぼらの漬け焼き、蕪っ葉炒め、大根のだし煮。
遠野1号のお粥、自家製もろみと叩き梅。
もろみがおいしすぎてお粥が進み、おかわり。

c0047897_16164564.jpg
醤油の上澄みで味つけされた沢煮椀のようなお清し。

大満足。
c0047897_16171803.jpg
出発まで、リビングでゆっくり。

料理とお酒のすばらしさはもちろん、
インテリア、料理の器などすべてにセンスが行き届いていて、
一朝一夕に揃えられるものでもないよなー と、店主の佐々木要太郎さんにインタビュー。
インテリアデザイナーになりたかったので、若い頃からコツコツと家具調度品を集めてきたこと。
スペインの有名レストランで自家製どぶろくが採用され、はるばる行って食べてみたけれど、その料理はしっくりこなかったこと。
大地から生えてくるような、自然で豊かな料理を提供していきたいと思っていること。
c0047897_17115796.jpg
c0047897_17120705.jpg
これはダイニングにあるトイレの一角と照明。

どぶろくもこのお宿も、たゆまない積み重ねが形になったものなんだなあ。
まことに背筋ののびるようなお宿でした。
今回伺えて本当によかった。


by snuko | 2018-02-25 22:05 | 2018.2 岩手旅行 | Comments(0)


料理家スヌ子こと稲葉ゆきえです。東京日本橋で「スヌ子のお料理レッスン」を主宰。◎Instagram:snuko178 ◎mail:snuko★kiwi-lab.com(★を@に変えてお送りください) ♪レシピエッセイ新書『夜ふけのおつまみ』発売中♪ 


by snuko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お知らせ&必読リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

カテゴリ

全体
●お料理レッスン
●works
●お肉レシピ
●魚介レシピ
●野菜レシピ
●人類は麺類
●ごはんもの
●カフェふうワンプレート
●おつまみ小皿
●スープ・汁物
●ほかほかお鍋
●献立いろいろ
●市販品+α
●お江戸日本橋の味
●いいものみっけ
●デザート・オヤツ
●お酒さまさま
●ランチレポート
●うきうき外食
●OH!弁当
●ケータリング・パーティ
●KIWIのお知らせ・イベントルポ
●暮らしあれこれ
●おいしいお取り寄せ
こんにちはスヌ子です
2013.1 台北旅行
2014.2 バンコク旅行
2014.10 関西旅行
2016.1 富山・金沢旅行
2017.6 カリフォルニア旅行
2018.2 岩手旅行
未分類

記事ランキング

画像一覧

最新のコメント

グッド!
by testopw at 10:28
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 04:17
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 04:12
クヌートさま、コメントあ..
by snuko at 11:49
私も被災地の事を思うとや..
by クヌート at 20:21
YUKAさま、 こちら..
by snuko at 13:18
こちらこそ、丁寧なレビュ..
by snuko at 16:06

外部リンク

ファン

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家